不思議な体験・豊住公園

2017.06.25 (Sun)
P1012584a.jpg
ボリジ 花を白ワインに浮かべるとピンク色に変わります


(追記26/6/2017:追記を先頭に持ってくるのはおかしいですが、今母親に電話で確かめてみたところ、ここに書いた事は確かにあったとのことでした。ただ、どういった事件だったのかはよくわからないそうです。)

今日は予報通り未明から雨、畑には出られないので朝寝坊して居りゃいいものを5時にはもう起きだして「今日は片付けでもすっか」とぼんやり考えていたら、グラグラグラ、大きい地震がありました。
下からどどどっと突き上げるような揺れと同時に携帯のアラートが鳴って築80年のぼろ屋に住む少彦名はちょっとプチパニック。この辺は湖の周りと違って地盤がしっかりしているので揺れはそれほどでも無かったですが、日ごろほとんど地震のない場所に住んでしまうとこういう時は慌ててしまいます。
揺れが収まって、「アラートが鳴るくらいだから・・・」と思い、もしやどこかで大きな被害がとテレビをつけたら、規模も小さく震源は岐阜との県境とのこと。浅いところの地震で少し揺れましたが大地震ではない様子。やっぱり地震といえば東京が心配ですからひとまず安心です。
岐阜といえば、御岳山が噴火する一、二週間前も変な地震が立て続けにあって、地面の下から大きなハンマーで一発、ゴンとぶったたかれるような全く不気味な衝撃が何回かありました。こりゃ近々何かあるなと感じていたところ案の定、お山から離れたこの場所でさえおかしいなと思っていたくらいですから御岳の地元の人は気が付いていたと思います。当時は行楽日和の掻き入れ時、実行されなかった警告と入山規制。その辺の事情は想像するしかありませんが。
日曜日の朝のテレビ番組、そんなことをうつらうつらと考えながらぼんやり画面を眺めていると、ゲリラ豪雨に対する対策プロジェクト、東京の巨大下水道建設工事の話がやっていました。場所は江東区、豊住公園の地下、私が生まれた家のすぐ近くです。



P1012591.jpg
ムスクマロウ お茶やサラダに使います



物心がついたころ、朝から晩まで遊んだ場所、母親が起きると私の姿は寝床にはすでになく、ご飯も食べずに草むらの中を探検していました。公園は大きな台地のようになっていてその地下には水道の施設が埋まっています。街の公園としては特別大きいほうで、遊びに来る人も少なく当時はちょっとした遊具があるばかりでただただ広い寂しい場所でした。
「そういえば、あんなことがあったなあ」
外の雨を眺めながらぼんやりと思い出したことがあります。





P1012601.jpg
ケンブリッジ・スカーレット・ベルガモット
名前は柑橘系のベルガモットに香りが似ているため




ある夏の朝、季節はもしかすると今ぐらいだったかもしれません。いつものように寝ている母親を起こさぬように家を抜け出して公園に向かいました。多分まだ保育園にも行っていない時分だと思います。運河にかかる太鼓橋を渡って二、三十段はある台地の階段を上ってゆくと、そこはあたり一面牛乳を流したような真っ白な朝靄のなか。霧の奥には咲いたばかりのアジサイの青い色がぼやけて滲んでいます。公園につくとまず真っ先に行くのは赤やブルーのマーブルカラーの丸い椅子が点在する広場、靄の中、滲んで見えるアジサイの絵の具の中に今日は珍しく十数人の大人の人影があちらへこちらへ動いています。何だろうと思いながら近づいた広場のコンクリートのタイルの上には、ぱっと散らしたような鮮やかな赤い点々がぽつりぽつりと広がっていて、歩を進め、一歩一歩歩くたびに何かガラスのようなものが「チリッ、チリッ」っと靴の下で砕けるのを感じます。男たちは皆スーツを着て子供の私なんかには構うこともなく、手にはカメラをもってアジサイの中を灰色の影は、うようよとあちらにこちらに動き回っている。私は、男たちの折り目のついたスーツの脚とピカピカに光った靴の合間を縫うように歩きコンクリートの上にちりばめられた赤い点々を夢中で追っかけていました。
アジサイの通路を右に左に折れながら、赤い血のようなものを追っかけていると、アジサイの咲いている植込みの、ふと開けた黒土の場所に大きな穴がぽっかり、子供一人寝そべることができる程のくぼみが黒い土をえぐってできていました。公園を濃い朝靄が満たす中、あたりはひんやりと夏の草の香りが漂っていて、こんなに大勢の人がいるというのに、あたりは不思議なくらいに静かでした。
幼い私がその場所で彼らの話を聞いて理解したのか、そのあとだれか、近所の大人から話を聞いたのかわかりませんが。若い男女、二人の無理心中、爆弾を抱えて自殺したということでした。

あ、今も地震だ。



(追記:記憶をたどってみると女性、赤ちゃん、人形、というキーワードが記憶の中から浮かんできます。先ほど心中と書きましたがそれではない気がします)

