下上野で火災

2019.06.01 (Sat)
P1019232.jpg


出かける前の最後の見回りに出ようと思ったら山の上からもくもくと黒煙が立ち上っているのが見えた。




P1019259.jpg



隣接した村の建設会社から火が出たようだ。
辺り一帯がすごい匂いがしている。何かが爆発するような音も聞こえる。救急車も行きかっている。どうやらけが人がいるようだ

産廃置き場での火事は長野県内で知っている限り、今年で5件目。
なんでこんなに多いのか?近隣の人に聞いたら何を持ち込んで捨てていたのか全く分からないという。何とも物騒で怪しい話だ。




P1019264.jpg


何が燃えているのか。のどが痛い。
出がけの火災で家を留守にするのがとても不安になった。
もしこれが半月前の乾燥していた最中だったらそれこそただ事では済まなかっただろう。




P1019269.jpg



子供の時に火事で死にかけたことがあったので火の怖さはよく知っている。それでも出かけなけりゃならない。

期せづして本日二本目の記事投稿。それでは皆さん行ってきます。






スポンサーサイト

春蝉忘備録 2019

2019.05.23 (Thu)
P1019221.jpg

2019年5月22日

午前中の日が差して、肌がひりひりと熱くなった一時、少しの時間だけいつもの松林からハルゼミの合唱が聞こえた。
去年より一日遅く、一番早かった2016年から10日遅れでハルゼミが鳴いた。
今年は寒い春で5月になって遅霜が降った。おかげで唐辛子の第一陣は半分以上が枯れてしまい、去年よりも大幅に生育は遅れている。方々で苗が枯れる被害が出ているようで野菜苗も品切れ状態。セミたちも昨日の豪雨でうっかり寝坊するところを起こされたような恰好。

20日にお田植、映画の話が延び延びになってアジェイが各方面に頭を下げている。






P1019223.jpg









Der Plan - Hey Baby Hop in 日本





前回の記事でドイツのレコードレーベル (当時は西ドイツ)『Ata Tak』に触れたので、今回はAta Takに所属していたバンドを三つばかり紹介。


DAF
Ata Tak レコードの前身、『Warning』レコードがリリースした二枚目、DAFのファーストアルバム『Produkt der Deutsch-Amerikanischen Freundschaft』。DAFはアルバムの表題にもなっている『Deutsch Amerikanische Freundschaft』の略、ドイツとアメリカの友情という意味。当時は クルト・ダールケ / Kurt Dahlke (keyboards),、ロベルト・ゴール / Robert Görl (drums)、ミヒャエル・ケムナー / Michael Kemner (bass) 、 ヴォルフガング・シュペルマンス / Wolfgang Spelman (guitar)ガビ・デルガド / Gabi Delgado(vocals) の5人編成。アルバム制作にの際に作業に対する不満からガビ・デルガドが一時的にグループを離脱して作品自体はヴォーカル抜きのインストールメンタルになった。のちに、DAFはガビとロベルトの二人組となりジャーマン・エレクトリック・ビートの急先鋒として世界に鳴り響くのだが、このデビューアルバムではインダストリアル・ノイズ・ミュージックの色合いが濃い実験的でアバンギャルドな仕上がりになっている。バンドの中核であった クルト・ダールケはこの作品でDAFから離れアタ・タクの立ち上げと、同じくアタ・タクレーベルの中心的バンド、デア・プランを結成してノイエ・ドイチェ・ヴェレ / ドイツの新しい波 運動の中心人物として多くのミュージシャンを世に排出した。

それでは二人組になったDAFの曲も併せてどうぞ。踊ってるのがガビ、黙ってたたずんでいるのがロベルト君です。ちなみにロベルト君は仏教徒だそうです。




Produkt der Deutsch-Amerikanischen Freundschaft



DAF - Liebe auf den Ersten Blick








Der Plan
デア・プラン。モリッツ・ライヒェルト / Moritz Reichelt (AKA "Moritz R")、フランク・フェンスターマ / Frank Fenstermacher、前出のクルト・ダールケ / Kurt Dahlkeの三人組。アタ・タク・レーベルは彼らのプライベートレーベルとして出発したもの。ユーモアと諧謔にとんだ明るい曲調が特徴。ライブでのパフォーマンスは単なるコンサートではなく演劇的要素を取り入れた気合の入った素晴らしいものだった。紹介する二曲は日本公演の『着ぐるみパフォーマンス』で披露されたもの。日本公演のサントラ盤に収録されているドイツ・ニューウエーブの名曲。





Der Plan - Space Bob




Der Plan - Gummitwist









Holger Hiller
ホルガー・ヒラー、ドイツのミュージシャン、プロデューサー。現在では至極当たり前になったサンプリングの手法をヨーロッパで初めて手掛けたシーケンス音楽の先駆者。実験的な音楽の中にもポップで軽快なわかりやすい作風が特徴。映像も含めて当時の音楽シーンを意欲的に牽引したミュージシャンの一人。現在は英語教師をしているそうです。



