アイヤッパへの道 vol.1

2017.06.28 (Wed)
第一話 アライバルビザ
ーこれからインドに入国される方への覚書ー


P1018616.jpg



2016年12月28日、インドに行くことになった。
正式に決まったのが二週間前、パスポートは期限切れで慌てて役所に飛び込んだ。当然ビザなど取る暇もなく、切り札のビザなし入国に頼るしかない。三年前にアライバルビザでインドに入国した経験があるので今回も現地での入国手続きになりそうだ。
担当したインド人の旅行代理店によると当時の到着時ビザ申請は一度停止されたそうだ。2016年の3月に復活しているので大丈夫ですよ、安心していってきてください。ということだった。
インドとの付き合い、いつものことだが慌ただしい。






P1018594.jpg



羽田についてまづはチェックイン、これがみその付きはじめだったのかも。今話題のオーバーブッキング。航空会社の度重なるトラブルがテレビで報道される以前の事なので流行の最先端というところでしょうが、次発の便に強制変更、空港で余計に待つ羽目になった。でもよくよく考えてみると香港で6時間のトランジットがあるので乗り換えが少しタイトにはなりますが渡航には特に問題は無し。多分、そんな事情でキャンセルのお鉢が私に回ってきたのだと思います。その上、半額の7万円が払い戻しとして手元に戻ってきたわけでかえってラッキーだったのかも。ただ戻ってきたドル札は友人が出してくれたお金だから返さなくてはいけないけれど。






P1018597.jpg




美しい富士山も、美味しい日本食もしばしのお別れ。
おかげで、空港内をゆっくり堪能することとなりました。
まずは持ち金をドルに変えないといけないです。リュックサック片手に両替所に向かいます。私は旅行するときはボストンバックなどは絶対使いません。キャリーバックなどは問題外。貧乏旅行者、バックパッカーたる誇り、両手が使えないではせっかくの旅行の醍醐味が半減してしまいます。
ポケットの封筒を出して窓口に渡します。係員が封筒から取り出したお札の束、めったに目にかかることのない大金、しかしそれは他人から渡されたインドに持ってゆくもの、自分のお金ではありません。

「60万円でいいですね」

隣の窓口の男性がびっくりしてこちらを見ている。ん、どこかで見覚えのある顔立ち。
なんと、そこにいたのはあの有名な『勇者ヨシヒコ』 サングラスをかけた山田孝之さんではありませんか。これからお正月をハワイでということなのでしょうか、何となくトロピカルな香りがいたします。背がすごく高いわけでもとびぬけておしゃれということでもないですが、やはりテレビで見る通りその立ち居振る舞いは自然で尚且つかっこいい。
なんて声かけようかなぁ、握手してもらおうかなぁ、なんて考えていたら換金されたドルの札束がどんと返ってきました。目の前の大金、ドル札が入った封筒に舞い上がった私はそのお金を片手に彼のわきをそそくさと素通り、サインも握手も、すっかり飛んで忘れてしまいました。






121027-0046390859.jpg

かっこいいのが悔しいので写真はこちらで







ところで、インドのアライバルビザには、空港で2000ルピーか相当額の外貨が手数料として必要。この素晴らしい制度、これはその後入国時にわかったことですが、世界広しといえども私たち日本人のみが受けられる恩恵なのだそうです。思い立ったが吉日、成田に寄ったついでにインドでも行ってみるか、てなことも可能なわけですね。
ビザを持たずにバックひとつでインド旅行、どれだけインドという国が日本を信頼しているのか、どれだけインド人が日本人を愛していてくれているのか。この信頼を勝ち取った先達 先輩の皆さんに感謝するほかありません。本当にありがとうございます。


ちなみにですが両親のどちらかがパキスタン出身だとアライバルビザ対象外だそうです。芸能人つながりでいうとローラは事前にビザを取得しなければ入国できないことになります。

