スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイヤッパへの道 vol.2

2017.06.30 (Fri)
第二話  Hotel Hilarity Inn

P1018636.jpg


ホテル ヒラリティ・イン
友人がオーナーの三ツ星ホテル
丸一日かけてのインドへの道のりを経てやっとホテルに到着した私は疲れ切った体にビール一杯注ぎ込んですぐにベットの中に。七時間の時差なんて何のその、自腹じゃっ決して泊まらない見ての通りの素晴らしい部屋でしっかり熟睡できました。




P1018761.jpg



準備もそこそこ、慌ただしく日本を飛び出してきたこともあり、なんだかインドにいるのが夢の中の出来事のようです。これから一か月、怒涛の海外生活が始まるのですが、まづは到着第一日目。今回宿泊させてもらったホテル周辺のご紹介から。色々お世話になったので少しは彼のビジネスのお手伝いしませんとね
ロビーの歌舞伎の絵を見てもわかるとおり彼は大の親日家、日本で成功したインド人の一人です。今の自分があるのは日本のおかげだと常日頃口にしております。




ヒラリティ イン

Hilarity Inn
No.89, Vandalur - Walajabad Road, Vanjuvancherry, Padapai, Tamil Nadu 601301




P1018798.jpg


朝食はビュッフェ方式、マンゴー、パパイヤ取り放題です。
ホテルの中にはレストランが二つ、一階正面にベジタブル・インディアン、二階がお肉も食べられるノンベジです。カウンター・バーもあって、どの施設も宿泊客以外で利用できます。メニュー見たら結構いい値段してたけれどランチの時間は席もいっぱいでかなり混んでます。



P1018653.jpg



でも、周りは何にもないんですよね。
宿泊客は主に近くの工場、会社に来た外国からの海外出張のお客さん。日本のビジネスマンも大勢利用します。観光主体のホテルとは違って年末のこの時期はシーズンオフということで宿泊客もまばら、私たちの他はフランスの若いエンジニアが二人、年越しをはさんで一か月の長逗留をしているだけでした。そうそう、彼ら、『Renault Nissan Factory』日産の工場で働くロボットのエンジニアって言ってました。
もしインドに来て観光シーズンの混雑時にホテルが取れなかったときなんかはこういうホテルを利用するのもいいかもしれません。





P1018638.jpg



ホテルの裏に回ってみると何やら工事中です。
半分出来てて半分作っててというのはインドではよくあること、駐車場の整備かな?この程度なら全く気になりません。




P1018640.jpg


こちらは夫婦で土間のコンクリート工事、機械があればもそっと楽にできるのでしょうが。ここでは全くの手作業、トロ船すらありません。日本じゃ雪が降っているというのに今日は夏の炎天下のよう。頑張ってください。





P1018649.jpg



毎日の警備ご苦労様です。警備の方からこの辺のことをいろいろと情報収集、以前はこのあたりは見渡す限りうっそうとしたジャングル、ハイウエーができてここ10年間、風景も随分変わったそうです。
ホテルの一階にあるベジタブルレストラン、看板の文字が欠けているのは決して予算不足というわけではありません。2015年の100年に一度といわれる大水害の時に壊れたそうです。ここに来る途中にも街路樹の巨大な大木が軒並みなぎ倒されたままだったり、大きな空き地にがれきの山がうずたかく積んであったり。東北の大震災を連想させるような光景がまだ残されていました。台風に慣れているインドの人も今回の大風は身も凍る体験だったと言っていました。

彼のレストランはチェンナイ市内にもあります。ベジタブル専門店。中華風の料理もあるのでカレーにつかれたときは行ってみるといいかも、特にネパールの若いシェフが出勤しているときに料理してもらったインディアン・チャイニーズは絶品です。ちなみに隣はやっぱり友人がオーナーのアイスクリーム屋さん。

Nivedhanam Veg International

234,, Venkatachalam St, Mylapore, Chennai, Tamil Nadu 600004



P1018755.jpg




ハイウエーをはさんでホテルの向かいにあった看板
この辺は日本企業も多数進出していて日本のお客さんもたびたび訪れているのでしょう。きっとこの看板、そんな常連さんが作ってくれたんでしょうね




                       
P1018765.jpg



ただいま一階に大きなバーを建設中、水槽やイルミネーションをふんだんに使った豪華なものです。
オープンは二日後の31日。果たして大みそかのニューイヤーズパーティまでに間に合うでしょうか







P1018892.jpg


この辺はまだいいけど市街地は埃や排気ガスですさまじく空気が悪いです。なんだかさっきからのどが痛いんですよね









Poovoma Oorgolam   போவோமா ஊர்கோலம்




1991年、映画『Chinna Thambi』の挿入歌、ブログ始めたころに一度紹介しました。タミルの曲で一番好きな曲です。






スポンサーサイト

アイヤッパへの道 vol.1

2017.06.28 (Wed)
第一話 アライバルビザ
ーこれからインドに入国される方への覚書ー


P1018616.jpg



2016年12月28日、インドに行くことになった。
正式に決まったのが二週間前、パスポートは期限切れで慌てて役所に飛び込んだ。当然ビザなど取る暇もなく、切り札のビザなし入国に頼るしかない。三年前にアライバルビザでインドに入国した経験があるので今回も現地での入国手続きになりそうだ。
担当したインド人の旅行代理店によると当時の到着時ビザ申請は一度停止されたそうだ。2016年の3月に復活しているので大丈夫ですよ、安心していってきてください。ということだった。
インドとの付き合い、いつものことだが慌ただしい。