Holger Hiller - Johnny du Lump






いかがだったでしょうか?ちょっと古い映像が続きましたが今聞いてもなかなか斬新で新鮮な作品なのではないでしょうか。
当時、メジャー、マイナー問わず、多種多様な音楽が無秩序と言えるくらいに日々世に送り出されていました。まるで、生物の進化が劇的に発展したカンブリア爆発のように、音楽シーンの有様は日々変化していました。そんな中にあって『Ata・Tak』 レーベルは他に見ないそのポップで親しみやすい音楽性で確固とした地位を築きました。そんな彼らの音楽性の雰囲気を感じていただくために、ダメ押しのディア・プランからもう一曲。映像の中には原宿での日本公演の模様も盛り込まれています。ベルリンの壁が崩壊してドイツが再統一される6年前の雰囲気も併せて、どうぞ。






Der Plan - Alte Pizza










【輸入盤】Ein Produkt Der Deutsch Amerikanischen Freundschaf [ DAF ]

raw_20190524075026c43.jpg
【メール便送料無料】DAF / GOLD UND LIEBE (REIS) (輸入盤CD)
61dXnun-IvL_201905240753265c9.jpg
【メール便送料無料】Der Plan / Japlan (輸入盤CD)

腐敗のルツボ [ ホルガー・ヒラー ]


ATA TAK ザ・コレクション・ボックス2 [ (V.A.) ]




無農薬への挑戦 1

2019.04.29 (Mon)
P1019152.jpg



有賀峠に遅い春がやってきました。
村の桜は今が満開です。




P1019145_201904302003372df.jpg



ただでさえソワソワするこの季節は百姓にとってそれ以上に落ち着かないあわただしい季節の始まりです。




P1019151_20190430201031285.jpg




さて、今年も完全有機、完全無農薬米に挑戦。







P1019148_20190430200335c71.jpg




内城菌
この村で稲作、野菜全般に使っている土壌改良剤です。菌の塊なのですごい臭いです。田んぼでは一反歩につき20kgを10袋、200kg以上を肥料と共に敷設します。効果としては内城菌を撒くことで作物が病気になりにくくなります。結果、農薬の使用が抑えられます。米は香り豊かに風味が増し、野菜は見違えるように甘くなります。連作障害も防ぐことができ、実際に村のトマト農家さんは内城菌を使い始めて以来、以前は壊滅的な被害に毎年のように悩まされ続けお手上げ状態だったハウス栽培の連作障害が使用した途端に嘘のようにぱったりとやみました。従来の化学肥料を使った農薬をばらまく農法だと土が年を追うごとにやせていって地力が無くなってしまいます。しかし、こういった自然の力を利用した新しい農法は耕せば耕すほど土の力が増してゆき土地が肥えて若返っていくのが手に取るようにわかります。長く内城菌を使っている田んぼの米は同じ作り方をしても使用を始めた若い田んぼとまったく味が違ってきます。年々作物がおいしくなる楽しみが内城菌農法にはあるのです。
ただ、それなりに値段も高いです。内城菌は肥料ではないのでこのほかに有機肥料もまかなければいけませんから普通の農家の3倍以上はコストがかかります。この村では内城菌を使わないと出荷できない品目を自主的に定めています。





私たちの村では大元の研究施設で製造した内城A菌を直接購入しています。
こちらの商品はネットで見つけた内城菌B菌を使用した他社の商品。
他にも何社か販売しているようなので興味のある方は探してみてください。

☆内城菌使用上の注意
種まき、植え付けの二週間前までに内城菌を投入し日を開けずに耕作しておきましょう。内城菌を投入した直後は藁や草などの畑の有機物が急激に発酵し硫化水素ガスが発生します。内城菌投入直後に植え付けや種まきをしても発生した有毒ガスのために作物は育つことなく枯れてしまいます。必ず余裕をもって畑の準備をしておきましょう。


有機肥料 健やかファーム 30kg(15kg×2袋)


健やかファーム 400g × 1袋



P1019144_20190430200338ac1.jpg




じつは、その昔、この村の米はまずいことで有名だったそうです。寒いし標高は高いし、苗づくりの技術も未熟だったので作付けできる品種にも限りがありました。実際、言われてみればおばちゃんに毎年送ってもらっていたお米が子供心にあまりおいしくなかったのを覚えています。それがおいしくなったのはいつのころからだったか、藁をもつかむ思いで導入したこの内城菌。現在では学校給食に採用されるほどの美味しい安全なお米になりました。
カラスに食い破られた内城菌。シートで覆っておいてもカラスが突っつきに来ます。内城菌は動物たちにとっても腸の調子を整える健康食品のようです。水を浄化する作用もあります。水槽に入れると水もきれいになって魚たちが喜んで食べてくれます。
この村は自家用にコメを作っている農家さんがほとんどですから、すべての農家が稲作に内城菌を使っているわけではありません。その中でも除草剤すら使わない完全無農薬を実践しているのは私だけ。当然収量もかなり減りますし反対に労力は普通の倍以上かかります。では、なんでそこまで苦労して無農薬米にこだわるのか?新参者の意地というのもありますし、おいしくできた時の達成感もありますが、なんといっても待っている人がいるのが大きいです。その友人は重い化学部質過敏症で普通に生活するのもままなりません。




