スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中秋の名月

2017.10.06 (Fri)
P1013048s_201710052206282d8.jpg



もうそろそろアイヤッパへの道、執筆再開と思っていましたら今日の月が本当に美しくって、街に用事で出かけていても車の窓からヘッドライトの列とやまの陰から顔を出した大きなまん丸いお月様を見比べて、一年に一度しかない特別な月をいろんな思い出に青く照らして眺めていました。
ちなみに中秋の名月は昨日のお月さま。なんだかややこしい事情があってか、本当の満月が何故か明日の六日のお月さま。
真ん中とって、今夜書いてみようかなと。




P1013026.jpg


無事、稲刈りも終わって、午後からレストランに送るためのジャガイモ掘ってたら寝不足からか頭がふらふらして仰向けに畑で大の字になっていたらかすむ視界の先にはきれいな列のイワシ雲。市場なんかに出してたら結局買いたたかれるから小さくやってる農家さんは生きていくのがやっとのことで、この村でもジャガイモを出荷してるのは私だけ。袋に詰めた芋を積んだ車は日が落ちると同時に湖へ降りて、宅急便はアマゾンのせいで軒並み値上がり、利便性の陰でとばっちりを食うのはいつも正直な生活者、私が政治家になったら必ずアマゾンを潰します。寒くなってきたので温泉によろうかと思ってましたら行きつけのお蕎麦屋さんに無性に行きたくなって、温泉出たらもう閉まっちゃうし、私だけの特別メニュー、特盛を頼んだら今夜のおかずだって味のしみたおでんを出してくれて、それはそれは心から温まるごちそう。体も心もあったまって、温泉なんてどうでもよくなっちゃいました

P1013042.jpg


帰ってきてすぐカメラ片手にいそいで裏山に上って、冷たい秋風にかすれた虫たちの小さな声を聴きながら月を渡る雲を眺めていたら、幼いとき夜空に流れる雲を発見した時の文字道理天地のひっくり返る瞬間のあの時を思い出した。
小さいとき、本当に物心つく頃に、私は世界というのが私の住んでいる木造のぼろ長屋と赤や白の鯉の泳ぐ四角い池と真っ赤な鳥居のお稲荷さんと日々行きかい挨拶をする二、三の大人たちだけしかいない、紙芝居か操り人形の劇のように囲われた舞台と赤い垂れ幕の下がった限られた空間に住んでいる顔見知りの人たちだけの閉じた世界だと思っていました。太陽は神様がスイッチを入れた大きな街灯で、消灯後には裸電球のお月さまと砂糖のようなこまかな星が空に瞬いている。黒く塗られた小さな箱の天井を毎日眺めて暮らしているものだと思っていました。
そんなある夜、向かいの飼い犬が具合が悪いとかで、夏の夜中に、小さな子供には珍しいことだったのでしょうか、木造アパートの玄関先に出て、集まった近所のみんなが心配して眺めているときに、隣に立っていたおじさんが空を指さして明日は雨降りかななどといったのだろうか、指さす先を見上げた私の目に飛び込んできたのは月の明かりに浮かび上がっては激しく頭上を流れてゆく夏の夜空の綿を伸ばしたようなあの白い雲の列。


『夜なのにお空に雲があるよ!!!』


思わず大きな声で叫んだのを覚えている。
宇宙が連続してつながっている広大な広がりだということを発見した瞬間だった。









P1013060_201710052247178d8.jpg
20120521_2429950.jpg


書いていて思い出したあの大きな犬。
僕のことを初めて噛みついたあの大きな犬。
あの後しばらくして、真っ赤な血を吐いて死んでしまったあの大きな犬。

今夜の月はルドンの目を思い出すなぁ。










P1013050zza.jpg


















The Honeymoon Killers - Flat






今回は選曲悩んだな。記事のイメージで真っ暗な曲っていうのも黒いインクで黒い雲書くようで選んだ音楽家にも失礼だし。
ハネムーン・キラーズ、ニューウエーブの大御所、と思っているのはたぶん私だけ。ベルギーのバンドです。ベルギーはフランスとイギリスをミキサーでごちゃまぜにした国、ちっちゃなユーロ共和国。世界一いろんなビールを作ってる国。ビールのおつまみにムール貝オーダーするとボール山盛りの酒蒸しが出てくる国。ハネムーン・キラーズは私には終わりの始まりのバンド。いつまでも新しいバンド。こんなに上手にやられてこれ以上何をすればいいの?




