スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wedding in Himachal Pradesh 6

2014.07.15 (Tue)
4月29日 街まで散歩

P1016654aa.jpg



日が暮れて辺りに夕闇が訪れる頃、麦の穂の合間から無数の蛍が青白い航跡を曳いて湧きあがってくる。地元の子供は見慣れているのか、追いかけるでもなく、捕まえるのでもなく、眺めて物思いに耽るでもなく。
青白く漂う蛍の群れと、天上の天の川を交互に見比べながら一人、異国の夜空に思いをはせる。我が家の近くにも、松尾峡という蛍の名所がある。私はまだ行ったことがない。今年はきっと行ってみる事にしよう。
ヒマーチャルの蛍は二種類いる。日本の源氏蛍と同じくらいの大きさのもの。もうひとつは、その三倍もあろうかという巨大なもの。蛍といえば、どんなに虫が嫌いな女性でも、まー美しいこと・・・などといいながら手に乗せてその輝きをめでるものだが、この大きなインドの蛍はまさしく虫、お尻を輝かせながら左右に振りふり歩くその姿はなかなかの見ものだ。
 話は変わるが、昔、ネパールの山奥を訪れたときにはさらに驚くべき光景に出くわしたことを思い出した。それは、月も出ていない夜のこと、ダサインのお祭りの頃だったので同じく4月中旬のことだったか。(これは筆者の大きな勘違いです。ダサインのお祭りは9月です。長い旅での出来事だったので完全に思い違いです。ということは、この辺の地域では年中蛍がいるということなのでしょうか?)山道を降りる露で湿った階段が延々と妙に蒼く明るいのだ。まさか、そんなところに最新の照明装置があろうこともなく、恐る恐る顔を近づけてみると5センチ以上もある黒く長細い虫の群れであった。芋虫のような大きな昆虫が青緑の光を放ちながら湿った土の上を右往左往しているのである。蛍の幼虫といえば、日本では清流にすむ水生昆虫だが、目の前にうごめいているこの虫は、一体何なのだろう。蛍以外に光る虫を私は聞いたことがない。おかげで、明かりひとつないネパールの山道を踏み外すことなく下ることが出来たのだが、それは今思い出してもなんと奇怪な体験であったことか。帰国してからも、一体自分の目で確かに見たものが、実は夢ではなかったのか、今でもそんな風に思い起こされる奇妙な体験だった。異国の、未知の国々をたびたび旅行していると、そんな驚くべき光景に何度も出くわす。そして、その度にわが目を疑うのだ。
 さて、インドの優美な蛍の輝きに惑わされたわけではないが、今夜もめでたさにかこつけて集まってきた男衆との祝いの宴、ならんだ美味しいつまみとインドの地酒でにぎやかに夜は更けてゆくのでした。


P1016488a.jpg

インドの密造どぶろく
コメのとぎ汁にヨーグルトを溶かしたような・・・・

あんまりうまいものではないな  
     P1016491a.jpg


どんなにまずくてもさけは酒、深酒すれば次の朝はこたえるのです。







P1016516a.jpg

朝寝坊の私になにやらこっちに来いと声をかけるアンジェリ



P1016517a.jpg

通学まえに一仕事、美人三姉妹と牛の朝食の調達です。




P1016534a.jpg

P1016535a.jpg


 何をするにも楽しそう             P1016539a.jpg





P1016593a.jpg

戻ってみたらテーブルの上にこんなアルバムがおいてありました

                  P1016594a.jpg



カンチャの元服式、いわば七五三ですね。
男の子も女の子も頭をくりくりに剃られ、男子はピアス、女子は鼻にもピアス。親戚郎党すべて集まって、みての通りカレー粉を塗りたくられてもみくちゃです。結婚式並みの盛大なお祝いなのですが、間違いなく本人にとっては最悪の日のようです。




