南インド料理 シリバラジ 11周年

2019.04.12 (Fri)
Sri balaji 11th year spl menu V1-変換済み_page-0001


中目黒の南インド料理レストラン、シリバラジで11周年を記念したアニバーサリー・ビュッフェを、4月14日、日曜日に開催いたします。メニューは御覧の通りの豪華なラインナップ。ドリンクもついて食べ放題でご提供させていただきます。都内でも珍しい南インド料理。北インドよりもあっさりしていて油はすくなめ。タミルのカレーはちょっと辛いけど旅行慣れしてる人の言うには南のほうが断然おいしいというのが定説です。
さて、メニューの中には馴染みのない料理もちらほらあるのでここで皆さんと一緒におさらいしてみましょう。






Green Salad
これはわかる。サラダのことですね。


Tossed Salad トス・サラダ
トスサラダ?野菜とドレッシングをあらかじめ和えたサラダをトスサラダて呼ぶんだって。これは知らなかったなぁ。




Papad パパド パパード
南アジアのクラッカー、インドの定食には必ず出てきます。そのまま食べたり、カレーをつけたり、砕いて料理に振りかけたりしていただきます。


How_to_roast_papad1.jpg



Kadalai Parupu Thalipu
ひよこ豆を焼いたり炒めたりした料理って意味らしいんだけど。


kadala-paruppu-sundal-recip.jpg




Dahi Vada ダフィ・ワダ
ダヒはヨーグルト、ワダはドーナツみたいな揚げ物。

55432577.jpg




Spicy Chicken Kebab
鶏肉のケバブ。もうおなじみですね。スパイシーでエスニックなインドの焼き鳥

Buffalo-Chicken-Skewers-9-500x375.jpg



Kanchipuram idli  
イドリ―は私の大好物。米粉を発酵させたインドの蒸しパン、南インドの朝食です。カンチ―プラム風となっているので普通のイドゥリとちょっと違うのかな。カンチ―プラムは南インド、タミルナードの古い都。大きな寺院がたくさんあってとてもいいところです。

idly_25-480x320.jpg




Chicken Veppudu / vepudu
ヴェプード、肉をスパイスで炒めたもの。汁のないカレーっていえば想像つくかな。


Vepudu1453974577.jpg





Hyderabadi Lamb Keema
羊のキーマカレー、ハイデラバード風。普段のキーマとは一味違う。

Hyderabadi-Keema-800x521.jpg



Dalcha Veg
野菜のダルチャ。ダルチャは同じくハイデラバードのカレーだそうです。

hqdefault_201904112145114ce.jpg



Garlic naan・Roti ナンとロティ
北インドのナン、南インドのロティ。個人的にはナンよりロティのほうが好き、インドで食べられるパンです。シリバラジではどちらもしっかり窯で焼きあげてます。

roti-canai-87562-1.jpg

naan_52-480x320.jpg



chicken dum biryani ビリヤニ
インドの炊き込みご飯。炒めてないからチャーハンじゃないよ。ちなみに焼き飯はPulaoと呼びます。一般家庭では残ったカレーやビリヤニを炒めて次の朝プラーオとして食べたりします。プラーオが東に行くとチャーハン、西に行くとピラフ。どちらもインド起源です。(アジェイに聞いたら現在プラオは一般的に辛くない炊き込みご飯のことを指すんだって。焼き飯は今ではフライドライスと呼んで区別しています。)

2ccad553273808b29d4b05573eb5b7cb.jpg



Raita ライタ
ヨーグルトのサラダ。辛いスパイスで腸内をきれいにしてヨーグルトで優しくコーティング。インドの食事はよくできてます。
ビリヤニにかけたり、カレーに混ぜたり。これがないとカレーを食べた気がしません。

raita_31-480x320.jpg





ladu &Gulab Jamun
自家製ラドゥと自家製グラブ・ジェムン。どちらもインドの代表的なスイーツ。特にグラブ・ジェムンはこれでもかというほどの甘さ。本格インドを体験するにはもってこいの締めくくりアイテムです。


IMG_1783.png

o1104062014324809124.jpg




ラッシー、ワイン、生ビールもサービス。
場所は中目黒駅の正面口を出て右。山手通りをひたすら歩いて通りに面した左側、目黒警察署のすぐ隣です。当日は通常メニューも食べられるということです。芸能人もお忍びて来店するようで運が良ければ会えるかも。皆さまこぞってお出かけください。
(水道橋店も併せてよろしくお願いします。)


追記 
三歳以下の幼児は無料。幼稚園の子は500円。小学生は1000円だそうです。家族そろって食べに来てください。
なお、当日混雑も予想されますので特に遠方の方は念のためお電話で確認してくださいとのことでした。





シリバラジ 中目黒店
〒153-0061
東京都目黒区中目黒2-7-14
TEL 03-5724-8995
東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅から徒歩10分
JR・恵比寿駅から徒歩15分
JR・目黒駅から徒歩15分
営業時間
11:00〜15:00(LO14:30)
17:00〜23:00(LO22:30)
定休日 無休


