スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養護学校

2016.07.29 (Fri)
P4165738d.jpg



東京の自宅
すぐ近くに養護学校がありました。
毎日の駅までの道のり、他の地域からもたくさんの生徒たちが登校してきますから、朝、夕、毎日のように大勢の障害のある子供たちとすれ違います。
大声で話しながら連れ立って登校する子、途中で座り込んでしまってしばらく動かない子、恋人同士で仲睦まじく手をつないで歩いてゆく子、大きなカバンを背に一人とぼとぼと寂しそうに帰っていく子。急ぎ足で走り抜けてゆくサラリーマンとはまるっきり対照的な風景です。

そんな中、ひときわ目立つある男の子がいました。顔の感じからきっとダウン症の男の子、彼は周りの子よりも活発で、いつも何人かの友達を引き連れて、みんなの先頭に立って引っ張ってゆく、立ち止まって道草する子を叱ったり、しょんぼりしてる子を励ましたり、とにかく集団の中心でほかの子よりも目立つリーダー的存在でした。

 私の卒業した小学校は全国でもかなり早い時期に特別学級を設置した学校、地域的に福祉の行き届いたエリアだったようです。その当時、5、6年の上級生が当番制で彼らの教室を一緒に掃除したり、課外授業で引率のお手伝いをしたり、時には脱走した生徒をみんなで探し回ったり、子供の時から身近にみていたのでそんな彼らを特別に気にもかけず、私にはとても当たり前のいたって日常的な風景でした。

 新入学の春が過ぎて、セミの鳴きしぐれる夏になり、枯れ葉が舞い、雪が落ちる。駅からあふれ出す人々の流れに合わせるように季節は廻り、彼らと毎日顔を合わせる私はもうすっかりみんなの顔を覚えてしまいました。そんなある日、この子たちが入学して何年目かの夏、長い夏休みが終わって二学期が始まる新学期のある暑い朝、いつもと変わらない街の日常にちょっとした変化が現われたんです。

 二学期が始まったある朝、以前から気になっていたあの元気なダウン症の男の子に、いつものように登校してくる学生服のあの姿が何やら今朝は普段と違う。
通りの向こうからこちらにやってくる見慣れているであろうあの子の姿、しかし今朝はどうも様子がおかしいんです。そう、夏休み明けの新学期に毎年繰り返されてきた学生生活のあの現象、俗にいう中学生デビュー。
そこにいたのは、風にたなびくだぶだぶなズボンをはいて油でびしっと固めたそりこみよろしくトサカの突き出たリーゼント、ピカピカの靴の爪先は刺すようにとんがっていて、教科書一冊入らないぺったんこに潰れたカバンを片手に蟹股でこちらにやってくる、私の眼は釘付けになりました。今まで品行方正だったあの少年が、立派な不良ルックで登校してくるではありませんか。その年の夏がいかに暑かったとしても、夏休みのこの一か月半、いったい彼の身に何があったというのでしょうか?それからは以前にもまして彼から目をそらすことが出来なくなりました。



ダウン症
通常の人より染色体の数が一つ多い。普通の人よりも体が弱い傾向にあり、繊細で時に感情の起伏が大きくなる。一般的に知的障害を伴うと認識されているようだが主には会話能力や聴覚などの機能障害、日常のコミュニケーションをとることの困難さからしばしば自閉症になりその結果、二次的に知的障害を伴うようになるらしい。時にダウン症の子供の中にはとびぬけた才能を示すものもあり、パソコンやピアノ、絵画や習字など、機能障害からくるコミュニケーションの困難さを補完する『ツール/手段』を手に入れることで元来備わっている内的能力を開花させることがしばしばある。彼らは総じて私たちよりも平和的で優しい。もしかすると人間の新しい形、進化の過程にある存在かもしれません。



 今までみんなで連れ立って帰っていたのに、一人で肩を怒らせて帰ってゆく彼。時には学校で習った歌をみんなして歌いながら歩いていたのにその口は、今ではいつも一文字にきっと結ばれたまま。粗暴なふるまいをするほどではなかったけれど、入学当時から彼を見ている私にとってはとてもじゃないが気が気でなりません。それからというもの、その子の姿を今日も目にしては人知れず心配したり、変わらず登校していることにほっと胸をなでおろしたり。しばらくの間、そんな月日が過ぎてゆきました。

