2015.04.14 (Tue)
今日も雨
雨でやることもないのでブログを書いてみる。
いつも普段通っている常世の国周辺を写真で紹介 
「少彦名の雨の一日」

別に興味ないか




P4141502.jpg


よく行くお店、グッピー本店
名前からお察しの通り熱帯魚店です。全国でも知る人ぞ知るペットショップの老舗、会長は日本で始めてディスカスの繁殖に成功した観賞魚の権威

たまたま近くに越してきたというのも何かの縁でございます







P4141515.jpg



雨の峠、私の村ははるか頭上の雲の中








P4141514.jpg



ポルトガル語かな?神に悔い改めよとか何とか・・・・またなんでこんな山の中に

ここは霊山、神州八百万の世界。ジーザスもこの神話の世界ではあまたある神々のうちのただのひとつ












P4141521.jpg




小さな踏切で電車に遭遇。あらめずらしや。雨降りの中すかさず撮り鉄に変身です。








P4141524.jpg



ありゃま、
せっかく峠を越えてやってきたというのに

隣のガレージではご主人がつなぎに着替えて車いじり
「いや~きょうは雨降りなもんで、ちょっと早めに・・・・」
申し訳なさそうに頭をかいてござります





万五郎そば
私の見立てでは全国五本の指のひとつに入る隠れた名店
メニューも盛りそばのみの生一本なお店、そば粉をお湯で伸ばしただけの「けえもち」は田舎信州の素朴な香りを口いっぱいに満喫できます。
万五郎そばホームページ







P4141516.jpg

おなか減った・・・








P4141532.jpg


信州、特に伊那、諏訪周辺は石塔のとても多いところ。
今まで何回か紹介しましたが、こちらに越してきて一番初めに気が付いたのが、この石仏の多さです。



雨が強くなってきました。とても綺麗です。





P4141536.jpg


雨の中、かさもささずに石塔の周りを飛び回ります。近くの工場から修理工のあんちゃんが不思議そうに眺めます。
長い間人に愛されて大事にされてきたものは自然と心安らぐ美しいものになって行きます







P4141548.jpg


さてと、結局こうなっちゃうんですよね。
諏訪周辺ではここが定番。というか他にお店がない。
このあたりは外食産業がめっきり寂しいのです。特にラーメンは壊滅状態。だから、気が付けばテンホウです。家族が仲がいいから外で食べるのは珍しいことなのかな。


家族といえばここはアットホームを売りにしたお店、連日子供づれやおじいちゃんおばあちゃんでにぎわってます。東京のラーメン屋をイメージして入るとその和やかさにかえってびっくりしますよw





P4141552.jpg



お客は珍しく私一人、
きっと店長の趣味なのかな、普段決して流れていないジャズの調べが店内をしっとりと満たしています。




窓の外は強い雨、
きょうも誰とも話さずに一日が終わりそうだ







雨色少女
作・少彦名




作詞・作曲・演奏・うた/少彦名
写真/ミルク色の木蓮(ケィティママ)
ケイティママ・ブログ



スポンサーサイト

一休み

2014.06.12 (Thu)
インドの結婚式、連載中ではありますが
チョットここで一休み・・・・


P6120092a.jpg





休耕田の草刈りをしてたら鳥の巣を見つけた




P6120105a.jpg



そこだけ刈り取らずに、残してやった。刈った草でトンネルを作ってカラスに狙われないように。

これで雨もしのげるかな




P6120123d.jpg



見渡してみれば、行き場を失った蝶たちが刈り倒された草の上を右往左往している。


クローバーが嫌いだ。小さい頃から四葉を見つけると幸福になるとか、花で首輪作ってお姫様だとか、気がついたらそんなことを毛嫌いしていた。大体あれって外来種だし、小さいくせに草刈機にからみついってすごい厄介なんだよな。でも、よく見ていると蝶たちは好んでしろつめ草の花に集まっている。そういえば、ハチミツのよい蜜源になる。それに何より、土壌を豊かにする働きのある有用な植物でもある。
小さい頃、クローバーの花をつまんで甘いにおいを楽しんでいたのをふと思い出した



ここら辺だけクローバーの花を残しておいてあげるか。
変な理屈こねていたガキは、せいぜい周りの女の子を困らせてたんだろうな





P6120119a.jpg





さて、今日は目いっぱい働いたな。草刈り機の振動で手のひらがじんじんする。変な風も吹いてきたことだし、今夜も一雨降りそうだ





P6120133a.jpg

ギンリョウソウ




『月を見てたら』
画/黒猫はのん
作詞作曲・うた/少彦名
 





少彦名は今日もがんばったから
どうかひとつ『good』を押してくださいな・・・




月を見てたら

1901.12.14 (Sat)
さあ聞いてみよう!!


『月を見てたら』

画 / 黒猫はのん  うた / 少彦名



tuki wo mitetara



全国の女性ファンの皆さん。いつも応援ありがとう!!!
これに味を占めて今後も続々、少彦名ミュージックビデオを発表していく予定ですぞ。

なので・・・・
未知の才能を秘めた天才アーティストよ!!ぜひ私の曲に映像をつけてやって欲しい!!!

めざせ!「みんなのうた」




『月を見てたら』

窓を開けて月を見てたら
自分のことが嫌になった
服を脱いで、眠っていたら、
僕の体は
軽くなって飛んでいった

ねー、おしえて あなたの秘密を
ねー、おしえて 罪の重さを

本の中の明かりの色
星と見分けが つかなかった
君の優しい 言葉の中の
うそがボクには
見分けが つかなかった

ねー おしえて 夜の終わりを
ねー おしえて 月夜の明るさを

(間奏)

窓を開けて月を見てたら
自分のことが嫌になった
服を脱いで、眠っていたら、
僕の体は
軽くなって飛んでいった

ねー、おしえて あなたの秘密を
ねー、おしえて 罪の重さを

あなたにあったら

ねー おしえて 夜の終わりを
ねー おしえて 月夜の明るさを

君なら知ってる

ねー、おしえて あなたの秘密を
ねー、おしえて 僕らの幸せを


back-to-top