スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の守屋神社-インドと古代日本との関わりについての一考察

2016.06.26 (Sun)
2016/06/26 
今、NHKで御柱を放送してました
ただ引っ張ってるところを映してたのかと思ったらとてもいい番組になっていました
祭りの間、いろんなことがあったので見ないでおこうと思いながらやっぱり見てしまいました
で、見た後の感想ですって?
諏訪に引っ越して本当によかったなと

御柱の謎に関する過去の記事です
しばらくトップに置いておきます




2015/06/10の記事


高遠城址をあとにして、突如少彦名を襲う春の嵐
雷が鳴り、行く手を遮る灰色の霧を抜けると
そこには、打ち捨てられた古い神社の鳥居がぽっかりと口を開いているのでした

『桜露』より続き


P1011691.jpg


守屋神社
諏訪湖の南、守屋山を隔てて諏訪大社の裏側に位置する
物部守屋の一族が蘇我との戦に破れたどり着いたこの地で開山したと言う伝説が伝わっている




さて、以前よりこの守屋神社には多少の興味を持っていた少彦名
元来方向音痴の私が偶然出くわしたこの好機を逃す手はございません
あわや通り越したスバルサンバートラックのきびすをドリフトさながら取って返し鳥居の傍らに倉卒の車輪を休めたのであります

 
P1011689.jpg

さて、飛び出だすのはあやかしか妖怪変化か・・・・・・
なぜか気になるアルミ製の妖怪ポスト



P1011693.jpg




赤松がくねくねとからまる雨の参道を音も立てずに上って行きます




P1011694.jpg




程なく行くとお堂が見えてきました
人里はなれた峠道
あたりの雰囲気と比べると非常に重厚な立派なものです





P1011695.jpg




さらに上を見上げれば本堂と思われる切妻作りのお社が見えてまいりました

諏訪の地に来て覚えたのはどんな神社でも立派な本殿と思しき建物の奥に必ず正真の本殿が控えていることを






P1011696.jpg





逸るその足を石段の水溜りにおとしながら電池の切れ掛かったカメラを小脇にかかえた少彦名
やがて雨にぬれた石段の頂上はうつむく視線に途切れ赤く松葉の敷き詰めた境内が視界に広がったかと思うと

『あっ!』

『あっ!あ!!』

冷たい雨に濡れ日が落ちかけた森のお堂からぬっと人が現れればそれはそれはびっくりする
互いが互い、犬を連れた老人と私は声を上げて飛び上がった





P1011697.jpg




めったに人の訪れることのない古い神社で別に悪いことをしていたわけでもないのに妙にうろたえて言い訳がましくしゃべっている私がいる。前からこの神社が気になっていたこと、思わず行き当たってうれしくて上ってきたことなど

