本宮一 建御柱 事故

2016.05.24 (Tue)
P1016464dd.jpg


青空に天高く立ち上がる本宮一之御柱
それは本当に素晴らしく誇らしい風景でした



P1016356.jpg


その日は空はすっきりと晴れ渡って入るのですが時折強風の吹き荒れるいやな天気でした
こんなに強い風の中、いったい無事に御柱が建ちあがるのか、皆、口には出さないけれどきっと同じ心配をしていました



P1016370.jpg


長く、厳かな神事の後、斧取りによる冠落しの儀が始まりました
一時間をかけて御柱の頭を三角錐に切り落としてゆきます



P1016407.jpg


その間を木遣りがなき、ラッパ隊が斧に力を与えます

P1016404.jpg


古風なお祭りに軍隊式の突撃ラッパ
最初は非常に異様な、奇妙な違和感を感じました
そもそも喇叭隊も新しいものなんだろうと思いいろいろと老人たちに聞いてみるとやはり戦時中から導入されたスタイルのようです
御柱祭りは戦前戦中もとだえることなくここ諏訪の地で行われていました
しかし、戦争でほとんど多くの成年男子が兵隊にとられてしまう中、女子や老人だけのお祭りでは寂しかろうと祭りに威勢を加えるために街の消防団がはじめたのが喇叭隊の始まりだそうです
今では御柱祭りにはなくてはならない存在になっています






P1016438.jpg


祭の喧騒とは裏腹に、境内は参拝者もなくひっそりと静まり返っています


P1016399LL.jpg


時折吹き荒れる強い風に、山がどーどーとなっています



P1016443.jpg


諏訪大社は神殿のない原初的な様式を保つ神社
他社と比べてこじんまりとした質素なつくりではありますが、おのずと居住まいを正す厳かさがあります





P1016450.jpg


いよいよ、運命の建て御柱が始まります


先ほどまでの風もピタリとやみました
これは吉報なのでしょうか
その時はだれもがそう思っていたはずです




運命のと書いたのはこの後事故が起きてしまったからです
全国放送で日本中の人が知ってる事実なのでここに書いています
しかし私が改めて書いているのは何のためなのでしょう。こうして書いている間も自問自答するばかりです
きっと自分のために書いている。そう思うようにします。あの時の景色が胸につかえるとげのようにいつも心に引っかかっています
書くことで忘れることはないでしょうが、書かなければ前に進めない
読んでいただいているみなさんのために書いているのとはきっと違うのだと、自分の身勝手から描いているのだと思います



P1016478.jpg


二時間かけてゆっくり立ち上がってゆく巨大な柱、
まさに見事の一言でした。
青い空にオンべの赤い房の色、揺れる木の葉の間に命や時間やこの世のすべてのものが凝縮し集まり形になってゆく。
ラッパや、木遣りや人々の歓声に割れんばかりの境内なのにとても静かな恭しい光景です。