Embassy of india 日本人向け到着時ビザプログラム









P1018598.jpg



香港です。
どこかで見たようなお店です。中国人は何かと反日言いますけど結構ツンデレかもしれません。




P1018600.jpg



日本の品質がグローバルスタンダードになりつつあります。まねっこも時によってはいいことかもしれません。




P1018601.jpg



香港空港に到着、もう時間がありません。とにかく急いで乗り継ぎカウンターを目指します。手に入れたインド行きのチケットを引っ掴んでいざ搭乗口へ、しかしこれが広いのなんの、その上、乗継便の到着口が目まぐるしく変わります。チケットカウンタの女性が言っていた場所に行けば掲示板に他の便の番号、さればと思い航空チケットに記載されている搭乗ロビーに走って行けばその先は人っ子一人いないガラッンとしたフロアー、どこに変更かと職員に聞けば聞いた先が何もない行き止まりだったり、結局、汗びっしょり掻いて分かったのは搭乗の便はかなり遅れていて到着時間も到着口も未定とのこと。慌てて右往左往していた自分が全く恥ずかしいです。気を取り直し、それではと今度は現地で出迎えるはずの友人に到着が遅れることを何とか知らせる段取りを。さては電話は何処に、そしてここでも少彦名は大慌て。公衆電話は至る所にあるくせに肝心のプリペードカードを売っている場所がわからない。早くすべて済ませて安心したいのにここでも優に30分以上、あたふたとした時間につまらないやり取りを強いられ全くもって疲れ果ててしまいました。旅慣れているはずの私ですがやはり初めての国は用心が必要です。飛行機の遅れはさらに二時間、結局ここでもいろんな意味で空港を堪能することになってしまいました。




P1018602.jpg

日本の飲食店もちらほら。
調べてみたら熊本の味千ラーメンの創業者って台湾の人だったんですね。また食べたいな。




チェンナイへの飛行機の中、今回見たのは
『イーグル・ジャンプ / Eddie the Eagle 』
というイギリス映画。
イギリス史上初のスキージャンプ・オリンピック代表選手、マイケル・エドワーズ / Michael Edwards の実話。一介の左官職人が憧れのオリンピックに出場するために孤軍奮闘する青春物語です。小さいころからオリンピックにあこがれていた彼が選んだのはイギリスでは知名度、人気ともにゼロ、これならだれでも出場できるとスキージャンプの世界に飛び込みます。運動音痴で見栄えも悪いちょっと変わった青年、エドワーズは、周囲のみんなに馬鹿にされながら、体面を重んじるオリンピック委員会に妨害されても、何度も何度も失敗しジャンプ台から転げ落ち大けがをしても、わしのように空に羽ばたくことを夢に見ながら、諦めることなくまっすぐに飛んでゆく。遥かインド洋の大空で、独り、映画を見ながら涙してしまいました。夢は叶えるためにある。いい映画ですよ!とても元気が出ます。




Michael Edwards
Fly Eddie Fly / Mun nimeni on Eetu




マイケル・エドワーズ選手が歌います
カルガリーオリンピックにちなんでフィンランド語バージョン






さて、出発から丸一日、やっとのことでチェンナイ空港に着きました。深夜のチェンナイ国際空港、羽田や香港の空港と違って何となくがらんとしています。
いよいよ、アライバルビザの発給。もうすでに予定より二時間遅れ、待たせている友人を気遣う気持ちもあってイミグレーションには急ぎ脚。他の外国人ツーリストのあとについてアライバルビザと思しき窓口へ。皆さん、おんなじビザなし渡航なんですよね。

「あれ、君、証明書持ってないの?」

何それ、そんなもの持っていやしません。周りの乗客が一斉に私を振り返ります。皆さん、他の乗客、空港職員でさえも顔は微笑みをたたえながらも一応に怪訝な顔で。そこへ、私の友人から連絡を受けた空港職員が数名、お世話になってますと私のところにあいさつに来ました。ああ、これで助かった。今の状況を話すと「さ、さ、こちらへ」ということで『おお、これがVIP対応ってやつか』とちょっと誇らしい少彦名。さて、これで一件落着と思ていたところあっちにうろうろ、こっちにうろうろ、空港内をぞろぞろとしばし彷徨うことに。色々とたらいまわしにされた挙句、結局空港事務室へ連れていかれることになりました。部屋には何かしら問題があったのか、入国できないでいる若い旅人が二人、白人の一人は女性、一人はひげを蓄えた男性が先客として椅子に座って不安そうにしています。迎えに来ているインドの友人はタミルナードではちょっとした有力者、ま、何とかなるさとたかをくくっていますがこうなってくると内心ちょっと不安です。そうこうしていると初老の白いクルタを着た職員が部屋に入って来て自分の目の前で『はい、パスポート』『ここにサインして』『日本はいい国だねぇ』いろいろと事務手続きを始めました。結局その時わかったのですが、ビザなしアライバルビザの入国は日本人のみが受けられる特権だということ、そのうえに、ほとんどの空港職員に周知徹底されておらず、こういったケース自体が初めてだったのか日本人に対するアライバルビザの取り扱いを多くの職員は全く知らなかったようなのです。私の一件以降、チェンナイ国際空港でもアライバルビザの存在がある程度知られることとなったようですから同じような不手際はないとは思いますが、皆さんもビザなしで入国される際はどうか気を付けてください。
さて、かれこれ一時間、すったもんだでやっとのことで手続きが終わり手数料の支払いへ、あれ、ドルでもいいんじゃないの?ルピーで払ってということで空港の両替所へ。まだ入国審査が済んでいないのにイミグレーションの外へ連れていかれ両替します。こんな深夜に両替所わざわざ開けてくれたのかな?日本人でよかたなぁと思いつつ両替してもらうと今度はビザ登録用のコンピューターがダウン。深夜ということもあって担当のシステムエンジニアを長時間待つことになりました。
結局空港を出て友人たちに会えたのが予定を大幅に過ぎた午前四時、申し訳なさそうに握手を交わす友達、深夜でなかったら空港のお偉いに電話して対応できたんだけどねって謝っています。彼の他に取り巻きや映画でお世話になったスタッフ達ともここで再開、ただの農家の日本人に総勢20人のお出迎えです。本当にお疲れさまでした。