P1018594.jpg



羽田についてまづはチェックイン、これがみその付きはじめだったのかも。今話題のオーバーブッキング。航空会社の度重なるトラブルがテレビで報道される以前の事なので流行の最先端というところでしょうが、次発の便に強制変更、空港で余計に待つ羽目になった。でもよくよく考えてみると香港で6時間のトランジットがあるので乗り換えが少しタイトにはなりますが渡航には特に問題は無し。多分、そんな事情でキャンセルのお鉢が私に回ってきたのだと思います。その上、半額の7万円が払い戻しとして手元に戻ってきたわけでかえってラッキーだったのかも。ただ戻ってきたドル札は友人が出してくれたお金だから返さなくてはいけないけれど。






P1018597.jpg




美しい富士山も、美味しい日本食もしばしのお別れ。
おかげで、空港内をゆっくり堪能することとなりました。
まずは持ち金をドルに変えないといけないです。リュックサック片手に両替所に向かいます。私は旅行するときはボストンバックなどは絶対使いません。キャリーバックなどは問題外。貧乏旅行者、バックパッカーたる誇り、両手が使えないではせっかくの旅行の醍醐味が半減してしまいます。
ポケットの封筒を出して窓口に渡します。係員が封筒から取り出したお札の束、めったに目にかかることのない大金、しかしそれは他人から渡されたインドに持ってゆくもの、自分のお金ではありません。

「60万円でいいですね」

隣の窓口の男性がびっくりしてこちらを見ている。ん、どこかで見覚えのある顔立ち。
なんと、そこにいたのはあの有名な『勇者ヨシヒコ』 サングラスをかけた俳優の山田孝之さんではありませんか。これからお正月をハワイでということなのでしょうか、何となくトロピカルな香りがいたします。背がすごく高いわけでもとびぬけておしゃれということでもないですが、やはりテレビで見る通りその立ち居振る舞いは自然で尚且つかっこいい。
なんて声かけようかなぁ、握手してもらおうかなぁ、なんて考えていたら換金されたドルの札束がどんと返ってきました。目の前の大金、ドル札が入った封筒に舞い上がった私はそのお金を片手に彼のわきをそそくさと素通り、サインも握手も、すっかり飛んで忘れてしまいました。






121027-0046390859.jpg

かっこいいのが悔しいので写真はこちらで







ところで、インドのアライバルビザには、空港で2000ルピーか相当額の外貨が手数料として必要。この素晴らしい制度、これはその後入国時にわかったことですが、世界広しといえども私たち日本人のみが受けられる恩恵なのだそうです。思い立ったが吉日、成田に寄ったついでにインドでも行ってみるか、てなことも可能なわけですね。
ビザを持たずにバックひとつでインド旅行、どれだけインドという国が日本を信頼しているのか、どれだけインド人が日本人を愛していてくれているのか。この信頼を勝ち取った先達 先輩の皆さんに感謝するほかありません。本当にありがとうございます。


ちなみにですが両親のどちらかがパキスタン出身だとアライバルビザ対象外だそうです。芸能人つながりでいうとローラは事前にビザを取得しなければ入国できないことになります。

Embassy of india 日本人向け到着時ビザプログラム









P1018598.jpg



香港です。
どこかで見たようなお店です。中国人は何かと反日言いますけど結構ツンデレかもしれません。




P1018600.jpg



日本の品質がグローバルスタンダードになりつつあります。まねっこも時によってはいいことかもしれません。




P1018601.jpg



香港空港に到着、もう時間がありません。とにかく急いで乗り継ぎカウンターを目指します。手に入れたインド行きのチケットを引っ掴んでいざ搭乗口へ、しかしこれが広いのなんの、その上、乗継便の到着口が目まぐるしく変わります。チケットカウンタの女性が言っていた場所に行けば掲示板に他の便の番号、さればと思い航空チケットに記載されている搭乗ロビーに走って行けばその先は人っ子一人いないガラッンとしたフロアー、どこに変更かと職員に聞けば聞いた先が何もない行き止まりだったり、結局、汗びっしょり掻いて分かったのは搭乗の飛行機はかなり遅れていて到着時間も到着口も未定とのこと。慌てて右往左往していた自分が全く恥ずかしいです。気を取り直し、それではと今度は現地で出迎えるはずの友人に到着が遅れることを何とか知らせる段取りを。さては電話は何処に、そしてここでも少彦名は大慌て。公衆電話は至る所にあるくせに肝心のプリペードカードを売っている場所がわからない。早くすべて済ませて安心したいのにここでも優に30分以上、あたふたとした時間につまらないやり取りを強いられ全くもって疲れ果ててしまいました。旅慣れているはずの私ですがやはり初めての国は用心が必要です。飛行機の遅れはさらに二時間、結局ここでもいろんな意味で空港を堪能することになってしまいました。