Screenshot_2019-04-12 シリバラジ - Google 検索




10年前のアジェイ氏。なかなかいい男だよな。
まだ若くて腹も出てないし。






スポンサーサイト

インド映画ロケハン 中山道

2019.03.27 (Wed)
P1018819.jpg


今年も恒例のインド映画撮影です。
急遽呼び出されてとりあえずの鉄板、中山道へ。





P1018826.jpg



岐阜県 馬籠宿
奈良井宿とはまた違った風情の、坂の多い宿場町です。
中山道沿いにはこうした宿場町が点在しているので時間があればはしごで見比べるのも面白いです。





P1018828.jpg


時間がないのでほとんど駆け足で。
仕事なのでゆっくり観光というわけにはいきません。





P1018840.jpg


途中寝覚めの床をチラ見





P1018861_20190327134121c3c.jpg



以前もロケ地で撮影させてもらった奈良井宿。
前日の雪の、見事な雪景色にインド人も大喜び。





P1018851.jpg


何度来てもいいですね。
雨でも雪でも曇り空でも本当に絵になります。
もしこれで道路が舗装されていなかったらどんなに凄みのある風景になっているかと住民の方の便利性は全く無視して想像してみます。端っこに見切れている自転車はご愛敬。







P1018855.jpg


侍の村でインド人は何を思う。
何故か今回の撮影は俳優より監督よりプロデューサーより、カメラマンが何よりえらい。
有名な映画を何本も撮影しているという今回の主任カメラマン。







P1018847.jpg


『Saagasam』の撮影の時に大変お世話になった『長泉寺』さん。
先代のご住職の案内で本堂の中を拝見。

有難くも家宝である400年前のお茶ツボまで見せていただき再び歓待していただきました。3代将軍徳川家光、御茶壷道中当時のものですね。『茶壷に追われて戸をピッシャン』の、あの茶壷です。それこそ落として割れたらと思うとひやひやでした。





P1018853.jpg




お蕎麦屋で遅い昼食。いつものことですがインド人の始動が遅いものでもう夕方になってしまいました。





P1018862.jpg


蕎麦屋 『こころ音』
今回で二度目の来店。日本風にてんぷらせいろで舌鼓。
日本食が食べられないスタッフのために持ち込みのインドカレーも店内で広げさせていただいた、こころ音さんの広い『こころ』には大感謝です。
『こころ音』さん、本当にありがとうございました。





P1018867.jpg


『中村邸』
もう日も暮れて時間外だったのですが特別に中を見せていただきました。
奥様は昔インドに行かれたことがあるそうでコルカタのマザー・テレサの施設でボランティアをされたとか。
なつかしいお話も含め、中村様にも重ね重ねありがとうございました。







P1018875_2019032714291105c.jpg



今夜の宿泊は飯山の木島平。
我々の熱烈なサポーター『Hotel Radiant』で。






P1018877.jpg


こちらも特別に時間外にもかかわらず開放していただいたホテルの大浴場。完全貸し切り状態です。
何から何まで至れり尽くせりで、協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。






Saahasam - Official Trailer





もう四年前になるのですか。月日の流れるのは早いものです。
当初、タイトルは『Saahasam』となっていましたがウィキペディアなどで調べてみると『Saagasam』とクレジットが変更になっています。どういういきさつか今度聞いてみよっと。アマンダさん含めみんな元気にしてるかな。





サンタのプレゼント

2018.12.22 (Sat)
P1018335.jpg




フィリピンからの帰り、東京でもらってきた風邪が普段深山で人と接しない生活をしている無菌状態の私には耐えうる力がなかったのか養生で家に引きこもっていたこの一週間、体もよくなってたまった用事を済ますため久々に外出しようと思ったら玄関がたくさんのプレゼントでいっぱいになっていました。

普段玄関のカギは閉めないし部屋とトイレの往復であればほかの部屋に入ることもないし、宅配便のお兄ちゃんの声も二階の私のところまでは届かないし、それはまさに煙突からこっそり入ってきたサンタさんからの贈り物。






P1018346.jpg




古くからの盟友、『お化けの猫』さん。
普段、諏訪には美味しいラーメン屋さんがないと嘆いていたらこんなものを送ってくれた。あなたのうまいに挑戦!!ときたからには具材にも気を使って腕を振るわねばなるまい。ひとり者にはとかくうれしい贈答品。







P1018337.jpg




これも、私の古くからのネットの友達。『ぽっけ』さんからのクリスマスプレゼント。かわいい絵葉書も付けてくれて。彼女からは定期的に手紙をもらうんだけど、今は体調を崩していてネットでの連絡もままならない状態。早く元気になって以前のような厳しい突っ込みで私を楽しませてもらいたい。








P1018340.jpg





こちらは、いつもお世話になりっぱなしの『カレーリーフ・久美子』さん、本ブログでおなじみ『ベジタリアンインド料理教室』の主催者です。
世界のお菓子の詰め合わせ、今年も大きな「シュトレン」と手作りギ―もいただきました。彼女の作るギーはレストラン、シリバラジのシェフたちもお墨付き。






P1018345_20181221230345dcc.jpg




そして何よりうれしかったのは『ぽっけ』さんの作ってくれた上野大根の甘酢漬け、梅干し入り。まだ浅漬けなので漬かった頃に食べてと添え書きしてはありましたが、何をおっしゃる、半分も食べてしまう勢いでつまみ食いしてしまいました。彼女の腕もさることながら上野大根諏訪湖姫の食材としての地力を実感できるすばらしい一品。

いま、我が家の玄関先は色とりどりのプレゼントでいっぱい、本当に一年間どうもありがとう!










