アイヤッパへの道 vol.4

2017.07.14 (Fri)
第4話 アイヤッパ インドの神々

Ayyappa アイヤッパ




アイヤッパ Ayyappan または Ayyappa

Ayyanは敬意を表す言葉。Appanは父親。ケララやタミルナードの南インドを守る神の一人。守護神の頂点に君臨する鎮護の最高神です。
乳海攪拌の神話、アイヤッパは神々と悪魔の争い、呪いによって力を失った古い神、インドラやスーリヤを助けに来たシバ、ビシュヌ、ブラフマーの連合軍とアスラ達(阿修羅)の戦いの過程で生まれた英知の神です。ドルバサの怒りを買い呪いをかけられた神々の霊力を取り戻すため、不老不死の妙薬、アムリタ(甘露)を作り出そうと神々は曼荼羅山を回転させてミルクの海をかきまわします。乳海攪拌は月や太陽など世界の様々なものを生み出し、ついには、ビシュヌたちはアムリタを手にすることに成功しました。しかし、再びアムリタをめぐって神々と悪魔の争いが起き Amrita はアスラたち魔族の手におちてしまう。一計を案じたビシュヌは美しい娼婦、モヒーニ / Mohini に変身、悪魔たちを誘惑し、そのすきにアムリタを無事奪い返します。しかし、それを見ていたシバはその美しい娼婦に一目ぼれ、彼女がビシュヌの化身とは知らずに激しくアタック。その結果アイヤッパ神が生まれました。








P1018806.jpg




英知と勇気の神、アイヤッパはシバとビシュヌの子供。男神同士の子供であり、と同時にビシュヌのアバターの一つでもあります。南インドのみ、北インドでの信仰は見られません。マハーバーラタやバーガヴァタ・プラーナに現れる乳海攪拌の物語を読んでいただき、そこから感じられる通り、この神話では古くからの神々が実力を失い新しいヒンドゥの神が台頭してゆく。世代交代の過程が描かれています。現在、古い神のいくつかは人々から忘れ去られ、またある神は姿を変え、またある神は悪魔に身を落としてゆく。そんな中、ケララの一地方神であったアイヤッパがヒンドゥの神々と習合して生き残ってゆく過程が見て取れます。北から侵入してくるアーリア人の文化と飲み込まれてゆく古いインドの伝統が混然一体となってミルクの海に溶けてゆく。時に名を変え、時に姿を変えてあらゆる神々が再編成されてゆく。この辺がヒンドゥ教の面白いところ。キリスト教世界のように他者を否定し異文化を蹂躙し完膚なきまでに滅ぼしてしまう。黒か白かの一神教と違ってすべてをあるがままに容認し、分け隔てなく尊重し、なおかつ共存してゆく。平和で争いのない社会を築くための優れた選択が東洋の英知として目の当たりにできる物語です。








P1018804.jpg




日本の国産みの神話、伊邪那岐と伊邪那美が海(女陰)に天の沼矛(男根)を差し込み、かき混ぜ、抜き取った時に落ちたしずくが日本列島になったという神話に似ていますね。
とすれば日本は神々が作り出した甘露、日本のこのおおらかさはインドや東南アジアに共通するものかもしれません。







P1018803.jpg





今日はチェンナイのアイヤッパ神社にお参りに来ています。この旅行の一番の目的、サバリマラ巡礼はアイヤッパ神を信仰する人々が一所に集まる世界でもまれな大巡礼の旅。村の代表として巡礼に選ばれたこの若者たちは各地に点在するアイヤッパ神の別院で出発前の祝福を受け、皆に代わって神となり、巡礼の終わるまで菜食に徹し、睡眠は床でとり、たばこや酒はもちろんのこと様々な禁欲生活の中でアイヤッパの山を目指すことになります。






P1018805.jpg






お参りを終えて、その後、お友達のところを挨拶回り
インドに招待された日本人の大事なお仕事です。中にはとんでもなく偉い方もいらっしゃいます。









P1018810.jpg





この子は特には偉くないですが、ちょっと変なお顔してますね。
昔、インドではあまり見かけませんでしたが最近は犬をかわいがっているのをよく目にします。
インドで犬は『クッタ』。汚い下等な動物とみなされていました。インドで犬がペットとして受け入れられ始めたことは動物が好きな私にとってもうれしいこと。ゴムまりのように女の子の後について走り回っていました。
ちなみに、ご飯を食べた後「あー食ったクッタ」というとインド人が笑います。