P1018602.jpg

日本の飲食店もちらほら。
調べてみたら熊本の味千ラーメンの創業者って台湾の人だったんですね。また食べたいな。




チェンナイへの飛行機の中、今回見たのは
『イーグル・ジャンプ / Eddie the Eagle 』
というイギリス映画。
イギリス史上初のスキージャンプ・オリンピック代表選手、マイケル・エドワーズ / Michael Edwards の実話。一介の左官職人が憧れのオリンピックに出場するために孤軍奮闘する青春物語です。小さいころからオリンピックにあこがれていた彼が選んだのはイギリスでは知名度、人気ともにゼロ、これならだれでも出場できるとスキージャンプの世界に飛び込みます。運動音痴で見栄えも悪いちょっと変わった青年、エドワーズは、周囲のみんなに馬鹿にされながら、体面を重んじるオリンピック委員会に妨害されても、何度も何度も失敗しジャンプ台から転げ落ち大けがをしても、わしのように空に羽ばたくことを夢に見ながら、諦めることなくまっすぐに飛んでゆく。遥かインド洋の大空で、独り、映画を見ながら涙してしまいました。夢は叶えるためにある。いい映画ですよ!とても元気が出ます。




Michael Edwards
Fly Eddie Fly / Mun nimeni on Eetu




マイケル・エドワーズ選手が歌います
カルガリーオリンピックにちなんでフィンランド語バージョン

(マッチ・ニッカネン/Matti Ensio Nykänenが団体個人で4つの金をとっています)





さて、出発から丸一日、やっとのことでチェンナイ空港に着きました。深夜のチェンナイ国際空港、羽田や香港の空港と違って何となくがらんとしています。
いよいよ、アライバルビザの発給。もうすでに予定より二時間遅れ、待たせている友人を気遣う気持ちもあってイミグレーションには急ぎ脚。他の外国人ツーリストのあとについてアライバルビザと思しき窓口へ。皆さん、おんなじビザなし渡航なんですよね。

「あれ、君、証明書持ってないの?」

何それ、そんなもの持っていやしません。周りの乗客が一斉に私を振り返ります。皆さん、他の乗客、空港職員でさえも顔は微笑みをたたえながら一応に怪訝な顔。そこへ私の友人から連絡を受けた空港職員が数名、お世話になってますと私のところにあいさつに来ました。ああ、これで助かった。今の状況を話すと「さ、さ、こちらへ」ということで『おお、これがVIP対応ってやつか』とちょっと誇らしい少彦名。さて、これで一件落着と思ていたところあっちにうろうろ、こっちにうろうろ、空港内をぞろぞろとしばし彷徨うことに。色々とたらいまわしにされた挙句、結局空港事務室へ連れていかれることになりました。部屋には何かしら問題があったのか、入国できないでいる若い旅人が別々に二人、白人の一人は女性、一人はひげを蓄えた男性が先客として椅子に座って不安そうにしています。迎えに来ているインドの友人はタミルナードではちょっとした有力者、ま、何とかなるさとたかをくくってはいますがこうなってくると内心ちょっと不安です。そうこうしていると初老の白いクルタを着た職員が部屋に入って来て自分の目の前で『はい、パスポート』『ここにサインして』『日本はいい国だねぇ』いろいろと事務手続きを始めました。結局その時わかったのですが、ビザなしアライバルビザの入国は日本人のみが受けられる特権だということ、そのうえに、ほとんどの空港職員に周知徹底されておらず、こういったケース自体が初めてだったのか日本人に対するアライバルビザの取り扱いを多くの職員は全く知らなかったようなのです。私の一件以降、チェンナイ国際空港でもアライバルビザの存在がある程度知られることとなったようですから同じような不手際はないとは思いますけれど、皆さんもビザなしで入国される際はどうか気を付けてください。
さて、かれこれ一時間、すったもんだでやっとのことで手続きが終わり手数料の支払いへ、あれ、ドルでもいいんじゃないの?ルピーで払ってということで空港の両替所へ。まだ入国審査が済んでいないのにイミグレーションの外へ連れていかれ両替します。こんな深夜に両替所わざわざ開けてくれたのかな?日本人でよかたなぁと思いつつ両替してもらうと今度はビザ登録用のコンピューターがダウン。深夜ということもあって担当のシステムエンジニアを長時間待つことになりました。
結局空港を出て友人たちに会えたのが予定を大幅に過ぎた午前四時、申し訳なさそうに握手を交わす友達、深夜でなかったら空港のお偉いに電話して対応できたんだけどねって謝っています。彼の他に取り巻きや映画でお世話になったスタッフ達ともここで再開、ただの農家の日本人に総勢20人のお出迎えです。本当にお疲れさまでした。



P1018632.jpg
一緒に日本で映画を撮った助監督のヘムラージ氏撮影
本邦初公開の少彦名でございます。




チェンナイ郊外、招待してくれた友人が所有する三ツ星ホテル。ここがしばらく私たちの根城になります。

「あ、そうだ、キャンセル便で航空チケットの払い戻しがあったよ」

これからの旅行で必要だからそれは持っていてください。
いよいよ南インドの旅が始まります。








PARVATI KHAN - Jimmy Jimmy Aaja
“Disco Dancer”Movie song






♪『来て!来て!ジミー!!』
インドは君の来るのを待っている!!








