中秋の名月

2017.10.06 (Fri)
P1013048s_201710052206282d8.jpg



もうそろそろアイヤッパへの道、執筆再開と思っていましたら今日の月が本当に美しくって、街に用事で出かけていても車の窓からヘッドライトの列とやまの陰から顔を出した大きなまん丸いお月様を見比べて、一年に一度しかない特別な月をいろんな思い出に青く照らして眺めていました。
ちなみに中秋の名月は昨日のお月さま。なんだかややこしい事情があってか、本当の満月が何故か明日の六日のお月さま。
真ん中とって、今夜書いてみようかなと。




P1013026.jpg


無事、稲刈りも終わって、午後からレストランに送るためのジャガイモ掘ってたら寝不足からか頭がふらふらして仰向けに畑で大の字になっていたらかすむ視界の先にはきれいな列のイワシ雲。市場なんかに出してたら結局買いたたかれるから小さくやってる農家さんは生きていくのがやっとのことで、この村でもジャガイモを出荷してるのは私だけ。袋に詰めた芋を積んだ車は日が落ちると同時に湖へ降りて、宅急便はアマゾンのせいで軒並み値上がり、利便性の陰でとばっちりを食うのはいつも正直な生活者、私が政治家になったら必ずアマゾンを潰します。寒くなってきたので温泉によろうかと思ってましたら行きつけのお蕎麦屋さんに無性に行きたくなって、温泉出たらもう閉まっちゃうし、私だけの特別メニュー、特盛を頼んだら今夜のおかずだって味のしみたおでんを出してくれて、それはそれは心から温まるごちそう。体も心もあったまって、温泉なんてどうでもよくなっちゃいました

P1013042.jpg


帰ってきてすぐカメラ片手にいそいで裏山に上って、冷たい秋風にかすれた虫たちの小さな声を聴きながら月を渡る雲を眺めていたら、幼いとき夜空に流れる雲を発見した時の文字道理天地のひっくり返る瞬間のあの時を思い出した。
小さいとき、本当に物心つく頃に、私は世界というのが私の住んでいる木造のぼろ長屋と赤や白の鯉の泳ぐ四角い池と真っ赤な鳥居のお稲荷さんと日々行きかい挨拶をする二、三の大人たちだけしかいない、紙芝居か操り人形の劇のように囲われた舞台と赤い垂れ幕の下がった限られた空間に住んでいる顔見知りの人たちだけの閉じた世界だと思っていました。太陽は神様がスイッチを入れた大きな街灯で、消灯後には裸電球のお月さまと砂糖のようなこまかな星が空に瞬いている。黒く塗られた小さな箱の天井を毎日眺めて暮らしているものだと思っていました。
そんなある夜、向かいの飼い犬が具合が悪いとかで、夏の夜中に、小さな子供には珍しいことだったのでしょうか、木造アパートの玄関先に出て、集まった近所のみんなが心配して眺めているときに、隣に立っていたおじさんが空を指さして明日は雨降りかななどといったのだろうか、指さす先を見上げた私の目に飛び込んできたのは月の明かりに浮かび上がっては激しく頭上を流れてゆく夏の夜空の綿を伸ばしたようなあの白い雲の列。


『夜なのにお空に雲があるよ!!!』


思わず大きな声で叫んだのを覚えている。
宇宙が連続してつながっている広大な広がりだということを発見した瞬間だった。









P1013060_201710052247178d8.jpg
20120521_2429950.jpg


書いていて思い出したあの大きな犬。
僕のことを初めて噛みついたあの大きな犬。
あの後しばらくして、真っ赤な血を吐いて死んでしまったあの大きな犬。

今夜の月はルドンの目を思い出すなぁ。










P1013050zza.jpg


















The Honeymoon Killers - Flat






今回は選曲悩んだな。記事のイメージで真っ暗な曲っていうのも黒いインクで黒い雲書くようで選んだ音楽家にも失礼だし。
ハネムーン・キラーズ、ニューウエーブの大御所、と思っているのはたぶん私だけ。ベルギーのバンドです。ベルギーはフランスとイギリスをミキサーでごちゃまぜにした国、ちっちゃなユーロ共和国。世界一いろんなビールを作ってる国。ビールのおつまみにムール貝オーダーするとボール山盛りの酒蒸しが出てくる国。ハネムーン・キラーズは私には終わりの始まりのバンド。いつまでも新しいバンド。こんなに上手にやられてこれ以上何をすればいいの?