Everything But The Girl - On My Mind







エブリシング・バット・ザ・ガール
自分のお小遣いで始めって買ったアルバムかなぁ。それ以前のビートルズとかはオネダリして買ってもらってた。クリスマスの時期に買ったのか、クリスマスソングというとなぜかこの曲を思い出す。
トレイシー・ソーン / Tracey Thorn と、ベン・ワット / Ben Watt の二人組、ネオアコースティックと呼ばれる一連のムーブメントの走り、日本の『ゆす』とかの遠い遠いご先祖様。このころすでに自閉症の引きこもりだった私は擦り切れるほどこのアルバムを聞き倒した。片やノイズとかパンクとかアバンギャルドとか、過激なのも同時に聞いてたから私の部屋は家族の間でもアンタッチャブルな空間だったんだろうな。
紹介した曲、『オン・マイ・マインド』は前述したエブリシング・バット・ザ・ガールの作品として初リリースした三曲入りのシングル盤で発表された曲、私の購入したアルバム『A Distant Shore』はバンド結成前のトレーシーがソロアルバムとしてリリースした一枚なのだが当然本家のイギリス版のほうにはこの曲『On My Mind』は収録されておらず、日本盤の『遠い渚~ディスタント・ショア 』にボーナストラックとしてこの曲と同じく上記のシングル盤に収録されていた『Night and Day』の併せて二曲がベン・ワットとのデュオという形で挿入されていた。一聴、デモテープのような簡素な端々い小品だが彼女の曲の中で一番好きな曲がこの曲なのでこうして出会うことができたのは私にとっては幸運でした。
トレーシーとベンはバンド活動中に双子の女の子を授かり、トレーシーの「子供との時間を大切にしたい」とバンドを解散、その後正式に結婚して現在はマイペースでそれぞれの音楽活動を展開している幸せな二人。






現在はこんな感じ
2018年3月2日、今年久々にリリースされたトレーシーのアルバム『Record』から


Tracey Thorn - Sister









Tracey Thorn - Dreamy












諏訪湖姫とゆかいな仲間たち

2018.11.19 (Mon)
諏訪湖姫コレクション 2017


 P1017408.jpg




もうあれから、一年たつのですね。スクナヒコナでございます。
やっと終わった上野大根の収穫時期、諏訪上野の小さな部落はこの半月間、まるで戦場のようです。冬も間近な大根畑に朝早く独りで立てば、朝日に輝く大根葉の霜がきらきらとてり輝いてそれはそれは美しかった。







P1017427.jpg






他の農家さんは4人5人と親戚、縁者、多くの応援を呼んで、わっしょいわっしょいっと大根を引き抜いてはトラックで運んでゆく。
東京から独り出てきたスクナヒコナにはそんな助けなど望むべくもなく、孤立無援、たった一人でこの緑の大群に立ち向かわなければなりません。何十年も大根に携わってきたベテラン農家と肩を並べるほどの出荷量をたった一人で成し遂げる。どうです?ほめていただけますか?
今年、ここに来て初めて、「いい大根ができましたね!」と敬語で話しかけられました。






P1017322.jpg







さて、去年の大根お料理大会
『2017 ヒメコレクション』
“カレーリーフ久美子とゆかいな仲間たち”
上野大根を使った創作料理の数々を遅まきながらご紹介させていただきます。あれから早一年、こんなに遅くなってしまったのは返す返す反省至極、次回こそは即取り上げさせていただきますよ。




宇治佳子様 Twitter



24312628_365487533922195_7865984908231995498_n.jpg







まずは干していただきました。干すと漬けてもお料理してもうまみが増すのです。これは手間だなぁ。わざわざ切ってひとつづつつるしていただいたのですね。

東京にいたときは切り干し大根など食べることはなかったのに、上野大根の切干は全く別次元の絶品グルメです。






24301100_365487453922203_2918548427795113778_n.jpg




おっしゃる通り確かに見た目は地味なのです。
でもそれこそが大根。真っ白なご飯につつましやかな名わき役。私も社会のわき役農夫としてしっかり頑張らなくては。







24301426_365487493922199_8925991322055184761_n.jpg




和子漬けですね。
私たちの村ではみんなで仲良く輪になって漬けるので甘辛く醤油で漬けたものを和子漬けと呼んでます。
宇治佳子様、どうでしたか?諏訪湖姫は気に入っていただけましたでしょうか?





