アイヤッパへの道 vol.7

2017.07.21 (Fri)
第7話 初めてのおつかい

P1019022.jpg


その日も朝早くから起きだして、みんな明け方近くまで騒いでいましたので起きているのは私一人。同居人を起こさないようにシャワーを浴びてひげをそって、カメラと着替えのTシャツをナップザックに詰めたら、おっと、かぜ薬も持って行かないと。レストランで軽く、ウタパンとオレンジジュースで朝食を済ませてホテルのガードマンさんに聞いていたとおりにハイウエーを横切ってローカルバスのバス停に向かいます。










P1018651.jpg




バス停といっても日本のように目印があるわけでもなく、三々五々、人が集まっているところに、『この辺かなぁ』とあたりをつけて一緒になってバスを待ちます。







P1018977.jpg




ちょうど通学、出勤の時間だったのでバスの中は結構混んでます。
大学生かな、女学生がたくさん、ファッションのこととか話してるのでしょうか、学校までの道のり、友達と思い思いに会話を楽しんでいます。
みんなには黙って出てきてしまいましたからあとでこっぴどく叱られるんでしょうね。でも、せっかくインドまで来たんですから一日ホテルでボケっとしているわけにはまいりません。体の調子もあまりよくないけれど具合が悪くなったら引き返せばいいことだし、とにかく今年初めての『初めての一人旅』なのであります。





P1018980.jpg




途中、目の前の席がちょうど空きまして座らせていただきました。本来なら女性に席を譲るところですがそういう訳にも参りません。
これは決して体の調子が悪いからというわけではなく、なぜならインドのバス、インドのほかの地域は知りません、チェンナイの市内バスは右の座席が男性、左の座席が女性、そう決まっているのです。混んでいましたが吊革につかまって立っている男性は私一人、あとは女性ばかりです。気兼ねなく座らせていただきます。






P1018981.jpg



乗り換え地点、タンバラム/Tambaram に到着。大きな町です。近くに駅もあってバスターミナルとしてもかなり巨大なチェンナイ郊外の交通の要所、当然排気ガスもすごいです。また喉をやられてしまいます。





P1018984.jpg

雑踏の行き交う歩道の地べたに店を広げている露天でバナナ買って、そのバナナをつまみながら次のバスはどこかいな、出発前はすぐに見つかると高をくくっていましたがこれだけ巨大だと初めての訪問者としては、それもタミル語のわからない日本人にとって乗り換えのバスを見つけるのは至難の業、目的地まで出るバスの本数はそれほど多くないとみてますし、乗り遅れてこんなところで待ちぼうけでは病み上がりの体は干からびてしまいます。それでもあちこち聞きまくった挙句やっと乗り換えることができました。
でも、こういったハラハラ感って一人旅の醍醐味なんですよね。









P1018988.jpg




一番前の席に陣取って、左側の席だけど大丈夫?ほかのお客さんに目くばせしたら皆さん座っていいですよって。混んでいなかったからいいのか、この路線はいいのか、私が日本人だからよかったのかわかりませんが絶対に右が男性、左が女性ということでもないようです。





P1019021.jpg



途中、海の見える海岸線を走り二時間近くかけてやっと到着いたしました。南インド屈指の観光地、マハーバリプラムです。





P1019002.jpg



二度目の訪問、一度目に訪れたのはもうずいぶんと前、10年以上昔のことです。そのころとは街の様子は変わっているでしょうか?以前は石屋が点在していたほんの小さな村だった記憶があります。
さて子手始めに終着駅のすぐ目の前、スタルラサヤナ・ペルマル寺院 / Sthala Sayana Perumal Temple にお参りです。
二枚上の写真が全景、南インド寺院特有のゴプラム、塔門が見えます。
現在修復中のようですが屋根の上に『 アナンタ / Ananta 』寝そべったビシュヌの化身を見ることができます。ということはこの寺院はビシュヌをまつったもの、第4話でもお話ししましたがビシュヌはたくさんのアバターを持っています。ヒンドゥ教はたくさんの神話、無数の土着の神々が集合してできたもの、形があってないような不思議な宗教です。しかし一定の経典もない、一見とらえどころのない神話と教理、教義の集合体ですが、しかしながら私はこれこそが自然な形の本当の宗教だと思っています。
マハーバリプラム / Mahabalipuram は古代インドの寺院群が見れる考古学的に貴重な場所です。ガイドブックに載っている名跡を見て回るのもいいですが、現在、こうして日常的に機能している寺院もぜひ訪れたいものです。





P1019007.jpg



中は暗く静かで、ちょうどお昼時でしたから信者の方の数も少なくゆっくりお参りすることができました。昨夜の初もうではあいにくお寺が閉まっていましたのでこれが本当の今年初めての初もうで、途中、白髪の老人が手招きして私の全くわからないタミル語でお寺のガイドを始めましたが境内を連れ立って歩くその途中、私の目の隅に一瞬映った麗しきたおやかなる人影、その影は寺院の暗闇の中を柱から柱へ、私の前を蝶のように見え隠れしては通り過ぎてゆきます。
もうすでに、老人の声は耳に届きはしません。