 その日から半年、寒い冬が明け、街に桜が花開く春爛漫の朝、私は彼のことをしばらく忘れていました。学校も長期のおやすみ、彼の姿を見ない日が続いていたので。
そんな晴れ渡った春のある日曜日、あたたかな日差しがさんさんと降り注ぐ休日、いつものように通いなれた道を歩いていると、かつてから見慣れていたあの姿が遠く私の目に飛び込んできました。私が歩いている広い歩道のそのさきのほうからこちらに向かってくるあの子の顔は以前見ていたような満面の笑顔をたたえています。隣には同じく笑顔のスーツ姿のお母さんが連れ添って、時折彼女の顔を見上げては嬉しそうに話しかけながら、大きく腕を振ってこちらに歩いてきます。彼の学生服のホックは首の一番上までピシッと絞められ、折り目の利いてすっきりした学生ズボンはもう風に膨らむことはありません。片手はお母さんの手をしっかり握りしめ、片方の手でその日もらった卒業証書をぎゅっと胸に抱えて、同じく笑顔のお母さんを見上げながら、あふれる喜びで間断なく話しかけている、二人の笑顔は今まで見たどんな笑顔よりも輝いていました。母親の手をぎゅっと握りしめたまま、まるで道の上を弾むようにして歩いてゆく彼の嬉しそうな後ろ姿、僕はしばし立ち止まり、二人が駅の中に消えてゆくまで、きっと私も満面の笑顔で、二人が並んで歩いてゆくのを眺めていました。





  
  相模原障害者施設殺傷事件を受けて




スポンサーサイト

Pokémon GO

2016.07.25 (Mon)
P1017982.jpg


京葉道路
片側三車線の中央分離帯の植え込みの中
母親を必死で呼ぶ子猫の鳴き声が聞こえる

側道に車を止めて信号を渡り
ヘッドライトが行きかう幹線道路の真ん中で
植え込みの切り取られてとがった枝の中に顔を突っ込んだ

ミルクと猫缶を乗せたお皿が二つ
隣にタオルが広げてある
同じく鳴き声を聞きつけてやってきた人がいるみたい

大型トラックがクラクションを鳴らしながら地面を揺らし
信号待ちの車の窓からは、まるで気違いを見るようにこちらをのぞき込む

騒音にかき消された小さな声は私の足元から逃げてゆく
日は落ちて、植え込みの中は真っ暗で、もうすでに何も見えません

国道14号線、錦糸町の近く、江東橋交差点の植え込みの中
みんな、携帯片手に血の通わないつまらないものを追いかけている場合じゃないよ




P1017992.jpg
ポケモン

キャバクラ

2016.07.13 (Wed)
P4075620.jpg




信州に引っ越す直前
浦安である女の子にあったのね
たまたま帰り道が一緒だったから話しながら帰ったの

「どこまで帰るの?」

「これから仕事なの」

「どんな仕事なの?」

「駅前のキャバクラ」


まずいこと聞いちゃったな・・・・





しかたなく同伴だよ、ま、東京最後の思い出ということで




P4075599.jpg



どこの帰りだったかというとモルモン教の無料英会話教室
え?信者かって?
いいえ。
引っ越しとかの直前で普段は暇だったので興味本位
行ってみるかって



P4065584.jpg




ある日、ぜひとも聞いてもらいたいお話があるって電話かかってきて
外人宣教師、三人に囲まれてモルモン教のあれやこれや聞かされたよ
古代アメリカにいた伝説のキリスト教預言者の話とかヘブライ語で書かれた金の板が土の中から出てきたとか。

要は勧誘ね
モルモンのお偉方のアルバムも見せられてね
で、それ見終わって気づいたこと言ったのさ

「黒人の宣教師の方はいないんですね」

モルモン教って、アメリカ大陸に白人がたどり着く前からその土地はキリスト教徒の、いわゆる『アメリカ人』に約束された神の土地だったってことを正当化するための宗教なの

でも、彼ら一人一人はいいやつだったよ、
『ディープパープル』なんてバンドは知らない、聞いたこともないって言ってたけど。



P4065594.jpg


で、そこで一緒になったキャバ嬢について行って浦安のネオン街へ。
東京最後の夜ってことだね
ソファーに腰かけて、お酒何にする?フリードリンクでいいよ。私ももらっていい?カラオケ謳おうよ。ね♪

いやに、カラオケ勧めるなぁ

「今月、カラオケ大会やってるの、点数が一番の人が優勝ね、賞金も出るのよ♪」

あ、最初に言っておくけどこれって賭博じゃないからね
賞金は全額お店が負担するものだから
それから、浦安って千葉だったね。




P4075642.jpg



で、歌ったわさ
俺歌上手いよ、それでもいいの?
で、ワンコーラス歌い終わって間奏の時に振り返ったら彼女両手で頭抱えてる
あれだけ勧めていたのにどうしたの?勘がいい人はもうわかったよね