The Honeymoon Killers - Tueurs de la Lune de Miel



The Honeymoon Killers - Decollage



Honeymoon Killers - Histoire à Suivre








スポンサーサイト

『 リセット 』  自作の曲

2017.10.02 (Mon)
『記事の途中ですが拍手機能、おかしくない?』
ps;運営に問い合わせしたら早速対応してもらいました。ただ、昨日拍手いただいた分は残念ながらノーカウントになってしまいました。
なので、皆さん、今夜も盛大に拍手クリックお願いいたします!!

P7090489.jpg



やっと、上野大根の疎抜きが終わって、一週間、畑の上を転げまわって延々と続く大根の青い列に絶望的にも見える戦いを挑んだ少彦名。結果、みんなより二週間も遅れて一体ちゃんとものになるのでしょうか?


小池都知事が彼女たちに似てるように見えるのは気のせいだとは思うのですが、小泉の郵政選挙の時も町のおばさま方が『もちろん小泉支持よ、だってっかっこいいじゃない♪』なんてテレビでの賜るのを思い出し背筋がぞっとします。あの時も周りはみんな小泉頑張れで、私は絶対支持しませんよと、お友達みんなからは変人扱いでした。
結局、郵政民営化で金持ちが自由にできる金が市場に流れて自由化の名のもとに派遣社員という人身売買制度が確立しました。

(イラク戦争もこいつのときっだったね。大国が寄ってたかっての戦争犯罪、白人どもにめちゃくちゃにされ蹂躙された廃墟から生まれたのが今のISIS。悪魔が悪魔を生んだってわけだ)





sasikala jaya pti
アイヤッパへの道 Vol.11



民主党が躍進したときに、実は私、民主党の選挙協力にかなりどっぷりつかってまして、選挙活動の最前線に居りました。民主支持ではないですが、政権交代で古い腐った血が絞り出されて新しい人たちの時代になればいいなと、年寄りたちには引退願って若い人が政治に立てば少しは風通しがよくなるのでは、そう思っての行動でした。
選挙中、私がついていた若手候補と話していたのが、民主党が今回勝てば、真っ先に民主党自体の分裂が起きるのではないか。酒を酌み交わしながらまことしやかにそんな話をしていました。第一党になって真っ先に分裂予測を立てるなんて突拍子もないおかしな話ですが、傍目で見ていてもそれくらい民主党という政党は節操のない支離滅裂な集団でした。
結局、尻つぼみに衰退して行った挙句、外からの力で崩れ去っていったわけですがまことに遅きに逸した感があり、まだ元気なうちに分かれていればそれなりに存在価値のある政党になれたんじゃないかしら。
彼らの政権下で思い出すのは辺野古と中国漁船の体当たりと原発事故かな。融和と言いながら近隣との溝が目に見えて深まった時代。


今度の選挙は自民党一択だな。
いろいろ問題はあるけれど

『首が飛ぶつうのに髭の心配してどうするだ!』

・・・・七人の侍の長老の言葉。










reset  外山恒一政見放送 /  曲 少彦名







小池都知事がリセットとか聞こえがいいこと言ってるね。
選挙の時に小沢にも会ったけど、二、三人殺してるんじゃないかってくらい迫力あったよ。


内政だけであれば小池さんに入れてます。台所奉行はお手のものだと。
この時期に選挙?などと世間では言ってますが、この時期に安倍さんが選挙を選択したということはトランプからの何かしらの取り決め、情報があったのかも。
朝鮮有事が現実のものになろうとしています。





雨なので質問!

2017.09.28 (Thu)
P5109860.jpg


FC2ブログのSSL化が完了ってお知らせがあったけどほっとけば勝手に変えてもらえるんだなと思ってたら、ブログの管理画面の『環境設定』から『ブログの設定』→『SSL設定』というのを見つけた。おやおやと思いながら『SSL設定 SSL』が無効になってたので『有効』にして『更新する』を押したらブログのURLが「http://」から「https://」に変わりました。

一言
「これやってみてね♡」
ぐらい書いてくれたらいいのに・・・・


で、こんなことも知らなかった少彦名から皆さんに質問です。

拍手ボタンの隣にツイッターとフェイスブックのボタンを載せてみました。機械買ってもほとんど説明書を読まない私は昨日までそういうことができることも知らなかったのですが、これってなんかいいことがあるのでしょうか?
つけることで読者が増えるのならどういう使い方をすれば一番効果が出るのでしょう?
インターネットに詳しい方、どうか教えてください!