老人も、私がこの忘れられたお社に興味を持っていることにうれしく思ったのか守屋神社の来歴をポツリポツリと話し始めた

さて、この守屋神社にまつわる老人の話
聞けば聞くほどその謎は深まってゆく







P1011699.jpg

この神社が物部守屋を祭っていることは先に述べた。鳥居の額にも物部守屋神社としっかり書かれている。今から1400年前、蘇我馬子との権力抗争に敗れ、都を追われた物部一族の一集団が縁故を頼ってたどり着いたのがこの地だという。その縁故というのが諏訪大社の神官をつかさどる守矢氏、もしくは諏訪氏だったのか、それは定かではないが中央を追われた一族は遠い信州の地まで命からがらたどり着いたわけだ。しかしながら、朝廷に敗れ落ち延びてきた物部氏はいわば逆賊、都での戦に破れた恥辱に恥じ入りこの山里に身を隠しその姓を守屋と改めてこの地に隠れ住んだ。そしてのちに、彼らの始祖、物部守屋を祭ったのがこの神社であると老人の言によればそういうことになるようなのだ・・・・ が、しかしちょっとまって欲しい。元来、この守屋山は諏訪大社のご神体、その神聖な御山に、いわばよそ者である物部守屋なる新参者を新たに神として祭るというのはあり得る事なのだろうか?そもそも守屋山は物部氏がたどり着く以前からモリヤの御山として長らく信仰の対象であったはずなのだ。
 整理する意味もかねて諏訪大社の宮司さんに電話で問い合わせしてみた。
すると諏訪大社の聖域、いわゆる禁足地には守屋山の山頂は実は含まれていないそうだ。現在の禁足地、諏訪大社の神聖なる聖域は現在の行政区域、現状の寺社所有地と一致しているとのことだったが、古文書等でも確認できる限り諏訪大社の聖域は大社より見渡せる範囲の守屋山東側、諏訪湖畔に面した守屋山の一部であり、一般に言われている守屋山の山体すべてが諏訪のご神体というわけではないようなのだ。さて、こうなれば、物部氏をその山腹に神として迎え入れることには支障がないように一見、見受けられる。守屋山を背にして大社と反対側に位置する守屋神社は諏訪大社とは全く別の系譜を持つ、諏訪大社とはまったく無縁な神を祭ったものということになる。
 さて、ここでさらに歴史をさかのぼってみることにしよう。現在の諏訪大社の祭神、建御名方神(たけみなかたのかみ)が国譲りの神話によって出雲の国を追われ諏訪に逃れてこの地を治め現在に至るわけだが、お諏訪様が統治するそれよりも昔、諏訪周辺を束ねていたのは古代よりの神、洩矢神(モリヤ、モレヤ)であった。洩矢神は諏訪周辺で有史以前から永らく信仰されてきた土着の神である。そこに、西より山を越えて侵入してきた建御名方神の勢力が押し寄せてくるのである。そしてこの戦によりモレヤの神は奮戦むなしく敗れ去ってしまう。建御名方神はすでに出雲の地で朝廷の神々に屈し大和の神のひとつとして延命を許されたていた、その勢力が諏訪の地を掌握するということは大和の国の一国として統治されること、固有の文化を持つ一独立国家から、大和朝廷の中央集権体制に組み込まれた一地方として存続することを意味する。さて、ここで一つ不思議なことがあるのだが、これまで諏訪の国を守ってきた守矢一族、諏訪の地を守るために出雲勢と雌雄を決した守矢氏がその処遇を許された上に、こともあろうに古代の神にとってかわった大和の神、建御名方神に仕える諏訪大社の神長官という最高職を授かり以前よりのその権威を出雲勢との敗戦以降も持ち続け、結果その地位を近世まで連綿と代々勤め上げたこと。諏訪の地を収めるために中央政府がとったコンセンサスといえばそれまでだが、とにもかくにも、ここに諏訪を統治す建御名方神の末裔、諏訪氏の治世が始まるのである。しかし一方、守屋山の裏側、この守屋神社周辺のごく限られた地域で起きたことは今まで述べたこととは少々事情が異なるようなのだ。先も書いたようにここでは物部守屋なる名が振って沸いたように突然現れるのである。さて、この事実が皆さんにはどう映るだろうか、かく言う私には非常に突拍子のないことのように思われてならないのだが。
 さて、ここからは私なりに考えてみることとしよう。一番に引っかかるのが守屋姓と守矢姓の『一文字』の違いである。古代、諏訪を統治してきた守矢一族と守屋山、山を挟んで物部守屋を祖とするのが守屋姓の一族、私には守矢と守屋の一文字の違いはただの偶然ではないように思える。すなわちそこには必然的な何か、矢を屋と違えた何かもっとほかの決定的な『事件』があったような気がしてならないのだ。守矢姓と守屋姓、先ほど守屋神社をあえて諏訪大社の裏側と記したように、この表と裏、この位置関係はもっとある必然的な対比を暗示しているのではないだろうか。すなわち、それは出雲勢が押し寄せてきたときにこの一族に起こった歴史的事件、そこには守矢一族の内部で起きた裏切りと政治的な抗争が引き起こしたある悲劇的な物語があったのではなかろうか。すなわち戦火のさなか洩矢神を正当な神とあがめ徹底抗戦を呼びかけたモレヤ一族と、建御名方神に降った神官一派の内部分裂、外敵を目前にして二つに引き裂かれた諏訪の地は強力な出雲勢の力に制圧され、戦に敗れ敗走する洩矢の残党は出雲に組する神官一族と袂を分かち、故郷を追われる形で住み慣れた諏訪の地を後に人里離れたこの地に隠れ住んだのではないだろうか。そう考えるとすべてが理にかなってごく自然な説明がつくように私には思えるのだ。守屋と一字を違えたこと、敗れたことにより信仰を奪われたこと(モリヤの祠は神官長の守る敷地内にある)、モリヤ山のふもとに新たなる神が迎え入れられたこと、守矢氏が新長官に任命されたこと・・・・ それら数々の事実の自然な成り行きのすべてが容易に説明できるように思えるのだ。遠い昔、隠れ里に身を潜めた守屋一族が後に自らの存在意義を示す為か、または滅び行く物部氏に自らを投影し共感を覚えずにはいられなかったものなのか、自らに似た境遇の物部守屋を新たに一族の祭神として迎え入れ、この山に祭ったとたというのがこの神社の始まりなのではないだろうか。期せずして、当時、物部氏は新興宗教の仏教派と対立し、本来の、日本古来の神こそが唯一信仰する対象であるべきとする勢力の中心であった。彼らは歴史から消えてゆこうとする洩矢神と物部氏を重合わせていたのではないだろうか。太古、守屋山を二分する宗教対立があったとしても決しておかしくはない。