P1019003.jpg





長い長い説明の後、予想していた通り右手を目の前に差し出す老人。彼には申し訳ありませんが追い払う意味もかねて最初から予想していた案内料のチップを渡すと、私、普段ならそんなお金を容易に渡すなんて、そんなことしませんよ。勝手に近づいてきて説明し始める人って観光地にはよくいます。まれに寺男の方が説明してくれる時がありますがそういう人はあちらからチップを請求する事はありません。そういう時はこちらから感謝の意味も込めてお布施致します。
でも、正月だし、おじいさん、とても人がよさそうだし、目的を果たした老人は小さい体をくの字に曲げてその場を離れていきましたから、二人きりになったところを見計らってさっそく彼女に話しかけてみました。見た感じ、地元の人とは見えないし、ヨーロッパの人でもなさそうだし、彼女もこちらには興味があったみたいで快く挨拶をしてくれました。






P1019009.jpg



上海からやってきた中国の方だそうです。
今年初めて会った、それも特別美人なお嬢さん。もう明日にはデリーに発ってしまうということで、残念、再開は果たせずじまいでしたがこんなきれいな人と一瞬でも巡り合えたのは本当に幸運なことなのでしょう。
メルアドやら電話やらしっかり聞けばいいものを、私のブログの文面では全く感じることはできないでしょうが私は元来女性に対しては非常に奥手な者で、え、信じられないって?この日のようにこちらから声をかけるなんて本当に珍しいことなので、しかしながら寺院の中で私と彼女二人きり、旅行者同し無視するのも後々気まずいし。勇気を振り絞って声をかけた次第でございます。ちょっと話は変わりますが、私の長い人生の中でいまだかつてこちらから女性に交際を申し込んだことはありません。だいたいが女性のほうから、いわゆる逆ナンてやつです。しかしそれも今は昔、遠い過去の物語。だいたい山にはシカやキツネはいても女性は森には生えていませんから。






P1019017.jpg




誠にやることなすことじれったい少彦名ですが、今夜のお話はこの辺で。
肝心のマハーバリプラムの観光写真は次回掲載いたしましょうか。観光地の写真は巷に溢れていますので特に目新しい記事にはなりませんけど、折角撮ってきた写真だから次回もお付き合いのほどをよろしくお願いいたします。









Wo Wo Ni Ni 我我 你你 ‐ Dick Lee






当ブログ、唯一の二度目の登場
もう二度と会うことのできないあの人に












関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/208-a3b09f96
トラックバック
コメント
こんにちは^^

日本とは誓う国という雰囲気が伝わってくる写真がたくさんあって
見ていて楽しいです^^
バスを待つ時の『この辺かなぁ』には驚きましたが、その大らかさも
いいですね^^
よいち | 2017.07.23 21:15 | 編集
よいち さん
コメントありがとうございます
旅行の時は日本と違ってどこの国に行っても『この辺かなぁ』ですw
ここだー!って思いこむと当てが外れた時がっかりしますからwww
何するのも適当。だって、これしなきゃ、あれしなきゃって約束無い自由の身なので焦ることも何にもありませんから
sukunahikona | 2017.07.23 22:53 | 編集
こういうフリーな感じの旅っていいですね。
若い頃は海外旅行が大好きでしたが最近はめっきり行かなくなりました(残念ながらインドは行ったことがありません)。
友人は空港を降りた途端に独特な香り(やっぱりカレーのせい?)がする国って言っていたけどどうでしょうか。
バスの感じ、日本の通勤・通学時と似てますね。
会社にもたまにランチをする南インド出身の日本語ペラペラな主婦がいます。
私にとってもは遠くて身近なインドです。

エルニーナ | 2017.07.23 23:15 | 編集
こんにちは
旅行はいいですね。海外でも日本でも明日何をしなくちゃっていう約束が全くないのが本当に気持ちいです。アジアを渡ってると国境を超えるたんびににおいが変わります。インドに近づけば近づくほどにおいがきつくなったり。

東京在住ですか?それなら彼女は知り合いかもしくは知り合いの知り合いかもしれないですね。友人のタミル人はかなり有名な人で、タミルナード州なら、ん?名前だけは聞いたことあるなって人です。
sukunahikona | 2017.07.24 13:22 | 編集
はじめまして~!

ガンダーラ。。。 素敵です!!!
風 蘭 | 2017.07.26 14:11 | 編集
風 蘭 さん

ガンダーラはもっと北のネパールのほうなのでちょっと趣が違いますが日本のルーツという意味では共通してますね。
北周りで仏教が南回りで農耕や言語などの文化が、肌で感じる親近感というものがあります
sukunahikona | 2017.07.26 19:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top