The Honeymoon Killers - Tueurs de la Lune de Miel



The Honeymoon Killers - Decollage



Honeymoon Killers - Histoire à Suivre








スポンサーサイト

やまびこ

2017.07.06 (Thu)
P1012660.jpg



パソコンが壊れて修理してシステムがまっさらになったものだから今度はブログにログインできなくて、FC2 IDて何なんだろう?ブログだけやってるから全く必要ないんだけどログインのたびにそちらに連れてかれて、パスワードも別個だったりブログのIDと違ってたりであのままログインできなくて辞めちゃう人も中にはいるんじゃないだろうか?



P1012648_201707052244280fa.jpg



朝、6時にゴミ出ししてそのまま田んぼの見回り。雨が続いたから水の量を加減しないとと思って見に行ったら株の間に雑草が茂ってるのが目に入ってしまって、すぐ帰るつもりだったのに。
除草剤使ってないから水の浅いところにじゅうたんのように生えてる。朝ごはんも抜きに結局そのまま午前中、はだしで田んぼの中、転げまわることになりました。





P1012639.jpg



午後は午後で、畑の草取り、ルバーブを植え替えようと思ったんだけどこの前やったばかりの場所がもう草だらけで結局こちらでも土の上を転がって夕方まで。せいせい虫に刺されました。
ジャガイモ畑、なんだか春先暑かったせいで虫が多くてテントウムシダマシの幼虫がうじゃうじゃ、ニジュウヤホシテントウでググってみて、これが気色悪いんだから。やっぱり農薬撒いちゃえば一発解決なんだけどどうしてもいやなんだよね。この性格何とかならないかな。すっかり坊主になった木もあって全滅ってことも考えたけどこのままだとまたダメかな。人事を尽くして天命を待つ。今更焦っても仕方ないな。





P1012657_20170705233316173.jpg





今日は家の中外のかたずけと思っていたのに思わず一日畑で頑張ってしまったのでご褒美に山へ沢蟹捕りに行きました。空いてる水槽があったのでちょっとの間滞在してもらおうと思いまして。
仕事をかたずけて6時半に出かけても今は日が長いから、それじゃもっと働けよとも思いますがこの時間に畑に行ったら雨上がりのブヨの大群にあっという間にぼこぼこにされてしまいます。実際、右手がパンパンに張れてるんですよね





P1012511.jpg




ブログお休みしてたのでとりあえず更新しようと思って書いてます。「アイヤッパへの道」第三話は何書こうかもう決まってて、拍手100たまったら明日にでも書こうかな。

今日行ったとこの湧き水、憩いの森『延命水』はとっても冷たくて本当においしいよ。






P1012629.jpg




森の中を流れる小川もとっても冷たくてそのまま飲めるくらい。
あまりに澄んでいるのでカ二見つからなかったよ。きれいすぎて食べるものがないんだろうね。その代わり何かの卵を見つけたのでお持ち帰り。サンショウウオか川蛙の卵か、孵ってみないとわかりません。





P1012634.jpg




僕も知らなかったのですがこのキャンプ場、自由に使っていいそうです。周りは全く何にもないけれど水はおいしいし火を囲んでカレーでも作ったら盛り上がるんじゃないかしら。





P1012642.jpg



畑で取れたズッキーニとトマト、冷蔵庫にあった豚と鶏肉、家の前で生い茂ってるフェンネルとオレガノ、この前整理したにんにくの花芽、味付けはお塩のみ。夏野菜の煮込みだからフェンネル風味のラタトゥイユってとこですね。
お供はカシスリキュールの麦茶&ソーダ割