ここは、ホッサマグナの交差するところでパワースポットでも有名なんだよ。旧約聖書にはモリヤという山が描かれていて、ここにたどり着いたユダヤ教徒、キリスト教徒がこの神社の興りだという人もいるんだよ」

「実は、モリヤという言葉はインドにもあるんですよ。御柱ととてもよく似たお祭りがネパールにもありますし、モリヤはヒンドゥー教のある神様をさす言葉だったりするんですよ。実は、そういうこともあってここまで登ってきたんです」


老人は一瞬嫌な顔をした。
そして、その話題には一切触れず、聖母マリアの話、ある新興宗教家から多額の寄付をいただいた話などを続けた


彼にとってはインドの神々より金髪の神様のほうが好みらしい




インドとのかかわり
これは私の全くの妄想として聞いて欲しい
 私の友人、若いインド人の留学生から聞く話としてインドの言葉、特に南インド、タミル語の中には日本語と非常によく似た、もしくは同じ発音の言葉が沢山あるという。さらに、タミル語のアルファベットは日本のあいうえおと全く同じならび、来日当初はあまりの共通点の多さにびっくりしたそうだ。タミル人はインドの先住民族、古代タミル語はサンスクリット文字よりもはるかに古い。

 話は少々それるが、インドからやってきたものは意外と多い。例えば民間信仰で有名な七福神のうちの三人はインド由来である。弁才天はインドの創造神、ブラフマーの妻、サラスヴァティーであり、毘沙門天は戦の神クベーラ、大黒天にいたってはその容姿からは全く想像もできない破壊の神、シヴァ神の化身マハーカーラ神だ。これらは、すべて仏教由来の伝承のようなので今回の事例とは切り離して考えるべきだがインドと日本、遠いようで意外と近い

 視点を日本に戻そう。諏訪大社の神官長を務めるのは代々守矢一族。守矢様は神官の長であり、かつ諏訪の神が降り立った現人神でもあられる。(諏訪大社には神殿がない、なぜならば山自体がご神体であり、神官長自身が神そのものを宿しているからである)インドではモリヤとは神様のこと。モリヤ、ムリヤ、モーリヤはガネーシャをあがめたたえる言葉なのである。そしてネパールには諏訪大社の大祭、御柱祭とそっくりなヒンドゥーのお祭り、インドラジャトラ祭がある。そしてそのネパールには『クマリ』と呼ばれる神が輪廻転生した生き神様の少女がいる。(モリヤ神の時代、一族の子供の中から現人神を選びだし、一年間神として崇めたという記録がある。その子供はその年の祭祀の日に神の信託を与えられ、その命は供犠としてモリヤ神の祭壇に供された。)

 老人の話では守屋神社の本堂には石の棒が収められているという。それは、インドの寺院で必ず見られる『リンガ』を連想させるではないか。さらに、洩矢神としばしば同一視されるミシャグジはここ諏訪では蛇神であるソソウ神と習合し、その姿は白蛇として現れる。それはまさにインドで言う川の神『ナーガ』であり日本で言う竜の姿『天竜川』である。ナーガはしばしば天気をつかさどる大蛇であり、怒ると旱魃に、なだめられると雨を降らす。守屋山頂に祭られた祠が旱魃の際の雨乞いの対象として拝まれたのに奇しくも呼応する。(巻末追記へ※)
 さらにさらに、諏訪太古の主、洩矢神(モレヤ)が建御名方神と戦ったときに使った武器は鉄の輪だという。同様に古代インドの戦士たちはチャクラムという鉄の輪で出来た武器を使用した。インド最高神の一人、ビシュヌはチャクラムをその右手に常に身につけている。そしてまた、ビシュヌと双璧をなすインド最高神の一人、シヴァは知恵の神ガネーシャ(モーリヤ)の父親、荒ぶる破壊の神、シヴァ神の名はインドでもたびたび『シワ』と発音され、東南アジアを渡って、『シワ』『シュワ』と変化する
・・・・諏訪・・・・・スワ・・・・シヴァ







「おや、この箱はなんでしょう?」

お堂の縁の下に小さな箱に入った子供用の真っ白なドレスと同じく真っ白なかわいい小さな靴が綺麗にそろえて収められている


「あ、これね、一週間ほどまえからこの本堂の前にお供えしてあったんだよ。何か悲しいことがあったんだね。そのままだと濡れてはいけないから、ここに移しておいたんだよ」



あたりはもう暗くなりかけている。
雨の音以外には何も聞こえない。
またいつか来よう。今度は晴れた青い空の下で。







P1011700.jpg


コメントご意見お待ちししています




追記
 
 先ほどインドの友達とこのことについて話していたらこんなことを。
ソソウ神のソソウって蛇の出す音を表現したんじゃない?インドでは蛇の声をそんな風に言うよ。
こうなればどんなことでも信じてしまいます。