Bar Bollywood【中古】




不思議な体験・豊住公園

2017.06.25 (Sun)
P1012584a.jpg
ボリジ 花を白ワインに浮かべるとピンク色に変わります


(追記26/6/2017:追記を先頭に持ってくるのはおかしいですが、今母親に電話で確かめてみたところ、ここに書いた事は確かにあったとのことでした。ただ、どういった事件だったのかはよくわからないそうです。)

今日は予報通り未明から雨、畑には出られないので朝寝坊して居りゃいいものを5時にはもう起きだして「今日は片付けでもすっか」とぼんやり考えていたら、グラグラグラ、大きい地震がありました。
下からどどどっと突き上げるような揺れと同時に携帯のアラートが鳴って築80年のぼろ屋に住む少彦名はちょっとプチパニック。この辺は湖の周りと違って地盤がしっかりしているので揺れはそれほどでも無かったですが、日ごろほとんど地震のない場所に住んでしまうとこういう時は慌ててしまいます。
揺れが収まって、「アラートが鳴るくらいだから・・・」と思い、もしやどこかで大きな被害がとテレビをつけたら、規模も小さく震源は岐阜との県境とのこと。浅いところの地震で少し揺れましたが大地震ではない様子。やっぱり地震といえば東京が心配ですからひとまず安心です。
岐阜といえば、御岳山が噴火する一、二週間前も変な地震が立て続けにあって、地面の下から大きなハンマーで一発、ゴンとぶったたかれるような全く不気味な衝撃が何回かありました。こりゃ近々何かあるなと感じていたところ案の定、お山から離れたこの場所でさえおかしいなと思っていたくらいですから御岳の地元の人は気が付いていたと思います。当時は行楽日和の掻き入れ時、実行されなかった警告と入山規制。その辺の事情は想像するしかありませんが。
日曜日の朝のテレビ番組、そんなことをうつらうつらと考えながらぼんやり画面を眺めていると、ゲリラ豪雨に対する対策プロジェクト、東京の巨大下水道建設工事の話がやっていました。場所は江東区、豊住公園の地下、私が生まれた家のすぐ近くです。



P1012591.jpg
ムスクマロウ お茶やサラダに使います



物心がついたころ、朝から晩まで遊んだ場所、母親が起きると私の姿は寝床にはすでになく、ご飯も食べずに草むらの中を探検していました。公園は大きな台地のようになっていてその地下には水道の施設が埋まっています。街の公園としては特別大きいほうで、遊びに来る人も少なく当時はちょっとした遊具があるばかりでただただ広い寂しい場所でした。
「そういえば、あんなことがあったなあ」
外の雨を眺めながらぼんやりと思い出したことがあります。





P1012601.jpg
ケンブリッジ・スカーレット・ベルガモット
名前は柑橘系のベルガモットに香りが似ているため




ある夏の朝、季節はもしかすると今ぐらいだったかもしれません。いつものように寝ている母親を起こさぬように家を抜け出して公園に向かいました。多分まだ保育園にも行っていない時分だと思います。運河にかかる太鼓橋を渡って二、三十段はある台地の階段を上ってゆくと、そこはあたり一面牛乳を流したような真っ白な朝靄のなか。霧の奥には咲いたばかりのアジサイの青い色がぼやけて滲んでいます。公園につくとまず真っ先に行くのは赤やブルーのマーブルカラーの丸い椅子が点在する広場、靄の中、滲んで見えるアジサイの絵の具の中に今日は珍しく十数人の大人の人影があちらへこちらへ動いています。何だろうと思いながら近づいた広場のコンクリートのタイルの上には、ぱっと散らしたような鮮やかな赤い点々がぽつりぽつりと広がっていて、歩を進め、一歩一歩歩くたびに何かガラスのようなものが「チリッ、チリッ」っと靴の下で砕けるのを感じます。男たちは皆スーツを着て子供の私なんかには構うこともなく、手にはカメラをもってアジサイの中を灰色の影は、うようよとあちらにこちらに動き回っている。私は、男たちの折り目のついたスーツの脚とピカピカに光った靴の合間を縫うように歩きコンクリートの上にちりばめられた赤い点々を夢中で追っかけていました。
アジサイの通路を右に左に折れながら、赤い血のようなものを追っかけていると、アジサイの咲いている植込みの、ふと開けた黒土の場所に大きな穴がぽっかり、子供一人寝そべることができる程のくぼみが黒い土をえぐってできていました。公園を濃い朝靄が満たす中、あたりはひんやりと夏の草の香りが漂っていて、こんなに大勢の人がいるというのに、あたりは不思議なくらいに静かでした。
幼い私がその場所で彼らの話を聞いて理解したのか、そのあとだれか、近所の大人から話を聞いたのかわかりませんが。若い男女、二人の無理心中、爆弾を抱えて自殺したということでした。

あ、今も地震だ。



(追記:記憶をたどってみると女性、赤ちゃん、人形、というキーワードが記憶の中から浮かんできます。先ほど心中と書きましたがそれではない気がします)

P1012603.jpg
Wild Blue Yonder / ワイルド・ブルー・ヨンダー 『彼方に広がる荒々しい青い空』



母親にこのことを聞いても覚えていないといいます。いくら探しても事件の記事は出てきません。でも決して夢ではないのです。穴だってしばらく残っていました。慌ててすぐに帰って今見てきたことを話した記憶がしっかり残っています。