P1018820.jpg



インドの占い『アガスティアの葉 / Nadi astrology』のナディ・リーダー、インドでも20人いない導師の一人です。とてもすごい先生なのですが全く屈託のない笑顔のかわいいチャーミングな人。アガスティアに関しては別稿で書きたいと思いますが本当に読める人は世界にもほんのわずかしかいないということだけ今は記しておきます。






P1018836.jpg



インドで年の瀬、今日はお休みなのでしょうか。
この辺の海は波が高いです。泳いでいる人は見たことがありません。波と戯れる平和な風景。
半月後、この静かな海岸はある事件がきっかけに大群衆で埋め尽くされることになります。
少彦名も大活躍、こうご期待!









P1018858.jpg





海岸沿いに開かれた露天市
南の人は魚をよく食べます。
確か十年以上前にこの海岸には訪れた記憶があります。
その頃は砂浜の上に建てられたゴミや流木で作った掘立小屋に裸同然で漁師たち家族が暮らしていました。
今では政府からの援助で一区画にアパートをあてがわれ、それなりの生活水準で暮らしていけるようになったといいます。








P1018856.jpg




日本で見る魚も、見ない魚も、サメなんかも食べるんですね。
安くしとくよ、兄さん買ってきなさいよ。






P1018861.jpg






「写真撮るならお金置いていきなさいよ。私、こう見えても高いんだからね!」

こちらも負けてはいられません

「漁師の村の女性は何でこんなにも綺麗なんですか?笑った顔がまたチャーミング!やっぱり毎日魚を食べてるからそんなにきれいなんですよね。」

あーらやだよこの人ったら!
彼女は照れてそれでも嬉しそうに隣の売り子たちと笑っています。
どーやらこの勝負、私の勝ちのようですね。






P1018835.jpg




チェンナイの空気が悪いのか、のどが痛くて体がだるいです。
第一話でもちょっと触れましたが到着早々、埃と排気ガスでのどをやられたみたいです。あらら、明日はハッピーニューイヤー、ホテルで年越しのパーティーがあるのに。私は風邪をひくと高熱に悩まされる体質。特にのどは少彦名のウイークポイントです。実際、この旅の間一か月、いや、帰ってからも半月以上、咳が止まらず時に高熱に侵される毎日でした。
どうぞ、海外に出掛ける際は日本製のマスクをお忘れなく。







Chennai Driving to Nivedhanam






インドの車窓から
クラクションなりっぱなし、車線無視の無法地帯。割り込み、逆走何でもあり、牛がいないだけまだましです。







スポンサーサイト

アイヤッパへの道 vol.3

2017.07.08 (Sat)
第三話 Drishti Bommai

P1018656a.jpg


到着して二日目、ハイウエーを挟んでホテルの向かいにある小さな村を訪ねます





P1018732.jpg



幹線道路から一歩入ると、そこは数軒の平屋が点在する静かな村。開発から取り残された人々がささやかに暮らしています。





P1018666.jpg



コの字になった道を挟んで、土埃の舞う荒れ地に二十軒ばかり、ブロックやレンガで積まれた簡素な家がぽつんぽつんと点在しています。





P1018668.jpg



カメラを提げた東洋人、遠目で見ていた村人はそんなよそ者にも優しく微笑んでくれます。
「ナマステ、フォト・プリーズ」
彼には写真をあげるよと約束したのに近くに現像屋もなくついに手渡すことができなかった。
また会いに行かなきゃな






Drishti Bommai




新築現場につるされた不気味な人形、壁には舌を出した真っ赤な鬼のお面も見えます。
ドゥリシティ・ボゥマイ、邪気を払うおまじないです。






P1018675.jpg



Drishtiとは邪視のこと、英語で言うと『Evil eye / 邪悪な目』、嫉妬や羨望が人に災いをもたらすという民間信仰です。あのお面は自動車やトラックのフロントなどいろんな場所で見ることができます。つるされた人形は新築の家の中に獣が入ったりしないようにという案山子の意味もあるようで、ただし北のほうでは見たことがありません。
ドゥリシティから身を守る方法は地方によっても、またその対象が家だったり車だったり人だったり、動くものなのか動かないものなのか、生きているのか命のないものなのか、様々な状況により異なってきます。北インドではあの真っ赤な仮面も見ませんでした。その代わりにライムやトウガラシを糸で縛った魔除けを玄関先で見ることができます。
ちなみに家が出来上がった時にはあの人形は邪気と一緒に燃やされてしまいます。お面のほうは壁にかけたままドゥリシティから家族を守ることになります。