P1019168_201904302012453b1.jpg




諏訪市豊田の西山公園。
ひょんなことから隣町の花見会にお邪魔させてもらいました。
あいにく今年は桜の開花が少し早くって葉桜になってしまいましたが西山公園の桜はそれは見事なもので山の山腹がすべてピンク色に染まります。植樹してから50年を過ぎ、老木の更新時期が近付いていると聞きます。ここの桜を見れるのももしかするとあと数年、東京の母親が今まで見た桜の中で一番だったといいますから皆さんも機会があれば花見に来てください。

では、次回はお田植のころにまたお会いしましょう。










Music Machine / Talk Talk






今日は以前『なずな ねんぼろ 蕗の薹』で紹介したガレージロックの第二弾。ガレージパンクと呼ばれた60年代のアメリカのミュージシャンたちを彼らの代表作を中心に一緒に見ていくことにいたしましょう。




The Music Machine / Masculine Intuition




ガレージロック・ムーブメントの中にあって、ミュージック・マシン、彼らはやはり別格です。素晴らしい楽曲と攻撃的なサウンドはすこぶるいかしてます。現在でも十分通用するスタンダードなカッコよさ。






The Seeds / Pushin' Too Hard !





ザ・シーズ
このバンドも大好き。カルフォルニアのサイケデリックバンド。独特の雰囲気を持ったバンドです。突如裕福な中流家庭に現れた怪物たちは当時のアメリカ社会を象徴してるようで面白いです。







The Trashmen / Surfin Bird





ザ・トラッシュメン
1962年にミネアポリスで結成されたサーフィンバンド。ガレージロックというのも一見正体不明なムーブメントですが、サーフィンミュージックという流行も俯瞰で見るとこれがよくわからない。特に現在のサーフィンミュージックと呼ばれる音楽たちはよっぽどスタイルはバラバラで、ただ単にサーフィン好きの音楽家が演奏したというだけのくくりみたいです。
キューブリックの映画『フルメタル・ジャケット』の挿入歌として使われました。ベトナム戦争当時のことはよくわかりませんが時代の雰囲気を端的に感じさせるキューブリックのセンスの良さが光ります。




The Byrds / Eight Miles High




ザ・バーズはフォークロックに分類されるバンドですがこの曲はガレージロックの名作といってもいいですね。
麻薬をにおわせる歌詞だとして放送禁止になってます。







Blue Cheer / Summertime Blues






究極のスリーピース、ヘビーメタルの創始者、本家ヘビメタサウンド総本舗です。2009年ディッキー・ピーターソンが肝臓がんで亡くなるまで現役を貫き通した正真正銘のロックンロールバンド。






Dick Dale & The Del Tones / Misirlou




映画『パルプ・フィクション』で一躍有名になった曲。やはりサーフィンミュージックとして分類されるミュージシャンです。右利きギターを左利きでそのまま弾いているので太い弦が一番下とすべてが全部さかさまになってます。






The Monkees / Steppin' Stone




モンキーズもガレージパンクじゃ全くないけれどこの曲はラインナップに挙げてもいいんじゃないかな。シンプルなスリーコードのイカシタ曲。ライブでやるとめっちゃかっこいいので若い人も学祭に向けて今から頑張って練習してみよう。







MC5 / Kick Out The Jams





1964年デトロイトで結成、R&B色の濃いヘビーサウンドを聞かせるガレージ・パンクバンド。イギー・ポップ率いるThe Stooges と双璧を成すパンクムーブメントの第一人者。現在もDTK/MC5として活動しています。




MC5 / Tonight

















なずな ねんぼろ 蕗の薹

2019.04.09 (Tue)
P1019034_20190409075350709.jpg


今日はラリーぱぱさんのリクエストにお応えして春の山菜取り、実況中継です。






P1019018.jpg



併せておばちゃんにご指導いただき山菜のイロハを私も勉強させていただきます。







P1019027.jpg


まずは山菜の王様、フキノトウ。
王冠のように見えるのは畑の畔などに生えるノブキの花。てんぷら、味噌和え、おひたし、あえ物、蕗の薹は山菜の万能選手。灰汁が強いのでおひたしなどはあく抜きしてから使いましょう。高血圧や肝機能、抗がん作用や健胃効果があるんだって。