P1012603.jpg
Wild Blue Yonder / ワイルド・ブルー・ヨンダー 『彼方に広がる荒々しい青い空』



母親にこのことを聞いても覚えていないといいます。いくら探しても事件の記事は出てきません。でも決して夢ではないのです。穴だってしばらく残っていました。慌ててすぐに帰って今見てきたことを話した記憶がしっかり残っています。

今日からしばらく雨の日が続くようです。玄関のアジサイもここ二、三日で綺麗な花を咲かせることでしょう。




P1012613.jpg

豊住公園 : 〒135-0016 東京都江東区東陽6−1 電話: 03-3647-9111





Iron and Wine - Naked as We Came




Iron and Wine - Sunset Soon Forgotten





Iron and Wine
アイアン・アンド・ワイン、シンガーソングライター、本名はサミュエル・ビーム
アルバムごとにバンド形式のロックっぽくなって売り上げも伸ばしてるけど僕はこのころの弾き語りのほうが好き







スポンサーサイト

4匹目の小犬 / 犬にまつわる不思議な話

2015.11.03 (Tue)
この間、ある人にこの話をしてあげたのね
そうしたら

2015.05.28 (Thu)の記事



P1011154aaa.jpg
写真はももの去年生まれた子。
飼ってあげたいと思ったけど一人暮らしだから寂しい思いもさせてしまうと思って。
この日が里子に出す最後の日








「4匹目の小犬」


たしかその日は今日のように晴れた気持のいい朝だった。


私はとある都営住宅の一室を訪ねるところ。一番に問い合わせの電話があり、その足でメモした住所を尋ねてきた。
そこは都内の公営アパート、芝生に落ちるこぼれ日を横切り、うす肌色の鉄製のドアをノックするとすぐに扉が開いた。年のころは50過ぎのこぎれいなご婦人、その後ろから何匹かの子犬が勢いよく駆け寄ってくる。

 「あらあら、ダメですよ。ごめんなさいね!せっかくの背広に・・・・・」
 「いいんですよ、私、犬好きですから」

ペットがいる家に招かれた営業マンのいつものやり取り。ご婦人と二人で隣の和室に小犬たちを追いたて、ぴっしゃっとふすまを閉める。
さてと、今日の営業はキマッタも同然だ・・・・

彼女の現状を聞きだして其れに対する解決策を提示する。商談は問題なくすんなりとすすむ。客のほうから電話をかけてきたアポイント、決まらないはずはない

 「では、明日、お見積もりと、あわせてご契約書をお持ちいたしますのでよろしくお願いします。ただ、私のほうが明日予定で埋まっているものですから、私の部下に担当させることにいたしましょう。それでもかまいませんでしょうか」

小一時間ばかりで仕事は片付けて、となりの部屋に閉じ込めていたシー・ズーたちを居間に招き入れた。

 「おや?」

飛び出してきたのは三匹の小犬たち、確か追いやったときには4匹いたはずなのに。

 「あれ・・・・一匹足りないようなんですけど」

隅っこに隠れていないか隣の部屋をきょろきょろと覗き込む

 「あら、本当!やっぱり見えましたか。」


彼女の顔がぱっと華やいだ

 「実は先月、一匹亡くしたばかりで・・・・・」

そういうと、彼女は肩越しに振り返ってテレビの脇の写真を指差した。
そこにはじっとこちらを見つめながら首を傾げる可愛らしい白い小さな犬がうつっていた。

彼女はこのアパートに一人暮らし。三匹の犬たちに囲まれているとはいえ、やはりいとおしい愛犬を亡くした傷は察するに余りある。
写真の子がいなくなってから一ヶ月。
誰もいない部屋で鈴の音を聞いたり、足にじゃれ付いてくるのを感じたり、みんなと楽しそうに遊んでいる姿が見えたり。
色々と不思議なことが日々おきるそうだ。


 「やっぱりいるんですね。本当にここにいるんですね!」

彼女は飛び上がらんばかりに喜んでいた





さて、次の日の午後、部下を例のお宅へ行かせて4時間は経つ。契約は問題なくいただけただろうか?
そのとき携帯がなった。

 「どうだ。うまくいったかい?俺がすべて段取りしたんだから、今度、ビール一杯おごれよ」

 「見ちゃいました」

 「は・・・・」

 「見たでしょ、課長も・・・・4匹いたのに・・・・出てきたら、3匹なんですよ・・・・」

彼には昨日のことは話していなかった。なぜかわからないが、きっと彼も同じものを見るだろうなという確信みたいなものがあったから。

 「何で言ってくれないんですか。そしたら俺、絶対行かなかったのに・・・・・」






後記 2015.11.4
先日、インド映画のロケで東京に向かう車中、撮影で知り合った女性にこの話を聞かせたら「それ、パクリでしょ」と言わんばかりにネット上のどこかのサイトで読んだことがあると言ってました。怖い話ばかり載せたサイトだったと記憶しているそうです。もうすでにどちらかで転載されてある程度広がっているのだと思うと不思議な気分です

このまま怪談の定番になったり都市伝説化したりしたら面白いですね。どこかで出版でもしたらしっかり印税もらおうかしら。念押しですがこれは実話です。発信元が「私」というのは実に愉快なものです



back-to-top