スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分

2014.02.06 (Thu)

節分、春もまじかというのにとっても寒くて困ったよ。

世の中じゃ恵方巻だの言って、でっかい海苔巻口に突っ込んでむせこんでいるみたいだけど、みんなはどんな節分を過ごしたかな?でも、恵方巻って関西の習慣だよね。



恵方巻の風習は、いつの間にか全国標準になっちゃった。それもこれもコンビニの巧妙な販促販売戦略の賜物。これじゃ、バレンタインデーとなんら変わらないよね。なんかさみしいな・・・・


と、冬の寒いうちに腹にたまった毒は吐ききってしまうこととして―


『みんなの地域の節分の過ごし方、
  少彦名に教えてちょ。』



ちなみに少彦名は、引っ越してから初めての節分。諏訪のおばちゃんと豆まきしたけど、おもしろかったよ。
鬼は外、福は内は、ここでもいっしょなんだけど、それ言った後になぜかすりこぎ振り回して、「ごもっとも!ごもっとも!」って、言うんだよ。
なんか、その後姿がすんごくかわいくておばちゃんのこと抱きしめたくなっちゃった!




さて節分ということで、今夜は、鬼も逃げ出す恐怖の名曲を、二曲紹介するよ!


4c0a36f8_1391521642365.jpg






Sopor Aeternus & the Ensemble of Shadows
"In der Palästra"







Sopor Aeternus & the Ensemble of Shadows
“Always within the Hour”





Sopor Aeternus & the Ensemble of Shadows
ドイツはフランクフルト、アンナ・バーニ・Cantodea 率いる暗黒音楽集団。ゴッチックを通りこしてもはやホラーそのものです。

アンナ・バーニ・Cantodea / Anna-Varney Cantodea 
 1952年生まれ Cantodeaとは、ラテン語で歌手のこと。本来男性でありますが性同一性障害、女性として生きている彼女は、幼いころから両親、学校で過酷な虐待にあい、人生のほとんどを重いうつ病の中過ごしてきました。その上、成人してからはガンに、それがもとで挙句にはほぼ失明いというまさに悲惨を絵に描いたような壮絶な人生を歩んできた人物です。ただ、不謹慎ではありますがそのあまりの壮絶な人生を写す“Sopor Aeternus/永遠の眠り”の旋律とその映像は甘美であり、同時に滑稽でもあったりします。

歌うことが生きることそのものの人。







さらにもう一人、
鬼も逃げ出す強烈な個性の持ち主は・・・・






4c0a36f8_1391523980531.jpg





タイニー・ティム
Tiny Tim Tiptoe Through The Tulips






本名、ハーバート・コーニー(Herbert Khaury)
60年代に彗星のように現れた最強のモンド・スター。
芸名のタイニーティムは第二次大戦中使われていた大型空対地ミサイルのこと。当時から際物として扱われてきたけれどもアルバム一枚聞き終わるころにはその才能に誰もが気がつく隠れた天才ミュージシャン。1969年、「Tiptoe Through The Tulips」を歌っている最中にステージで倒れそのまま帰らぬ人となりました。享年64歳。






今夜は二人の強烈な “Ayasi / 鬼” を紹介しました。それぞれその個性は違いますが、いちおうに異様で奇怪なものではありました。しかし、その旋律には心を揺さぶる何かがあり、その歌声には何よりも歌うことの喜びが満ち溢れていました。







きっと、ここにいるみんなは、「泣いた赤鬼」を読んで大いに涙を流したことがあるでしょ?








スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。