今日からしばらく雨の日が続くようです。玄関のアジサイもここ二、三日で綺麗な花を咲かせることでしょう。




P1012613.jpg

豊住公園 : 〒135-0016 東京都江東区東陽6−1 電話: 03-3647-9111





Iron and Wine - Naked as We Came




Iron and Wine - Sunset Soon Forgotten





Iron and Wine
アイアン・アンド・ワイン、シンガーソングライター、本名はサミュエル・ビーム
アルバムごとにバンド形式のロックっぽくなって売り上げも伸ばしてるけど僕はこのころの弾き語りのほうが好き







加計学園

2017.06.23 (Fri)
P1012398s.jpg



少彦名はインドで政治活動なんかもしましたよ。
目の前で国が動いた瞬間、僕の行動がそのきっかけの小さな一つになりました
『政治と宗教の話はするな』ってよく言われるけど、
これから書こうとしてるインドの話はそこんとこ抜きじゃ話せない部分もありますから
で、帰ってきた日本じゃ、相変わらずつまらないこと騒いでるね
もっと大事なことが山ほどあるっていうのに。ま、それだけ日本の政治がインドなんかに比べたらうまく行ってるってことなんだろうけども
で、その詰まんないことの一つとして

加計学園の問題ってどこが悪いんだろう?

現場を良く知る人と意見を交換して、
交流を深めて気が合えばお友達になる。彼らとの交流を通じて互いに影響しあい一人じゃ気づかなかった問題点があらわになる。
志を共にする仲間とビール片手に夢を語る、今まで懇意にしていた人だし国を変える大きなプロジェクトがあれば気心の知れた信頼のおける人間に任せるのは当然でしょ。
日夜サラリーマンが汗水流して頑張ってる間、のほほんと遊んでいる役人のせいでせっかくの大事な仕事が進まないから
「出会い系バーなんか行ってないでちゃんと働け!このぼんくら!!」
と怒鳴ったら逆切れされたって話でした。
籠池みたいな偽物ビジネス右翼は政治家の周りには蠅のようにごまんといるから振り払うのも一苦労だろうね

そんなことより小林麻央さん、亡くなられてしまいました。
頑張っているみんなのためにも元気で帰ってきてほしかった。







Fauré - Requiem, Op. 48 - Pie Jesu



あっさりしていてフォーレのレクイエムの中では好きな一枚です




美術館

2017.06.20 (Tue)
P1012438.jpg


前回の流れで、このまま『インド紀行』の記事に突入しようかと思ってたのですが彗星絵具箱さんのブログでシュールレアリズムの話があったので「そういえばシュールな写真、最近撮ったな」と思い出して予定変更して書いてみようかなと。
薄荷グリーンさんは私の好きな写真家さんで、写真も好きなのですが書き添えられたその文章もまた読んで楽しい。流れるように書き連ねられた言葉は私の探り探り、時によどみながら書いているそれなど足下にも及ばず、まるで流暢という様子をそのまま書き起こしたようで、あんな文章書けたらいいなといつも感心してしまう。今でこそ達者なおしゃべりの部類に入る私ですが、聞くところによると幼いときは多少の吃音があったとのこと。そういえば子供のころは絞り出すようにしゃべっていたような記憶がうっすらと残っています。
ところで、そのシュールな写真なんですが、確かに写したはずなのにどこをどう探しても見当たりません。



P1012414.jpg



で、どんな写真かというと、山梨の長坂にある『アフリカン アート ミュージアム』というところで撮った写真なんですけど、その建物の入り口に大きな3メートルはあろうかという鳥の巨大な木像がどんと控えてございまして、その真っ黒なシルエットがシュルレアリズムの画家、マックス・エルンストの描く『怪鳥ロプロプ』を連想させる素晴らしいものだったんですね。写真自体がシュールってわけではなかったんですが、皆さんに見てもらおうと思って写したあるはずの写真がどうあっても見つからない。
これってある意味、シュールな展開なのでしょうけれど。





P1012413.jpg



みたびの登場
仕方ないですね、写真撮れってうるさいものだから、貴重な二枚を使ってしまった。
この美術館、写真二枚までなら自由に撮影できるんです。

入場料は700円、こじんまりしててたまたま通りすがりに見つけて。時間つぶしにはいいかな程度で入ったんですけど、これがなかなかどうして、舞踏や儀式に使った木製のマスクを中心にアフリカの西海岸の美術品を展示してあるのですがその造形のユニークで自由なこと、その辺の西洋美術館など軽く凌駕する迫力です。私はアフリカの芸術に触れるのは全くの初めて。きっとアフリカの芸術を初めて目にした先人の芸術家達も、ピカソだったりエルンストだったり、当時のシュールレアリストだったり、彼らがその造形に魅了され大きな影響を受けた理由を身をもって理解することができました。
エルンストさん? きっとあなたは、アフリカの怪鳥の像、見たことあるんじゃないですか?かれの作った彫刻はここにあるものにまるでそっくりです。




