スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新説ドラえもん

2014.02.04 (Tue)
真説 ドラえもん

4c0a36f8_1376825642974.jpg


ゲーテの戯曲『ファウスト』で知られる冥界の使者、メフィストフェレス、別名を「ドラえもん」。そのドラえもんに魂を売り渡してしまった主人公「野比 のび太」、これはどこにでもいるごく平凡な青年が突如現れた奇想天外なる運命に翻弄され、次々と繰り広げられる人生の悲喜劇をめぐって人間の深遠に深く、そして鋭く迫った現代の一大叙事詩である。

ある日、物語の主人公、野比のび太は、誘惑の悪魔、ドラえもんをふとしたきっかけで机の引き出しより呼び覚ましてしまった。と同時に、彼の欲望と悲劇の冒険、すなわち、人生における混乱と光明、正義と偽りのまがまがしい世界に彼は深く突き落とされて行く。一個のか弱い魂でしかない「青年のび太」は、時に挫折し、時にかれの友人達に助けられ、次々に降りかかるさまざまな人生の試練を乗り越えながら、人間の真実の姿、人間にとっての真の幸福とはなんぞや、という人類の普遍的命題に突き当たり、そしてその謎を解き明かしてゆく。混沌と混乱渦巻く現代社会の中で、新たなる人間像を、真に理想の人間の姿を、ついに見出し、そして彼自らに取り戻してゆく。

発表当初、のび太の憧れの女性、「しずかちゃん」の入浴シーンがあまりにも露骨であるとのことで発禁処分という憂き目を見ることになるが、かの文豪、川端康成の尽力によりほどなくその禁を解かれた。川端氏いわく、「しずかちゃんの入浴シーンなくしてドラえもんは語れず。この作品に接していなければ「伊豆の踊り子」の発表はなかった」と後年語っ ている。

近年、研究者の間では、「ドラえもん」は実在する、という説がまことしやかに議論されている。それによればドラえもんが人類の歴史上、初めて出現したのはインダス文明後期、ヴェーダの神々が繰り広げる戦争神話の中にしばしば見出すことができるという。その赤く大きく引き裂かれた口、そして真っ青な面相はおのずとある強大なる神を容易に想像することができよう。そう、怒れる神、ヒンドゥー教の破壊神、「シバ」の化身ではなかったか、という仮説はあまりにも有名である。









人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。