P1018632.jpg
一緒に日本で映画を撮った助監督のヘムラージ氏撮影
本邦初公開の少彦名でございます。




チェンナイ郊外、招待してくれた友人が所有する三ツ星ホテル。ここがしばらく私たちの根城になります。

「あ、そうだ、キャンセル便で航空チケットの払い戻しがあったよ」

これからの旅行で必要だからそれは持っていてください。
いよいよ南インドの旅が始まります。








PARVATI KHAN - Jimmy Jimmy Aaja
“Disco Dancer”Move song






♪『来て!来て!ジミー!!』
インドは君の来るのを待っている!!








Bar Bollywood【中古】




スポンサーサイト

神田カレーグランプリ

2016.10.31 (Mon)
loard_balaji2.jpg



南インド料理シリバラジ
神田カレーグランプリに初参戦!!


会場     小川広場
最寄駅 小川町(都営)/ 御茶ノ水/ 神保町
日程   2016/11/5(土) ~ 2016/11/6(日)




カレー激戦地
神田にてカレーNo.1を決める一大イベント!
食べるほうも作るほうも、張り切ってまいりましょう!!





シリバラジ レストランプロモーションビデオ




ラジニカーント Rajinikanth Ballelakka intha poraputhaan 


ディワリ・イン・ヨコハマ2016

2016.10.24 (Mon)
P1018345.jpg


横浜は何年ぶりですかね
それこそ海のない長野に越して仕事とはいえ私一人はリゾート気分ですな




P1018346_2016102421300125e.jpg


澄み渡った空に青い海
この解放感は山の人となった私にとって久しく忘れていた圧倒的な感覚



P1018354.jpg


さて、お店といえば今日もやる気があるのかないのか
相変わらず地味なたたずまい
インド人協会の理事長からのご推薦、横浜にお店がないのに遠路はるばるの参上です




P1018356.jpg



それでも始まってしまえば長蛇の列
店舗も少なくナマステインディアのような変な縁日感もなく、おいしいものをゆっくり食べてもらうには日差しも暖かで和やかな感じ
他店と比べてインド人のお客がたくさん並んでいた様子はシリバラジの実力といったところ




P1018361.jpg


マサラドーサ
米と豆のクレープでマサラを包み込んだ南インドの軽食です
まだまだやってるお店が少ないのでどこかで見つけたら食べてみて




P1018363.jpg



日が暮れれば見ての通りのロマンチックな風景
恋を忘れた山男もしばし見とれてしまいます






ラジニカーント友情出演!
南インド料理『シリバラジ』プロモーションビデオ 

魚を捕るシーンがとっても美しい

Ballelakka

 "Thank you Superstar Rajinikanth!"

