スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本宮一 建御柱 事故

2016.05.24 (Tue)
P1016464dd.jpg


青空に天高く立ち上がる本宮一之御柱
それは本当に素晴らしく誇らしい風景でした



P1016356.jpg


その日は空はすっきりと晴れ渡って入るのですが時折強風の吹き荒れるいやな天気でした
こんなに強い風の中、いったい無事に御柱が建ちあがるのか、皆、口には出さないけれどきっと同じ心配をしていました



P1016370.jpg


長く、厳かな神事の後、斧取りによる冠落しの儀が始まりました
一時間をかけて御柱の頭を三角錐に切り落としてゆきます



P1016407.jpg


その間を木遣りがなき、ラッパ隊が斧に力を与えます

P1016404.jpg


古風なお祭りに軍隊式の突撃ラッパ
最初は非常に異様な、奇妙な違和感を感じました
そもそも喇叭隊も新しいものなんだろうと思いいろいろと老人たちに聞いてみるとやはり戦時中から導入されたスタイルのようです
御柱祭りは戦前戦中もとだえることなくここ諏訪の地で行われていました
しかし、戦争でほとんど多くの成年男子が兵隊にとられてしまう中、女子や老人だけのお祭りでは寂しかろうと祭りに威勢を加えるために街の消防団がはじめたのが喇叭隊の始まりだそうです
今では御柱祭りにはなくてはならない存在になっています






P1016438.jpg


祭の喧騒とは裏腹に、境内は参拝者もなくひっそりと静まり返っています


P1016399LL.jpg


時折吹き荒れる強い風に、山がどーどーとなっています



P1016443.jpg


諏訪大社は神殿のない原初的な様式を保つ神社
他社と比べてこじんまりとした質素なつくりではありますが、おのずと居住まいを正す厳かさがあります





P1016450.jpg


いよいよ、運命の建て御柱が始まります


先ほどまでの風もピタリとやみました
これは吉報なのでしょうか
その時はだれもがそう思っていたはずです




運命のと書いたのはこの後事故が起きてしまったからです
全国放送で日本中の人が知ってる事実なのでここに書いています
しかし私が改めて書いているのは何のためなのでしょう。こうして書いている間も自問自答するばかりです
きっと自分のために書いている。そう思うようにします。あの時の景色が胸につかえるとげのようにいつも心に引っかかっています
書くことで忘れることはないでしょうが、書かなければ前に進めない
読んでいただいているみなさんのために書いているのとはきっと違うのだと、自分の身勝手から描いているのだと思います



P1016478.jpg


二時間かけてゆっくり立ち上がってゆく巨大な柱、
まさに見事の一言でした。
青い空にオンべの赤い房の色、揺れる木の葉の間に命や時間やこの世のすべてのものが凝縮し集まり形になってゆく。
ラッパや、木遣りや人々の歓声に割れんばかりの境内なのにとても静かな恭しい光景です。



P1016485DG.jpg



見事直立する御柱
奇祭、諏訪の御柱祭り
氏子たちの思いが形になった瞬間です







後記
もし、あんなに大勢乗らなかったら、もし二時間もかけなかったら、もし最初の時間から乗っていなければ、もし御柱の縄足場撤去を建てかたの鳶がやっていたら、もし警察が時間厳守などといわなかったら、もし下にパワーシャベル機が置いていなかったら、もしヘルメットをかぶっていたなら
あんな事故にならずに済んだかもしれません
私は若いころ鳶もやった身です。片付け作業、撤去作業を行うときは細心の注意を払います。撤去作業は建てるときよりも数十倍恐ろしい、それこそ何が起きるかわからないのです。ですから、落ちた時にきっと立て方の職人が落ちたのだと思っていました。それならばただの不注意、業務上伴う仕方のないことかもしれない、そう思うようにしました。しかしまさか、なにも知らない素人に(失礼な言い方かもしれませんが)やらせていたとは夢にも思いませんでした。それを聞いたとき、いくらお祭りでもと怒りがわいたものです。
すべてが終わり、大総代の「99%は今まさに無事に終わりました、あと一パーセント事故のないようにお願いします!ありがとうございました!!」先ほどの万歳三唱でこの祭りは幕を下ろすはずでした。
昼間食べられなかった弁当を食べ終わり境内に踵を介した瞬間、「ドーン」という大きな地響きが起こりました。
『落ちた!!』
瞬時に判断したのは以前経験したことがあるから、あんな音は人が落ちるほかに聞いたことがありません。
御柱をけん引したワイヤーが揺れています。皆が柱を見つめたまま固まっています。女性が涙目で彼のはっぴに顔をうずめています。顔色を変えて駆けつける若者たち。男泣きに泣いている人もいます。
ああ、本当の事なんだ。
同じ村の先輩の足元に落ちてきた、その彼は、『きっと駄目だろう』と青ざめた顔で言っていました。近所でも幸い私の知った人ではなかった。だから、今回掲載した写真に写っていたとしてもわかりません
ついにいたたまれなくなり境内の外に出ました
「飲んできます」
昼間、仲間と一緒にこっそり抜け出して、生ビールを飲んだ大きな広間
夕日の中、今座っているのは私だけ
缶ビールを飲みながら涙が出てきました。最後の最後に御柱を穢してしまった悔しさと、のんきに弁当を食っていた間中、彼は一生懸命柱の上で自分の役割を果たそうとして必死だったことへの申しわけなさと。