後 裕貴恵様 facebook


24852589_1379286392198718_398540312656095518_n.jpg





スープカレー。自己主張の強い諏訪湖姫、あっさり味のスープカレーでおとなしく収まっていたでしょうか?父親としては至極不安でございます。上野大根は肉の密度が高いので煮るとお芋みたいにホクホクするんです。







24796528_1379286312198726_6112476133511481384_n.jpg





メイちゃんにもおすそ分け。
大根がワンちゃんの腎臓にいいとは初めて聞きました。メイちゃん、辛くなかったかしら。








ベジタリアンインド料理教室 大阪 
(キッチンアトリエ ガネーシャ)




201712081652440fds.jpg




さて、いよいよ真打の登場です。
カレーリーフ久美子さんは大阪でインド料理を中心にマクロビオテックなるものを人々に広める活動をしていらっしゃるお方。今思えば彼女のブログに巡り合えたのは、インドにかかわりの深い私にとっては、運命的といってもいいくらい。インド料理に卓越した見識を持った彼女のブログは、私がここまでブログで頑張ってこれた事への影響力も少なくなかったのです。






20171130194757162.jpg



美しい~
諏訪湖姫大根のココナッツ・サラダ。
上野大根てすっごく辛いんです。その辛さを知ってるからこそ、このスプーン一杯の宇宙の広がりが私には見えるようです。






20171130193944db8s.jpg






諏訪湖姫のヨーグルトカレー。
諏訪湖姫を使ったこんなおいしい料理をなぜに生産者の私が食べることができないのか・・・・






20171208164516699s.jpg



パラタ!
インド料理はナンだけじゃないんですぜ。
というか、インドでナン食べたの、高級レストランで3回くらいかな。一般家庭はチャパティーかパラタ、しかも、南インドにはナンがありません。
これ食べたいな。いや、インドの友達に食べさせたいなぁ。





2017120707145725as.jpg





毎年贈ってくれる諏訪湖姫クッキー。

アジェイに『シリバラジでも大根の創作料理を考えたまへ』と以前から言ってるのですが、彼ら印度人は料理となるととにかく保守的、新しいことを全くしたがらない。こんなことを言ってしまうとちょっと酷ですが私は創造力のない料理屋はただのエンジニアだと考えています。あたらしい道を切り開いてこそ本当の料理人、そういう意味でいえばカレーリーフさんは素晴らしい芸術家なのです。
そうだ!来年のヒメコレはアジェイを連れて大根を積んだ軽トラで大阪まで乗り付けよう。小さな世界しか知らない愚かなインド人にどうか大きな海原を見せてあげてください。

大根でインド料理を作ろうねぇ(1)
大根でインド料理を作ろうねぇ(2)
大根でインド料理を作ろうねぇ(3)
大根でインド料理を作ろうねぇ(4)
大根でインド料理を作ろうねぇ(5)







2017年ヒメコレクション、皆さんいかがだったでしょうか?
今年もやりますよ!料理に自信のある人もそうでない人も、ただ単に上野大根見てみたいという人もどしどしご参加ください。
そして、今回はお料理に自信のない人でも大丈夫

『上野大根の大根おろしはどんな食材とベストマッチ?!』

も併せて開催いたします。
お申込みいただいた方には上野大根諏訪湖姫、B品型落ち、10本程度を無料でお配りいたします。
ただし、着払いでお送りいたしますので送料をご負担いいただける方のみお申し込みください。


お申込みはこちらのメールまで。
suwakohimedaikon@gmail.com



では、幻の漬け大根
『諏訪湖姫お料理コレクション・2018ヒメコレ』
次回もお楽しみに!










Festa do Estica e Puxa - Xuxa






今夜は“ゆかいな仲間たち”ということで記事の締めくくりはこの曲で。ブラジルの子供向け番組『Xou da Xuxa』から司会のXuxaが番組のエンディングで歌う『Festa do Estica e Puxa』

スーシャ / Xuxa
本名“Maria da Graça Meneghel” ブラジルのモデル、歌手、映画俳優。『Xou da Xuxa』の番組ホスト『Xuxa』の名で広く知られる麗しのスーパースター。現在はブラジルで一番成功した女性実業家として大きな成功を納めています。
子供番組でこんなにきれいでセクシーなお姉さん。実際、当時はあまりにもということで多くの批判もあったよう。でも、こんなセクシーなお姉さんが毎朝テレビで起こしてくれるならどんなお寝坊さんでも早起きしますよね。後ろで踊る女の子もスーシャを見つめる憧れのまなざしでとってもキュートでかわいいです。








冬の贈り物

2017.12.26 (Tue)
完全有機、農薬不使用、おいしいお米販売中です。

P1014035.jpg


カレーリーフ・久美子殿から私の帰国を見計らったかのように大きな包みが送られてきました。小包の表はびっしりと少額切手の群れで覆いつくしております。相変わらずのいたずら心。
早速開いてみれば、またこれが脈絡もとりとめもない茶目っ気たっぷりの豪華盛り合わせ。逆を言えばこのとりとめのなさはすなわち、即、私の印象というところでしょうか。