P1016485DG.jpg



見事直立する御柱
奇祭、諏訪の御柱祭り
氏子たちの思いが形になった瞬間です







後記
もし、あんなに大勢乗らなかったら、もし二時間もかけなかったら、もし最初の時間から乗っていなければ、もし御柱の縄足場撤去を建てかたの鳶がやっていたら、もし警察が時間厳守などといわなかったら、もし下にパワーシャベル機が置いていなかったら、もしヘルメットをかぶっていたなら
あんな事故にならずに済んだかもしれません
私は若いころ鳶もやった身です。片付け作業、撤去作業を行うときは細心の注意を払います。撤去作業は建てるときよりも数十倍恐ろしい、それこそ何が起きるかわからないのです。ですから、落ちた時にきっと立て方の職人が落ちたのだと思っていました。それならばただの不注意、業務上伴う仕方のないことかもしれない、そう思うようにしました。しかしまさか、なにも知らない素人に(失礼な言い方かもしれませんが)やらせていたとは夢にも思いませんでした。それを聞いたとき、いくらお祭りでもと怒りがわいたものです。
すべてが終わり、大総代の「99%は今まさに無事に終わりました、あと一パーセント事故のないようにお願いします!ありがとうございました!!」先ほどの万歳三唱でこの祭りは幕を下ろすはずでした。
昼間食べられなかった弁当を食べ終わり境内に踵を介した瞬間、「ドーン」という大きな地響きが起こりました。
『落ちた!!』
瞬時に判断したのは以前経験したことがあるから、あんな音は人が落ちるほかに聞いたことがありません。
御柱をけん引したワイヤーが揺れています。皆が柱を見つめたまま固まっています。女性が涙目で彼のはっぴに顔をうずめています。顔色を変えて駆けつける若者たち。男泣きに泣いている人もいます。
ああ、本当の事なんだ。
同じ村の先輩の足元に落ちてきた、その彼は、『きっと駄目だろう』と青ざめた顔で言っていました。近所でも幸い私の知った人ではなかった。だから、今回掲載した写真に写っていたとしてもわかりません
ついにいたたまれなくなり境内の外に出ました
「飲んできます」
昼間、仲間と一緒にこっそり抜け出して、生ビールを飲んだ大きな広間
夕日の中、今座っているのは私だけ
缶ビールを飲みながら涙が出てきました。最後の最後に御柱を穢してしまった悔しさと、のんきに弁当を食っていた間中、彼は一生懸命柱の上で自分の役割を果たそうとして必死だったことへの申しわけなさと。

最後の写真ありますね
あの時、あの柱の前にかかった境内の木の枝を切り落としました
随分乱暴なことをするなと思ってみてましたが誰かが指示したのでしょう
その木を切ったのが彼だったそうです


















スポンサーサイト

最後の曳航 本宮一之御柱 

2016.05.19 (Thu)
P1016179jf.jpg






昨夜のあらしのような雨はすっかり上がって今日は朝から天をつく日本晴れ

いよいよ本宮一之御柱が上社を目指して動き出します





P1016152.jpg



朝一番の木遣り唄も俄然気合が入ります







P1016203ka.jpg


こちらも気合十分の木遣りのお姉さま
わかりますでしょうか?
頭の剃り込にははっきりと『本一』の文字が!



さて、私、裏方のチョイ役ではありますが皆さんに負けないように気合を入れて頑張っていきたいと思います
と、動き出しの準備を整えている矢先、柱の後方が嫌に騒々しい。氏子たちもそちらの方角に駆けていきます。
何やら、これはただ事ではありません。






 P1016153.jpg



つっかけです!
後ろの柱の若い衆が本宮一めがけて突っ込んできます。その数ざっと50人!応戦するは同じく本宮一の柱、精鋭の梃子持ち衆、当然手にはあの長く太い梃子棒を振りかざして!
これはただではすみません!








P1016159.jpg


つっかけるとは前の柱が動かないことに業を煮やした梃子持ち衆が梃子棒を片手に前の柱に襲いかかること。お互いに長いこん棒で殴りあうのですからどんな悲惨なことになるかはたやすく想像がつきます。
その昔、御柱祭りはけんか祭りと称されました。柱を曳航する間、間断なく酒を飲み続け気合を入れまくる、以前、この突っ掛けで殴り殺された人もいるとかいないとか








P1016154.jpg


と、よくよく見ればなぜか皆さん満面の笑顔
そうなんです、これ、ただのデモンストレーション。二の柱の氏子さんたちがわざわざ大挙してあいさつに来てくれたのです。
そして、最後は敵味方、入り乱れて勝利の万歳三唱、
今日も楽しい一日になりそうです