P1019038.jpg



こちらは一回り大きいミズブキの蕗の薹。
灰汁はこちらの方が少なく食べやすいですが、やはりノブキよりも味が一段落ちます。ノブキのほうが苦みがあって香りも強く山菜らしい滋味があります。







P1019010_20190409082112340.jpg


ナズナ
都会の公園なんかでもよく見かけます。ぺんぺん草と呼ばれてますね。ナズナといえば春の七草で有名ですが「これがナズナだよ」と言われてみると、あら、これがナズナなのね、と今まで目に入っていなかったかのようにあらためての再認識。
栄養価はとても高く、それはほうれん草をしのぐほど。民間薬として肝臓病や解熱など昔から野菜、薬として広く利用されていました。







P1019016.jpg


採るときはこんな感じ。小さいわりに根が深いので引っ張って取るとちぎれてバラバラになってしまいます。







P1019017_201904090832454c8.jpg


ネンボロ
一般にノビルと言われているねぎの一種。まだ季節的に少し早いですかね。






P1019020.jpg



根がとても深いのでかなり掘り下げないと採れません。
玉ねぎみたいな球がついていてねぎ特有の香味がします。下処理が面倒だということで今回は調理してもらえませんでした。
洗って生でかじって酒の肴に。







P1019031.jpg


奥がアサツキ、手前はカンズコ
アサツキはねぎの中で一番細い種類。ハーブのチャイブに似ています。薬味やてんぷらに、バラのコンパニオンプランツとしても利用されるそうです。
カンゾウ、この辺ではカンズコと呼んでいます。ほかの地域ではよく利用されるようですが諏訪の人は何故かほとんど食べません。食べ過ぎると腎臓に悪いそうです。夏になるとユリのようなオレンジの花を咲かせます。天ぷら、あえ物、漢方薬としても有名ですね。人によっては食べ過ぎると下痢をすることがあるそうです。何を隠そう、この私も腹を下しました。







P1019044_201904090855107af.jpg


夕食は久しぶりにおいちゃん、おばちゃんと一緒に山菜の食卓を囲みました。





P1019041.jpg



なずなのおひたし。
思ったより癖がなく食べやすいです。いかにも植物繊維豊富といった歯ごたえ。適度に苦みがあってこれは癖になります。





P1019043.jpg



蕗の薹の酢味噌和え、蕗の薹のヌタ。
これは絶品です。都会では味わえない田舎者の贅沢です。ご飯何杯でも行けちゃいます。






P1019045.jpg


蕗の薹とアサツキのてんぷら。
蕗の薹はもちろんおいしかったのですが意外だったのがアサツキのてんぷらが思いのほかおいしかったこと。





P1019043_20190409090944697.jpg


そして、これが問題のカンズコの酢味噌和え。癖がなくてとてもおいしくいただきました。
ほかの二人は食べつけないので今夜はご遠慮。食べた私だけが下痢をしたので犯人はこいつかと。
伊那や山梨なんかではよく食べられるようで販売なんかもしていますから私は体質的にたまたま合わなかったのかなと。
今春中にもう一度トライしてみて検証したいと思います。だって、とっても美味しいんだもの。







P1019021_201904090913270fb.jpg











さて今日の選曲は牧歌的な雰囲気から打って変わって、ガレージロックと呼ばれるアメリカで起きたムーブメントのミュージシャンを紹介しましょう。




The Music Machine - The People In Me







ガレージロックとは当時世界を席巻していたイギリスのマージ―ビートと呼ばれる一大ブーム、ビートルズやローリングストーンズ、キンクスなどの影響を強く受けたアメリカの若者たちがエレキギターを中心に生み出していった音楽活動の総称です。その名称の由来は、アマチュアバンドの練習場の多くが車の車庫だったことに由来しています。

ところでこの曲、日本のグループサウンズで誰だかカヴァーしていた気がするんですが。



The Music Machine - Trouble




今日紹介するミュージック・マシンは1966年にアメリカのカリフォルニアで結成されたバンド。ファズを深くかけてひずませたギターの音とオルガンが印象的な5人組のバンド。中古屋で買った音盤を初めて聞いた後、私は即ロジャー・メイヤーのAxis Fuzzを買いに走りました。他のブリティッシュロックに影響されたアメリカ大陸でのグループサウンドとは一線を画すオリジナリティーにあふれた攻撃的なサウンドを聞かせてくれる。その新鮮さはミュージックマシンを知った当初、これはポストパンクの新しいバンドかなと勘違いしたほど。




