スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪

2014.02.16 (Sun)
さて、一個もチョコをもらえない少彦名は、吹雪の中、自慢の軽トラで真っ白な野山を駆け巡るのであった。


P1015195a.jpg


雪かきに忙しいおらの師匠。おらは、自分の家の前を片付けて、これからおいちゃんの家に雪かきの応援に行くところ。


P1015237a.jpg




村の田んぼの貯水池。
ここで一旦水をためて暖めてから田んぼに流すんだ。今は雪の中静まり返っているね。



P1015235a.jpg



ここは平気で零下10℃を下回る高地。冬の間はシカたちももっと暖かいところに非難しちゃう。でも、今日はあったか。
雪が降ると暖かくなるってほんとだったんだね。でも、やっぱり零下だよ。



P1015220a.jpg





村の峠はこの辺りでも有数の難所。
雪が降ると真っ先に除雪してくれるので下よりかえって安全です。




P1015153a.jpg



チョッとおもしろいところを見つけたよ。

この辺は、道祖神や、庚申塔、馬頭観音がやたら多いところ。どんなに鈍い人でも気付くくらいの多さです。
それにしてもにぎやかです。神様と生活のかかわりが密接だったのがよくわかります。静かな山里のテーマパークといったところ。



P1015155a.jpg


不動明王とお隣はどなたかしら?しばしば道祖神と同一視される猿田彦命でしょうか?猿田彦は身の丈10メートル、赤銅色の顔をしたはなの長い怪物のような面相の神様、おらが思うに、はるばる海を渡って日本にたどり着いた真っ赤に日に焼けた外人さんだな。お地蔵様で、男女手をつないで祭られてるのがあるでしょ。あれは芸能の神、踊り子さんの天宇受売命とのツーショット。日本初の国際結婚の記念写真てとこかな。

P1015156a.jpg




その後、猿田彦は伊勢の海で貝に挟まれて溺れ死ぬんだけど、実はおらの一族は彼が移り住んだ伊勢の国からこの地に追われた武士の一族。「出雲国風土記」では猿田彦は佐太大神と呼ばれ、諏訪大社に祭られている大国主命とも関係が深い。その、大国主命は、出雲の国を追われてこの地にたどり着いた国造りの神。その国造りに協力したのがかの少名毘古那神。少彦名は一寸法師のモデルになったといわれ、海に引き込まれた猿田彦は浦島太郎のイメージとオーバーラップする。


真っ白な雪原の中、私の想像は軽トラのように野山を駆け巡るのです。





P1015204a.jpg


歯医者さんに行ったら治療してる間にバッテリー上がっちゃった。救援隊が駆けつける間は医者さんの駐車場をまたまた雪かき。助けが来るまでに二台分ぐらいはきれいに出来たかな。



P1015256a.jpg



あけて16日、天気は快晴。とっても暖かな朝です。さて、村のみんな総出で今日も雪かき。とにかく雪が降れば雪かきに明け暮れるのです。





大雪といえばロシア
ロシアといえばレニングラード
今夜はレニングラードカウボーイズの登場です


hkh.jpg




それでは、僕の大好きな映画、「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」(LENINGRAD COWBOYS GO AMERICA)からお気に入りの3曲つづけて、どーぞ!!









LENINGRAD COWBOYS
フィンランドのバンド。もともとはスリーピースリーパーズというバンド名で活動していたがカウリスマキ監督の映画「レニングラード・カーボーイズ・ゴー・アメリカ」で、ソビエト連邦のポルカ楽団、レニングラードカーボーイズとして出演。予想以上の大ヒットとなり、そのままの名前で活動を続け現在に至っている。
彼らの出身、フィンランドといえば第二次世界大戦以降、旧ロシア、ソビエト社会主義共和国連邦とは犬猿の中、日本と同じく領土問題等をかかえていたなかで、当然、フィンランドの人たちはロシア人を小ばかにしジョークのねたにするのが超大好き。この映画でもロシア人特有の性格が誇張され滑稽に描かれている。ただ、そんなユーモラスな笑いの中にも、どこか、彼らのかかえる寂しさ、哀愁、やるせなさが漂っていて、それらがロードムービーという舞台装置の漂泊感とあいまって非常に良質なコメディー映画に仕上がっている。ソビエト崩壊前夜の愛に満ちたカルト的傑作のひとつ。必見です!


