キャバクラ

2016.07.13 (Wed)
P4075620.jpg




信州に引っ越す直前
浦安であるの子にあったのね
たまたま帰り道が一緒だったから話しながら帰ったの

「どこまで帰るの?」

「これから仕事なの」

「どんな仕事なの?」

「駅前のキャバクラ」


まずいこと聞いちゃったな・・・・





しかたなく同伴だよ、ま、東京最後の思い出ということで




P4075599.jpg



どこの帰りだったかというとモルモン教の無料英会話教室
え?信者かって?
いいえ。
引っ越しとかの直前で普段は暇だったので興味本位
行ってみるかって



P4065584.jpg




ある日、ぜひとも聞いてもらいたいお話があるって電話かかってきて
外人宣教師、三人に囲まれてモルモン教のあれやこれや聞かされたよ
古代アメリカにいた伝説のキリスト教預言者の話とかヘブライ語で書かれた金の板が土の中から出てきたとか。

要は勧誘ね
モルモンのお偉方のアルバムも見せられてね
で、それ見終わって気づいたこと言ったのさ

「黒人の宣教師の方はいないんですね」

モルモン教って、アメリカ大陸に白人がたどり着く前からその土地はキリスト教徒の、いわゆる『アメリカ人』に約束された神の土地だったってことを正当化するための宗教なの

でも、彼ら一人一人はいいやつだったよ、
『ディープパープル』なんてバンドは知らない、聞いたこともないって言ってたけど。



P4065594.jpg


で、そこで一緒になったキャバ嬢について行って浦安のネオン街へ。
東京最後の夜ってことだね
ソファーに腰かけて、お何にする?フリードリンクでいいよ。私ももらっていい?カラオケ謳おうよ。ね♪

いやに、カラオケ勧めるなぁ

「今月、カラオケ大会やってるの、点数が一番の人が優勝ね、賞金も出るのよ♪」

あ、最初に言っておくけどこれって賭博じゃないからね
賞金は全額お店が負担するものだから
それから、浦安って千葉だったね。




P4075642.jpg



で、歌ったわさ
俺歌上手いよ、それでもいいの?
で、ワンコーラス歌い終わって間奏の時に振り返ったら彼両手で頭抱えてる
あれだけ勧めていたのにどうしたの?勘がいい人はもうわかったよね

要は彼が今夜までのトップ、暫定チャンピオンだったってわけ。

で、俺の点数、なんてんだったかって?
そりゃもうダントツの“98点”だわさ。





P4075656.jpg


結局、優勝者はこの私
僕を誘ったばかりに彼は賞金を逃しちゃった

で、その時歌ったのが『上を向いて歩こう』




永六輔さんが亡くなりました。
理屈っぽい人でなんか煙たい人だなと思ってたけど、
いろいろ考えたらきっと日本のジョン・ライドンみたいな人だった。





上を向いて歩こう



ザ、ピーナッツのお一人もいってしまったね
一緒に連れてっちゃったのかな
日本で最高の性歌手、性デュオと言ったらザ、ピーナッツで決まり。この件についての異論は一切受け付けません。


ザ・ピーナッツ 恋のフーガ


恋のバカンス














スポンサーサイト

桜露

2015.04.20 (Mon)
P4151555a.jpg




連日の雨
高遠の桜は満開の花びらを雨に濡らしていました





P4151559.jpg



朝方は久しぶりに晴れ間が覗いてたのですが着いた頃にはまた雨が降り出します






P4151566.jpg



タカトオコヒガンは高遠城に自生する固有の品種。
ソメイヨシノよりも小ぶりで桃色の花をつける。
本来なら名前の通り彼岸頃に咲く桜
信州は一ヶ月遅れの春の訪れ







P4151577.jpg




激しく降ったと思えば急に晴れ間が覗いたり
あいにくの天気にもかかわらず天下の桜を一目見ようと詰め掛けた観光客の一喜一憂が余計に桜の色を赤く染めるようです。








P4151614.jpg



高遠の城には代々由縁のある家柄だとか。
その昔、城に通う五里の道のりを他人の土地を踏まずに通った云々・・・






P1011662.jpg




それもこれも少彦名がこちらに越してきてから聞いた話
きょうは御城主への二度目のご挨拶です。






P4151631.jpg




雨にぬれた桜をわざわざ見に来たのは初めてかもしれない。
やせ我慢でもなんでもなく、濡れた肌色の桜は晴天に輝く花びらに決して引けをとるものではない
むしろ余計に色鮮やかでまるで別の花のようにしっとりと振舞っています