 きっと親切な方が書き込みしてくれると信じてます。
私同様わからない人がコメント欄を通じて知識の交換ができたらいいな。





The Beatles - Your Mother Should Know
(お母さんならきっと知ってるよ)







ps;SSL変更後、ブログサークルの記事表記が二重になってた。ブログランキングもちっとおかしかったので登録をhttpからhttpsに変えて一応問い合わせしました。今日すっごい寒いです。

ps;SSL変更後、ブログランキングなどの外部リンクの登録を変えるのが面倒ですね。まだ気づかないところも多々ありそうです。気長に対応してみます。『おきてがみ』は全く対応できてないみたいで、再登録もできませんでした。おきてがみを残したい人は変えないほうがいいかもです。なので『おきてがみ』撤去します。いいアイテムなんですけどね。

ps;おきてがみ、運営自体が消滅しているみたいです。新規登録はできません。

で、そもそもSSL化って必要なんでしょうか?


アイヤッパへの道 vol.14

2017.09.26 (Tue)
ポンディシェリにて 映画監督

P1019151.jpg


その日はべンガル湾を望む瀟洒なホテルに宿をとると、助監督のヘムラージと運転手さん、三人で海岸に臨むトップルーフのレストランでビールを傾けながら海風に吹かれて今日の長旅の疲れを洗い流す。インドに到着した当日からののどの痛みと下がらない熱に浮かされて海岸に打ち付ける波の色は夕日に照らされてにじんで見える。


P1019180.jpg


海のない信州に越して以来、こうして波の音をゆっくりと眺めているのは本当に久しぶりだ。よく、山の空気に心が洗われる、と言うが、海の風ならばどうだろう?
何故かわからないが、海の風は私たちの心を幸せで満たしてくれる。心の、ぽっかり空いた隙間にじんわりしみ込んでくる。



P1019184.jpg



近くのテーブルで日本人らしき老人が3人の、それは美しい、男に対して美しいという表現はちょっとおかしいのだが、3人の若者を従えて食事をしている。酔ったせいもあるが、席を立ったついでに声をかけてみた。「日本の方ですか?」
日系アメリカ人、今はパリに住んでいるそうだ。今は引退してらっしゃるということでもともとはブロードウエーの舞台監督、演出家だったそうだ。大変な人に声をかけてしまったらしい。ネットで調べれば名前ぐらい出てくるよと言っていた。それにしても付き従えている三人の若者、フランスの白人と黒人の二人、イスラエスの美少年、妖しくどこか男色の香りを漂わせたこの三人は駆け出しのダンサーだそうだ。領収書の切れ端に書いてもらった氏名とパリの住所は映画畑のヘムラージに渡してしまった。

P1019170_201709252152216ef.jpg


男色といえば少年のころよく痴漢にあった。男が痴漢とはこれまたおかしなものだが、「なんだお前?」ということがちょくちょくあった。
パリ近郊のブローニュの森とはご存じだろうか?名前の響きは軽やかでさぞ美しいところだと思うだろう。しかし、いざ行ってみると草むらの小道には使用済みのコンドームが点々と捨ててあり、森の茂みに足を踏み入れれば背丈ほどの草むらから抱き合った裸の男同士がぎょっとこちらを振り返り汗で光った肌を手で覆い隠す。
ここでもナンパされた私は ― その時はそうとは気づかなかったが ― その、人の好さそうな小太りの中年男のアパートで自家製のきっと今まで飲んだ中では最高な黄金色のシードルと彼がジャーナリストだった頃の思い出話と、以前同居していた日本の青年の話と、ベットルームには小さな白黒のテレビ、ソニーのトランジスタラジオだけがぽつんと置いてある質素な部屋で夏の真っ白な日差しが注ぎ込む大きな窓を背にパリの孤独な中年おやじの幸せそうな笑顔を眺めていた。どうして、それは幸せなはずだ。二人でバスを降りるときに、近所の知り合いだろうか。黒人のおばちゃんがその小太りのおじさんと連れられた私を交互に見ながらニヤリ、右のこぶしで力ずよく親指を立てたのを思い出す。
外国人に最初に唇を奪われたのは女性でなはなく男性だった。私はつたないフランス語でなんとかその場を言いつくろい、明日必ず来るからと嘘をついてその場を逃げだすことができた。地下鉄を乗り継ぎ逃げ帰った私は、それでもその男の寂しそうな笑顔と一人孤独にパリの家具もないがらんとしたアパートで暮らす男の姿がどこか不憫で、なぜだか後ろ髪を引かれる思いだった。その日のうちに、当時お世話になっていた大学の助教授に頼んで電話をしてもらった。そちらには二度と行かないこと、嘘をついたことを謝ってもらった。
彼が私に声をかけたブローニュの小さな池は人肉事件で佐川一政が女性の死体を捨てたその現場だった。





