最後の曳航 本宮一之御柱 

2016.05.19 (Thu)
P1016179jf.jpg






昨夜のあらしのような雨はすっかり上がって今日は朝から天をつく日本晴れ

いよいよ本宮一之御柱が上社を目指して動き出します





P1016152.jpg



朝一番の木遣り唄も俄然気合が入ります







P1016203ka.jpg


こちらも気合十分の木遣りのお姉さま
わかりますでしょうか?
頭の剃り込にははっきりと『本一』の文字が!



さて、私、裏方のチョイ役ではありますが皆さんに負けないように気合を入れて頑張っていきたいと思います
と、動き出しの準備を整えている矢先、柱の後方が嫌に騒々しい。氏子たちもそちらの方角に駆けていきます。
何やら、これはただ事ではありません。






 P1016153.jpg



つっかけです!
後ろの柱の若い衆が本宮一めがけて突っ込んできます。その数ざっと50人!応戦するは同じく本宮一の柱、精鋭の梃子持ち衆、当然手にはあの長く太い梃子棒を振りかざして!
これはただではすみません!








P1016159.jpg


つっかけるとは前の柱が動かないことに業を煮やした梃子持ち衆が梃子棒を片手に前の柱に襲いかかること。お互いに長いこん棒で殴りあうのですからどんな悲惨なことになるかはたやすく想像がつきます。
その昔、御柱祭りはけんか祭りと称されました。柱を曳航する間、間断なく酒を飲み続け気合を入れまくる、以前、この突っ掛けで殴り殺された人もいるとかいないとか








P1016154.jpg


と、よくよく見ればなぜか皆さん満面の笑顔
そうなんです、これ、ただのデモンストレーション。二の柱の氏子さんたちがわざわざ大挙してあいさつに来てくれたのです。
そして、最後は敵味方、入り乱れて勝利の万歳三唱、
今日も楽しい一日になりそうです









P1016218.jpg


本宮に近づくに従って街道は狭く、綱を引く群衆も逃げる場所がありません


「 ヨイテコショー  ヨイサー 」


神の巨木が人々を押しのけて一歩一歩進んできます








P1016208.jpg



柱の到来を今か今かと待ち構える氏子たち








P1016254.jpg


お柱を迎えるために境内で打ち鳴らされる太鼓
祭の盛り上がりも最高潮に達します







P1016266.jpg



太鼓橋を越え、ついに鳥居の目前までやってまいりました
振り上げられるGOサインの白旗
しかし、この狭い鳥居
どうやって通り抜けるのでしょうか






P1016280.jpg



一人ひとりの気持ちが一つになる瞬間






P1016288.jpg



そんな瞬間を私はこのお祭りで何度も見てきました









P1016300.jpg


大木の間を縫うようにして進む一之御柱
メドデコにつないだ綱を曳く命綱の若者たち。
決して表に出ない目立たない存在ですが、その名の通り、皆の命をあずかるとても大切な役割です







P1016322.jpg



難所を一つ一つ乗り越えて、そのたびに湧き上がるどよめきと歓声。
歓喜に包まれながら、本宮一之御柱が最後の曳航を続けます









P1016315.jpg


柱を曳く氏子たちを迎え入れる木遣りの声
いよいよ、お柱の長い旅も終わりに近づいてきました








P1016332.jpg



境内に姿を現した本宮一の御柱
改めてみても巨大な柱です









P1016354.jpg

P1016346.jpg


無事、柱を本宮に送り届けた氏子の力

木遣りの声も突撃ラッパも皆の歓声も
言葉に言い表せないくらい誇らしげです









P1016348.jpg














続きを読む
スポンサーサイト

新説ドラえもん

2014.02.04 (Tue)
真説 ドラえもん

4c0a36f8_1376825642974.jpg


ゲーテの戯曲『ファウスト』で知られる冥界の使者、メフィストフェレス、別名を「ドラえもん」。そのドラえもんに魂を売り渡してしまった主人公「野比 のび太」、これはどこにでもいるごく平凡な青年が突如現れた奇想天外なる運命に翻弄され、次々と繰り広げられる人生の悲喜劇をめぐって人間の深遠に深く、そして鋭く迫った現代の一大叙事詩である。

ある日、物語の主人公、野比のび太は、誘惑の悪魔、ドラえもんをふとしたきっかけで机の引き出しより呼び覚ましてしまった。と同時に、彼の欲望と悲劇の冒険、すなわち、人生における混乱と光明、正義と偽りのまがまがしい世界に彼は深く突き落とされて行く。一個のか弱い魂でしかない「青年のび太」は、時に挫折し、時にかれの友人達に助けられ、次々に降りかかるさまざまな人生の試練を乗り越えながら、人間の真実の姿、人間にとっての真の幸福とはなんぞや、という人類の普遍的命題に突き当たり、そしてその謎を解き明かしてゆく。混沌と混乱渦巻く現代社会の中で、新たなる人間像を、真に理想の人間の姿を、ついに見出し、そして彼自らに取り戻してゆく。

発表当初、のび太の憧れの女性、「しずかちゃん」の入浴シーンがあまりにも露骨であるとのことで発禁処分という憂き目を見ることになるが、かの文豪、川端康成の尽力によりほどなくその禁を解かれた。川端氏いわく、「しずかちゃんの入浴シーンなくしてドラえもんは語れず。この作品に接していなければ「伊豆の踊り子」の発表はなかった」と後年語っ ている。

近年、研究者の間では、「ドラえもん」は実在する、という説がまことしやかに議論されている。それによればドラえもんが人類の歴史上、初めて出現したのはインダス文明後期、ヴェーダの神々が繰り広げる戦争神話の中にしばしば見出すことができるという。その赤く大きく引き裂かれた口、そして真っ青な面相はおのずとある強大なる神を容易に想像することができよう。そう、怒れる神、ヒンドゥー教の破壊神、「シバ」の化身ではなかったか、という仮説はあまりにも有名である。









人気ブログランキングへ

back-to-top