P1016218.jpg


本宮に近づくに従って街道は狭く、綱を引く群衆も逃げる場所がありません


「 ヨイテコショー  ヨイサー 」


神の巨木が人々を押しのけて一歩一歩進んできます








P1016208.jpg



柱の到来を今か今かと待ち構える氏子たち








P1016254.jpg


お柱を迎えるために境内で打ち鳴らされる太鼓
祭の盛り上がりも最高潮に達します







P1016266.jpg



太鼓橋を越え、ついに鳥居の目前までやってまいりました
振り上げられるGOサインの白旗
しかし、この狭い鳥居
どうやって通り抜けるのでしょうか






P1016280.jpg



一人ひとりの気持ちが一つになる瞬間






P1016288.jpg



そんな瞬間を私はこのお祭りで何度も見てきました









P1016300.jpg


大木の間を縫うようにして進む一之御柱
メドデコにつないだ綱を曳く命綱の若者たち。
決して表に出ない目立たない存在ですが、その名の通り、皆の命をあずかるとても大切な役割です







P1016322.jpg



難所を一つ一つ乗り越えて、そのたびに湧き上がるどよめきと歓声。
歓喜に包まれながら、本宮一之御柱が最後の曳航を続けます









P1016315.jpg


柱を曳く氏子たちを迎え入れる木遣りの声
いよいよ、お柱の長い旅も終わりに近づいてきました








P1016332.jpg



境内に姿を現した本宮一の御柱
改めてみても巨大な柱です









P1016354.jpg

P1016346.jpg


無事、柱を本宮に送り届けた氏子の力

木遣りの声も突撃ラッパも皆の歓声も
言葉に言い表せないくらい誇らしげです









P1016348.jpg














続きを読む

御柱 里曳き

2016.05.18 (Wed)

P1016054.jpg


五月三日
御柱山出しから一か月
諏訪の町中を大木が列をなして上社本宮、前宮を目指す里曳きが始まりました







P1016047.jpg



心なしか木遣りの鳴き声も明るく軽やか

山出しは大木を山から切り出す神様のためのお祭り
里曳きは危険に身をさらして苦労して山から大木を運び出した氏子たちへの神様の贈り物

氏子たちのための華やかなお祭りです






P1016074.jpg



奉納騎馬の行列が御柱祭りに華を添えます







P1016061.jpg



かわいいちっちゃなお殿様
その昔、諏訪の殿様もこうして家臣を従えて山を下りる御柱に参詣したのでしょうか








P1016081.jpg


本宮から大社の神様がお舟に乗って柱を迎えにいらっしゃいました
これが見れるのは上社の本宮一之御柱だけです
実に我々豊田四賀の氏子たちにとっては百年ぶりのことになります







P1016102.jpg



お舟が出るとは聞いていましたが本当に船に乗って神様が降りてくるとは思っていませんでした





P1016084.jpg




ここで、ちょっとした神道雑学をば

上の写真で見えるお舟の山づくり衆、白装束の氏子が担いでいるのは榊かな、と思いきや、なんだかちょっと違う。光沢もないし葉っぱは薄くて何とも春らしいさわやかな若木、目を凝らしてもとげとげしていない。いったい何の木の枝だろうと思って神主さんに聞いてみました。
すると、諏訪の地は標高が高くてとても寒いところ、榊のような温帯系の常緑樹は枯れて育たないそうです。その代用としてそよご(諏訪の地ではそよぎ)というモチノキ科の植物を使うとのこと。そよごの他にも、東北やここのような高冷地ではイチイなどもしばしばサカキの代用として神事に使われるそうです。しかし代用とはいっても、そもそも、「榊」という文字は神事でよく使われる木、ということで生まれた当て字、中国から渡ってきた漢字とは成り立ちが違うようです。玉ぐしに使う「榊」は必ずしもいわゆるサカキである必要はないようです。
(仮説妄想:神事に北の寒い地方では育たないサカキを使うということは、「神道」の起源が日本西部、もしくは南方起源の宗教だということの裏付けになるのではないでしょうか)