要は彼女が今夜までのトップ、暫定チャンピオンだったってわけ。

で、俺の点数、なんてんだったかって?
そりゃもうダントツの“98点”だわさ。





P4075656.jpg


結局、優勝者はこの私
僕を誘ったばかりに彼女は賞金を逃しちゃった

で、その時歌ったのが『上を向いて歩こう』




永六輔さんが亡くなりました。
理屈っぽい人でなんか煙たい人だなと思ってたけど、
いろいろ考えたらきっと日本のジョン・ライドンみたいな人だった。





上を向いて歩こう



ザ、ピーナッツのお一人もいってしまったね
一緒に連れてっちゃったのかな
日本で最高の女性歌手、女性デュオと言ったらザ、ピーナッツで決まり。この件についての異論は一切受け付けません。


ザ・ピーナッツ 恋のフーガ


恋のバカンス














おうまがどき

2016.07.08 (Fri)
P1017302 (2)




今日は機械がうまく動かなかったりで思うようにはかどりませんから日差しは限りなく強烈でへこたれた私は仕事も途中で切り上げて。




P1017315 (2)




カメラ片手に何をとるあてもなく
特に期待もしないでほっつき歩くのは久しぶりです

村の大根で使う道具が入った大きなコンテナ
カメラ持って出るといつもと違って見えるから面白い






P1017331 (2)






毎日思うのだけれど、なんで私はこんな山奥で暮らしているんだろうと
ふと、部屋でテレビを見ていると車の音が聞こえてきたりしたら
あ、暴走族かな
なんて、マンションの5階にいる記憶が普通によみがえって








P1017393 (2)





子供の時から自然の中で暮らすのが夢だったけれど
こうやって山の中に居を構えてみると
自分が生きてるのか死んでいるのか
其れすらわからないほどふわふわしたようで

とにかく、風とか、日差しとか、肌触りとか
あふれかえる情報を処理できない赤子のようです









P1017334.jpg




黄昏時
一日の中で一番好きな時間

缶けりをしながら、隠れるほうも、探すほうも、だんだんと不安になってくる時間
野球をしながら投げるボールが見えなくなってくる時間
遊びに夢中になって、なぜかむやみに盛り上がる時間
誰が「もう、帰ろうよ」と言い出すのかとドキドキする時間








P1017342 (2)





民族学者の柳田国男は黄昏時を「誰そ彼とき」と読んだ。日が暮れてあたりが朦朧と溶け出してゆく中、暗闇をあちらからやってくるすれ違う君は
「だれそかれ・・・・」









P1017344 (2)






たそがれどき
日没まじかのこの時間を昔の人は「逢魔が時」と呼んだ










P1017359 (2)






その昔、身の回りには当たり前のように得体のしれないもの、魑魅魍魎、妖怪変化が普通に闊歩していた
今、こうして最新式のデジタルカメラを携え、佇んでいる私の周りにも
茂みの暗がりに身を潜めてこちらをじっとうかがっている彼らの息遣いが夕闇とともに忍び寄ってくる











P1017375 (3)






「こんばんわ」
隣村の牧場主が声をかけてきた
見ればずいぶんな泥だらけ。まるで肥溜めに落ちたよう
牛が逃げ出して追いかけている最中だとか
あと二頭。宵闇と追いかけっこ










P1017372 (2)






おうまがどき
この時間が一日のうちで一番好きだ
遊びの終わりに一日で一番盛り上がる時間
その日の仕事からやっと解放される時間
走り疲れた足を休め、しばし空を見上げる時間










P1017400 (2)



誰かが最初に
「もう、帰ろうか」
と、言い出す時間








P1017379 (2)





もう少しもう少し
もうすこしすれば
会えるかもしれないよ、会えるかもしれないよ。








Cheryl Grice-Watterson - Misty








ひぐらし ためしなき

2016.07.01 (Fri)
P1017188.jpg




ひぐらしが鳴き始めました

夏が始まります







P1017192.jpg



田圃の水をのぞいてみるとたくさんの小さな生き物たちが右往左往泳いでいます
ミジンコ、カゲロウ、みずすまし、ドジョウ、ゲンゴロウ、オタマジャクシに水カマキリ
農薬は極力使わないのでみんな元気に泳ぎ回っています







P1017179.jpg



青田も順調なようです
10年近く使っていなかった場所なので稗がすごいかなと思っていたのですが水の調整がうまくいっているのか今のところ炎天下の草かきで苦労することはなさそうです。何せ今までの四倍、三反歩以上の田んぼを一人で管理するのですから雑草は文字通り私にとって『命取り』になる可能性があります

