スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xmas

2015.12.22 (Tue)
AS20151214003535_comm.jpg


もうずいぶん昔の事、パリに一か月滞在したことがありました
裏町のさびれたホテル、気ままな旅の自分にとっては良くも悪くもほっておいてくれるパリの雰囲気は気持ちのいいものでした。
ベットメーキングはアラブ系の元気な女の子、彼女は朝になるとラジカセ片手にづかづかと私の部屋にやってきてはおもむろに掃除を始めます。
彼女のラジオから聞こえるのはアメリカのトップテンに始まり、こてこてのユーロロック、シャンソン、アフリカ系のダンスミュージックにフランス語で畳み掛けるパンク、果てはイスラムのコーランまで、世界中のありとあらゆる音楽が何の脈絡もなく流れ出てきます。僕はせわしなく動き回る彼女に追い立てられ裏通りに面した窓枠に腰を下ろして手際のいい彼女の掃除する様子を大音量のラジヲを聞きながら眺めていました。



あれからパリの街も随分変わったのでしょうか?
今年、パリで起きてしまったテロ
きっと皆さんもこの年一番のショックだったと思います
以前私が訪れたのは、その時は夏だったから、今度は今の季節に、クリスマスの頃に行って見たい。
あんな酷いことがあった後でも、パリはやはり自由の街。もう一度ゆっくりとあの雰囲気を味わってみたい



もうすぐクリスマス、私は日本人ですから当然仏教徒、キリストの誕生日なんて全くわたしには関係ありませんし、ましてここは人っ子一人いない深い山の片田舎、クリスマスなど華やかなことからは遠く離れた全くの無縁な世界
それでも、今年のクリスマスだけはひときわ美しく輝いてほしい
月明かりだけが照らす静かな山の中で一人、祈るように思います






フランスでは、あの暗い気持ちを吹き飛ばすように様々なジョークが街にあふれているそうです
パリといえばシャンソン?大好きですよ、それもいいですね!でも今夜はイエイエ!パリの元気なYé-yéで、いやなことはどこかへ吹き飛ばしてしまいましょうか

I Was A Ye Ye Girl


前に紹介したかな?そのうえイタリアのユニットみたいだし。ま、いいね、この手の集めた企画ものが日本でも何枚出てるのかな。そのうち三枚持ってて毎日のように聞いてたよ。その割には出所、詳細全く知りません。ま、ご機嫌だからいいですね。最近テレビでも番組のバックでこの手の曲を使用したりするのを聞くけど相変わらず使い方へたくそ。ボーカルがIngrid Alberini、ドイツ版のクレジットには記載がありました。この辺のイエイエリバイバルもの、ひとくくりにできるようですが私はさっぱりわかりません。だれか情報持ってる人教えて。
(Ingrid Alberini、やはりイタリアの女性のようです。ボーカル、ダンサーとなっています。InGrid名義で何曲かPVがアップされています。どの曲もとてもいい感じ、そのうえ美人。真ん中で踊ってるのがもしかしたら彼女?これを機会にファンになってみようかな)



Nancy Sinatra
These Boots Are Made for Walkin'



フランクシナトラの御嬢さん、これまたパリジェンヌじゃないけど好きだからいいの
あのね、めっちゃかわいい♪



レナウン CM 1965年 シルヴィ・バルタン
Sylvie Vartan 「ワンサカ娘」



日本でイエイエといえばこれできまり!こんなにかっこいいコマーシャルって未だかつてなかったんじゃないかな。作曲は小林亜星
シルヴィ・ヴァルタン、フランス人かと思ったらブルガリア出身、現在71歳、来年の発表に向けて、ただいまニューアルバム制作中、バリバリの現役ミュージシャンです
レナウンて言えば僕の出身地、江東区の会社。隅田川のかわっぺりに大きな倉庫があってね。衣料業界の不振で中国に買い取られちゃった。バブル崩壊の象徴的な企業だったな。その時リストラくらったともだちのおねーちゃんはなかなかのイエイエだったよ


France Gall - Poupée de cire, poupée de son

France Gall - attends ov va-t'en


彼女はぜったい外せません。フランスギャル、本当にお人形さんみたい。学生の時ほぼ毎日、彼女の曲で目覚めてました

LUCE - Malibu


最後はちょっと変り種、全然見た目からイエイエじゃないんだけど僕のツボだから。今年リリースされたリュースちゃんの新作から。2010年にアイドルオーディション番組でリタミツコ(Les Rita Mitsouko)の曲を口ひげをマジックで書いて熱唱、本チャンでは日本のメイドコスプレで大観衆の前に登場、満場一致で見事デビューを果たしました。出身はフランスとスペインの国境の町ペルピニャン/Perpignan、ピレネーを越えてスペインに入るときに立ち寄ったけどいいところだよ。彼女ちょっと太めだけどかわいいね、来日しないかな。歌詞を Googl 翻訳で直訳したらマリブで男と出会って病気をうつされて彼はテキーラでべろべろでゲロ吐いてるって、なんなのそんな歌

フランス物は実はとっても大好物。選び出したらきりがないから今夜はこれくらいで



さて、もうすぐクリスマス、みんな楽しく過ごしてね
そして来年こそは平和ないい年になりますように!

Bonne Année,tout le mond !!






シルヴィ・バルタン / ベスト・オブ・シルヴィ・バルタン
Full Metal Jacket - Soundtrack 輸入盤 These Boots Are Made for Walkin' 収録
Luce / Chaud (輸入盤CD)







スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。