バンドは現在も活動中です。最近、「Gimme your Sushi /寿司をおくれ」なる曲を歌っているようですが、初期のメンバーもほとんどいないようで、当初の、共産主義的ロックンロールスピリッツは鳴りを潜め、もはやパロディーにすらなっていないようなケチな集団になりさがってしまいました。ま、仕方ありませんね。出自が映画の人気を借りた仮想バンドですから人気の存続だけが目的の営業バンドになってしまうのも仕様がありません。



スポンサーサイト

女子スキージャンプ

2014.02.11 (Tue)
mm20130210214518_161306511.jpg




寒天作りも天だし作業が明日で最後

そんな少彦名はとっても女子スキージャンプが好き!
なんてったってかわいいでしょ。



国際大会が正式に開催されるようになる前から応援してたんだ。で、ただかわいいだけじゃないんだよね。

今までジャンプ競技は男だけのもの、危険なスキージャンプに女性が参加するなんてもってのほか、という風潮が世界的にも根強く、活躍する場すらなかったんだよね。だから、今、大会で飛んでいる彼女たちの笑顔は飛ぶことの喜びで輝いている。

競い合うはずの選手みんなが、ジャンプ台の向こうに何かもっと大きな同じビジョンを見つめながら飛んでる。

仕事をしながら競技を続けてきた先輩たちの苦労をよく知ってるからスポンサーのありがたみも身にしみて分かってる。飛んだあとのカメラに向かっての自己アピールだってぜんぜんあざとくないんだよね。一人ひとりが大会を盛り上げるために精一杯がんばっている。


とびっきりけなげで、とびっきりかわいくて、とびっきり美しい。こんなにすがすがしいスポーツ競技は他にないんじゃないかな。


ちなみにスロベニアのAnjaTepesが好きだぞ


Tepes Anja_w_500




では、今回はオリンピックにちなんでプロモーションビデオがとってもカッコいい名曲、金・銀・銅を独断と偏見で決定したいと思う!



第三位
「Benny Benassi - Satisfaction」






これ、、ベルギーの労働賃金問題に対するテレビCMね。それにしてもいかしてるね!こんなの突然流れたら興味ない事柄でもついつい見ちゃうね。

ちなみにこれがオリジナルね

Benny Benassi - 'Satisfaction' (Official Video)




第二位
「Gnarls Barkley. - Crazy」







デンジャー・マウス(Danger Mouse)とシー・ロー(Cee-Lo)の二人組み。イギリスの人だったかな?すごいかっこいいね!曲もおら好み。
最近彼ら見ないけどやっぱり一発屋だったのかな。








第一位
「Röyksopp - Remind Me」





ノルウェーはトルビョルン・ブラントン(Torbjorn Brundtland)とスヴェイン・ベルゲ(Svein Berge)の二人組み。Röyksoppって触ると煙の出るキノコのことだって。日本で言えば『狐の茶袋』ってトコかな。
いまだにこれを超えるPVを私は見たことがない。歌ってるのはなぜかErlend Øyeって、メンバーじゃない人。このPVのバージョンは彼らのどのCDの中にも入ってないんだよね。確か、日本限定のシングル集かなんかにだけ入ってたかな。なんでだろ。




番外編
「Young Dreams - Young Dreams」

前にも紹介したよね


これもノルウェー出身のポップバンド。明るいハーモニーにどこか懐かしい広がりあるリバーブサウンド、無邪気な子供たちと美しい北欧の自然。とても軽やかな美しい雰囲気です
・・・・ん?はて、この子達の両親はどうしたかな?おや、クローゼットには服もないし。おい、鼻血出すなよ。大丈夫、泣いちゃ駄目だめだよ。もうすぐ帰ってくるから。ただのお留守番だよな、そうだよな、お願いだ、そうだといってくれ、おいおい、電気消えちゃったよ!そうさ、これはただのいたずらだよ!いつかはさめる悪い夢・・・・そうさ、そうそう、これはただのPV、プロモーションビデオなんだから・・・・