 建御名方神の父親、大国主命はたびたび大黒天と同一視されることがある。これはその呼び名、オオクニ→ダイコクと変化したためだといわれているが・・・(先も述べたように大黒はインドのシヴァ神)
ちなみに少彦名は大国主命とは国造りで活躍した盟友、東京から移住した私、今となっては因縁めいた偶然のめぐり合わせ

 インドでは無駄遣いする人を心にクベーラ神がすんでいるという
毘沙門天はインドでは相当な浪費家らしい

 ナーガの場合はなだめると雨が降るが守屋山の場合は怒らせて雨を降らせる。
※雨乞いには東峰にある守屋神社奥宮の石祠を谷へつき落とし、神の怒りをかって雨を降らせてもらったといういささか乱暴な伝承もある。/信州山岳ガイド 信濃毎日新聞社より抜粋
おいおい、雨乞いの対象としてだけでなくこのような類似点の数々をどう捉えるべきなのか。探せば探すほどあとからあとからでてくるよ

この神社には狛犬が二対ある。鳥居の二体と本殿の二体だ。実は、本殿の狛犬は以前盗まれたことがある。老人の話だとこの村に千葉の石屋が出入りしていたときと時期を同じくして持ち去られてしまったらしい。村では仕方なく鳥居脇に狛犬を新たに据え付けたところ、ほどなくして持ち去られていた狛犬が帰ってきた。盗人に何か祟りでもあったのではないかというのが村でのもっぱらの噂である。


2015.10.2 追記
前から気になっていたことがひとつありました。それは、守矢氏がなぜ神官長という非常に高い位を受けることができたのかということです。これには二通りの考察ができると思います。
ひとつは出雲勢がこの地を収めるにあたり先住権力者の協力がぜひとも必要であったこと
もうひとつは、一部の造反がモレヤ一族の内部で起こり結果、建御名方神の勝利につながったこと。洩矢神は手に鉄の輪を、対する建御名方神がこの戦いで使ったのが藤の蔓、絡め取るには絶好の武器だと思うのですが・・・・

    
2016/06/30 追記
 太古の神、ミシャグジは一説によるとジムグリという赤い蛇、「ミ赤蛇」という字を当て、大社でジムグリを明神様と呼んでいたそうです。先日、雨の日に田圃の草を刈っていてジムグリの首をはねてしまいました。悪いことが起きないといいのですが。




スポンサーサイト

帝国の没落

2016.06.25 (Sat)
P1018507 (2)



イギリスが最悪の選択をしたようですね
その間、私は雨の中せっせと草を刈っていました




img-0001.jpg

時事ネタなんかは書かないようにと心がけているのですが今回はかなりの衝撃波なので書かざるを得ません
同じく普段は表に出さない毒舌たっぷりでお届け



tumblr_ncq0t6lsmA1t09znlo4_1280.jpg



毒舌といえばブラックジョークはイギリス人の専売特許
私、イギリス紳士が実在するなんて絶対信じないよ
ヨーロッパ旅行で一番素行の悪かったのはそろいもそろってみんなアングロサクソンでした




38ce0b1cee098470a3f4de8ed21ae2c5db8ad1301410426341.png

イギリスで思い浮かべること
ティータイム、ロック、サッカー、etc・・・
イギリスは日本のように平等な国じゃないんだよね
だから、サッカーや音楽で秀でた人がたくさん出てくる。ハリウッド映画で『ROCK YOU!』って映画があったじゃない?平民出の青年が競技会で名をあげて最後は騎士として認められる話。エンターテイナーになる以外に彼ら平民出身の人々は労働者階級から這い上がれる道がない
EU離脱に一票を投じたのも下層階級の低所得者
高学歴のエリートたちは大数が残留派だったみたいだね。
低学歴がどうのこうのはいわないよ。だけどそれなりの情報を持っていない人が政治的決断を迫られたとき、最終的に判断する材料は感情ですから。ナチスが台頭した時の状況ももしかして同じようなものだったんじゃないの