しかしよく見てみれば金山寺味噌やら高級醤油の詰め合わせ、食通でもない私にはこれはこれはもったいない。同封されていたりんごのドライフルーツを早速頬張りながら、「ココアシガレット懐かしいな~」などとつぶやいている冬の冷たい心は暖かな冬の日差しに照らされて柔らかく溶けていったのです。


P1014031.jpg



飛行機から見た夕暮れの風景。
早速送ってもらった『こくまろカレー』でかぼちゃのカレーを作りました。毎年恒例の年賀状の仕分けの仕事から夜明けとともに帰ってきた少彦名は誰もいない冷え切った部屋でカレーを温めながらこれを書いてます。
次回、南インド紀行を再びお休みして『フィリピン。南国の光』短期連載でお届けしたいと思います。
こうご期待!




The Pretenders - 2000 Miles



クリッシー・ハインド(Chrissie Hynde)、泣く子も黙るロックな姉御が歌うクールなクリスマスソング。プリンテンダーズのメンバー、ピート・ファーンドン(ベース)、ハニーマン・スコット(ギター)、ドラッグ中毒による二人の不幸な死を乗り越えてリリースされた三枚目のアルバム、「Learning To Crawl」の中の一曲。強く、美しく、そして頼りになる女。か弱い男性をやさしく包みこむ名曲です。





アイヤッパへの道 vol.15

2017.12.11 (Mon)
巡礼前夜

P1019354.jpg


永らくお待たせいたしました。少彦名、南インド紀行『アイヤッパへの道』連載再開でございます。
今回のインド旅行はアイヤッパ神の大巡礼に同行することが主な目的。いよいよ、その巡礼に向かうための準備を整えるべく、我々はチェンナイの街に繰り出すのでした。

まずは、総勢二十人余りの大旅団になりますから手頃なマイクロバスを2台、手配しなければなりません。向かった先はこぎれいでおしゃれな旅行代理店。カウンターの女性も洗練された美しいお方。残念ながら写真はありませんが大きな水槽のある映画に出てきそうな広々とした店舗。近代的なビルディングの一階をワンフロア―使った大手会社のよう。レンタカーの手配をこのモダンな旅行代理店でしようというわけです。しかしながら道を挟んで向かいっかわは上の写真でごらんのとおり。かたや大きなビルディングが建ち並び、かたや朽ち果てるばかりのつたに覆われた雨染みで黒ずむ家屋が連なっている。こういったアンバランスな風景が普通に対峙しあっているのが今現在のインド。急激に近代化するスピードが目に見えるモザイクのようです。中央の門の上、よく見るとアーチの中央に黄色い魔除けの仮面、以前紹介したドゥリシティ・ボゥマイが見えます。興味のある方は過去の記事『アイヤッパへの道 vol.3』を読んでみてください。街のいたるところに近代と古代、テクノロジーと宗教が混然と入り乱れています。



P1019354a.jpg
Drishti Bommai


P1019358.jpg




タイヤのサイズが違うんですかね。こんな車が普通に走っているのもインド。道路を渡る時は気を付けて。世界で交通事故が一番多い国です。


P1019357.jpg


途中友人の女優さんのうちに寄りました。
南インドはぽっちゃりしてる人のほうがモテるのです。



P1019361.jpg



帰りに子供たちを迎えに学校に寄りました。
ぱっとみアパートかマンションみたいですね。金持ちのお坊ちゃまが通う進学校だそうです。



P1019360.jpg



8年生の小中一貫校。制服が年少と年長で違いますね。インドの義務教育は小学校、中学校の八年間です。


P1019371.jpg



無事用事を終えて、子供たちと一緒に我が家へ。
そこに待ち構えていたのは、整体の先生、指一本ですべてを治す指圧のプロフェッショナルです。



P1019381.jpg



涼しい顔して触診してらっしゃいます。私もあとでやってもらいましたがこれが痛いのなんの!
患者さん、ただ寝っ転がっているわけじゃないんですよね。現場は部屋中に響き渡る絶叫の渦、大悶絶のあらしでございます。



P1019364.jpg


体がすっきりしたところで、遅い昼食、今日のカレーはデリバリーの出前です。


P1019370.jpg



アイヤッパ巡礼期間は肉は食べてはいけません。菜食主義のベジタリアン料理です。
今日は体の中から、外から健康的な一日でした。

久々の再スタート、今夜は軽めにこの辺で。
明日からのアイヤッパへの道、さて、我々のゆく道には何が待っているのでしょう。


P1019185.jpg







Michael Rother - Silberstreif




以前も一度紹介した曲。まっすぐな道をのんびりドライブしてるととっても気持ちいい。
ミヒャエル・ローター、彼に興味ある方はこちらの記事で。昔の記事読むと、なかなか上ずっ多文章で顔がほてります。


Michael Rotherに関する記事
いよいよ野良が始まる
祝!一周年!!