南インド料理 シリバラジ
中目黒店/東京都目黒区中目黒2-7−14  Tel 03-5724-8995
水道橋店/東京都千代田区西神田2-1-11 エスティエラ水道橋1F・2F Tel 03 6265 6969 

Authentic South Indian Cuisine " Sri Balaj "
2-7-14 Nakameguro, Meguro-ku, Tokyo,Japan Tel 03-5724-8995
2-1-11, Nishikanda Chiyoda-ku, Tokyo, Japan Tel 03 6265 6969

ボス その男シヴァージ Sivaji The Boss







Love In Tokyo

2016.05.29 (Sun)
45dd.jpg



御柱が終わってすぐ東京に行った
久しぶりの東京だったので写真に撮ってみた





P4065550 (2)


東京にはゴミがない
久しぶりに来てみて今更感心した
それと比べて田舎の峠道のほうがよっぽど汚い
車からごみを投げ捨てる奴はよっぽど頭が悪い




P4065563 (2)

4年前、このカメラを買ってから写真を撮るようになった
それまで写真に残すということがこんなに簡単にできるとは思っていなかった



P4065575.jpg


インドに初めて行ったとき、普通のカメラはとっくに時代遅れだった
大きな古いカメラを首から下げて残り少ないフィルムを気にしながら撮った





gd45.jpg


今ではいらない画像は捨ててしまえばいい
ピントも露出もシャッターを押せばカメラが勝手にやってくれる
画像の編集だってお茶の子さいさい
写真を撮ることが生活の一部になった



hdhd555.jpg


前から気がついてたことなんだけど
縦の構図がやたらと多い




jdjdj111.jpg


意識して横で撮ろうと思っているんだけどどうしても選ぶ段になるとこんな感じになってしまう



P4075629fff.jpg



雨が上がってきれいな街が余計にきれいに見える



P4075636dddd.jpg



散歩するには飽きない町だな





P4075614ddd.jpg



いつもは画像10枚と決めてブログを書いているけど
久々の東京だからちょっと画像多めです




P4075641ddd.jpg



この辺はお散歩コースだったな
お散歩って言っても自転車だけど







P4065583shh (2)



交通ルールがきびしくなって自転車の運転にも気を使わなくちゃいけなくなったけど







P4075651sss.jpg



自転車もカメラも
気が付けば僕の気ままな相棒です













Love In Tokyo





Love In Tokyo
1966年、オリンピック直後の日本で撮影された奇跡のインド映画。高度成長真っただ中の日本を舞台に全編フルカラーで撮影された渾身のヒンディムービーです。敗戦から立ち直りオリンピックを期に再び世界の表舞台に躍り出た日本を諸手を挙げて歓迎してくれたインドならではの日本愛に満ちた作品。監督はプラモッド・チャクラボルティ/Pramod Chakravorty、主演はインド屈指の映画一族、ムルケジー家の一人、ジョイ・ムケルジー/Joy Mukherjee(一世を風靡したキュートな女優さん、カジョール Kajolは彼の姪っ子)と アーシャー・パーレーク /Asha Parekh。私は、この映画をもうすでに三度も見ました(見せられました)
それでは、昔懐かしい日本の貴重な映像とともに現在の東京の姿に思いを巡らせながら、どうぞお楽しみください。



Sayonara Sayonara



O Mere Shahe Khuban







おせちもいいけど・・・・

2016.01.07 (Thu)
00011.jpg

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします


90センチ水槽に他所で伸び放題になっていた松藻を門松に見立てて飾り付けしてみました。なかなかおめでたい感じに仕上がったのではないでしょうか

年末は仕事で忙しく、いつにない暖かさで過ぎていった年の暮れ、これっぽっちも正月気分はなく何となく迎えた元旦。
さて、ひと段落ついたことだし二三日のんびりするかな



と思っていましたらいきなり奴らがやってまいりました



P1024126.jpg




大晦日の晩は仕事で一睡もせずに初日の出と共に家に帰りついた少彦名、身支度もそこそこ、そのまま拉致られバラジのスタッフを乗せたレンタルの白いハイエースは一路、乗鞍のスキー場へ

当然私が運転です





P1014059.jpg



お昼は分水嶺でカレーのお弁当
辛くて酸っぱいタマリンドライスにバナナの揚げ物を乗せた本格エスニカン
本年最初のお食事はおせちでもなく雑煮でもなくまぎれもない本格インド料理なのでした






P1024096.jpg


この日の宿は民宿「いちい」さん
民宿とはいっても廃業してもう十年近く。今では特別な友人以外は泊まることはできません
お部屋も温泉も厨房もすべて貸切状態
乗鞍に湧くのは白濁した温泉、pH3の酸性硫化水素泉