ところでポールマッカートニーはどちらに入れたのかな



P5099721.jpg

インドの寺院で見つけたカーリー神
神がかりにあったふりして参拝者からお金集めてた

 今回の判断の大きな要因の一つにイスラム難民の問題があるようだけど、そもそも、イスラムテロの根本、パレスチナ問題を生み出したのはイギリスだからね。同じく奴隷貿易で繁栄をほしいままにしたのもこの国
 EU離脱でイギリスはヨーロッパの端に位置する片田舎になったわけだけど、この小さな島国はかつて地球を股に掛け、世界に君臨する巨大な一大帝国。僕がイギリスで真っ先に連想するのは大航海時代以降の植民地政策です。先ほどの紅茶だってインドから盗んだものだし。
 ロック・ミュージックに話を戻すと、この国のバンドでまず思い出すのがザ・キンクス。ビートルズやストーンズよりもイギリスらしくて、イカシタかっこいいバンドだと思うんだけど、ボーカルとギターが兄弟で、兄貴のほうのリードボーカル、レイ・デイビスはすげー偏屈野郎、ライブ中に弟のギターが気に入らなくってアンプのスイッチ切ったんだって。それで、このレイ・デイヴィスが実は白人至上主義者のレイシストだってどこかで聞いたことがあるんだけど、話の真偽も出どころも、どうなんだかよくわからない与太話でごめんなさい。この黄色いサルめ、ジャップなんかくそくらえ!なんて思ってたりするのかな。
でもそんなことは自分にはどうでもよくて、キンクスは好きなバンドです




The Kinks - Victoria




カナダからインドまで
シンガポールから香港まで
東洋から西洋まで
ビクトリア女王!
みんな彼女が大好き!

(歌詞和訳)



今回の離脱はイギリスのアイデンティティーを取り戻すための行動、彼らはそう理解しているようだけど、でも、イギリスのアイデンティティーがこの歌詞のような回顧主義だったらちょっと恐ろしいね
 国家のアイデンティティーとEUの国境なきヨーロッパの平和という理念の間には相いれないベクトルがある。大英帝国、彼らは世界に今も残る火種を思う存分振りまいてきた。今回のことが新たな火種の端緒とならなければいいのだが。
 今後、EU崩壊というシナリオも当然考えていかなければいけないけれど、その前に、君たち、アイデンティティーといえばスコットランドの独立騒動を忘れちゃいないだろうね?もしかすると真っ先に訪れるのは、もしかするとかつて繁栄をほしいままにした先進国といわれる一つの国家が、目の前で崩壊してゆく物語を私たちはこの目で見ることになるのかもしれない

Withdrawal from the European Union

梅雨

2016.06.22 (Wed)
P1017142.jpg



梅雨の季節がやってきました
東京にいたときは梅雨はうっとうしい季節
ここに引っ越してから楽しい季節になりました






P1017118dd.jpg


雨が降れば畑の作物が目に見えてぐんぐん育っていきます
雑草だってぐんぐん育っていきます
野菜と、雑草と、私と、よーいどんで競争です






P1017086ff.jpg


雨が降ればお休みする理由もできます
もちろん雨の日も濡れながら仕事をするときもあります
でも、濡れた土を踏みつけると固く締まってしまいます
ですから雨の日は畑には入りません
もちろん、雨に濡れても山の中では気持のいいものです






P1017094.jpg



田圃の水だけ見に行って
あとは雨を眺めながらぼーっとしてます






P1017075aa.jpg



稲もすくすくと伸びています
今年は去年の4倍、何年も使っていない新しい田んぼでお米を作ります
今度、『なんで農家のお米はおいしいの?』を書いてみます
聞いてびっくり、なるほどなーですよ





P1017106ss.jpg



明日からしばらくは雨
雨降りはゆっくりできると言ってもほんのつかの間
夏が来るまでにたまっていることを全部かたずけないと
この一週間が勝負です







P1017145xxx.jpg
Sketch For Summer で水連池を見る









Bobby Womack
I left my heart in San Francisco





ボビー・ウーマック / 想い出のサンフランシスコ
もし、梅雨の曇り空にうつうつしている人はこの曲を聴いて元気出してね
今気が付いたんだけど、黒人のファンキーな曲って紹介するの初めてかな。これでも結構、この手のアーティストは大好きで、大音量で聞きながらよく一人で踊ってます。
ソウル&ファンク好きの人って往々にしてその道の通だったりして、情報豊富なしっかりしたレビューを書く方が多いでしょ。なのであえて僕が紹介することもないかなって避けてたのかもしれません。
でも、なんか落ち込んで何もしたくない日にファンキーな曲をターンテーブルに乗せれば・・・
それは何よりの薬だね。





オリジナルも載せてみます
全然違う曲だからびっくりだよ


Tony Bennett
I left My Heart in San Francisco



















小宮、御柱切り出し

2016.06.18 (Sat)
P1017040 (2)