P1012454.jpg



で、なんで山梨の北杜市でアジェイと一緒かというと彼はついこの前まで長坂の『長坂自動車教習所』で免許合宿してたんですね。本当は諏訪の教習所が近くてよかったのですが「外国人は受け付けてません」なんてケチなことを言うからこちらで見つけて入学させたわけ。仮免の学科も英語の問題用紙を用意してくれたから何とか卒業できました。でも、その間二回も落ちたもんだからそのたびに教えろだの助けてだの泣きが入って、行ってみれば温泉つれてけ、観光がしたい、肝心の試験どーすんだよって怒ってもどこ吹く風、ま、何とかなったので良しとしますがね。



P1012470.jpg




男根と女陰石。これ、長野の富士見町、信州だとこういうオブジェ?がよくあるです。古からの信仰の対象、芸術作品ですね。
実は私は芸大受験を目指してました。長く油絵を描いていたのですがデッサンで利き手を伸ばしてカンバスに臨むでしょう?長時間右手を挙げていると反対の左肩が痛くなるんです。結果、腱鞘炎みたいになって手が上がらなくなって、そんなんで気力も続かず断念してしまいました。
学生当時、美術館は行きまくりましたね。大きな展覧会は欠かさずに。休みの日は毎週銀座の画廊巡り。刺激的だったな。シュルレアリズムの画家が来れば必ず見に行きました。ダダイズム、シュルレアリズム、ぞくぞくしましたね。自分にとっては芸術に目覚める登竜門みたいなものだったです。





P1012459.jpg



縄文式の竪穴住居
諏訪郡富士見町の『井戸尻遺跡 遺跡公園』にあります。敷地内には井戸尻考古館富士見町歴史民俗資料館があって通券で大人300円、この手の資料館って入ってみると大概がっかりする内容だったりするのですが、こちらの二館は今まで訪れた小規模資料館の中では断トツ、あまりの楽しさに写真を撮るのを忘れてしまいました。敷地内には縄文時代の作物を栽培してる畑なんかあったりして秋には収穫祭で雑穀がゆもふるまわれるそうです。近くに寄ったら是非一度行ってみてください。






P1012465.jpg



ところでシュルレアリズムとは作品を作り上げるうえでの制作手法ですから、それぞれの作品を横に並べて眺めてみれば同時代を共有する共通の雰囲気というものはそこに多少感じることはできますけど、個々の絵画、彫刻、映像、音楽はバラエティーに富んだ多彩なものです。意識の開放、無意識の探求という意味ではその多彩さはある意味、シュルレアリズムの芸術史における成功、必然だったのでしょう。
ただ、彼らの作品をどん欲にむさぼりくらいついていた当時から感じていたことなのですが、美術館に並べられた目の前にある作品からは多少の古臭さというものを感じていたのも事実。ダリやキリコやマグリットの絵を見るたびに感じていた一種の黴臭さ、過ぎ去ってしまった祭りのおしまい、ノスタルジックな過去の芸術、コンセプトが先行した全てのものが抱えるある種の宿命なのでしょうか。夢を解説する為の作られた夢、無意識を理解しようとする意識、狂気を模倣する理性、時間を語るのに私たちは時間の中でのみしか語り得ない、そんなアンビバレンツが彼らが手法を探求すればするほど逆に浮き彫りになってしまう。






P1012474.jpg


実験映画の上映会にもよく顔を出しました。ルイス・ブニュエルの映画を見てシュルレアリズムを表現するには映像が一番かななどと思ったりしました。
シュルレアリズムの作家からちょっと時代が下がって、ムーブメントの本流からは少し外れますが、フランシス・ベーコンが好きです。シュルレアリズムとは全く関係はないですが作家の内田百閒が好きです。
夢とうつつのはざまで語られる百閒の語り口は何らかのヒントを私に教えてくれているようです。

上の写真は有名な水煙渦巻文深鉢、教科書なんかにも載ってましたね。切手の絵柄で有名です。全く自由な造形、こんなところで見れると思ってもいませんでした。





P1012477.jpg




井戸尻考古館、本日の目玉
日本で初めて絵画というものをあしらった土器、日本初のイラスト、デザインですね。ガラスの反射で見ずらいですが下の部分に分娩する女性の姿が描かれています。






P1012419.jpg



再び北杜市は長坂町に戻って、アフリカンアートミュージアムのすぐ近く、こちらは清治芸術村、清春白樺美術館にあるラ・リューシュ / La Ruche と呼ばれる変わった建物です。
オリジナルはパリのモンパルナスにあるアトリエ兼住居、若き日のモジリアニ、シャガールが住んでいました。La Rucheは「ハチの巣」という意味、エッフェル塔を設計したギュスターブ・エッフェルの建築だそうです。老朽化が進み取り壊しが決定してるところを買い取ってこの場所に移築しようとしたところ、そんなことならばとフランス政府が保存に動いたとのこと。結果、移築を断念して全く同じものをこの敷地に再現したのがこの建物。
まるでブリューゲルのバベルの塔のよう。キリコの絵にもこんな赤い塔が出てきましたっけ。