P1012622.jpg



こうやって一日が過ぎるんですよね
山に向かって叫ぶと山彦が返ってくるじゃない?
でも、まるっきり山の中だと返ってくるやまびこもないんだよね。
ま、いい一日でした。






Suburban Lawns -- Janitor









すべての出来事、刺激への反応
拡張
収縮
遠隔で操作するの

お水の中で
何か問題でも?
反物質
核反応
ブームブームブームブーム

君の母親は? 誰が父親なの?
血縁なんて見当違いね
君の母親は? 誰が父親なの?
お察ししますわ

ああ、私は管理人
ああ、私の陰部
ああ、私は管理人
ああ、私の陰部 ・・・・





トラクター

2016.06.09 (Thu)
P1015979.jpg




真っ赤なトラクターを買った



P1016028sss.jpg






長年使っていない田圃を耕してみた






P1016038.jpg






咲き誇った野の花をどんどこふん潰していたら一匹の野ネズミが飛び出してきた


捕まえて連れて帰った






P1015902.jpg






ガネーシャと名付けた
ガネーシャは象の頭をした学問の神様
ネズミの背中に乗っている








P1015966aaa.jpg







手に乗せても逃げなかった
ご飯は猫の餌をあげた

大きくなったのでイタズラできない場所、山の中の使っていない畑に放した








P1015920.jpg




元気ですか?






Felt - Sunlight Bathed The Golden Glow




フェルト
チェリーレッドレーベルを代表する80年代のネオアコースティックバンド。バンド名『Felt』は同じくイギリスのバンド、Televisionの『Venus』の歌詞からとったそうな。演奏も曲調も取り立ててこれといって語るところはないが、なんとなくの『あんな気分』にはさせてくれる。当時のこの手のバンドをヘタウマ・ギターバンドとひとくくりにしている私だが実はこの手のものが一番好きかもしれない。歌詞の暗さに特徴があると聞いてはいるが歌詞カードも評論家のライナーノーツも一回も読んだことのない少彦名であった。







Felt- Mexican Bandits



Felt - The Stagnant Pool











5672000.jpg
美の崩壊 [ フェルト ]

5672003.jpg
毛氈(もうせん) [ フェルト ]

5672010.jpg
彩霞(さいか) [ フェルト ]




SAAHASAM / 来日 2015.6.24

2015.07.04 (Sat)
新聞の取材に応じたり、エキストラの募集をかけたり大活躍の少彦名。これで、来日キャンセルとなれば信州諏訪に汚名を残す一大事
まさかそんなことが!
いやいやありえるのです。なんてったって二回もビザを飛ばしているんですから・・・・

今夜からの彼らの食事の為、畑に一人新たまねぎの収穫にいそしむ。その量150キロ。
余った分は東京のレストランで使ってくれたまえ



南インド料理 シリバラジ
P022162126_480.jpg

http://www.localplace.jp/t100052001/




無事、成田に到着との連絡を聞いたときは心底ほっとしたものだ。ぬかるみの中手足を泥んこにしていると、畑の真ん中で再び携帯がなる。こんな山奥でも携帯つながるんだよな、などとぼんやり考えながら応答すると、なんと、手配したバスがうんともすんとも動かない。故障である。日本の観光バスがインド人を乗せたまま空港で立ち往生している。

そう、これが悪夢の始まりだった





P1012578A.jpg


お世話になった内藤ペンションさん
普段は静かな心休まる高原リゾート

でも今夜からしばらくはごらんの通りです



内藤ペンション

http://www.naito-pension.com/

P1012577A.jpg

みんなが美味しくいただいているのはポテトチップスコンソメ味、牛のエキスがたっぷり入ってるなんて口が裂けてもいえません


Boom Boom Robo Da




タミル映画といえばラジニカーント(Rajinikanth)
『ロボット』は2010年公開のSFアクション、全編174分、なんでもありの超大作です







御射鹿池

2015.06.01 (Mon)
P5312307gg.jpg


五月最後の日、今日は前から行って見たいと思っていた御射鹿池にきています
南インドから来日する映画撮影隊のロケ地選考もかねて実地検分、ブログのねたにもなりますかなと思いつつやってきました下心満々の少彦名
そんなあざとい考えも一気に吹き飛ぶ美しさでございました