61YSFJHJXSL.jpg



2014.02.09 (Sun)
今夜は、昨日の大雪を記念してブログ書いちゃいます。
軽くジャブ程度にね



P1015126a.jpg


しかし、ずいぶん降ったもんだ。
仕事でも、家でも雪かきでおおわらわ。一日中スコップ片手に右往左往してました。




写真とった直後に雪に隠れた側溝に落っこちて腰まで雪に埋もれてしまいました。



P1015127a.jpg







この日は大雪で早く帰れたのね
軽トラも峠道をスケート状態です。私の村の峠はこの辺でも有数の難所でございます。







P1015129a.jpg




反対側を見た風景ね。
今日はこれしか写真がないの。仕事から帰ればすぐ日が暮れちゃうし








P1015133a.jpg





モモの散歩道もほれ、この通り。






P1015138a.jpg





家の裏山に続く道には大きな雪の山、
とてもじゃないけど通り抜けは出来ません。







P1015142a.jpg





寒い寒いばかりじゃのうがありません。
それでは、雪見酒としゃれ込みましょうか。





P1015122a.jpg




今日の晩酌は、菱友酒造の『元旦しぼり』と出来立ての純粋ところてん。
これが海の香り満載で危ない美味しさ。ホンとくっさいんだから。

とあるお土産物やさんの看板娘がそりゃかわいいのなんのって。でね、何も用がないのについつい顔出しちゃうのね。で、別に欲しくもないのにこんなお酒買っちゃうのね。




あー、おいしー!






さて、お約束の曲紹介だよ!
宣言どうり冬の間は、チョッと刺激的でマニアックな名曲を紹介するよ!

Cabaret Voltaire - Spread The Virus




5099901969917_1.jpg


キャバレーボルテール
1973年結成。イギリスはシェフィールドのインダストリアル・ミュージック・バンド。1981年発表のRed Meccaから二曲ね。
インダストリアルって工業のこと。金槌でとんてんかんやってるイメージかな。溶接で火花が散ったりね。ノイズミュージックといわれるジャンルのひとつ。スロッピン・グリッスル(Throbbing Gristle)のファーストアルバムに書いてあった『工業生産的人々のための工業生産された音楽』とかいうコピーがその名前の由来。この、ジェネシス・P/オリッジ (Genesis Breyer P-Orridge)率いるスロッピン・グリッスルというバンドも曲者ぞろいの変態バンドでチェックしてみるとおもしろいよ。インダストリアルで他に有名なのはアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン(Einstürzende Neubauten)、名前からしてささくれ立ってるね。



これだけじゃ暗くって寒々しいだけだから、早く春が来ないかなーということで同じ80年代のフランスのバンド、どぞ。


Mikado - Fille du soleil



  
Mikado - Naufrage en Hiver ( Les Colliers de Varech)




500x500-000000-80-0-0.jpg

ミカド
1982年結成のグレゴリーとパスカルによるフランスのテクノ歌謡ユニット。日本では細野晴臣さんのレーベルから出てたりするね。





では、今夜はこんなところで。チャオ♪





PS.今しがた屋根から雪が落っこちて家がすっごい揺れたよ。直下型地震がついに来たかと思って飛び上がったよ。
まだドキドキする・・・・




節分

2014.02.06 (Thu)

節分、春もまじかというのにとっても寒くて困ったよ。

世の中じゃ恵方巻だの言って、でっかい海苔巻口に突っ込んでむせこんでいるみたいだけど、みんなはどんな節分を過ごしたかな?でも、恵方巻って関西の習慣だよね。



恵方巻の風習は、いつの間にか全国標準になっちゃった。それもこれもコンビニの巧妙な販促販売戦略の賜物。これじゃ、バレンタインデーとなんら変わらないよね。なんかさみしいな・・・・


と、冬の寒いうちに腹にたまった毒は吐ききってしまうこととして―


『みんなの地域の節分の過ごし方、
  少彦名に教えてちょ。』



ちなみに少彦名は、引っ越してから初めての節分。諏訪のおばちゃんと豆まきしたけど、おもしろかったよ。
鬼は外、福は内は、ここでもいっしょなんだけど、それ言った後になぜかすりこぎ振り回して、「ごもっとも!ごもっとも!」って、言うんだよ。
なんか、その後姿がすんごくかわいくておばちゃんのこと抱きしめたくなっちゃった!




さて節分ということで、今夜は、鬼も逃げ出す恐怖の名曲を、二曲紹介するよ!