P4151635.jpg





城内の桜は1500本、天下一というのもまったくうなずけます






P4151624.jpg







花の咲く頃
沢山の人々が花の周りを通り過ぎる
毎年必ず目にしているはずなのにいつもはじめてみるような
しっかりと目に焼き付けているつもりなのにまったく何も見ていないような。







P1011653.jpg








花びらに滴る雨の露

小泉八雲の「乳母桜」の一節を思い出す




『その桜の花は、桃色に白く、まるで大人の女性の胸の乳でうるおった乳首のようでございました。そして、人はそれを乳母桜、つまり、赤子に乳を与え守る乳母の桜の木と呼んだのでした』



乳母は自分の育てた子を、子は、育ての母親を。
母と子の互いを思う悲しくせつない物語







さて、城址を離れた直後、あたりは黒い雲に覆われ山頂では雷の鳴り響く激しい嵐となりました
峠を走るうち雨はみぞれに変わり霧に包まれた道は数メートル先も見えません
迷宮に迷い込んだ少彦名がたどり着いたのは・・・

次回は古代の謎に包まれた古いお社、「守屋神社」のお話です
謎の守屋神社








Kate Bush - Babooshka



桜狂い咲きということで今夜はケイトブッシュで三曲
彼女の錯乱した美しさは桜が咲き乱れ散っていく目くるめく感覚に似ているようです。



彼女は夫を試してみたかった。
彼女は何をすべきかよく分かっていた
偽名を使って、彼を欺いてみよう。
彼女にはそんないけない行いはできなかったのに。




彼女は夫の愛を試す為、他人に成りすまし香水の香る熱烈な手紙を送り、密会の場所で夫がどんな様子で現れるのか心を震わせて待ち構えるのです。そのとき、すでに彼女は彼女ではありません。雨にぬれた桜のように、彼女は以前の彼女ではありません・・・・





Kate Bush - Army Dreamers


Kate Bush - Get Out Of My House










続きを読む

午後もダンス三昧

2013.04.16 (Tue)
午後は意味もなくチューリップの画像からスタート

P1012115a.jpg
(本編とは関係ありません)


富山県中央植物園でロケ やっぱり踊ってます!    P1012151a.jpg
この植物園、とっても大きかったなー 今度ゆっくり来てみたいものだ


       そして富山地方鉄道の南富山駅に移動。車両基地にて撮影開始       P1012164a.jpg



P1012176a.jpg

路面電車(トラム)と通常列車が交錯する風景はとっても珍しいそうだ


P1012195a.jpg
“かぼちゃ電車”2タイプそろい踏み!!同行の市の職員さんから珍しいから撮りなさいといわれてシャッターを切った一枚。もともと京阪電気鉄道で走ってた車両で手前の“赤かぼちゃ”は去年黄と赤色の京阪特急カラーに新たに塗り替えられたものなんだって。遊び心あるね。そういえばここのロケも前日にお願いして即OK!
やるぜ!富山地方鉄道!!


助監督の要望にも快くこたえる路面電車の運転手さん  P1012224a.jpg


そうそう、映画のこと忘れてた      P1012251a.jpg


でもそこは男の子、やっぱり電車に目が行っちゃう。
P1012183a.jpg
こんなの運転してみたい

現場は相変わらず和やか   P1012221a.jpg
ゴーピーにちょっかいを出すハンシカ




P1012232a.jpg
こちらもやっぱり和やか




Waterloo Sunset / The Kinks

電車で思いつく曲ってこれかな。久々に聞くけどやっぱりキンクスはいいな






水槽引越し 計16ケース

2013.04.13 (Sat)
さよなら東京P4130950a.jpg


今日は、水槽の引越し。16ケースをはるばる東京から移動するという一大イベント!輸送費はナントうん十万円!!買い換えたほうがはるかに安い!!!




とその前に....

P4131012a.jpg    この村で最初に私を出迎えてくれたのが彼女、名前はモモ。





                ペコリ   P4131013.jpg
             

P4130988a.jpg  
のっはらに群生するアサツキ
昨夜は摘み取ったものを天麩羅にしていただきました
ちなみにバックは福寿草。こちらは猛毒、食べちゃいけません






で、引越しはというと.....

     到着したのが夜の9時....... P4131019a.jpg

P4131026.jpg
飼育水もポリタンクで移動。終わったときには深夜2時を回っていました。皆さんお疲れ様でした。




今回がんばってくれた業者さん
アクアリンク株式会社

http://www.aqualink.tv/index.html





では、ここで一曲
Camera Obscura
/ Lloyd, Im ready to be heartbroken





さよなら東京!さよなら歌舞伎町!!