ムスクマロウとスカーレット・ベルガモット
この花が咲きだすといよいよ夏がやってきます








P1017013.jpg



今日は村の神社の御柱
四本の柱を山から切りだすのにチェーンソー片手に朝から皆さん集まりました







P1017004h.jpg


小宮祭、今年一年で何百、何千という柱が、神社、八幡様、お稲荷さん、道祖神や庚申様に至るまで、諏訪周辺では至る所モミの大木が曳きまわされ建てられる






P1017008a.jpg




みんな揃ってワイワイガヤガヤ、ああでもないこうでもないともめながらも仲良く4本切り出しました







P1017027 (2)


一の柱が直径43センチ
上社の本一に比べればかわいいものですがそれでもいつものより太いそうです






P1017032 (2)



お祭りは9月に入ってから
それまでここでお休みです





P1017062dddd.jpg






DILMANO DILBERO





ブルガリアンボイス、その中でも大好きな一曲、一時期この曲、この一曲だけ何回も何回も毎日聞いていたことがありました
こういった曲を聴くとクラシックだろうが歌謡曲だろうがロックだろうが、たかが十二個の鍵盤の中で遊んでいるだけのものとつくづく感じます。西洋音楽の理論で譜面に落とせば、長野で言えば木曽節のような民謡や御柱の木やり唄だって豪華なグランドピアノの上であっても、即座に陳腐で稚拙なメロディーになってしまう。そんなちっぽけで限られた音の世界の中で、ジャンルだとか流行だとか好みだとか、芸術も、味覚も、音楽も、すべてが言葉、美しいという言葉を理解していなければ美しさの何たるかはわかるべくもなく・・・・僕は死ぬまでにどれだけの美しいものに出会うことができるだろうか。
そんなことまで考えさせる不思議な歌声です。





Kalimankou Denkou






ミヤンマーに行ったときにビアガーデンで大好きなチャンビールを飲みながら民族音楽のライブを見ました。ハルモニウムが編成の中に入っていたのですが西洋の音階はミヤンマーの古典音楽に調和するはずもなく、まれにみるとんでもないことになっていました。









トマトの苗を無料でゲットする方法

2016.06.15 (Wed)
P1016973aax.jpg





まずは農家さんとお友達になります






P1016983sss.jpg







やおら、トマトの脇芽取りのお手伝いを申し出ます







P1016979.jpg



これが脇芽
茎と葉っぱの間やトマトの根元からどんどん出てきます
油断しているとあっという間に大きくなってしまいます








P1016980.jpg



ほんの三十分やっただけでこんなに取れました
下の列は去年落ちたトマトの実から発芽した新芽
農家さんに頼んでお持ち帰りしましょう







P1016906.jpg




持って帰ってきた芽や苗はすぐに土に挿してみましょう
水につけて少し水揚げさせてもいいかもしれません
最初は驚くほどしんなりとしてしまうでしょう
でも、たいがい大丈夫
トマトは案外とっても丈夫な植物です
何本かは水槽の外掛濾過機に差し込んで発根させてみました






P1016907_20160615214750b01.jpg


すぐに根っこが出てきます





P1016986 (2)



挿し芽をしてから一週間
もうここまで来れば安心です
あとは実が付くまでたっぷり水を与えて大きな木にしてあげましょう
もちろんどんどん出てくる脇芽は欠いてしまいます
最初の収穫ができる頃から水は控えめに
木の頂上がしんなりお辞儀してきたらたっぷり水やり
水を控えたトマトはどんどん甘くなりますよ



脇芽で採れたトマトは若干味が落ちるという人もいます
それはそれ、物は試しに収穫してみて糖度検査してみようと思います







Les Négresses Vertes - Voilà l'été






Les Négresses Vertes  / レ・ネグレス・ベルト

Voilà l'été! Voilà l'été!・・・ほれ!夏だ!!そら!夏だ!!

今夜は梅雨をすっ飛ばしてちょっと早い夏をご紹介いたしましょう
一時期、フランスでラジオをつければ MANO NEGRA か,この Les Négresses Vertes の曲ばかりがかかっていた時がありました。人種のるつぼ、パリのロックシーンはそれだけ切り取ってもまさにワールドオブミュージック。ブルースあり、ユーロあり、パンク、ラテン、ジプシー、アフリカン、果てはコーランまで、世界のありとあらゆる音楽がこの国に集結している感があります。
 1987年結成、『Voilà l'été』は1989年のヒット曲です。残念ながらその四年後、バンドとしてもこれからというときの1993年、ボーカルのHelnoがコカインの過剰摂取で亡くなってしまいました。
 もうすぐトマトが真っ赤に実るあの暑い夏の日々がやってきます。心の準備はいかがですか?彼らの熱い地中海の息吹をビシビシ感じながら、準備運動もかねて、軽快なリズムに激しく腰を動かしてみましょう。
ところで、フランスで Voilà l'été が町中に流れていたあの暑い夏、東京の街にはどんな曲が流れていたかというと
・・・・・『おどるポンポコリン』だって。