P1019188.jpg


帰る途中、映画の撮影現場に行き会った。
ヘムラージの友人もたくさんいたのでしばらく見学させてもらった。


P1019301.jpg



運転手さんはドライバー用の仮眠室へ。
咳が止まらない、その日は眠れなかった。半病人の隣でヘムラージには申し訳なかった。




P1019204.jpg


翌朝、だるい体を引きずって再び海岸へ出る。せっかくの旅行なので一瞬たりとも時間を無駄にしたくはない。
朝のラジオ体操だろうか?
みんなでヨガをしている。



P1019225.jpg



マハトマ・ガンジー、塩の行進の姿だろうか。
友人の息子が教えてくれたのだがインドで一番人気のあった大統領はアブドゥル・カラーム(Avul Pakir Jainulabdeen)、タミルのムスリム教徒、ミサイルの開発者、インドの核弾道ミサイルの生みの親なんだそうだ。ガンジーの無抵抗主義とは全く逆、インドは、非公認の核保有国、領土紛争の敵対国、中国の核に対抗しての開発だ。隣国のパキスタンもインドに対抗して核の保有に成功している。ミサイルが飛びかう日本上空、国民一人一人がガンジーのように殴られても打たれても無抵抗を貫く聖人のような人であるならばこのままの平和国家でもかまわないかもしれない。
ムンバイに住む友人の知り合いの映画監督がガンジーの本当の姿を題材にした作品を撮ったそうだ。結果上映延期、ガンジーは半ば神格化された存在、世間で物議をかもしているという。来年の三月のインド旅行でこの映画監督と会わせてくれるらしい。



P1019148.jpg



再び映画の撮影。
やはりヘムラージの知り合い、観光地のポンディシェリでは映画の撮影は頻繁にあるようだ。



P1019296.jpg



「考えてる映画の脚本があるんだけど聞いてくれる?」

日本を舞台にした恋愛ドラマだった。悪くない、いつまでも助監督でうじうじしている自分がじれったいだろう。
映画を撮るためには莫大なお金が必要だ。


P1019233.jpg



「それじゃ、僕も映画のアイデアを持ってるから、一つ話そうか」
そんなものもってやしない。行き当たりばったりで話を作ってみる。
「題名は“アタック・オブ。ザ・ココナッツ” 」・・・どこかで聞いた名前だがインド人の彼にはわからないだろう

「ある日突然、インド各地でココナッツが降り注いで人を殺し始めるんだ。 これは後々解明されるんだが、原因は環境問題、増え続けるインドのごみについに堪忍袋の緒が切れたヤシの木が人々を襲い始めるんだ。犠牲者が続出し、国の機能は麻痺し、ついには国家存亡の危機にまで追いつめられる。しかし、科学者の懸命な調査で、ある地域のほんの狭いエリアではヤシの木は人々を襲うことはなかった。そこの村にはゴミ一つ見ることはなく、ある男のおかげで村は常に清潔に保たれていたのさ。かくしてインドの命運はその一人の貧しいゴミ清掃員の手に託されることとなった!荒れ狂うヤシの木の大群にたった一人立ち向かうわれらがヒーロー、孤独なギャベッジマンの運命やいかに!!」


なにそれ?ヘムラージはけげんな表情。






P1019304.jpg
塩田







「ところで、僕の脚本はどう?日本で撮影できるかな」


ヘムラージが帰りの後部座席に揺られながら言った。


「そうだなー。いいとは思うんだけど、どうも何かもの足りない気がするんだ・・・・
ココナッツアタック、そうだ、劇中にココナッツの雨を降らせれば君の映画はきっと完璧だよ!」

二人して顔を見合わせて笑った







P1019199.jpg













EP-4 / COCO




ココナッツってことでこの曲。キッド・クレオール&ザ・ココナッツでもよかったけどなんか柄でもないから。
かなり前に紹介した記憶があるんだけど当時、他所で並行してブログを書いていたことがあるからそちらだったかな。佐藤薫率いる都市型ファンクバンド