アイヤッパへの道 vol.10

2017.08.03 (Thu)
第10話 インド人の日常

P1019352.jpg


連日のパーティは乾いた朝の光の中に溶けてゆき、遠方からやってきた親類、友人たちはまたの再開を誓い三々五々ホテルを去ってゆく。

写真は笑うブッタ / Laughing Buddha 日本でいう七福神の布袋さんです。流行しているのか、いろいろなところで目にします。
私たちも誰もいなくなったホテルを後に、チェンナイ市街の友人の家に移動します。




P1019115.jpg






リビングで就寝中の友人
アイヤッパ巡礼が終わるまではベットの上で寝てはいけません。
でも、巡礼云々に限らずインドを旅行していると普通に雑魚寝している姿を目にします。というか、ちゃんとベットで寝ているほうが珍しい気がします。

ということで、今夜はインドでよく見るインド人の日常、少彦名が見たインドのあるあるをご紹介いたしましょう。






P1019317.jpg





“朝起きると知らない人がたくさんいる”

家族なのか親戚なのか、はたまた友人なのか。入れ代わり立ち代わりたくさんの人が何食わぬ顔で普通に出入りしてます。そのうえ見ての通りに我が家のごとくにリラックス。どこからどこまでが家族でどの人が友人で、あ、この人はドライバーさん?主人も奥さんも特に気に留めるでもなく一緒に食事をして一緒にテレビを見てくつろいでおります。
赤いギターは私の旅の道ずれ、私が旅してきた国々を一緒にめぐって見分してきた気心の知れた相棒です。








P1019398.jpg



お手伝いさんの娘さん。
特に遠慮する様子もなく、家族のように接していました。
朝、一緒に朝食をとってこれから学校です。










P1010456.jpg



“テレビのチャンネルが500以上ある”

インドは 29 の州と、7つの連邦直轄領に分かれています。当然テレビ局もそれぞれがそれなりに放送していますから、全部まとめたらととんでもない数になるわけです。子供たちが楽しみにしているアニメはほとんどが日本製、ハットリくんもボタン一つで、タミル語からマラティ、ヒンディー語とバイリンガルで放送されています。
でも、どの地方の放送でもやっぱり決め台詞は『ニンニン』でした。

家で退屈しているときは大概 NHK を見てました。日本で見る番組よりも外国人向けにより日本色を前面に出した番組ばかりで、私も知らない日本があったりしてなかなか楽しめました。それにえらくおしゃれな構成で、美しい映像ばかり。おかたい日本の番組とは大違いです。日本食のクッキング番組には早見優さんがレギュラーで活躍してました。
番組と番組の間にちょっとしたコンサートのコーナーがあるのですが、それがまた出色のプログラム。海外のヒット曲を日本の楽器で演奏するのですがそれがまた誇らしいやら美しいやら、涙が出るほど素晴らしいのでちょっと一つだけご紹介しましょう。





Stairway to Heaven-Led Zeppelin
Japanese Cover-Nijugen-Koto



天国への階段  レッド・ツェッペリン 


それでは
お琴の美しい音色を楽しみながらお話の続きを










P1019111_20170803235051573.jpg
 



“インド人は日本が大好き”

『一般参賀で集まった国民に手を振る天皇陛下御夫妻』
他国の元首のニュースが普通に新聞の記事になっています。取り立てて何があったわけでもないのに天皇陛下の写真が頻繁に新聞に掲載されます。もしかしたら日本の新聞より登場頻度が高いかもしれません。ちなみに、「私は日本から来ました」と答えると間髪入れずに「スーパーカントリー!!」と笑顔で叫びます。





P1010494.jpg




“笑顔が素敵”

もう、これは皆さんもよくご存知ですね。





P1010010.jpg




“南インドのほうが食事がおいしい”

これ、バックパッカーの常識。日本で普段目にするインド料理というといわゆるドロッとした北インドスタイルがほとんど。油が多めのこってりしたものを想像すると思いますが南インドのカレーは油控えめ。さらっとさっぱりした味付けが特徴。ハーブ系のフレッシュスパイスも多用して疲れた胃袋にも優しいさわやかでヘルシーな料理です。
南インドで定食を頼むと基本食べ放題です。お皿が空になるとつかつかっと小僧がやってきて無言で無造作にカレーをお皿に放り込んできます。もういりませんといわない限りこの無間地獄は続きますのでインド旅行の際はどうかご注意を。
スパイスは北に比べると辛い傾向にあって中には私でも食べられないのがあったりします。もし辛いの苦手という方はイドゥリやドーサなどを頼んでみてください。全くスパイスを使っていない食事もたくさんあるのでインドにつかれたときは南インドで胃袋を休めます。



広告です♡
南インド料理シリバラジ 中目黒
南インド料理シリバラジ 水道橋

売り上げに貢献しないとね





P1019932.jpg


“インドのお菓子は甘い!”