P1018683a.jpg




多すぎる『おめでとう』が受けたものに災いをもたらす。人類学者、マルセル・モースが『贈与論』で紹介した「ハウ/物の霊」に似ています。贈り物、タオンガ/taongaに宿ったhau/物の霊をため込んでしまう、クラ/Kura(交易)の風/Hauを止めてしまうとそのものに災いが起こる。多すぎるおめでとう、溜まってしまった「Drishti」が人を取り殺すわけです。モースの著書『贈与論』に沿って改めてインドの現代社会を見てみると、インドの経済というのはモースの言う「potlatch」、富の再分配をいまに継承する、ポトラッチを現代に具現化した経済活動に他ならないように思えます。すぐに思い出すことができる事例、近近の出来事で記憶に新しいものとしてはタタ財閥の製造販売した大衆車、「タタ・ナノ」の存在ではないでしょうか。このプロジェクトの発案者であり総責任者のタタ・ラタン会長はこの事業に関して自社の利益を二の次に、けっして裕福ではないインドの大多数の大衆に向け、自動車という現代の利便性、社会インフラとしての乗用車という財産を分け与える決断を下しました。結局事業としては大赤字で大成功というわけにはいかなかったようですが、この辺の考え方は同じ新興国である中国とは大いに違うところ、インド人の持つ美徳の一つといえるかもしれません。
そしてその美徳の恩恵に大いに浴することになった少彦名、今回の私のインド旅行こそがまさにその『ポトラッチ』なのです。私を招待してくれた友人はこの私に対して見返りを期待することは全くありません。無償の善意によっていま私はこの国にいるのです。



もし、分け与えることなく私利私欲のために貯めこみしまい込んだ食物をとる者があれば、

「食物の本質を殺し、また摂られた食物に殺される」

マハーバーラタ、ブラーフマナの教義に見える言葉です。
また私はマハーバーラタの言葉を借りてこうも言う。

「王よ、王から物を貰うのは、はじめは蜜のように快いものだが、終わりは毒になってしまう」

私が多くの人から受けた恩恵に報いる日はいつか来るのでしょうか?






P1018716.jpg




改めて贈与論を読むことになるとは思わなかった。
学生当時は何か遠くで起きていることのように、ただ知識の充実という自尊心のためだけに、いやいや読んでいた気がする。それが何年もたってふとした拍子に腑に落ちるという事もあるものだなと。辛いカレーを食べ続けて、甘すぎるインドのお菓子をほおばり続けて「いったい、これのどこが美味しいというのだろう?」などと思いながら旅のバスの窓をふと見上げると突然にひらけるデカン高原の、あの抜けるような青い空、すっとそれら郷土料理の本当の味と秘められた意味を突然のように理解する。
キザな言い方をすればそんな感じでしょうか。






P1018719.jpg



女の子のように見えますが実は男の子、ある年になるまで髪の毛は切ってはいけないのです。日本でいえば元服、七五三みたいなもの。もうそろそろこの子も元気に育ったお祝いに丸坊主にされる時が来ます。
彼の額とほっぺにある黒いあざは墨でわざわざ書かれたもの。これも代々伝わる魔眼除け、Drishtiの一種です。ほっぺにあるのがドゥリシティ・マイ、額がドゥリシティ・ポット、maiはインクのこと、単にPottuというと既婚女性が額につけているあの赤いワンポイントになります。
幼い子に黒いあざをつけるのはあまりにかわいいと鬼や悪魔に連れてかれてしまうから。大事な我が子をケガや病気から守る大事なおまじないです。




P1018700.jpg



この子たち姉弟は元服が終わったようですね。

細かいことですが『Drishti Bommai』の Bommai は直訳すると『オモチャ』の意味。ここでは単にモノ、グッズぐらいで理解してください。悪運を払うためにお祈りしたりお寺回りをする行為も Drishti と呼ぶので形があるものとして Drishti Bommai と区別して呼ぶようです。





P1018722.jpg



先ほどの元服前の男の子の家のキッチン
後ろに積んであるのは牛のフンを乾かしたもの。これが火を起こすときの燃料になります






P1018725.jpg



この子は大きくなったら何になるのかな。
声をかけても何も話さなかったけど村の途中まで見送ってくれました。





P1018737.jpg



村の入り口のシバ神の祠。
しばらく木陰で犬たちと一緒にまったり
今日はほんの一、二時間、ちょっと歩いただけで思いのほか充実した時間を過ごすことができました。
さて、ホテルのみんなはもう起きたかな。起きていたとしても夜まで部屋でダラダラしてるんだろうし、どうせだらだらするんだったらこの子たちとのんびりしてたほうがいいな。両親そろって5匹の家族。生まれたばかりの三人兄弟、あんまりかわいいと日本に連れて帰っちゃいますよ。