The Music Machine - Talk Talk





海を渡りイギリスから輸入されたビートミュージックはアメリカで独自の発展を遂げ、70年代後半そのサウンドはふたたびイギリスに逆輸入されて、パンクムーブメントの大きな起爆剤となりました。ミュージックマシンもパンクムーブメントの勃興と同時に再評価され80年代のパンクバンドに大きな影響を与えました。
ガレージ・ロックと呼ばれるバンドにはほかに、ブルー・チアー / Blue Cheer、ザ・シーズ / The Seeds、エム・シィー・ファイヴ / MC5、イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ / Iggy Pop & The Stooges、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド / The Velvet Underground なども含まれます。音楽的志向性が様々なのはガレージ・ロックという名称が必ずしも音楽的特徴に由来しないことの現れでしょう。しかしながら彼らに共通して言えるのは、彼らの持つエネルギーがアマチュア時代に小さなガレージでロックンロールにあこがれ練習した、若者たちの情熱の生々しさをダイレクトに表現しているということ。長い年月を隔てて、そのサウンドは今でも我々に新鮮な共感を呼び覚まします。
それでは今回はこの辺で。紹介しきれなかったミュージシャンについてはまたの機会に。













樹氷 北八ヶ岳

2019.02.10 (Sun)
P1018467.jpg



樹氷というものを見たことがないので‥…いや、もしかしたら村の裏山で毎日見ているものがその樹氷なのかもしれませんが‥‥・樹氷の本場、八ヶ岳に行きました。『横谷渓谷氷瀑群 』の続きです。






P1018347.jpg




冬の間はやっていないのはわかっていたのですが万が一と思って温泉『石遊の湯』を訪ねてみました。が、雪のせいで道に迷ってしまってたどり着いたのがこの牧場。後で調べたら『蓼科乗馬ファーム』という乗馬施設のようです。
馬を近くで見る機会はほとんどないですから眺めたり撫でてみたり、間近で見ていると何とも優しい目をしていて頼もしいやら可愛らしいやら。犬や猫とは違った不思議な魅力のある動物ですね。

『石遊の湯』はこの辺りでは一押しの露天のある温泉です。春になったらレポートいたしましょう。








P1018435.jpg





御射鹿池
すっかり全国区になりました。東山魁夷の絵が中学校の教科書に載ってましたっけ。
何の足跡だろう。歩幅が大きいので鹿かもしれない。でも引きずって歩いているところを見ると足の短いイノシシか何か。



御射鹿池
氷瀑群 横谷渓谷 



P1018451.jpg



日差しが時折差し込む中の粉雪の冬の湖はなかなか幻想的です。





P1018455_20190210170844113.jpg





池とは「おおむね、水深5メートル未満の水たまり」なのだそうです。長野を代表するみずうみ、諏訪湖の水深はとても浅く、深いところで7メートル。平均で4メートルですからその基準でいえば『ほぼ、巨大な池』ということになりそうです。







P1018441.jpg

P1018450.jpg


御射鹿池は稲作のために作られた灌漑用溜池。酸性の温泉が流れ込んでいるためこの池では魚は生きていけません。






P1018461.jpg

P1018459_20190210135041215.jpg


他には誰もいません。
寒さで手がしびれてきました。もっとゆっくり見ていたいのですけれど。







P1018472.jpg


目的地の北八ヶ岳。
そしてこれが目的の『樹氷』
スキー客に交じって満員のロープウェイで登ってまいりました。







P1018470.jpg


標高2,237M、気温マイナス14℃。往復1900円払えば気軽に上ってこられますが侮ってはいけません。身を切るような風と膝まで沈む雪とで一歩間違えば遭難です。
ちなみに途中のセブンイレブンでロープウェイの割引券をゲット。200円引きでした。






P1018478.jpg



カラフルないでたちでさっそうと滑り降りてゆくスキー客をしり目に、何が悲しいのか、私たちは極寒の峰巒に分け入ってゆくのでした。






P1018479.jpg


後で写真を見ながら「もっといいカメラが欲しいなぁ。雪とか、真っ白のもの撮ると質感がなかなか出てこないなぁ」などとのんきに考えたりもしていますが、このときは写真を撮るのも必死で凍り付いた真っ赤な指がカメラのシャッターにくっついてしまうようで、写真を撮るたび絶叫しながらの撮影となりました。寒さにはなれた私ですが、途中カメラが変なことになるくらい、それくらいの風と寒さです。





P1018483.jpg


山頂駅から坪庭を巡るハイキングコースは約30分。何度も言いますがたかが30分と侮ってはいけません。もしも先人の歩いた足跡がなければ道標の杭も手すりも雪に埋もれてしまって、ただただ真っ白な雪原で迷って遭難してしまうかもしれません。はいてきた靴は普通の足首まであるハイカットの革靴。容赦なく靴の中に新雪がなだれ込んできます。行きかう人もまばらで、そのうえみんなストックを突いた完全防備の登山家たち。吹雪に凍える私たちのなんと惨めで場違いなこと。こんな雪山では絶対歌ってはいけないと心掛けていた八甲田山『雪の進軍』もこの非常事態では思わづ口を突いて出てしまいます。