P1013006.jpg


昭和崩御ってすごいね。こりゃ今なら大問題になるよ。
で、実際当時も問題になって発売延期、結局「昭和大赦」って書き換えて、写真も金属バット殺人事件の現場住宅、それもどうかと思うけど、リニューアルして何とか日の目を見る。このアルバム発売直前、一か月前ぐらいから地下鉄や電柱や、街のいたるところに「EP-4 5・21」って書いたスッテッカーが張られまくって薄気味悪いと巷では話題になったっけ。
EP-4をウィキで調べてみたんだけど、この昭和崩御のアナログ盤、発禁10年後に元のジャケットで再販したって書いてあるんだけどどう考えても発禁直後に、いたいけな少年はなけなしのお小遣いをはたいて買った記憶があるんだ。レコ倫で引っかかったジャケットデザインだけど書籍として出せば言論の自由ってことでお咎めなし。御茶ノ水の三省堂の隣にあった和泉書店だったか、不屈の本屋って言われて結構危ないものも取り扱ってたんだけど、そこでこのお蔵入りになった昭和崩御のアナログ盤に新たにブックレートつけて( ブックレートが商品、レコードはおまけ )販売したって記憶がある。とすればこれって、その書店でしか手にはいらなかったかなりのレアものってことなのかな?こんなもの買うなんて俺ってずいぶんませてたんだな。改めてみたらレコード盤に非売品て書いてあるしw










松本城ビールフェスティバル中止

2017.07.31 (Mon)
緊急報道

P1010405a.jpg


松本市教育委員会は今春改正した松本城公園の使用許可の運用を定める内規に基づき今年九月に開催される予定だった「ビアフェス信州クラフトビールフェスティバルin松本」の自粛を要請、中止に追い込んだ。
イベントの中止を決定したのは教育委員会の構成員
たった5名のロートル



『飲酒を伴うイベントは、史跡の品格にふさわしくないと判断した』



品格あるお前ら、一生酒飲むんじゃねーぞ!





教育部 教育政策課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所4階)
電話:0263-33-3980 FAX:0263-33-3934

追記
松本市教育委員会に電話で問い合わせたところ中止の理由をお堀周りの通路の拡張工事とイベントに伴うテントの造営等で一般の観光客の写真撮影等に支障をきたす恐れがあるため中止要請をかけたと説明を受けた。『品格』という報道はあくまで誤解で本意ではないとの言い分だった。
ビールフェスティバル開催予定日の一か月後、『信州・松本そば祭り』は予定通り開催される。あの説明は嘘のようだ。ある特定の文化を標的に圧力をかける行為はファシズムの何物でもない。






Throbbing Gristle / Hot on The Heels of Love



長野県は『教育県』 進学率が全国で29位。下から数えるほうが早い






木陰で一休み

2017.07.11 (Tue)
P1012670.jpg



あまりに暑いのでインド紀行はちょと一休み。
皆様には信州の夏でお楽しみください




P1012697.jpg


予報だと午後は雨って言ってたから苗植えようかと途中までやってたらなんだか一向に雨の気配なんてなし
帰って天気予報確認したら終日ピーカンじゃないの
予定変更で、植え付けたものには水やり、サツマイモの草取りして上野大根の畑の準備にトラクター走らせて、ふっと顔上げたらいい眺めじゃないの。


P1012713.jpg




上野大根の畑に緑肥で漉き込むそばの花
来年の畑のために実をならせて種を取ります




P1012703.jpg




そばの花に蜂が集まってものすごい音でぶんぶんいってます






P1012683.jpg



今年もまたおかしいです。
九州では恐ろしいほど雨が降っているのにこちらは全く。
山の裏で土砂降りでもここだけ雲に嫌われたようにぽっかりと青空が広がってます。先日、一時に一か月分の雨が降りましたがいっぺんに降られても迷惑なだけ。全く予測が立ちません。
ジャガイモは皆さんダメ見たいです。雨が降らないのと春先寒かったのとで生育が遅れて、まだ小さいうちに今度は少雨のせいで異常発生したニジュウヤホシテントウに丸裸にされて次々に枯れていってます。
どうも見ていると『とうや』という品種がやられているようです。いわゆる男爵イモ、丸っとしてごつごつした種類。私の畑はピルカというメークインの一種と紫の三色でしたのでとうや以外の二つは何とか持ちこたえて大丈夫なようです。







P1012740.jpg




今日やっと花が咲き始めたモロッコインゲン
種まきをずらしたつもりがやっぱり今年の気候のせいでみんな成長がそろっちゃった。
延べ耕作長さ、200メートル、いっぺんに出来上がったらとてもじゃないけど一人じゃ対処できません。
考えただけでも恐ろしい。誰か助けに来てくれないかな