P1016123.jpg



御柱祭りで一番の美人さん
この小さい体で天高らかに木遣りをうたい大木を動かす木遣り唄の名手、このチャーミングな笑顔のどこにそんなパワーが隠されているのでしょう
手に持っているのは木遣りの必須アイテム、おんべ、木遣りを鳴くときに空高く振りかざして天まで届けとばかりに声を張り上げうたいあげます。
こうして女の子の写真がたくさん撮れるってことは私少彦名が初めての山出しの緊張感から解放されたってこと。

あ、そうだ、彼女の名前聞くの忘れた。
こういうところが私、すくなひこなの詰めの甘さです。









御柱始まって以来の巨大な大木が諏訪の街を優雅にゆっくりと進んでゆきます



  






P1016119.jpg




御柱が通るのを今か今かと待ち構える町衆のためにお囃子や太鼓が祭りを盛り上げます。踊りが出て舞が出て、沿道には多くの屋台が立ち並ぶ、諏訪全体のにぎわいがこの日、この場所に一時に集まったようです







P1016129.jpg



以前、インド映画の撮影に和装で参加いただいた御嬢さん
カメラを向けられたら恥ずかしそうに下を向きました

SAAHASAM in 松本 2015.6.25





P1016137.jpg



本日の行程は無事終了
木遣り唄と乗り手の掛け声と群衆の合いの手と、大地が盛り上がるような興奮です
長い長い御柱の道のりももうすぐ終わり
いよいよ明日、上社本宮境内にむかって御柱を神様のもとへお届けします






御柱 木遣り









御柱

2016.05.11 (Wed)
P1016494z.jpg


本宮一之御柱
事故が起きてしまいました
目の前でした。

帰り道に撮った芝桜の写真です
夕日がとてもきれいな午後でした

とても楽しく素晴らしいお祭りでした
ですから記事は書こうと思います
しっかりと書いて残そうと思っています









続きを読む

本宮一之御柱 山出し

2016.05.02 (Mon)
P1015518.jpg

御柱祭り、本宮一之御柱山出し
ここに帰ってくるのに振り返ってみれば一か月
すっかり御柱に魂を抜かれていました




P1015517.jpg

いろいろと書きたいことがありすぎて自分の器をはるかに超えてしまったとういうことです
ただ、書かないと前に進めないのも事実なのでとにかく写真だけでも皆さん、見てくださいね





P1015523.jpg


この一か月、私、なにをしていたかというと、祭りが終わったその日に東京へ打ち合わせに、御柱祭りの熱狂と久々の都会の華やかさに正気を失い、ミーティングに現れたインド人スタッフからインフルエンザをうつされ、熱で浮かされている最中も問答無用に迫ってくる農繁期に備えて畑の準備やら苗の調達やら、次回の映画の段取りやら。ここにきてようやっと咳も収まったところ。
おんばしらの記事を書くのも何か変な責任感からか大いに持て余してしまい、痙攣の止まらない思考停止のような、まさに抜け殻のような腑抜けた状態でありました







P1015515.jpg

同じく、正気を失っているみなさん
一之御柱、木落の瞬間を今か今かと見守る氏子達





P1015520.jpg

こうして写真を見ながら振り返ってみるといろいろな感情が湧き上がってきます
あの二日間の興奮と、参加したことへの重責と、群衆の中の恍惚と
実は写真を見返すのも今日が初めて、様々な複雑な想いが絡み付いてきます






P1015521.jpg

今まさに坂を下り落ちようとする御柱
次の瞬間、御柱は目の前を凄まじい土ぼこりを巻き上げて滑り落ちていきます
目の前で命綱をあずかる氏子たちがその勢いに耐え切れず御柱と一緒に転げ落ち、宙を舞っている