バンド、Mano Negra の記事はこちら
大根を干す



Les Négresses Vertes - Zobi La Mouche



Les Négresses Vertes - IL









ROUCHE

2016.06.13 (Mon)
P1016923ddd (3)


ルーシェのために今年もバラが咲いたよ







P1016951 (2)






東京のベランダでは一度も咲かずに枯らしてしまってたけど、ここの庭では何もしなくても毎年きれいに咲いてくれます






P1016940sss (3)







バラの首にかけっぱなしの値札を見たらワイルドブルーワンダーって書いてあった
調べてみたらそういった名前のバラはないみたい

Wild Blue Yonder / わいるどぶるーよんだー

Yonderはあちらのって意味
『彼方に広がる荒々しい青い空』
そんな景色の小さな庭で咲かせたバラなのかな









P1016960 (2)




ルーシェは小さな命を必死に燃やして病気と闘う女の子

庭のバラは、まだ三分咲き
バラが咲き始めるとこれからたくさんの花が次々と咲くんだよ










P1016944 (2)



もしよかったら声をかけてあげてください

ROUCHEの額~薔薇の国星~ 
http://blue.ap.teacup.com/rouge/






P1016957 (2)



今日はあいにくの梅雨空だけど
ルーシェのおかげで雨に濡れたきれいなバラの花をつくづくと眺めることができました











P1016963 (2)








Chara / やさしい気持ち








続きを読む

トラクター

2016.06.09 (Thu)
P1015979.jpg




真っ赤なトラクターを買った



P1016028sss.jpg






長年使っていない田圃を耕してみた






P1016038.jpg






咲き誇った野の花をどんどこふん潰していたら一匹の野ネズミが飛び出してきた


捕まえて連れて帰った






P1015902.jpg






ガネーシャと名付けた
ガネーシャは象の頭をした学問の神様
ネズミの背中に乗っている








P1015966aaa.jpg







手に乗せても逃げなかった
ご飯は猫の餌をあげた

大きくなったのでイタズラできない場所、山の中の使っていない畑に放した








P1015920.jpg




元気ですか?






Felt - Sunlight Bathed The Golden Glow




フェルト
チェリーレッドレーベルを代表する80年代のネオアコースティックバンド。バンド名『Felt』は同じくイギリスのバンド、Televisionの『Venus』の歌詞からとったそうな。演奏も曲調も取り立ててこれといって語るところはないが、なんとなくの『あんな気分』にはさせてくれる。当時のこの手のバンドをヘタウマ・ギターバンドとひとくくりにしている私だが実はこの手のものが一番好きかもしれない。歌詞の暗さに特徴があると聞いてはいるが歌詞カードも評論家のライナーノーツも一回も読んだことのない少彦名であった。







Felt- Mexican Bandits



Felt - The Stagnant Pool











5672000.jpg
美の崩壊 [ フェルト ]

5672003.jpg
毛氈(もうせん) [ フェルト ]

5672010.jpg
彩霞(さいか) [ フェルト ]




幹之メダカ 鉄仮面

2016.06.07 (Tue)
P1016890.jpg




shrimp cafeのkotobukiさんから
メダカをいただきました!






P1016671.jpg



それも雄雌同数の三十匹近く
そのうえメダカ用の餌までつけていただいて






P1016672.jpg


メダカといってもただのメダカではありません。
全身が青白く光る人気の品種、幹之メダカです
さらにさらに、そのグレード、等級は『鉄仮面』
なんともすごい名前なんですけど、私、メダカはあまり詳しくありません

それでちょっと調べてみますと
点光、弱光、強光、スーパー、と順に等級があがり『鉄仮面』とは幹之の中では最高グレードに位置するトップ・オブ・ザ・『MEDAKA』になるようなのです。
すなわち体全体を光沢のある鎧で身をまとい口先まで全ての背面が光り輝く。
これはとんでもないものをいただいてしまったようです!



P1016765 (2)


早速用意してあった60センチ水槽に
当初、何も知らない少彦名は「なんか、色の薄いメダカだな・・・・」などと、それはそっけない感想
しかし、メダカたちも落ち着いてきて本来の色を取り戻してくると、それはそれは日の光を反射して様々な色に光り輝くじゃありませんか




P1016773.jpg



これ、さっき撮った写真
ピッカピカですね
甘いピントは私の撮影技術の限界です
もう、すでに卵持ってます





P1016901.jpg


眺めていて飽きませんね
水草の繁茂する暗い水の中にひときわ輝く宝石のようです





P1016873.jpg

こちらの水槽にも
パールグラスの生い茂った小型水槽
メダカらしい野性的な趣です



P1016878gd.jpg


そしてこちらの水槽にも入れてあげました
年老いた白髪のベタが一人で暮らす老人ホーム
老いたといえども闘魚と呼ばれる気性の荒い魚
しかし、一人がよほど寂しかったのか
喧嘩もせず仲良くやってくれてます