最後の写真ありますね
あの時、あの柱の前にかかった境内の木の枝を切り落としました
随分乱暴なことをするなと思ってみてましたが誰かが指示したのでしょう
その木を切ったのが彼だったそうです


















スポンサーサイト

御柱

2016.05.11 (Wed)
P1016494z.jpg


本宮一之御柱
事故が起きてしまいました
目の前でした。

帰り道に撮った芝桜の写真です
夕日がとてもきれいな午後でした

とても楽しく素晴らしいお祭りでした
ですから記事は書こうと思います
しっかりと書いて残そうと思っています









続きを読む

とら

2014.07.10 (Thu)
 18ed6a45-s.jpg



猫にまつわる不思議な話。
みんなもひとつふたつあると思うんだ・・・・・





 もう、何年も前になるが、福岡に仕事で住んでいたことがあって、明日東京の本社で会議があるから書類や資料をそろえたり旅の準備をしていた。
空港に向かう途中、ケイタイが鳴ったんだ。


なぜかわからないけど、
「あ、これは、トラに何かあったな」
て、瞬間感じたんだ。
着信を見たら母親から。出てみると案の定涙声で、トラがトラが、って。

もう駄目みたいだって。もって一日。
ちょうど今からかえるからって母親に伝えて電話を切った。

トラはもう何十年も前にもらってきたきじトラのオス猫。あれ、何歳だったっけッて考えてみたらどう数えても25歳。20年だってずいぶんな長生きだけど。
名前はボクが付けた。ちっちゃなぬいぐるみを投げると犬みたいに持ってきた。何時も追っかけまわしては、顔から尻尾からこねくり回してた。きっと僕のことは苦手にしてたんじゃないかな。きれいな端正な男の子だったよ。

東京について、一日会議して、久しぶりだから会社全員でカラオケに行って、本当は帰ってトラを看取ってやらなきゃならなかったんだけど、怖くてね。トラが死んでいくのをみるのが。
それで、そのまま夜明かししちゃったんだ。でも、酔えなかったな。あんなに呑んだのに。
朝の電車で、実家に帰って、いよいよ家のドアの前。もう死んじゃったんだろうな。悪いことしたなって、家に入ってみたら家族全員がみんな立ち上がって集まってる。

「お兄ちゃん!早く早く!!」

そこには、箱の中にバスタオルを敷いて、まるでせんべいみたいにペッちゃんこになったトラが横たわっていた。
「早く早く、トラまってるよ!」
ペッちゃんこに変わり果てたトラ。でも、10秒に一回くらいでそのぺちゃんこのおなかがふっと膨らむんだ。
ゴメンねゴメンね・・・・なでてあげたらもう氷のように冷たくなってる。においだって、あの太陽のにおいじゃない。死臭というんだろう、腐ったような甘い匂いがしてる。けど、時折、浅く、フーといいながらおなかが膨らむ。一生懸命まっててくれたんだ。
ゴメンねゴメンね・・・・・家族に言われるままに抱っこしてあげた。冷たくなった体。紙のように軽い。目をつぶったまま力なく抱かれるトラ。とら!とら、!聞こえてるかい。帰ってきたよ!待たせてごめんな・・・・

トラは僕の腕の中で、三度、力なく呼吸をして、最後に大きく息を吐いたら、そのまま動かなくなった。抱きかかえてほんの30秒。苦しかったんだろうな。そう思ったら涙が止まらなくなった。待っててくれてありがとう。みんなが声を上げて泣いた。


一番嫌われてたと思ってたんだけど。
最後まで意地悪しちゃったな。




それから一ヶ月。じつは、不思議なことはこれだけじゃなかったんだ。

またケイタイが鳴った。今度はチビか?例のとおり嫌な予感がした。
チビは、真っ黒の女の子。トラよりもずいぶん若くて、気が強い美人さん。いつも、トラとけんかしてご飯のときでも男のトラを差し置いてがつがつ食べちゃう。みんなあんまり仲がいいとは思ってなかったんだ。

「チビ、死んじゃった」

母親はもう泣いてなかった。
話によると、あれからまったく食事を食べなくなったらしい。見る見る弱っていってトラのあとを追うように今朝亡くなった。それがちょうどトラがなくなった一ヵ月後。同じ日の同じ時刻。

まるで作り話。でも本当なんだ。

猫って、薄情に見えて、実はずいぶんと情が深い、優しいこなんだな。





犬の散歩 / 少彦名


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。