しかしそこはさすがに血を分けた親子、見ての通り見事にシンクロしていました。






P1018739a.jpg




Boom boom madu






どこかで聞いたようなメロディーですね。『Boom boom madu』タミル映画の一場面、『Boom』は首を振る様子、『madu』は牛のこと。装飾された牛と一緒に街を流して日銭を稼ぐ占い師です。Drishti、邪気払いの一つです。

占い師 「この家には近々いいことがあるかな」
牛 「ウン、ウン、良いことがきっとありますよ」

家の玄関先で歌を歌いながら。でも最近はアパートが多くなって訪ねる場所が減ってしまってほとんど消えてしまったそうです。そもそもあまり高級なお仕事ではないようでただただ横で首を振る牛の様子が転じて、イエスマン、太鼓持ちのことを「Boom boom madu」とタミルでは軽蔑して使うそうです。

そういえば日本で首を振る牛の人形といえば「赤べこ」
気になって由来を調べてみたら
「天正年間、蒲生氏郷(がもううじさと)が殖産振興のために招いた技術者から伝わった」
とありました。
さて、その赤べこを伝えた技術者とはどこから来た人たちだったのでしょう。そこでさらに蒲生氏郷を調べてみたらキリシタン大名とのこと、ヨーロッパの宣教師ともしばしば交流を持っていたようで、もしや彼ら、殖産振興の技術者とは西洋の船に乗せられてやってきたインドからの奴隷たち?、いわれてみれば赤べこの全身は目の覚めるような赤い色、『Drishti Bommai』の燃えるような舌の色のようです。さらによくよく見ればあの赤べこの体にある黒い点は?見送ってくれた男の子のほっぺたにあった『Drishti mai』のようでは・・・・・

これ以上脱線するのはよしましょう。
第三話でこのボリュームじゃ一生かけてもアイヤッパにはたどり着けない。





John Lee Hooker - Boom Boom




寄り道ついでに
『BOOM BOOM』といえばこの曲、一時期よく聞いてました









タミルナード洪水

2015.12.09 (Wed)
chennai-flood-waters-13.jpg




Chennai Flood Relief Fund

Please help Chennai, cuddalore and flood affected Tamilnadu

Cyclone & Torrential rain in Chennai and other coastal areas of Tamilnadu, India has resulted in terrible city-wide flooding and the heavy downpours that crippled the state of Tamilnadu and people. Millions of families and people have already been displaced and more than 1000 people have died. This people are in urgent need of support and help. This fund will provide relief to victims by helping purchase emergency supplies like food, water, and medicine in addition to longer term recovery assistance. All donations to this fund will exclusively support local relief and recovery efforts from this flood.

All donations to Flood relief fund will support recovery and relief efforts in Chennai other coastal areas of Tamilnadu. Initially, the fund will help the survivors' immediate needs for food, cloths, clean water, hygiene products, and shelter. Once initial relief work is complete, this fund will transfer to support longer-term recovery efforts run by local NGOs and other Social service organizations.

So please help us to raise the fund

OUR SOCIAL SERVICE PARTNERS IN JAPAN
1. Sribalaji Group of South Indian Restaurants
Nakameguro & Suidobashi
2. Govind`s Pure Vegetarian Restaurant – Funabori
3. Japan Tamil Sangam
4. Japan Telugu Samakhya.



.WHAT WE DO WITH FLOOD RELIFE FUND

Medical camps
Relief camps
Provisions

Food
Towels
Beds
Bed sheets
Cloths
Personal Hygiene products
Study materials for students

Overall we help people to recover and re-build their life.



今回の洪水は予想していた以上に深刻なようです
レストラン・シリバラジでも明日以降募金を開始いたします
他団体も支援に乗り出しています。街で見かけましたらご協力のほどよろしくお願いいたします。


Sri Balaji (Nakameguro)
PHONE 03-5724-8995
ADDRESS 2-7-14 Nakameguro, Meguro-ku, Tokyo
Sri Balaji (Suidoubasi)
PHONE 03-6265-6969
ADDRESS 2-1-11 Nisikanda, Chiyoda-ku, Tokyo







back-to-top