甘すぎます!!砂糖の塊を食べているようです。手も口もすべてのものがベタベタになります。でも、慣れてくると無性にそれがたまらなくなります。乾燥した気候のせいでしょうか、熱風に吹かれて当てもなくさまよう体には即効果のあるカンフル剤です。





P1019664.jpg




“太ってます”

特に南インドの人は。お金持ちになればなるほどおなかが出てきます。そして太ってる人は、もてます。映画でもタミルの女優さんはふっくらしてます。ヒロインとしてはたぶん日本だとアウトのレベルです。でも、私は好きです。ふっくらしてる女性のほうが落ち着きます。
先ほど南インドの料理は油控えめでヘルシーとお話しさせていただきました。でも、あれだけ食べたら太るのは当たり前です。そのうえ夕食は就寝する直前に食べることが多いです。深夜、おなか一杯のまま布団に入ります。




P1019402.jpg




“非常に信仰深い”

誰もが知ってるインドのイメージですね。写真は友人のマンションにあるガネーシャの祠、インド人の生活はすべて宗教を中心に動いています。インドという国は地方で言葉も文化も人種も違う様々な国の寄せ集め、でもそれを一つにまとめているのが宗教。生活習慣からものの考え方から倫理観まで、すべては宗教を基本にしています。ヒンドゥ教=インドといってもいいかもしれません。インド人ならばイスラム教徒でもキリスト教徒でも、根底に流れるのはヒンドゥの教理のようです。
だからと言って日本人の私たちが彼らに引け目を感じることなどありませんよ。インドに行くたびに彼らと接触するたびに、私は日本人の持つ宗教性を深く感じることができます。私たちが普段意識することのない日本の日常にいきわたった良き日本の神々、「日本人は無宗教だから」などと脅しを使って近寄ってくるカルト信者にはくれぐれもご注意を。





P5099721.jpg
カーリーが憑依した人、みんなからお賽銭貰ってました。



“幽霊を異常に怖がる”

これは日本とインドの環境の違いからじゃないかと考えてます。
だって、インドで闇夜に山の中歩いてたらトラに食われるか蛇にかまれるか象に踏んづけられるかして死んでしまいますから。






P1019066.jpg





“カメラを向けるとポーズをとる”

別にあなたをとってるわけじゃないんだけど・・・








P1010426.jpg




“カラスが小さい”

というか日本のカラスがでかい。








P1019119.jpg





“ポトスがでかい”

おなじみの観葉植物、人の顔ぐらいあります。でも、これはまだ小さいほう。雨期になるともっとでかくなって子供一人乗れそうです。



ほかにも、シャワーは朝浴びるとか、朝起きたら忙しくてもチャイは必ず飲むとか、う〇こは左手で拭くとか、お金は右手で渡すとか。
インドのことがなんとなくわかったところで、最後に、インドの食事風景をご覧ください。お皿はバナナの葉っぱ、右手でひたすらにぎにぎしています。食べ終わった後はまるで舐めたかのようにお皿の上はピッカピカ。よくも指だけであんなにきれいに食べられるものかといつも感心します。
インド人の食べる様子を見ていると日本でよく話題に上る『カレーとご飯は混ぜるべきか』という議論がいかに不毛なものかよく理解できる事でしょう。そう、カレーの食べ方にはルールはないのです。けっこう、左手も使ってるし。





カレーを食べる人








第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト グランプリアローズ

2017.06.12 (Mon)
みなのもの、私の留守中元気でやっていたかな。
常世神少彦名じゃ。

去年の暮れに開催させていただいた大根お料理コンテスト、いよいよ!というか、やっとやっとの大発表なのだ。
いやいや、大変遅くなって誠、すまなかった。特にご参加いただいたお二方には大変申し訳なく思うておるぞ。本来ならひじょーに気まずい状況なのだろうが、しかしそこは神様、こうやってふてぶてしく尊大に登場するのがいかにもわしらしいであろう?
とにもかくにも、第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト 待望のグランプリ発表じゃ!





まずはご参加いただいたお二人とブログ記事のご紹介

ベジタリアンインド料理教室 大阪 さま

上野大根お料理コンテスト、栄えある第一回大賞に輝いた関西の実力者、今回もアイデアに満ちたユニークなお料理で楽しませてもらいましたわ。送られてきたお手製大根クッキーは香ばしい中に大人の苦みがあってあっという間に平らげてしまいました。




20161201091450929s.jpg

201612011417023a9s.jpg

20161212102253633s.jpg

20161209154648d0a.jpg

諏訪湖姫大根ずぼら料理(1)
諏訪湖姫大根ずぼら料理(2)
諏訪湖姫大根ずぼら料理(3)
諏訪湖姫大根ずぼら料理(4)
諏訪湖姫大根ずぼら料理まとめ

自慢の上野大根で焼き上げたクッキーをあんなかわいらしく仕立てていただいて、なおかつ皆に配っていただいたとは主催者冥利に尽きることこの上なし!感謝感激、感涙にむせぶばかりでございます。