あまりのことに実際のところは目の前で何が起きたのかあまり覚えていないのです






P1015527.jpg

坂を滑り落ち大曲を越え川を渡る、全二日間の日程
方々で木遣り歌が湧き上がり、軍楽隊のラッパが響き渡る
天変地異のような大地が狂ったようです






P1015528.jpg

一致団結して大きな柱を一心に運び出す
日本人の底力






P1015533.jpg

ヤマノカミサマオネガイダー

皆の無事を祈る木遣り歌
その意味を心底理解した怒涛の二日間
祭というものはいつの時代も少なからず狂気じみています





P1015535.jpg


地鳴りのような掛け声で道を突き進む御柱
怒号が飛び交い、歓声が沸き起こり、皆が一斉に息をのむ

こんな表現は少し不謹慎で興ざめかもしれませんが、荒っぽい職人たちの巨大な建築現場が群衆を呑みこみながら街を転がり落ちてゆく
こんなたとえ方でももしかしたらその場の雰囲気が伝わるかもしれない






P1015540.jpg


川越も無事に、曳航を終え歓喜に包まれる一之御柱
私の役回りはいったい祭の役に立ったのだろうか
少し距離を置いて見つめる自分がいる

さて、明日は里曳
朝は3時から起き出さないといけません





初日 御柱 

2016.04.02 (Sat)
ヤマノカミサマー
オヤスミーナサイー



夕やみ迫る小山の上で木遣りの声が今日の祭りの終わりを告げる

明日は木落し、そして川越
落ち着いたら書きます


おやすみなさい

            P1015496.jpg

御柱 修祓式

2016.03.29 (Tue)
P1015181.jpg

豊田地区の修祓式
修祓式とは祭りを行うに当たり氏子たちの無事と祭りの成功を願う神事の事
いわば出陣式、いよいよ本日からが御柱祭の本番ということです



P1015145.jpg


地区ごとのはっぴを羽織り祭りの正装で居並んだ氏子たち
何もかも初めての私でもいよいよだなという気持ちが湧き上がってきます


P1015156.jpg

御柱に華を添えるラッパ隊の演奏
御柱のお祭りはお囃子で景気をとるのではなく軍隊式の突撃ラッパが氏子の威勢をあおります
毎回、当たり前に死人が出る激しい祭り
当初は祭りに楽隊とはおかしなものだと思っていましたが参加するものとしては元気が出てこれはこれで張り合いです




P1015164.jpg



豊田、四賀地区で本宮一之御柱を引き当てたのは実に96年目の事
初めての祭りが百年に一度の幸運、幸せなことと思うほかはありません


P1015162.jpg



そのうえ今年の本一は過去に例のないほどの巨木、今までで一番太い大木だそうです
本一の名誉に負けないように力を合わせて曳かねばなりません



P1015158.jpg


神前にとぐろを巻いて出番を待つ曳綱
手前に並ぶのは方向転換に使う梃子棒、上社の御朱印の入った神聖な棍棒です



P1015179.jpg

一人白装束に身を固め御幣を掲げる北澤聖顕さん
御幣もちは一地区にたった一人の大役
雨が降ろうがやりが降ろうがたとえその身が危うくなってもこの祭りの間大事な御幣を地面に投げ出すことはありません
その引き締まった表情に彼の責任の重さを感じます



P1015191.jpg


泣いても笑っても御柱まであと一週間
まったくのぶっつけ本番、気を引き締めて向かわねばなりません



P1015206.jpg










めどとり

2016.02.27 (Sat)
P1014765.jpg


上野の山から御柱のめどでこを伐採するのは昔からの習わし
朝八時から村のコダマ様にはっぴを羽織って集まった




P1014763.jpg


蚕玉と書いてコダマと読む。この辺りは昔から養蚕が盛んな場所でその歴史は平安以前にさかのぼるという
私の家の二階にも昔蚕を飼っていたお蚕部屋がある。




P1014773.jpg


日本はシルクロードの東の端の国
かつて日本は桑の生い茂る絹の国として知られていた
伝説の大木から日が昇り出る扶桑の国、そういえば扶桑という名の巨大戦艦が昔あったっけ