P1012727.jpg



あと十日
暑い夏がやってきます






Blue Cheer - Summertime Blues





めちゃかっこいいですね。おバカが過ぎて突き抜けちゃってます。
ブルー・チェアー、1968年結成のアメリカンバンド、古いなんて言わせない、究極のスリーピースです。俺らはこれがやりたいんだ!ファズを目いっぱいかけたギターがそう叫んでます。下手な飾りなんて必要なし、俺にはギターさえあればいい!その辺のカッコつけてるなんちゃってミュージシャン、かっこいいのとカッコつけてんのとは意味が違うんですぜ。
ヘビメタの元祖とか言われてるみたいだけどどんなに早引きがうまくたって彼らの足元には到底及ばない。にーさん、この曲、ライブでカバーしたら盛り上がりますぜ。






louder-than-god-the-best-of-blue-cheer-542fbf007dc0c.jpg

このジャケのアナログ盤、見当たらないけど廃版なのかな
いくらで売れるんだろう?ねえ、中古屋さん




やまびこ

2017.07.06 (Thu)
P1012660.jpg



パソコンが壊れて修理してシステムがまっさらになったものだから今度はブログにログインできなくて、FC2 IDて何なんだろう?ブログだけやってるから全く必要ないんだけどログインのたびにそちらに連れてかれて、パスワードも別個だったりブログのIDと違ってたりであのままログインできなくて辞めちゃう人も中にはいるんじゃないだろうか?



P1012648_201707052244280fa.jpg



朝、6時にゴミ出ししてそのまま田んぼの見回り。雨が続いたから水の量を加減しないとと思って見に行ったら株の間に雑草が茂ってるのが目に入ってしまって、すぐ帰るつもりだったのに。
除草剤使ってないから水の浅いところにじゅうたんのように生えてる。朝ごはんも抜きに結局そのまま午前中、はだしで田んぼの中、転げまわることになりました。





P1012639.jpg



午後は午後で、畑の草取り、ルバーブを植え替えようと思ったんだけどこの前やったばかりの場所がもう草だらけで結局こちらでも土の上を転がって夕方まで。せいせい虫に刺されました。
ジャガイモ畑、なんだか春先暑かったせいで虫が多くてテントウムシダマシの幼虫がうじゃうじゃ、ニジュウヤホシテントウでググってみて、これが気色悪いんだから。やっぱり農薬撒いちゃえば一発解決なんだけどどうしてもいやなんだよね。この性格何とかならないかな。すっかり坊主になった木もあって全滅ってことも考えたけどこのままだとまたダメかな。人事を尽くして天命を待つ。今更焦っても仕方ないな。





P1012657_20170705233316173.jpg





今日は家の中外のかたずけと思っていたのに思わず一日畑で頑張ってしまったのでご褒美に山へ沢蟹捕りに行きました。空いてる水槽があったのでちょっとの間滞在してもらおうと思いまして。
仕事をかたずけて6時半に出かけても今は日が長いから、それじゃもっと働けよとも思いますがこの時間に畑に行ったら雨上がりのブヨの大群にあっという間にぼこぼこにされてしまいます。実際、右手がパンパンに張れてるんですよね





P1012511.jpg




ブログお休みしてたのでとりあえず更新しようと思って書いてます。「アイヤッパへの道」第三話は何書こうかもう決まってて、拍手100たまったら明日にでも書こうかな。

今日行ったとこの湧き水、憩いの森『延命水』はとっても冷たくて本当においしいよ。






P1012629.jpg




森の中を流れる小川もとっても冷たくてそのまま飲めるくらい。
あまりに澄んでいるのでカ二見つからなかったよ。きれいすぎて食べるものがないんだろうね。その代わり何かの卵を見つけたのでお持ち帰り。サンショウウオか川蛙の卵か、孵ってみないとわかりません。





P1012634.jpg




僕も知らなかったのですがこのキャンプ場、自由に使っていいそうです。周りは全く何にもないけれど水はおいしいし火を囲んでカレーでも作ったら盛り上がるんじゃないかしら。





P1012642.jpg



畑で取れたズッキーニとトマト、冷蔵庫にあった豚と鶏肉、家の前で生い茂ってるフェンネルとオレガノ、この前整理したにんにくの花芽、味付けはお塩のみ。夏野菜の煮込みだからフェンネル風味のラタトゥイユってとこですね。
お供はカシスリキュールの麦茶&ソーダ割