4c0a36f8_1391521642365.jpg






Sopor Aeternus & the Ensemble of Shadows
"In der Palästra"







Sopor Aeternus & the Ensemble of Shadows
“Always within the Hour”





Sopor Aeternus & the Ensemble of Shadows
ドイツはフランクフルト、アンナ・バーニ・Cantodea 率いる暗黒音楽集団。ゴッチックを通りこしてもはやホラーそのものです。

アンナ・バーニ・Cantodea / Anna-Varney Cantodea 
 1952年生まれ Cantodeaとは、ラテン語で歌手のこと。本来男性でありますが性同一性障害、女性として生きている彼女は、幼いころから両親、学校で過酷な虐待にあい、人生のほとんどを重いうつ病の中過ごしてきました。その上、成人してからはガンに、それがもとで挙句にはほぼ失明いというまさに悲惨を絵に描いたような壮絶な人生を歩んできた人物です。ただ、不謹慎ではありますがそのあまりの壮絶な人生を写す“Sopor Aeternus/永遠の眠り”の旋律とその映像は甘美であり、同時に滑稽でもあったりします。

歌うことが生きることそのものの人。







さらにもう一人、
鬼も逃げ出す強烈な個性の持ち主は・・・・






4c0a36f8_1391523980531.jpg





タイニー・ティム
Tiny Tim Tiptoe Through The Tulips






本名、ハーバート・コーニー(Herbert Khaury)
60年代に彗星のように現れた最強のモンド・スター。
芸名のタイニーティムは第二次大戦中使われていた大型空対地ミサイルのこと。当時から際物として扱われてきたけれどもアルバム一枚聞き終わるころにはその才能に誰もが気がつく隠れた天才ミュージシャン。1969年、「Tiptoe Through The Tulips」を歌っている最中にステージで倒れそのまま帰らぬ人となりました。享年64歳。






今夜は二人の強烈な “Ayasi / 鬼” を紹介しました。それぞれその個性は違いますが、いちおうに異様で奇怪なものではありました。しかし、その旋律には心を揺さぶる何かがあり、その歌声には何よりも歌うことの喜びが満ち溢れていました。







きっと、ここにいるみんなは、「泣いた赤鬼」を読んで大いに涙を流したことがあるでしょ?








新説ドラえもん

2014.02.04 (Tue)
真説 ドラえもん

4c0a36f8_1376825642974.jpg


ゲーテの戯曲『ファウスト』で知られる冥界の使者、メフィストフェレス、別名を「ドラえもん」。そのドラえもんに魂を売り渡してしまった主人公「野比 のび太」、これはどこにでもいるごく平凡な青年が突如現れた奇想天外なる運命に翻弄され、次々と繰り広げられる人生の悲喜劇をめぐって人間の深遠に深く、そして鋭く迫った現代の一大叙事詩である。

ある日、物語の主人公、野比のび太は、誘惑の悪魔、ドラえもんをふとしたきっかけで机の引き出しより呼び覚ましてしまった。と同時に、彼の欲望と悲劇の冒険、すなわち、人生における混乱と光明、正義と偽りのまがまがしい世界に彼は深く突き落とされて行く。一個のか弱い魂でしかない「青年のび太」は、時に挫折し、時にかれの友人達に助けられ、次々に降りかかるさまざまな人生の試練を乗り越えながら、人間の真実の姿、人間にとっての真の幸福とはなんぞや、という人類の普遍的命題に突き当たり、そしてその謎を解き明かしてゆく。混沌と混乱渦巻く現代社会の中で、新たなる人間像を、真に理想の人間の姿を、ついに見出し、そして彼自らに取り戻してゆく。

発表当初、のび太の憧れの女性、「しずかちゃん」の入浴シーンがあまりにも露骨であるとのことで発禁処分という憂き目を見ることになるが、かの文豪、川端康成の尽力によりほどなくその禁を解かれた。川端氏いわく、「しずかちゃんの入浴シーンなくしてドラえもんは語れず。この作品に接していなければ「伊豆の踊り子」の発表はなかった」と後年語っ ている。

近年、研究者の間では、「ドラえもん」は実在する、という説がまことしやかに議論されている。それによればドラえもんが人類の歴史上、初めて出現したのはインダス文明後期、ヴェーダの神々が繰り広げる戦争神話の中にしばしば見出すことができるという。その赤く大きく引き裂かれた口、そして真っ青な面相はおのずとある強大なる神を容易に想像することができよう。そう、怒れる神、ヒンドゥー教の破壊神、「シバ」の化身ではなかったか、という仮説はあまりにも有名である。









人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。