膝まで泥に埋まって這いずり回る
夏場の稗取りは其れほどに辛いもの
今年こそはあらゆる生命が氾濫するこの夏を全身で受け止めてこの体に焼き付けてやろうと思うのですが
気づけば、冷たい畳の上で死んだようになっています






P1017168.jpg



田圃でボーとしていて気付いたのですが、片方の田んぼ、水が赤いんですね。まるでバスクリンのお湯みたい。長い間、やっていなかったせいで枯れた草が幾重にも堆積してたい肥になった色がにじみだしているのかと
アクアリストが聞いたらよだれを垂らして喜ぶ光景
あのアマゾン川のブラックウォーターのようです

この田んぼ、きっとおいしいお米がとれるはずです




ということで、今夜は、常世の国、少彦名農園のご紹介





P1017194.jpg


まずは、モロッコインゲン
こちらに引っ越した当初、村の衆が口々に『モロッコ』を連呼するのを聞いて恐れおののいておりました
信州で『モロッコ』といえばインゲンのこと、大振りで食べごたえのある優良品種、私の主力商品です
ただ、なりだすとすごい勢いで豆ができてくるので毎日炎天下の重労働、体の休まる暇がありません









P1017195 (2)


スイカ、自分用ですね
お客さんが来た時に出せるものがないと困りますから





P1017196.jpg


かぼちゃ
肌の白くて、なんて品種だったかな
ここのかぼちゃは周辺でも特に評判がいいです。右にならえで皆さんとおんなじのやってます

一つウン百円だから、えーと全部で何十個・・・ガンバロ






P1017199.jpg



自家用
ピーマンだとかキュウリだとかゴーヤだとか
独り暮らしだから一、二本づつあれば十分






P1017207.jpg



これはナスね
白いのも作ったよ
やっぱり一本ずつ
ナスの木ってなんだか不思議な色をしてて好きです






P1017200.jpg



大豆
青い時に採ればエダマメですね
村の長老から今年は味噌を作れとの指令を受けまして百本ほど作ってみました
さてさてどうなることやら






P1017211.jpg



こちらは枝豆用、茶豆と黒豆の二種類。
計、二百本近くになるんだけど全部一人で食べるの?
出来てから考えます






P1017201.jpg


トウモロコシ、大好きなんですよ
でも、手が回らなくてちょっと出来が遅いかな、平地のほうだともう花が咲いてますもんね
今はいいけど実が付きだしたら獣除けやカラスよけ作らなきゃならないし・・・自分で書いていてだんだん恐ろしくなってきました
因みにポップコーン用もあります






P1017203.jpg


空芯菜
エスニックの定番ね
初めて作るんだけど売れるのかな?
きっと毎晩、油いためのアジアン料理






P1017215.jpg


ベトナム産の唐辛子
一時は芽が出なくてひやひやしました
唐辛子の種はかなりの高温でないと芽が出ません
来年は苗起こしにちょっと手間をかけたいです
すごく辛いけど深みがあってエスニックのレストランではとても評判がよかった本格派
日本で作ってるの、たぶん私だけですよ






P1017236.jpg



三本柱の一つ
この土地にあっているのか、他ではまねできないとっても甘いミニトマト
出荷している小学校では取り合いで喧嘩になるそうです
糖度10、でもただ甘いだけじゃない、しっかりしたトマトの味が凝縮した逸品
東京の某百貨店にも出荷してます







P1017243.jpg



そばの花
上野の特産品、上野大根諏訪湖姫の緑肥にします
いいもの作ろうと思うといろいろ手間がかかりますがその辺がまた楽しみでもあります







P1017250.jpg



荏胡麻の苗
去年出来た種を再度蒔いてみました
手が空いたらこれを一つ一つ定植していかないといけないのですが
どこかで荏胡麻味噌って瓶詰めで売ってたな
こっそりパクってみるか






P1017257.jpg


最後はジャガイモ
この青い花はピルカという品種です
東京のインドレストラン『シリバラジ』のカレーになります






P1017269.jpg


こちらの白い花は『とうや』
味が濃いので主にサモサになります
ジャガイモのメッカ、北海道の農家の人が、ここのジャガイモはもしかしたら北海道よりおいしいかも、と言って帰ったとか
上野は標高の高い寒冷地、収穫時期はあっという間の限られた期間ですが採れた野菜は地元の人が食べてもうまいと褒める一級品
規模は小さくても寒暖差と有機農法が生んだ自慢の野菜たちです






P1017298 (2)





さてと、今日もおしまい
明日も暑くなりそうです







影をうつ 鍬のねはやしひぐらしの 

いつともなしや ためしなきかな
 

                  少彦名








back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。