P1012622.jpg



こうやって一日が過ぎるんですよね
山に向かって叫ぶと山彦が返ってくるじゃない?
でも、まるっきり山の中だと返ってくるやまびこもないんだよね。
ま、いい一日でした。






Suburban Lawns -- Janitor









すべての出来事、刺激への反応
拡張
収縮
遠隔で操作するの

お水の中で
何か問題でも?
反物質
核反応
ブームブームブームブーム

君の母親は? 誰が父親なの?
血縁なんて見当違いね
君の母親は? 誰が父親なの?
お察ししますわ

ああ、私は管理人
ああ、私の陰部
ああ、私は管理人
ああ、私の陰部 ・・・・





水景 おんばしらの森

2016.03.15 (Tue)
P3155053.jpg



今年は御柱に始まり御柱に終わる一年、通して御柱に明け暮れる
そういえばうちにも小さなおんばしらがたっていたなと思いだして写真に残しておきます





P3155068.jpg


水槽 60×45×45cm
底床 ソイル
水草 ウォータースプライト ソードリーフハイグロ ミクロソリウム クリプトコリネ・バランサエ アルテルナンテラ・ レインキー アンブリア アポノゲトン・クリスプス クリプトコリネ アメリカンヲータスプライト バコパ・コンパクタ クリスマス・モス 鳳凰ゴケ
生体 セルフィンテトラ他カラシン各種






P3154994.jpg


御柱を意識して作ったレイアウトではないですが、ちょっと変わった水景をと思って流木を4本ばかりぶっきらぼうに突っ立てました。そのうち水草が繁茂して今ではすっかり森の中に埋没した遺跡のようです




P3155000.jpg


おんばしらを覆い尽くすコケ類
知らぬ間に鳳凰ゴケがてっぺんで生い茂ってます





P3155026.jpg



水草はなるべく手のかからない奴で
二酸化炭素の添加なんて手の込んだことはめんどくさくてしないのです






P3155024.jpg



コケだって生やし放題ですが一向に気にしない少彦名
みんな仲良く元気にしていてくれれば私は満足。たまに酔っぱらいながら覗き込めば、みんな一斉に森の中に逃げてゆきます





P3155043.jpg



残った雪で今夜は少し寒いです
珍しくウイスキーなど傾けながらセーターで丸々とした背中を屈めて水槽のガラスに鼻をこすりつけています




P3154988.jpg



窓のガラスを漆黒の闇が覗き込む
CDを二枚も聞けばあっという間にもう寝る時間です












Robert Wyatt - Amber And The Amberines



  「一人で戦うものは決して勝利することはない」
                - ロバート・ワイアット -





桜露

2015.04.20 (Mon)
P4151555a.jpg




連日の雨
高遠の桜は満開の花びらを雨に濡らしていました





P4151559.jpg



朝方は久しぶりに晴れ間が覗いてたのですが着いた頃にはまた雨が降り出します






P4151566.jpg



タカトオコヒガンは高遠城に自生する固有の品種。
ソメイヨシノよりも小ぶりで桃色の花をつける。
本来なら名前の通り彼岸頃に咲く桜
信州は一ヶ月遅れの春の訪れ







P4151577.jpg




激しく降ったと思えば急に晴れ間が覗いたり
あいにくの天気にもかかわらず天下の桜を一目見ようと詰め掛けた観光客の一喜一憂が余計に桜の色を赤く染めるようです。








P4151614.jpg



高遠の城には代々由縁のある家柄だとか。
その昔、城に通う五里の道のりを他人の土地を踏まずに通った云々・・・






P1011662.jpg




それもこれも少彦名がこちらに越してきてから聞いた話
きょうは御城主への二度目のご挨拶です。






P4151631.jpg




雨にぬれた桜をわざわざ見に来たのは初めてかもしれない。
やせ我慢でもなんでもなく、濡れた肌色の桜は晴天に輝く花びらに決して引けをとるものではない
むしろ余計に色鮮やかでまるで別の花のようにしっとりと振舞っています







P4151635.jpg





城内の桜は1500本、天下一というのもまったくうなずけます






P4151624.jpg







花の咲く頃
沢山の人々が花の周りを通り過ぎる
毎年必ず目にしているはずなのにいつもはじめてみるような
しっかりと目に焼き付けているつもりなのにまったく何も見ていないような。







P1011653.jpg








花びらに滴る雨の露

小泉八雲の「乳母桜」の一節を思い出す




『その桜の花は、桃色に白く、まるで大人の女性の胸の乳でうるおった乳首のようでございました。そして、人はそれを乳母桜、つまり、赤子に乳を与え守る乳母の桜の木と呼んだのでした』