P1012421.jpg



とても不思議な場所です
広い敷地に美術品を収蔵する建物が点在しています。
美術に全く興味のない人でもきっと楽しめる癒しの空間






P1012428.jpg




シュルレアリストの残してくれたもの、それは創作に対する自由な発想、芸術の原点。
考えてみれば現代の生活というものも、日々とてもシュールな時間なのかもしれません。

 「解剖台の上での、ミシンと雨傘との偶発的な出会い」

今まで出会ったことのないものが普通に出会う時代、そんな時代を毎日のように体験しているのが私たちの現代なのかもしれません。






P1012437.jpg





久しぶりの美術館
薄暗い教会に掲げられた大好きなルオーの銅版画、敷地に点在する不思議なオブジェ、静かな館内に展示された難解な現代絵画。
芸術に没頭していたあの頃を思い出します。芸術とは何なのか?創作とは何なのか?日々問いかけて街をさまよっていたあの日。そして今日は、
解らないものはわからないなりに、理解できないものは理解できない通りに、自分というプリズムをあるようにして、理解できないこと自体をそのままに楽しんでいる。
こんな贅沢な時間の感じ方は久しぶりかもしれない。






P1012436.jpg





閉館15分前にもかかわらず対応していただいた館長さん
閉館時間を優にオーバーしての滞在、その上案内までしていただいて本当にありがとうございました。
そして、清治芸術村を教えてくださった峠のギャラリー ぶらりのオーナー様、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!





P1012412.jpg







Robert Wyatt - Amber And The Amberines



Robert Wyatt - At Last I Am Free



Robert wyatt - memories of you





今夜も前の記事に引き続きロバート・ワイアットで










空母 ヴィクラマーディティヤ

2017.06.17 (Sat)
アメリカ海軍のイージス艦、フィッツジェラルドとフィリピン船籍のコンテナ船との衝突事故がありました。
最新鋭の巨大軍艦が傾きながらタグボートに引かれ航行してる。その姿はとてもショッキングです。




jnl1706170001-f1.jpg


艦橋横の右舷にかなりの損傷があります。
『戦争で戦う軍艦なのになぜ?』って思う方もたくさんいると思います。
現代の軍艦は艦対艦の砲撃戦は想定していません。なので、第二次大戦当時の軍艦と比べるとその装甲は紙のように薄いのです。
人的被害も出ているようです。遠い国から日本にやってきた7人の若者たち、無事であればいいのですが。


P1011503.jpg
INS Vikramaditya


ムンバイの小さな島、古代の遺跡が眠る紺碧の小島に向かうボートの上で出会った巨大な船。
インド海軍、唯一の航空母艦、
『ヴィクラマーディティヤ / विक्रमादित्य』です。 
本来なら軍事機密なので軍艦の撮影は不可、実際、レンズを向けると船上の人々から待ったをかける非難の声が。すきを見て撮った貴重な二枚の写真です。
艦名はシバ神が降臨したとされる紀元前1世紀ごろの伝説の皇子の名前。

 


img_0.jpg
重航空巡洋艦 バクー / Baku



彼女は三回も名前が変わった船
もともとはロシア海軍の変わり種、重航空巡洋艦『バクー / Баку』です。ソ連ではよくあることなのですが、1990年、艦名を『アドミラール・ゴルシュコーフ / Адмирал Горшков』と改名(ソビエト崩壊に伴いバクーを首都とするアゼルバイジャンがソ連邦から独立)、その後1995年にインドに売却され航空母艦に生まれ変わるべく大改装を受け今日の姿に至るわけです。




P1011504.jpg
巡洋艦と並んで停泊するヴィクラマーディティヤ









その日、ムンバイの海はとても穏やかでした





P1011505a.jpg










Robert Wyatt - Shipbuilding



曲:クライブ・ランガー/Clive Langer
詞:エルビス・コステロ/ Elvis Costello

It's just a rumour that was spread around town
A telegram or a picture postcard
Within weeks they'll be re-opening the shipyards
And notifying the next of kin
Once again

It's all we're skilled in
We will be shipbuilding



 「彼らは造船所で船を作り、彼らの息子はその船に乗って戦場に行く」


フォークランド紛争でイギリス海軍、アルゼンチン海軍双方が最新鋭軍艦を含む多数の大型艦と多くの人員を失っている。



ロバート・ワイアット
イギリスのシンガー・ソング・ライター。ソフト・マシーンの元ドラーマー、ボーカル。
友人の誕生日パーティーで泥酔して4階の窓から落下、半身不随となりドラマーの道を断たれる。その後シンガーとして復帰。それ以降、風貌も作風もガラッと変わりました。

僕のライブラリには欠かせない定番、彼の歌声は夜の静かな雨音のように疲れた体と心にしみこんでゆきます。





第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト グランプリアローズ

2017.06.12 (Mon)
みなのもの、私の留守中元気でやっていたかな。
常世神少彦名じゃ。

去年の暮れに開催させていただいた大根お料理コンテスト、いよいよ!というか、やっとやっとの大発表なのだ。
いやいや、大変遅くなって誠、すまなかった。特にご参加いただいたお二方には大変申し訳なく思うておるぞ。本来ならひじょーに気まずい状況なのだろうが、しかしそこは神様、こうやってふてぶてしく尊大に登場するのがいかにもわしらしいであろう?
とにもかくにも、第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト 待望のグランプリ発表じゃ!





