3.11 東日本大震災

2014.03.12 (Wed)
CIMG2158a.jpg


3年ぶりにあのときの写真を見ています。




CIMG0380aa.jpg



焼け焦げた瓦礫の山
あたりは油と焼け焦げた匂いがしていました






CIMG2148a.jpg




気仙沼は父親が育った町。
よく子供のころ遊びに来ました。
明るい夏の光と新鮮なお魚と活気のある港の風景が印象的でした







CIMG0338a.jpg




気仙沼市のある公営住宅でカレーの炊き出し。内陸の高台にある住宅なので幸い直接の被害はありませんでした。
それでも、水道も、電気もママならない状態。温かい汁物は最高のご馳走でした。





CIMG0414a.jpg



喜んでもらえて何よりです。






CIMG0370a.jpg




計画にはありませんでしたが行き会った近くのお寺さんで急遽炊き出し。
この上の空き地には臨時の埋葬地がありました






CIMG0436a.jpg





本堂に逃げて助かった方々。





CIMG0524a.jpg





避難所になっていた小学校での炊き出し。最終的に3000食だしました。


あたりは、なんと言ったらいいのでしょう。オシッコのようなすえたにおいが街中に充満していました。



行き会う人とお話しすると皆口をそろえてこんな風に話してくれました。


「どうか、この惨状をしっかり見ていってください、そして、帰ったら何を見たのか皆さんに話して聞かせてください」








東京、飯田橋のボランティアセンターでのやり取り




「被災地で、炊き出しをしたいのですが」

「いや、間に合っていますからその必要はないですよ。食料も物資も十分足りていますし、しいて言えば今必要なのは片付けのボランティアぐらいですね。その帳面に名前書いてください。必要であれば電話しますから」



職員のロートルは迷惑そうにそういった。





現場のボランティアセンターを調べて直接電話した。電話が通じない。連絡が取れるまで何日もかかった。


「ありがとう!助かります。足りないものですか?あれもこれも欲しいものはいっぱいあります。とにかく、暖かい汁物を振舞ってあげたいんです。すぐ来てください!みんな喜びますよ。」






必要な物資をトラックにつめるだけ積んで夜通し走りました。高速道路が地震のせいで竜のようにうねっています。トラックが上下に飛び上がりジェットコースターに乗っているようで恐ろしかったです






現場の倉庫には、乾パンの箱が山とつまれていました。







CIMG0476a.jpg




南インド料理「シリバラジ」日本で一番美味しいインド料理レストランだと思います。東京、関西で、やってますから気になった方はいってみてください。
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13049161/




CIMG2167a.jpg






あれから3年。私も色々ありました。

最後に、うれしいニュースをひとつ。写真に写っているのは撮影者のスンダル君。昨日、やっと日本での就職が決まりました。三年目にして、いままでがんばったご褒美をもらえたのかな。

ありがとう、神様。




南インド料理 シリバラジ
中目黒店/東京都目黒区中目黒2-7−14  Tel 03-5724-8995
水道橋店/東京都千代田区西神田2-1-11 エスティエラ水道橋1F・2F Tel 03 6265 6969 

Authentic South Indian Cuisine " Sri Balaj "
2-7-14 Nakameguro, Meguro-ku, Tokyo,Japan Tel 03-5724-8995
2-1-11, Nishikanda Chiyoda-ku, Tokyo, Japan Tel 03 6265 6969


スポンサーサイト
back-to-top