P1016628a.jpg
カンチャのお姉さん
三姉妹のサンジェナ
昨日の歌姫と一緒に仲良く小学校へ
   P1016632a.jpg


P1016589a.jpg

若い衆はというと・・・・ひまそうですね。
まだ眠そうなラッキーとピーパー。
ピーパーはニックネームでドラム缶のこと。
何でまたドラム缶なんて・・・・






オイルシード         P1016606a.jpg

種は小さく最初マスタードかなと思ったけれど違うようだ。
この辺でしか使われない貴重な油



P1016621a.jpg

パパイヤの花。とてもいいにおいがする。

デリー生まれのハリスは田舎の生活が苦手のようで、とにかく暇でどうにかなりそうだから、昨日行った町まで歩いてみないかと朝の散歩にさそってきた。





P1016659a.jpg


何処をどう切り取っても絵になる村。
相変わらずカメラの調子は悪いけどそんなことはまったく気にならないほど幸せな風景が広がっている。





P1016667a.jpg

コチョウボクの仲間
P1016674a.jpg

遠目で見るとまるで桜が咲いているように見える美しい花。なんという花かハリスもわからず、近所の人を見つけてたずねてみると食用の花なんだそうだ。花や、つぼみをてんぷらやアチャール(漬物)にするととっても美味。食に関してはインドは本当に恵まれた国。
帰って調べてみたら Bauhinia variegata var candida と学名はなっていた。



P1016686a.jpg


普通に日常が輝いている毎日。
インドの中でもこの場所は特に幸せな土地なのかもしれません。



さて、きょうの冒険はここまで
読んでくれた方には、インド人なら誰でも知ってるなつかしのヒット曲
『Ek Do Teen』で、お楽しみください♪


Ek Do Teen



ps:
写真で紹介したラッキー君、実は今日15日、心臓の手術をする日なんだ。読んでくれた人はどうか彼のために祈ってほしいんだ。








スポンサーサイト

とら

2014.07.10 (Thu)
 18ed6a45-s.jpg



猫にまつわる不思議な話。
みんなもひとつふたつあると思うんだ・・・・・





 もう、何年も前になるが、福岡に仕事で住んでいたことがあって、明日東京の本社で会議があるから書類や資料をそろえたり旅の準備をしていた。
空港に向かう途中、ケイタイが鳴ったんだ。


なぜかわからないけど、
「あ、これは、トラに何かあったな」
て、瞬間感じたんだ。
着信を見たら母親から。出てみると案の定涙声で、トラがトラが、って。

もう駄目みたいだって。もって一日。
ちょうど今からかえるからって母親に伝えて電話を切った。

トラはもう何十年も前にもらってきたきじトラのオス猫。あれ、何歳だったっけッて考えてみたらどう数えても25歳。20年だってずいぶんな長生きだけど。
名前はボクが付けた。ちっちゃなぬいぐるみを投げると犬みたいに持ってきた。何時も追っかけまわしては、顔から尻尾からこねくり回してた。きっと僕のことは苦手にしてたんじゃないかな。きれいな端正な男の子だったよ。

東京について、一日会議して、久しぶりだから会社全員でカラオケに行って、本当は帰ってトラを看取ってやらなきゃならなかったんだけど、怖くてね。トラが死んでいくのをみるのが。
それで、そのまま夜明かししちゃったんだ。でも、酔えなかったな。あんなに呑んだのに。
朝の電車で、実家に帰って、いよいよ家のドアの前。もう死んじゃったんだろうな。悪いことしたなって、家に入ってみたら家族全員がみんな立ち上がって集まってる。

「お兄ちゃん!早く早く!!」

そこには、箱の中にバスタオルを敷いて、まるでせんべいみたいにペッちゃんこになったトラが横たわっていた。
「早く早く、トラまってるよ!」
ペッちゃんこに変わり果てたトラ。でも、10秒に一回くらいでそのぺちゃんこのおなかがふっと膨らむんだ。
ゴメンねゴメンね・・・・なでてあげたらもう氷のように冷たくなってる。においだって、あの太陽のにおいじゃない。死臭というんだろう、腐ったような甘い匂いがしてる。けど、時折、浅く、フーといいながらおなかが膨らむ。一生懸命まっててくれたんだ。
ゴメンねゴメンね・・・・・家族に言われるままに抱っこしてあげた。冷たくなった体。紙のように軽い。目をつぶったまま力なく抱かれるトラ。とら!とら、!聞こえてるかい。帰ってきたよ!待たせてごめんな・・・・

トラは僕の腕の中で、三度、力なく呼吸をして、最後に大きく息を吐いたら、そのまま動かなくなった。抱きかかえてほんの30秒。苦しかったんだろうな。そう思ったら涙が止まらなくなった。待っててくれてありがとう。みんなが声を上げて泣いた。