薫さんちのビーフシチュー さん

第一回大会に引き続き、今回もご参加いただいた風流の人、料理に、絵画、DIYにガーデニング、その手にかかればその出来栄えは一流そのもの、本物を知る風雅な御仁でござる。



DSC02232.jpg

20161203205426a43.jpg

20161203170642ff1.jpg

20161203090619d94.jpg

DSC02252.jpg


第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その1/5
第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その2/5
第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その3/5
第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その4/5
第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト参加作品 その5/5

いやはや、感服いたしました。最後にレトルトカレーを持ってくるあたりは大家の余裕と申せましょう。『鶴の巣ごもり』日々粗食に耐える吾輩にとっては未だ目にせぬ未知のお料理、一度ご相伴にあずかりたいものです。






去年は上野大根始まって以来の大凶作、その上拙者の準備不足もあってご参加いただいたのは以上のお二方のみということに相成った。が、いやなに、そんなことは全く感じさせない見事な作品の数々、上野大根の生産者、現世すくなひこなも涙を流して喜んでおりますぞ。
ご参加いただいたお二人、本当にありがとう。これで収穫の苦労も報われるというものじゃ。

さて、上野大根お料理コンテスト、いよいよ大賞の発表です!



第二回、栄えある対象の栄光に輝いたのは!!!

『薫さんちのビーフシチュー』 さん





おめでとう!そしてありがとう!!
カレーリーフ・久美子さんのお料理もなかなかすてがたいものであったが、今回は気品さえ感じられる一品一品の輝きが大賞の栄冠にふさわしい。第二回の大賞は『薫さんちのビーフシチュー』さん!この私も『やっぱりやってよかた~』てなったぞ。

ご参加いただいたお二人には追って何かしらの粗品をお送らせていただくぞ。ちょっといろいろ考えているので仕事の遅い拙者の事だから首を長くして待っていておくれ。


では、今年も頑張って大根作るから他の者も期待して待って居れよ。
お料理コンテストについては、そーだなー。5名以上の参加希望者が集った時点で開催を宣言するとしよう。参加希望者の方はコメント欄にドンドン書き込んでおくれ♪

それでは、わしは、東京のお友達のお誕生会に行ってくるでな。しばらくお休みするからそれまで元気でいるのだよ。
では、年半ばではあるが今年もよい年を!

さらばじゃ、アディオス!チャオ♪


 ☆第一回大会はこちらから
第一回諏訪湖姫大根お料理コンテスト








神田カレーグランプリ

2016.10.31 (Mon)
loard_balaji2.jpg



南インド料理シリバラジ
神田カレーグランプリに初参戦!!


会場     小川広場
最寄駅 小川町(都営)/ 御茶ノ水/ 神保町
日程   2016/11/5(土) ~ 2016/11/6(日)




カレー激戦地
神田にてカレーNo.1を決める一大イベント!
食べるほうも作るほうも、張り切ってまいりましょう!!





シリバラジ レストランプロモーションビデオ




ラジニカーント Rajinikanth Ballelakka intha poraputhaan 


ディワリ・イン・ヨコハマ2016

2016.10.24 (Mon)
P1018345.jpg


横浜は何年ぶりですかね
それこそ海のない長野に越して仕事とはいえ私一人はリゾート気分ですな




P1018346_2016102421300125e.jpg


澄み渡った空に青い海
この解放感は山の人となった私にとって久しく忘れていた圧倒的な感覚



P1018354.jpg


さて、お店といえば今日もやる気があるのかないのか
相変わらず地味なたたずまい
インド人協会の理事長からのご推薦、横浜にお店がないのに遠路はるばるの参上です




P1018356.jpg



それでも始まってしまえば長蛇の列
店舗も少なくナマステインディアのような変な縁日感もなく、おいしいものをゆっくり食べてもらうには日差しも暖かで和やかな感じ
他店と比べてインド人のお客がたくさん並んでいた様子はシリバラジの実力といったところ




P1018361.jpg


マサラドーサ
米と豆のクレープでマサラを包み込んだ南インドの軽食です
まだまだやってるお店が少ないのでどこかで見つけたら食べてみて




P1018363.jpg



日が暮れれば見ての通りのロマンチックな風景
恋を忘れた山男もしばし見とれてしまいます






ラジニカーント友情出演!
南インド料理『シリバラジ』プロモーションビデオ 

魚を捕るシーンがとっても美しい

Ballelakka

 "Thank you Superstar Rajinikanth!"

南インド料理 シリバラジ
中目黒店/東京都目黒区中目黒2-7−14  Tel 03-5724-8995
水道橋店/東京都千代田区西神田2-1-11 エスティエラ水道橋1F・2F Tel 03 6265 6969 

Authentic South Indian Cuisine " Sri Balaj "
2-7-14 Nakameguro, Meguro-ku, Tokyo,Japan Tel 03-5724-8995
2-1-11, Nishikanda Chiyoda-ku, Tokyo, Japan Tel 03 6265 6969

ボス その男シヴァージ Sivaji The Boss







back-to-top