いうことなしです




P1014080.jpg


写真は日本ミツバチの蜂の巣からはちみつを抽出している様子
抽出といっても砕いた蜂の巣をガーゼに乗せて自然と滴っていくのを待っているのだとか
少しつまんで食べさせてもらいましたがそのおいしいこと
どんなケーキ屋さんもこの味にはかないません





P1024113.jpg


今年もやりたいことがいっぱいあるのですがきっと一つも手が付けられずに終わってしまう気がします
そうそう、私今年で丸三年の新参者なんですが、なんと御柱祭りの役員に選ばれてしまいました。
私の村に住むのは七十過ぎのご老体ばかりで私のほかに出る人がいないのです
ずいぶんと名誉なことなのでしょうが少々気が重い、なにせ死人も出る荒っぽい祭りですからね





P1014042.jpg



辰野町の茅葺のやかたに勢ぞろいした御柱様
今年はいい樅の樹が見つからず辰野の山から切り出したそうです。こうして上社八本が勢ぞろいするのは珍しく機会があれば訪れるのもいいかもしれません


ここで一口メモ
帰りしなに諏訪大社下社に寄ったのですが参拝客がほとんどいません。正月なのにおかしいなと社務所の巫女さんに聞いてみましたらこの時期、下社の神様は秋宮にいらっしゃって初詣はそちらにお参りするのだそうです。春宮に帰ってくるのは夏の盛り、お舟祭りのお舟に乗って秋宮からお引越しします



P1024154.jpg



最終日は我が家でカレーの夕べ
今年の正月は結局スパイスずくめでした



余っていた上野大根でダルカレー作ってもらいました


P1024159.jpg



あの辛い大根がカレーで煮るとジャガイモのようにホクホクになりました
でも、彼らには物足りないようです、パンチがないのだとか
実はインドのダイコンは上野の漬け大根よりさらに辛いのだそうです
上野大根もむせるほど辛いというのに彼らはそれを生でバリバリ食べてしまいます






P1024136.jpg


雪も少なく時間もなく、駆け足で回った今回の旅行、みんな楽しめたでしょうか
さあ、明日から仕事です

また一年間、みんなで元気に頑張っていきましょう







The Animals - The House of the Rising Sun



アニマルズ / The Animals
1962年結成のイギリスのバンド。日本ではあまりにも過小に評価されている感があるミュージシャンですが、現在のバンドスタイル音楽を確立した筋金入りの硬派ロックバンド、本物の音が聴ける希少な存在です。そのブルースに根差した粗削りなサウンドは名前があらわすように粗野で野蛮なロックそのもの。エリック・バートンは崇拝するに値する偉大なボーカリストの一人です。この偉大なロックバンドがいまだに日本で広く認知されていないのはあまりに日本の音楽シーンが稚拙だということを物語る象徴的な事例です。聞き手、作り手、そして音楽評論家のどこかとても大事なところが大きく欠落している証拠だと思っています。さあ、今からでも遅くはない、日本酒をスッコッチに持ち替えて英国の浪花節に耳を傾けてみようじゃありませんか。祭りの昂揚する一瞬の刹那、この短い三分間の中に人生の喜びや悲哀を歌い上げる小さな巨人、エリック・バートンはステージに上がったその瞬間に最高に輝く火花の一瞬のようです




Eric Burdon & The Animals - See See Rider





あしたのジョー  尾藤イサオ
Ashita no Joe opening




アニマルズの『悲しき願い/Don't Let Me Be Misunderstood』をカバーしてました。訳詞もなかなかで原曲よりかっこいいかもしれません。日本きっての隠れたブルースシンガー。ところでアニマルスの原曲のシングル盤のほうだったかな、サビのところで微妙にピッチがずれるのはなんででしょうかね。