あれから一匹も落ちず、卵を持った個体が続々と
kotobukiさん、元気で美しい魚を本当にありがとうございました

今夜はメダカを眺めながらフェンネルリキュールで乾杯です





ご紹介させていただいたkotobukiさんのブログはこちらから
shrimp cafe
http://shrimpcafe.blog101.fc2.com/










コメントできるようになったね

2016.06.03 (Fri)
やっとコメントが書けるようになりました
皆さんはどうでしたか?



P1016884ddd.jpg



Love In Tokyoの警告文表示と、コメント不具合と、Windows 10 に変えたタイミングと、自分の頭じゃ理解できないことが同時に立て続けに起きると少しばっかりプチパニックになりました。

先のリダイレクト警告の件は
『これはウェブサイトではなく、ご使用のパソコンの設定等によって起こります。クッキーの削除をお試しいただくことで改善される可能性がございますのでご確認ください。』

とのことでした。
パソコン側の問題みたいですね。
FC2のスタッフさん、ご指導ありがとうございました

▼クッキー・キャッシュの削除手順
http://help.fc2.com/requirements/SolutionCheckCk


でも、ちょっと気になるのが、『Love In Tokyo』で取り上げたインド映画のYoutubeのキャプチャ画像をgoogl検索で同じく開こうとするとやっぱり同じ警告文が出るのね。で、そのアドレスたどってくとgoogl+のある方のページに飛ぶの。別に変なサイトとかじゃないんだけど、自分のページにお気に入りの曲のURLを張り付けて紹介しているわけ。少彦名もgoogl+にブログのURL貼り付けて画像をみんなに見てもらってるんだけど、警告文がたまたまなのか掲載したほかの画像の挙動とシンクロしちゃってるの、疑心暗鬼とはこのことで不安になりだしたらまー止まらない。
そもそも、インターネットの初期の印象っていじめとか詐欺とかアンダーグラウンドなイメージを伴っている世代だからどんなに慣れてパソコン使いになってもこの辺はぬぐえないのかもね。




Sia Furler - Chandelier




シーア・ファーラー ( Sia Kate Isobelle Furler、1975年12月18日生まれ )
90年代から活動するオーストラリアのシンガー、ソングライター。当時、アシッドジャズなんかのクラブミュージックを買いあさっていたので彼女のことは何となく覚えています。紹介したビデオもそうですが彼女は顔を出さずに活動をするミュージシャン、ビデオに写っているのが彼女?と思いきや踊るは彼女の分身、ダンサーのマディー・ジーグラーちゃん / Madison Nicole Ziegle 当時11歳、ライブでも本人はマスクで顔を覆い、直立で歌うシーアの周りを同じ色のかつらをかぶった彼女が舞台上を所狭しと舞い踊ります。これだけでも何か胸に突き刺さる舞台装置、実際、彼女がここまで這い上がるまでにはアルコール、うつ病、自殺未遂、それは長い苦難の道があったようです。




Sia Furler - Alive



『秘密 THE TOP SECRET』の主題歌になりました。出演は空手家の高野万優ちゃん。日本版ミュージック・ビデオは土屋太鳳さんがダンサーを務めています。なんだかわからないけど涙が出るほどかっこいい



Sia Furler - Little Man




2001年、ジャズしてた頃の彼女、お酒飲みたくなります


Sia Furler- Elastic Heart feat






まだまだたくさんあるから探してね

人をここまで不安にさせるむき出しの痛々しさは何だろう
あなたの心のどこかささくれだったところに
引っかかって取れない忘れられない一曲になるでしょう












Test

2016.06.01 (Wed)
Love In Tokyo の一部の画像をグーグル検索でクリックすると


リダイレクトの警告
表示中のページから http://pygmysunfish.blog.fc2.com/blog-entry-157.html にリダイレクトしようとしています。
このページにリダイレクトしないようにする場合は、前のページに戻ってください。




なんて、おっかないメーセージが出てくるので
ちょっとテストです





P1017062ddd.jpg



このまま続いたらどうしよう
詳しい方、アドバイスお願いします



最近、変えろ変えろってあんまりうるさいので一か八か 7 から Windows 10 に変えました
無事に動いたときはちょっとうれしかったです
思ってた以上に使いやすくて今のところ問題もありません
皆さんはいかがですか?
だけどこればっかりはやってみないとわからないから
くれぐれもパソコンの更新は慎重に


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。