まずはご参加いただいたお二人とブログ記事のご紹介

ベジタリアンインド料理教室 大阪 さま

上野大根お料理コンテスト、栄えある第一回大賞に輝いた関西の実力者、今回もアイデアに満ちたユニークなお料理で楽しませてもらいましたわ。送られてきたお手製大根クッキーは香ばしい中に大人の苦みがあってあっという間に平らげてしまいました。




20161201091450929s.jpg

201612011417023a9s.jpg

20161212102253633s.jpg

20161209154648d0a.jpg

諏訪湖姫大根ずぼら料理(1)
諏訪湖姫大根ずぼら料理(2)
諏訪湖姫大根ずぼら料理(3)
諏訪湖姫大根ずぼら料理(4)
諏訪湖姫大根ずぼら料理まとめ

自慢の上野大根で焼き上げたクッキーをあんなかわいらしく仕立てていただいて、なおかつ皆に配っていただいたとは主催者冥利に尽きることこの上なし!感謝感激、感涙にむせぶばかりでございます。



薫さんちのビーフシチュー さん

第一回大会に引き続き、今回もご参加いただいた風流の人、料理に、絵画、DIYにガーデニング、その手にかかればその出来栄えは一流そのもの、本物を知る風雅な御仁でござる。



DSC02232.jpg

20161203205426a43.jpg

20161203170642ff1.jpg

20161203090619d94.jpg

DSC02252.jpg


第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その1/5
第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その2/5
第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その3/5
第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その4/5
第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その5/5

いやはや、感服いたしました。最後にレトルトカレーを持ってくるあたりは大家の余裕と申せましょう。『鶴の巣ごもり』日々粗食に耐える吾輩にとっては未だ目にせぬ未知のお料理、一度ご相伴にあずかりたいものです。






去年は上野大根始まって以来の大凶作、その上拙者の準備不足もあってご参加いただいたのは以上のお二方のみということに相成った。が、いやなに、そんなことは全く感じさせない見事な作品の数々、上野大根の生産者、現世すくなひこなも涙を流して喜んでおりますぞ。
ご参加いただいたお二人、本当にありがとう。これで収穫の苦労も報われるというものじゃ。

さて、上野大根お料理コンテスト、いよいよ大賞の発表です!



第二回、栄えある対象の栄光に輝いたのは!!!

『薫さんちのビーフシチュー』 さん





おめでとう!そしてありがとう!!
カレーリーフ・久美子さんのお料理もなかなかすてがたいものであったが、今回は気品さえ感じられる一品一品の輝きが大賞の栄冠にふさわしい。第二回の大賞は『薫さんちのビーフシチュー』さん!この私も『やっぱりやってよかた~』てなったぞ。

ご参加いただいたお二人には追って何かしらの粗品をお送らせていただくぞ。ちょっといろいろ考えているので仕事の遅い拙者の事だから首を長くして待っていておくれ。


では、今年も頑張って大根作るから他の者も期待して待って居れよ。
お料理コンテストについては、そーだなー。5名以上の参加希望者が集った時点で開催を宣言するとしよう。参加希望者の方はコメント欄にドンドン書き込んでおくれ♪

それでは、わしは、東京のお友達のお誕生会に行ってくるでな。しばらくお休みするからそれまで元気でいるのだよ。
では、年半ばではあるが今年もよい年を!

さらばじゃ、アディオス!チャオ♪


 ☆第一回大会はこちらから
第一回諏訪湖姫大根お料理コンテスト








かもしか

2017.06.05 (Mon)
IMG_0193_201611261805463e4.jpg

写真は『動物園へ写真の旅』さんからお借りしました。



生れてはじめてカモシカを見ました
炎天下、畑でモロッコの支柱をえっちらおっちら、おっ立てている脇をわき目も振らずトットと歩いておりました。
初めはイノシシかと身構えましたら、足も短く、体はぼってとして、急ぎ足で歩くその姿はとっても滑稽、つぶらな瞳が愛らしかったですよ。
鹿よけの柵に先日飾った風鈴がそよ風に揺れて私の畑が、一瞬ちょっとしたファンタジーでした。




YELLE - Safari Disco Club




イエール/YELLE
フランスの女性歌手、ソングライター
こんな軽い曲でもフランス人がやるとなんか知的。前の記事、パンクつながりで『ザ・ストゥージズ』のカバーやってるフランスのお嬢さんの曲とも思ったんだけどカモシカでファンタジーときたらこの曲しかないなと。
フランスの女性アーティスト、アイドルを見るたびに思うのだけれどヨーロッパで美人、魅力的って言われる女性って、日本の男性じゃ未だ受け入れ態勢皆無のような気がするんだな。日本の男が一般的に『かわいい』ていってる白人の女の子って彼らに言わせると“ナニ?”ってなるみたいだし、彼ら、彼女らが『美人』って教えてくれる女性ってきっと日本受けしないよなって人ばっかり。ワタシャいろいろと長年鍛えられましたので、がぜん『可愛い♪』より『魅力的!』なほうがグッとくる体なんですけどね。

ということであと3曲、彼女の曲でお楽しみください♪




YELLE - Ce Jeu



Yelle - Ba$$in



Yelle - Complètement fou





【送料無料】 Yelle イェール / Pop-up 【CD】


Yelle イェール / Completement Fou 輸入盤 【CD】







back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。