そんなことを考えていたら諏訪湖の衆が三々五々大挙して山を登ってきた





P1014787.jpg


目星をつけていた木を斧持ち衆が品定めをする
斧方(よきかた)とはその名の通り斧に関する行事に携わる方々、木落の追い掛け綱を切るのは斧方の見せ場、お祭りの実行委員会ともいえる中心で活躍する氏子たちだ




P1014806.jpg

四本のめどでこを上野の山からとる
上社の御柱には前後二本ずつ四本のめどでこが立つ
しかし切り出されるのは四本ばかりではないそうだ
山出し用に切り出す長いメドデコ、里曳きのための短いもの、長いままだと電柱なんかに引っかかってしまう。それと折れてしまった場合の予備のメドデコ。ちなみに御柱が樅の大木なのに対してメドデコは固い楢の木だそうだ




P1014808.jpg



取るといえば先日の月曜日、22日の深夜、泥棒に入られた。
村全体で100本近く、草刈り機からチェーンソーからごっそり盗まれた
幸い、私の家はひとつ通りから奥まっていたので被害はなかったが両隣は大事にしていた農機具を持ってかれてしまった




P1014830.jpg


それでもみんな笑っていた
お前んとこもやられたかと笑っていた
わざわざ遠くからこんな山奥に来てお年寄りの大事なものを盗んでゆく
この村は幸せな村だ。そんなに困っているのなら、幸せの一つや二つ分けてあげたのに
それをこそこそと闇夜に紛れて盗んでゆく
卑怯な人たちだ
彼らはきっととても不幸な人間たちなんだろう
そして、心入れ替えなければいつまでも救われることはない
幸せとは無縁の悲しい人たち






P1014832.jpg



切り出した楢の木の皮をむいてゆく
信州の男は働き者だ
なので仕事に割って入ることができない
おかげでこうやって写真を撮っていられる




P1014843.jpg


今日も無事、一人のけが人もなく作業が終わった
大して作業の足しになったわけでもないが『枯れ木も山の賑わい』私も少しばかりのにぎやかしいにはなったでしょうか
これを読んでくださる皆さんの何人かでも御柱祭に来てもらえればお諏訪さんのお役にたてたのかなと

そして、これを読むかもしれない草刈り機を盗んでいった盗人の皆さん
お祭り当日は心を入れ替え美しい心でぜひ諏訪の御柱に遊びにおいでなして




上社御柱抽籤式

2016.02.15 (Mon)
P1014048ss.jpg




諏訪大社、上社本宮で御柱抽籤式が行われた


農閑期の冬の間、某大手食品会社の工場で重労働に励む毎日、ちょうどお昼の食堂のテレビで抽籤式の様子を生中継で眺めていた

上社には八本の御柱が建つ
本宮と前宮に4本ずつ
祭に参加する氏子たちのだれもがそのうちの一本、一番太い本宮の一の柱、「本一」を曳くことを熱望する

あの年の「本一」はある地区が大金をはたいて買った、この年の抽籤にはある裏取引があった・・・・
毎回のようにいろいろとあらぬ噂がたつのだそうだ
本くじを引く前にくじを引く順番を決めるくじ引き
大の大人が神官を取り囲んで森の神殿に何千と集まり厳かに恭しくくじを引いてゆく

はたから見ればたいそう滑稽な様子だろう
次々と引かれてゆくくじの結果に集まった群衆のどよめく声が大社の森を揺らす
その光景を食堂に集まった工員達が固唾を呑んで見入っている
和やかながらピンと張りつめた空気に
ふるさとの祭に参加する人々の喜びに
祭りの間、人々は神様の前で馬鹿になる