P1018491.jpg



この30分の長いこと。帰れるとわかっていても不安になるこの寒さと荒涼とした風景。エベレスト登頂とか、よくあんな山に登ったりするものだと身をもって体験できた30分でした。






P1018486.jpg


何とか山頂駅のレストランにたどり着き、赤々と燃えたストーブでぬれた足を乾かしながらキンキンに冷えた冷たいビールを一気に飲み干す。最高の贅沢ですね。この後温泉へ直行しました。共同浴場『蓼科温泉』 このお風呂は地味ですけれどなかなかレトロで好きな温泉です。その詳細はまた別の機会に。

計らずも生きていることへの感謝の気持ちを再認識した極寒の一日でした。








LSD - Thunderclouds






エル・エス・ディー
誰もが知ってるオーストラリアの歌姫、シーアが参加するユニット。イギリスのラッパー、ラビリンス / Labrinth (Timothy Lee McKenzie)、オーストラリアの女性ミュージシャン、シーア / Sia Kate Isobelle Furler、アメリカの音楽プロデューサー、ディプロ / Diplo (Thomas Wesley Pentz Jr.)の三人によるスーパーグループ。彼らの作品の中から昨年2018年8月にリリースされた一曲『雷雲』を紹介。
ちょっとバンド名がアレですが決して薬物に関連するものではありません。バンド名は彼ら三人の頭文字、L・S・D からとったもの。しかし、PVの雰囲気やジャケットのサイケ感からして完全に『ハイな気分』を連想してしまいます。もしかしたら結成のきっかけは「おれら、三人集まったらLSDじゃん!」なんて言葉遊びのイタズラ心から始まった?そんな豪華でゆかいな極上ユニットです。
メンバーの一人、ディプロはビヨンセ、ジャスティン・ビーバー、 マドンナなど数々の一流ミュージシャンの作品を手掛けた凄腕プロデューサー。 ラビリンスとシーアも以前から度々一緒に活動することもあり、結成当初は一曲だけの即席ユニットかと思っていましたがあれよあれよと一年間で4曲の楽曲とビデオクリップをリリースしました。そして、そのビデオの中でシーアの代役を務めているのはこれもおなじみのマディー・ジーグラー / Maddie Ziegler 。現在16歳の踊る妖精です。シーアのことはジャズボーカル時代から知っていたのですが(一時期アシッドジャズだのクラブっぽいものにはまっていました。)どん底から再起した彼女のPVを初めて見たときはマディーのダンスともども天地がひっくり返るほどの衝撃でした。
今回のこのユニットでも彼女の才能はいかんなく発揮されていて、三人の個性が決してぶつかることなくうまい具合にブレンドされた、映像込みでの不思議な感覚にさせられる、これはまさに『LSD』な一曲。2019年、今年も彼らから目が離せない注目の三人組です。






シーアの名曲『シャンデリア』でのマディー・ジーグラー圧巻のパフォーマンス。ワンカメラで彼女を追う迫力には心底恐れ入りました。



Sia - Chandelier








現在『LSD』の楽曲はデータでのダウンロードのみ、アルバム等CD化はされていません。何枚かのコンピレーション・ベスト盤に収録が見られます。


【輸入盤】NOW 101 (2CD) [ NOW(コンピレーション) ]








旧湖南小学校後山分校

2019.02.02 (Sat)
P1018505.jpg



昨日から眩暈がしてふらふらする。
下を向くとぐるぐるまわる。






P1018589.jpg



夕方近くに起きだして、ふと後山のあの廃校はどうなったかなと雪道の中行ってみた。





P1018522_20190202002126737.jpg



途中雪道で滑って回転したり、道端で日向ぼっこのアトリの、車の前が見えないほどの群れに突っ込んだり。






P1018507_20190202004315ae6.jpg



どこの誰が降りるのか、山の中の停留所。
森へと続く子狐の小さな足跡。






P1018533.jpg






学校は取り壊されていました。






P1016271.jpg




美しかった在りし日の姿。
諏訪市立湖南小学校後山分校





P1018534.jpg






雪の中、近所の老人が軽トラックについた融雪の塩をホースの水で洗い流していた。








P1018598_20190202002008934.jpg




取り壊しは去年の11月。
「學校が無くなってさみしくなったなぁ」
両方の穴から鼻水を垂らしながら老人はつぶやいた。






P1018532.jpg

P1018539.jpg





通りすがりの僕。
この土地の生まれではないけれど、『一期一会』ふとした機会に知り合った今まさに去っていこうとする全てのものに。私は悔いのない愛情をあなたに注げたのだろうか。