さて、今年は御柱の年、硬派な一年になりそうです













御柱 御事始

2015.04.27 (Mon)
P1011750_01a.jpg


寒さにふるえていた山間の村も今は春爛漫
桜が咲き誇り、梅花が香をたき、こぶしが天高く日差しに輝き、雪に耐えてきた野の草がいっせいに花をつける

それはもう音を立てるがごとくに騒々しいほどぎやかなもの





P1011755_01.jpg




花の香りにさそわれてやってきたのは虫だけではありません
桜の花を追いかけて養蜂家の方もこの里にやってまいりました







P1011716_01.jpg


そして、村の畑にはなにやら物々しい猛者たちが車列を連ねてやってきます





P1011718.jpg



その数ざっと300人
御柱祭、四賀・豊田地区有志の方々です
本日は、来年の御柱祭に向けて練習用の木を山より授かりに参ったとのことです







P1011722a.jpg



今まさに伐られんとする木の前には祭壇が設けられ、神主の神を呼び出すその道を祓い清める声

おおおおお----------

よく通る警蹕の響きが澄んだ春の空をまっすぐに伸びていきます







P1011727_01.jpg




いよいよ、樅の木に斧が入れられます
興奮します
はじめてみる切り出しの様子が御柱だとは私もついぞ思いませんでした








P1011729_01.jpg

P1011730.jpg


大木のこずえが左右にゆらゆらっと揺れたかと思うとバリバリという木材のはじける音が響き渡り、樅の大木はゆっくりとその体を波打たせながら倒れていきます








P1011738.jpg


御柱は六年に一度、こちらでは数えで七年、ですから七年に一度という言い方をします。諏訪大社は上社、下社があり、それぞれ前宮、本宮、春宮、秋宮があり四本の御柱を奉納しますので計、十六本の御柱が山出しされるわけです。そのほかに、各部落には諏訪大社の分社がそれぞれ存在し、大小無数の御柱が来年にはこの地域を埋め尽くすことになります。木落とし、川越し、建御柱、他に例をみないこのお祭りはとても危険なお祭り、毎回死者が出るほどの奇祭です。この木を使った練習は11月頃からだそうで、今日の伐採にかける思いもひとしおでしょう。






P1011741_01.jpg


木遣を歌いながら御神木を曳きます
樹齢75年、人の一生と同じ齢の木がその命を終えました










P1011742.jpg


こちらはメドデコに使う木
上社は男、下社は女性。上社の御柱には前後四本のメドデコが立ちます





P1011745_01.jpg



静まり返った森の木々をかぜがびゅびゅうと流れていきます
御柱を授けていただいた心ばかりの御礼
自然を大切にし、自然を敬う人々の営みがはるか古代の時代から脈々と受け継がれているのです






御柱祭は日本では他に例のない奇祭。建て柱は出雲や伊勢神宮にも見られますが太古の姿を今に残すのはここ諏訪大社のみです。
しかしながら、目をはるか西方に移してみると、この御柱祭とよく似たお祭りがこのアジアには点在しています。そのうちのひとつ、非常に良く似たお祭りが存在するのがネパール。毎年9月に行われるインドラジャトラ祭です。
じつは、御柱のお祭りをインド、現在は国境をことにするネパールの幾つかの祭事と絡めてお話をする構想は以前からあったのですが、この時期に皆様にご披露することになってしまったことは本当に残念でなりません。ネパールも日本と同じ地震の多い国、私の愛する街、カトマンズがあのような悲惨な状況になってしまったのは本当に悲しいことです。







今回この記事を書くに当たって、はるか彼方の地、ネパールで起きてしまった大地震の被災者の方々に深くお悔やみ申し上げます。ネパールはインドに並んで私が大好きな国のひとつ。友人も沢山います。今回のことで何もなければと心から願っています。








さて、気持を取り直して今夜はこんな曲で



Nakka Mukka Female


https://www.youtube.com/watch?v=2CWmdKJ6zNc&list=PL7A5C48AF25EECAA0&index=3





友達のネパール人が酔っ払うといつも踊っていた曲
曲自体はタミルの曲だったかな
今電話したら彼の家はだいじょうぶだって







インドの友人

2013.04.03 (Wed)
P1010350a.jpg

引越しの準備もそこそこインドの友人の家で会食&打ち合わせ




P1010357a.jpg

今日は、ダルとサラダとイカのマサラ。いつもよりも質素な食事。
イカを食べるのはインドでは珍しくカルナータカの漁師が食べるくらいなのだそうだ。彼らもイカを調理するのは初めて。やり方がわからず私がさばいてあげる。ちなみにイカを一番食べているのは日本人

P1010381a.jpg


〆はチキンカレーとサブジとマトンカレーの黄金トリオ。これを夜の3時に食べるんだから彼らのおなかがでっぷり出ているのもうなずける。

P1010353a.jpg

カレーをほうばるすんだる君。まだ若いのでスリムなのだ。ただいま恋人募集中



私がインド映画の音楽の中で一番好きなのがこれ。この映画のヒロインが今度来日する。20年前の映画だからそれ相応の年齢だけど是非お会いしたい。今から楽しみです。



Chinna Thambi movie Poovomaa oorgolam Tamil video songs




back-to-top