Camera Obscura (1996~ )
憂鬱そうに歌うのはTracyanne Campbell嬢。どこにでもいそうなスコットランドの田舎娘。美人じゃないけど心配したくなる女の子。音のほうはキャッチーでシンプル、演奏もそこそこ、ありがちな路線だけど歌心があって、PV含めてなりきり度100パーセント。"Lloyd, I'm Ready to Be Heartbroken" はサードアルバム『Let's Get Out of This Country』に収録されてます。他にも"French Navy"とかいい曲あっておらは好きだ。





インド映画と合掌造り

2013.04.10 (Wed)
P1010754a.jpg

今日の舞台は富山県は五箇所村
富山県ってすんごくいいとこいっぱいあるんだね!



そして今日の主役は

P1010919aa.jpg

劇中のヒーロー、クマールことシッダルタ・スリナラヤン 愛称シド。うーん決まってる!


P1010748a.jpg

普段は静かな村に映画機材がどんどんと運び込まれる。
P1010769a.jpg

                              そして鳴り響くインディアンミュージック!!


テレビの取材を受けるシド        P1010787a.jpg




P1010761a.jpg

そうそう、そしてこんな美人も駆けつけたよ。

富山のアナウンサー、三都井美衣さん(左)と林藍菜さん。うーん甲乙つけがたい  P1010760a.jpg

富山はブスが多いと会う人会う人が自虐的に言うんです。しかしこの瞬間、それはただの謙遜だと実感しました。実際東京から初めて富山に来た私は、コンビ二の女の子の純朴さに痛く感激したのでした。ビバ!富山!!




さて、どうしても美人に目を奪われてしまう私ですが、女性読者のために今一度シド君に登場いてもらいましょう。

P1010835a.jpg


うーん、むかつくほどにかっこいいぞ!!これでいてとても気さくな好青年なのだ。




シッダルタ・スリナラヤン /Siddharth Narayan சித்தார்த்
ゴータマ・シッダールタとおんなじ名前をもつ、われわれ日本男児にとって最強の天敵、才能豊かな美男子。タミルナード チェンナイの人 これで34歳、若いよな。もともとは監督になりたくて映画界入り。かの踊るマハラジャことラジニカーントに見出されて俳優としてデビュー。その後順調にキャリヤを重ねるタミル映画の正統派二枚目俳優。癖のあるダーティーな役もこなせるインドでは貴重な逸材だ。好物はなんと寿司!インド人ですしを食べる人は私の友人では三人目。これまた貴重だ。役者として不動な地位を得た現在でも映画監督の夢は捨てきれず食事をしながら語る映画論には熱が入る。尊敬する映画監督は黒澤明。これは私たちへのリップサービスもあるだろうが、映画評論も確たるものを感じる才能の持ち主。得意なギャグは『惚れてまうやロー!!』




ca_rajni.jpg



言わずと知れたMrラジニカーント。インドではすでに神格化された存在だ。




そして今日のベストショット    P1010782bs.jpg













撮影快調!!

2013.04.09 (Tue)
インド映画、県内ロケ始まる
2013年04月10日 00:02


インド映画、県内ロケ始まる
県水墨美術館そばで桜並木をバックに演じるスリナラヤンさん(左)とモトワニさん
 県内初となる映画大国インドのボリウッド映画ロケが9日、富山市で始まった。スンダール・シー監督と出演者、スタッフら27人が同日、富山入りし、県水墨美術館そばの神通川の堤防沿いで、主人公とヒロインが桜並木をバックに踊るシーンなどを撮影した。県内ロケは18日まで行う。
 
北日本新聞から抜粋




桜並木の前を優雅に歩くハンシカ



P1010545a_20160716133656d74.jpg



写真は春爛漫であったかそうだけど、今日は風が強くてとっても寒かったのだ。





P1010708a_20160716133659bd3.jpg

どんなに寒くたってきれいな人はやっぱりきれい。



P1010694_20160716133700663.jpg




風が強かったおかげで私でもこんなにすばらしい写真が!
スンダル監督、ポスターに使ってくださいね!!

.....インドの女優サンなのでおなか周りはぷっくり







P1010693as_201607161336577d9.jpg

日本人よりも桜が似合う?!
これぞ『The Beauty of India!!』



ハンシカ・モトワニ(Hansika Motwani  हंसीका मोटवानी) マハラシュトラ州 ムンバイの生まれ。21歳
ヒンディーの女優さんではあるが、アーンドラ·プラデーシュ 、 タミル·ナードゥ 、 カルナータカで人気がある。10歳のころから映画などで活躍。ラブコメディのヒロイン役で人気が出る。最近は大手電機メーカーのコマーシャルなどに出演し俄然人気急上昇中。好物はクッキーなどのシンプルな甘いお菓子とコカコーラ。本人はペプシコーラのコマーシャルに出てるんだけど、いいのかなあ。



続きを読む
back-to-top