P1016169.jpg




ps
廃校などの廃屋を文化財として存続してゆく意義、方法はあるのか。
皆さんのご意見をコメントに書き込んでください。









Tony Allen vs Troublemakers / Allen Fresh





TONY ALLEN 『EXCLUSIVE TONY』
何時、何処で購入したのか、判然としない一枚。
DJ/クリエイター井上薫が選曲したトニー・アレンのファンク色強めな曲を集めた必殺のコンピレート盤。紹介した曲は彼の参加したクラブ仕様のユニット『THE ALLENKO BROTHERHOOD ENSEMBLE』のフランス限定版12インチマキシシングルからの音源。この曲のクレジットには『Tony Allen vs Troublemakers』と書かれているので調べてみたら、『Troublemakers』とはフランスのクラブバンドらしい。
トニー・アレン 
ナイジェリア出身のジャズドラマー、作曲家。アフロビートの創始者、ジャズの一形態のようですが私にはわかりかねます。クラブミュージックと枠付けダンスホールでおしゃれに流通するこのアルバムに代表された彼のファンクな志向はあくまで彼の一側面ですが、クラブミュージックがステレオシステム音響設備によって電位的に増幅され、スピーカーやヘッドフォンを通して我々の耳に提供されるスタイリッシュな音楽のイメージを、本来はそれこそ小さなクラブの、ベース音で揺れる酒杯が並ぶ客席の手が届くほどの小さなステージでこそ生で聞いてみたい。
セッションミュージシャンとして精力的に活動するトニー・アレン。ジャズ、ファンク、ロック、音楽のジャンルを超えたこの老練なパーカショニストが、歌心の神髄を心得た偉大な太鼓たたきの一人だということは疑う余地もありません。いろいろと書き連ねてみたところで自然と腰は動いてしまう、グルービーな素晴らしい一枚です。







姫コレクション.2018 お品書き Vol.2

2019.01.31 (Thu)
4c0a36f8_1383732001544.jpg





皆様方、インフルエンザなどに負けてはおらぬかな。常世神少彦名でございます。
さて、新年も早いものでひと月を過ぎようというところ。もたもたしているとまた一年すぐに経っちゃうということで、去年の暮れに開催させていただいた上野大根お料理コンテスト『姫コレクション 2018』。カレーリーフ久美子様のご尽力により食の聖地、大阪は関西地方を中心に展開した創作料理の一大イベントの第二弾。今回は参加していただいた方々のFacebookを中心に腕を振るった自慢のお料理をわたくし少彦名が心を込めてご紹介させていただきます。
『姫コレクション 2018 お品書き  Vol.2』皆様も辛味大根を使った豪華絢爛なお料理の数々、ごゆるりとご堪能ください。

姫コレクション.2018 お品書き Vol.1

☆上野大根とは
諏訪と伊那の境、有賀峠の山間部、上野地区で寛永年間(1635年ごろ)から栽培されている辛味大根、現在では漬物専用に栽培されている。肉質は密で硬く、全長が25センチほど、大きさの割にはずっしりと重く生でかじると非常に辛い、成熟するとしりが丸くすぼまるかわいらしい姿の大根です。長い年月、信州の山里で伝えられてきた信州が誇る伝統野菜、しかし昭和に入りその栽培の過程で流入してきた外来種などとの交雑が進み、形状、サイズ、味覚等、本来の姿が失われる事態に至りました。そこで、信州大学農学部の大井美知男教授のご指導の下、諏訪上野地区の村人が一丸となって種子の選別を行い系統維持の立て直しに成功したのがわたくし共が現在栽培している『上野大根諏訪湖姫』。上野地区では在来種と並行して栽培が続けられており、下上野、辰野上野地区では在来種が、諏訪上野ではただいまご紹介した選抜種、『上野大根諏訪湖姫』がF1種として厳しい系統管理のもと栽培されています。現在『諏訪湖姫』を栽培しているのは二十軒の農家のみ。絶滅寸前の上野大根をより多くの方に知ってもらおうと始めたのが今回のお料理コンテスト『諏訪湖姫ヒメコレクション』でございます。




20181205051626ef4s.jpg


前回の記事でもご紹介した筒井円さまの作品、『惑わすカレー』。インドの都市、マドラスといえば現在のチェンナイ。私少彦名にとってチェンナイはゆかりの土地でございます。クリシュナの別名、パルタサルティの名をいただいたのもこの街。それを知ってか知らずか、わたくしにとっては縁の深い、上野大根をふんだんに使った果報な逸品でございました。

筒井円さまFacebookから













続きましてはこれまた前回もご紹介させていただいた村上 緑胡さまによる『食べる焼き肉のたれ』でございます。これはレシピをぜひとも教えていただきたい。無精者の私には重宝しそうな万能調味料です。

村上 緑胡さまのFacebookから












かわりまして晴香さまからの作品、こちらも前回ご紹介いたしました、諏訪湖姫による本格インディアン・ターリーでございます。さりげなくマコモダケのサモサもあったりして、大枚を出してもいただきたい、華やかに心躍るインド料理のメインディッシュでございます。