乳母は自分の育てた子を、子は、育ての母親を。
母と子の互いを思う悲しくせつない物語







さて、城址を離れた直後、あたりは黒い雲に覆われ山頂では雷の鳴り響く激しい嵐となりました
峠を走るうち雨はみぞれに変わり霧に包まれた道は数メートル先も見えません
迷宮に迷い込んだ少彦名がたどり着いたのは・・・

次回は古代の謎に包まれた古いお社、「守屋神社」のお話です
謎の守屋神社








Kate Bush - Babooshka



桜狂い咲きということで今夜はケイトブッシュで三曲
彼女の錯乱した美しさは桜が咲き乱れ散っていく目くるめく感覚に似ているようです。



彼女は夫を試してみたかった。
彼女は何をすべきかよく分かっていた
偽名を使って、彼を欺いてみよう。
彼女にはそんないけない行いはできなかったのに。




彼女は夫の愛を試す為、他人に成りすまし香水の香る熱烈な手紙を送り、密会の場所で夫がどんな様子で現れるのか心を震わせて待ち構えるのです。そのとき、すでに彼女は彼女ではありません。雨にぬれた桜のように、彼女は以前の彼女ではありません・・・・





Kate Bush - Army Dreamers


Kate Bush - Get Out Of My House










続きを読む

おつねんとんぼ

2015.03.31 (Tue)
P1011287.jpg


はる近いある寒い朝

水槽の小さな茂みに小さなイトトンボを見つけました。



P1011275.jpg


オツネントンボ
 成虫のまま越冬する珍しいトンボ。同じように越冬するトンボは日本に三種類いるそうです。



P1011285aa.jpg

 冬越しするトンボがいることは何かの本で知っていましたが自分の部屋で出合うことが出来るとは思っていませんでした。
厳しい信州の冬を二人でじっと耐え忍んできたのですね。

 


P1011287.jpg


    はじめまして







P1011289.jpg

水槽全景
 田んぼからもらってきた雑草で覆いつくされています。
 鍋料理の際は生えているセリの葉っぱが貴重なご馳走。







P1011321a.jpg
(熱帯魚)アフリカン・ランプアイ Sサイズ(10匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

水の中の住人
 アフリカンランプアイ
 青い目の異人のめだか。累代繁殖で永住権を獲得した、たくましい美魚







P1011314.jpg
(熱帯魚)ピグミー・グラミー(12匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

同居人のピグミーグラミー。
同じく青い目のキュートな子。
機嫌がいいと小さな声で「ククク」と鳴きます

コケが生えているのはご愛嬌、何しろ田んぼの草ですからアオミドロだって田んぼの再現です






P1011300.jpg

そして、なぞのお魚。
ピグミーグラミーを導入したときに交じりで入ってきたテトラ


チャームさんに写真付きで問い合わせたところ『赤目赤点黒点・テトラ』なる、なんともしまりの無いそのまんまな名前を頂戴いたしました。まあ、見た目が地味な目立たない子なので名前があるだけありがたいというところなのしょう。
デモね、私は好きなんですよ、こういう子。こちらから語りかけると輝いてくれる原石のような子がね。
見てのととおり、ジミですが、光の当たり具合で銀色にもほのかな青にもピンクにも見えたりするようで。

本人は知ってかしらずか至ってのんきに泳いでおります。





P1011367.jpg


しばらくお休みしていました
三年目の春です





P1011319.jpg


今年もにぎやかな一年が始まります










twenty one pilots: Guns For Hands


春だし、ブログ再開ということで若々しくも青臭くはじけた秀作のご紹介

RIGHT-ONのCMで流れてたやつです。蒼井優さんが初々しくて曲調にもばっちりなカッコいいフィルムでした。
PVの出だしと途中、ラップに無理やりなっちゃうとこなんか若さゆえの青臭さ全開のむずがゆさなんですけどそれはそれ、生きの良さで十分カバーした名曲です。
実を言えばこの曲、このコマーシャルで始めて耳にしたのですが、以前はテレビで始めてであった名曲というのが沢山あった気がします。今はといえばCMも番組も流れる曲は60年代70年代のスタンダードばかり。作り手の不勉強とレベルの低さが如実に現れています。

ま、そんなことはどうでもよくて、
面白いことがないんだったら自分で作っちゃいましょ。自分自身の手でね。












続きを読む
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。