一番嫌われてたと思ってたんだけど。
最後まで意地悪しちゃったな。




それから一ヶ月。じつは、不思議なことはこれだけじゃなかったんだ。

またケイタイが鳴った。今度はチビか?例のとおり嫌な予感がした。
チビは、真っ黒の女の子。トラよりもずいぶん若くて、気が強い美人さん。いつも、トラとけんかしてご飯のときでも男のトラを差し置いてがつがつ食べちゃう。みんなあんまり仲がいいとは思ってなかったんだ。

「チビ、死んじゃった」

母親はもう泣いてなかった。
話によると、あれからまったく食事を食べなくなったらしい。見る見る弱っていってトラのあとを追うように今朝亡くなった。それがちょうどトラがなくなった一ヵ月後。同じ日の同じ時刻。

まるで作り話。でも本当なんだ。

猫って、薄情に見えて、実はずいぶんと情が深い、優しいこなんだな。





犬の散歩 / 少彦名


一休み・・・再び

2014.07.06 (Sun)
昨日、初めてヒグラシの声を聞きました。



インド旅行の記事を新たに書こうと写真を整理している最中、ふと、傍らの水槽に目をやると・・・・おや?なにやら、ゴマ粒のようにうごめく集団が。P1010466a.jpg


あらあら、タンガニーカの白い妖精、ネオランプロローグス・ブリチャージの赤ちゃんじゃないですか。まだ、5センチにもみたない成魚だったので産卵はまだまだ先かなと思っていたら見事10匹ほどのおちびちゃんが泳いでおりました。

P1010414a.jpg

で、これがお母さん。丈夫で、働き者で、その上器量よし。女性としては最高です。食事の直後だったのでウンチぶら下げてますけどね。

で、他も気になったので覗いてみたら・・・・

いました!

P6260305a.jpg


ミクロラスボラ・「ハナビ」の赤ちゃん。腕が悪くてちょっとピンボケですが


P6250200a.jpg


Microrasbora sp. 'Galaxy'
こちらがお母さん。いや、ひれの色が鮮やかだからお父さんかな。ミクロラスボラと名前がついていますが最近違う属に分類されました。まるで鱒か何かのような鮮やかな色彩の、2cm足らずのちっちゃな鯉の仲間です。以前はとても高価な魚でしたが繁殖も比較的簡単なようで最近はお手ごろな値段に落ち着いています。ミヤンマーのインレー湖あたりの出身で、そのインレーも随分まえに訪れたことがありましたが、とても静かな落ち着いた雰囲気のある所で、あの鏡のような静かな水の底にこんな魚が群れていんだと思うと感慨もいっそう深いです。是非もう一度行ってみたい観光地のひとつ。

P1010392a.jpg

パトロール警戒中のブリチャージ。


Neolamprologus brichardi
アフリカのタンガニーカ湖の魚。サンゴ砂や牡蠣ガラで水質をアルカリにしてあげるといいです。とはいっても流通の多くは東南アジアのブリードものですから日本の水質ならそんなに気にする必要もなさそう。繁殖もみてのとおり簡単で、岩の間に卵を産み、母親が成長するまで面倒を見るとても子煩悩な魚です。丈夫で飼い易いですが。ちょっと気が強いところがあるので平和主義の方には多少気をもんでしまうこともあるかも

P1010389a.jpg

水槽内で自然に活着した鳳凰ゴケ。アクアリストってこんなちっちゃなものを見つけるたびにフムフムと密かにほくそ笑んでいたりするのですよ。


P1010435a.jpg

ペルマトもランプアイも、勿論グッピーも、今、我が家はベビーブーム。そういえば、以前紹介した雉の親子も無事巣立って行ったよ。






今夜は話の流れにまったく関係ないですが
こんな曲でもどうですか?


Fleet wood Mac - Big Love



1967年結成、現在も活躍中の超息の長いロックバンド。お父さん、お母さんならぬおじいちゃん、おばあちゃんの円熟した演奏はなかなかのもの。スタジオ盤だけでも19枚のアルバムを発表している彼らだから通しで聞くと「あれ、これって同じバンドかい?」てくらい、曲調が違うのも御一興。たまにはこういった大御所の演奏に浸るのも安心感があっていいかもです。



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。