P5312246haha.jpg





初夏の風に漣が立ち、水面は空を映す鏡のように静まり返っています
まことにフォトジェニックな森の中の水溜り




P5312207aa.jpg

羽化したばかりのイトトンボ
池にいたのはルリイトトンボぐらい
御射鹿池は強酸性のため池、酸度が強いので魚などの生物は生きていけないのです


水辺の周りにはコケがびっしりと生えています
食虫植物のモウセンゴケも沢山生えていました。写真を撮りにこられるカメラマンはフレームばかりに気を取られることなく足元にも慈愛を感じてお越しくださいますよう




P5312201aa.jpg



あとで写真を見返してみて我ながら可笑しかったのが真っ先にコケの写真を撮ってること
普通、最初に撮るのは湖面の写真でしょww


写真撮ったりお弁当食べたり、仲良しアベックを眺めてみたり、これでは何時間でもここに座って一日が終わってしまいそうなので名残惜しいが次の目的地に


P5312332.jpg

御射鹿池のすぐ上流に滝があるということでトラックを降り歩いてみることに、すると、山の中から人を呼ぶ大きな声、何事かと思いこちらも大声でこたえて様子を見ていると沢の対岸の森の中から何人かの男性達が現れました。
話を聞いてみるとグループのお一人、50代のご婦人が山の中で行方不明、
朝、6時30分に出かけてかれこれ5時間、みんなで手分けして探しているのですが見つからないとの事。
山に慣れている私でもここの遊歩道は危ないなと思った森の小道、ちょっとというか、かなり心配な状況です

しかしながら、みな顔を見合わせてなすすべもなく、あとはしかるべき方々にお願いをして幸運を待つほかありません







P5312336.jpg

明治温泉
泉温 23.7度、この辺では珍しいpH 3.8の酸性の冷泉です
加温、ろ過した透明な内風呂と鉄分を含んで赤茶色に濁った低温源泉のふたつの湯船があります。入浴料800円、シャンプー等有り、ちょっと料金高めですけどお勧めです

http://www.meijionsen.jp/index.html


P5312339.jpg




さて、色々ありますが、とりあえず次の目的地に向かいましょう








P5312346sss.jpg










無藝荘



P5312349.jpg



小津安二郎の別荘、小津監督の映画はもちろん好きですが今回の目的は囲炉裏
我が家でも冬の寒さに備えて囲炉裏を作ってみようかなどと妄想的計画を抱いているのですがいったい囲炉裏ってどんなのだっけかと思い、ならば実際に見てみようと



P5312348.jpg


五右衛門風呂、トトロですね



P5312350.jpg


お目当ての囲炉裏です
寒いわけではないけど火がとってもありがたい。
こんなのが我が家にあったらそれはうれしいのだけれど






このあと蓼科共同浴場で、再び入浴。こちらも先ほどと同じく酸性の温泉
料金は500円、石鹸完備でした


それから、先ほどの行方不明の件ですが茅野警察に電話したところ、無事に保護されたとのことです。
本当によかったです。






では、今夜は、御射鹿池の写真でお別れです。
私のつたない撮影ですがご堪能いただければ幸いです。




P5312220ss.jpg




P5312227hhh.jpg




P5312269kkk.jpg




P5312235add.jpg




P5312252jjj.jpg





P5312301hh.jpg







P5312251gg.jpg




P5312311vv.jpg





P5312328gg.jpg





Cocteau Twins - aikea guinea






Cocteau Twins / Lullabies To Violaine: 1

back-to-top