くじ順は7番目、残り二本のくじ棒を残して私たちの抽籤総代が見事「本一」を引き当てた
抽籤会の会場で、工場の食堂で、
ひときわ大きな歓声とどよめきが、わっと湧き上がる
今年の御柱祭で私たち豊田・四賀地区の氏子が名誉ある 「本宮一之御柱」 を曳くことになった

今宵は諏訪の酒場という酒場で木遣り歌が響き渡っていることだろう
ことに、豊田、四賀にある飲み屋は大騒ぎになっていることだろう
仕事帰りの車の中
酒も飲んでいないのになぜか胸がドキドキする

初めての御柱まであと一か月
私も神様の前で大いに馬鹿になる







御柱 全日程

■山出し
 上社:2016年4月2日(土曜日)・3日(日曜日)・4日(月曜日)
 下社:2016年4月8日(金曜日)・9日(土曜日)・10日(日曜日)

■里曳き
 上社:2016年5月3日(火曜日)・4日(水曜日)・5日(木曜日)
 下社:2016年5月14日(土曜日)・15日(日曜日)・16日(月曜日)

■宝殿遷座祭
 上社:2016年6月15日(水曜日)
 下社:2016年5月13日(金曜日)





御柱 抽籤祈願

2016.01.28 (Thu)
P1284463dh.jpg


諏訪大社は上社、下社と別れており、上社は本宮、前宮、下社は春宮、秋宮、全部で四の御社が諏訪湖を取り囲んでいる
そして、それぞれの御社には四方に一本ずつ、四本の柱が立ち上がるので、計十六本の樅の大木が御柱として山から切り出される
上社では本宮一之御柱が一番太い
祭りの始まるまで、一番いい柱を引き当てるために一月から二月の間、皆が集まって早朝、夜が明けぬうちから本宮でご祈祷をする

手足が切れる程に寒い






P1284371a.jpg


四賀、豊田の一員としてご祈祷に参加する
「はっぴの背中が曲がってるよ」
見ず知らずの人が背中の文字を直してくれる
かがり火の温かさがありがたい






P1284374a.jpg


普段は入ることができない本宮の拝殿敷地に通される
諏訪大社にはご神体を安置する本殿がない
諏訪のご神体は諏訪の御山
手前に見えるのが拝所、奥が拝殿
神様を拝する社である






P1284478lokk.jpg


上社本宮に対して前宮は本宮に付属する摂社である関係で本殿がある
しかし、前宮に本殿が置かれたのは諏訪大社が記録に現れてから下って後の事、前宮の祭事のほうが本宮よりも古いようだ
太古は諏訪の大祝が前宮に居城を構え大祝(現人神)の居住する神殿が存在していた







P1284443tyjll.jpg



下社秋宮、春宮はそれぞれ山宮、里宮という関係になる。境内にはやはり本殿はなく神様はお舟祭りで季節ごとに春宮、秋宮を行き来する




P1284432rth.jpg




上社は男の神、下社は女性の神、上社の御柱にはめどでこという四本の角がたつ






P1284527g.jpg



全面凍結した諏訪湖
うちのトイレのタンクも凍ってしまった
今日からまた暖かくなる
今年も御神渡りは期待できそうにない
上社の神が女神とお会いできるのはいつの日になることか






P1284515psps.jpg


真っ暗な境内に祝詞の奏上が響き渡る
凍えて澄み切ったあかつきの闇が祭衆のかしわ手で打ち震える






aggh.jpg



寒さで震えながら。お祭りの無事と自身の幸福を合わせて願う
なぜか故郷の深川の神輿を思い出した
富岡八幡の山車を初めて引いたとき、出されたスイカをたくさん食べて、ジュースをいっぱい飲んだらおなかが痛くなった
祭の途中で一人、泣きながら家まで帰った

本宮の祭壇の下げたこうべに神楽鈴の音が降り注ぐ
やはり、お祭りとはいいものだ







P1284497pspsa.jpg


諏訪の山中に木遣り歌が響き渡るころ、ようやっと夜が白みかけてきた











back-to-top