カレーリーフ久美子さまのFacebookから









e169abe3-67a5-4c87-ab4d-3c47ebd79047.png


続きまして、典子さまからの作品。諏訪湖姫をサラダと酢漬けにしていただきました。サラダのほうはというとちょいとしたわき役での登場ですが、淑やかにわき役など務めていただきましたでしょうか?わがままで出たがりの姫のこと、大事なお料理の舞台をぶち壊していなければよいのですが・・・・

典子さまのFacebookから












628adfc7-3a9a-4127-95ed-b89a2c59b623.png


こちらはMiho Yamashita さまの鶏肉と大根の煮物でございます。これこそ本来の大根の姿、つつましやかにちょこっと寄り添うように添えられております。あんなに辛い姫ダイコン、火を通すとほくほくのお芋みたいになっちゃいます。

Miho YamashitaさまのFacebookから
















Miho YamazakiさまのFacebookから。おっと、先ほどのお方と一文字違いでございますね、辛味大根を使ったスワコチャンプルーときんぴら。ゴーヤの代わりに使うとはなかなか切れる知恵ものとお見受けいたしました。しかしながらおてんばな姫のこと、ゴーヤの強烈な苦みを超えたじゃじゃ馬をしでかしていないか、我が娘としてはとても心配でございます。

Miho YamazakiさまのFacebookから





さて、わたくし、常世神少彦名のご案内でご紹介させていただいた『姫コレクション.2018 Vol.2』いかがだったでしょうか?全二回の特集ですべてのお料理をご紹介しようと思っていたのですが、わたくし関西の奥様方の底力を見くびっておりました。ということで、次週、第三回『姫コレクション.2018 お品書き Vol.3』にてさらに強力な諏訪湖姫ダイコン創作料理の数々と共に再度お目にかかると致しましょう。
では、その日まで、風邪などひかずに元気で待っていてちょうだいね!アディオス!チャオ!!











Baccara - Yes Sir, I Can Boogie






バカラ 『誘惑のブギー』
一度は記しておかないといけないと思いながらの、今回満を持してのご紹介、イントロと共に悩ましい吐息で始まる魅惑の名曲です。日本でも『西ドイツのピンクレディー』と紹介されヒットを飛ばした1977年デビューのヨーロピアンな女性デュオ。西ドイツ発信のデビュー曲ですが、Mayte Mateos(1951年2月7日ログローニョ)とMaría Mendiola(1952年4月4日マドリード)の二人はスペイン生まれ、カナリア諸島の「トレス・イスラス」というホテルでショーダンサーとして歌っていたところをスカウトさたシンデレラガールです。
当時ヨーロッパ各国で大ヒットしたこの曲、こうして改めて聞くと時代のせいでしょうか、どうしても『色物』的な一発屋のように感じられますが、実は彼女たち、商業的にも音楽的にもポピュラーミュージックの歴史に大きな足跡を残した偉大なアーティストなのです。というのも、当時ディスコミュージックと呼ばれるアフリカンリズムを基調とした、それこそ全世界を席巻していた一大音楽市場にヨーロッパのフォークロア、フラメンコや民謡など、ダンスミュージックにスパニッシュな息吹を吹き込んだ記念すべき一曲だったからです。現在のユーロビートの基調を作り上げた妖艶な二人。今では当たり前になった一ジャンル、ワールドミュージックの先駆けだったといえるでしょう。ABBAと並んでヨーロッパの音楽シーンでは絶対外せない、ユーロビートの歴史に燦然と輝く伝説の歌姫です。

この曲を聴くとフランスをバックパックを抱えながらさまよって、ついに高熱に冒されながらたどり着いた真夜中の移動遊園地を思い出します。月夜に照らされた教会の境内に設けられた野外ディスコで、向かい合って踊るカップルたちのステップが横乗りのリズムに乗り切れずに、へたくそで、それはそれはとってもとっても可愛らしかったこと。この曲を聴くと妙に幸せな気分になります。











諏訪湖姫とゆかいな仲間たち

2018.11.19 (Mon)
諏訪湖姫コレクション 2017


 P1017408.jpg




もうあれから、一年たつのですね。スクナヒコナでございます。
やっと終わった上野大根の収穫時期、諏訪上野の小さな部落はこの半月間、まるで戦場のようです。冬も間近な大根畑に朝早く独りで立てば、朝日に輝く大根葉の霜がきらきらとてり輝いてそれはそれは美しかった。







P1017427.jpg






他の農家さんは4人5人と親戚、縁者、多くの応援を呼んで、わっしょいわっしょいっと大根を引き抜いてはトラックで運んでゆく。
東京から独り出てきたスクナヒコナにはそんな助けなど望むべくもなく、孤立無援、たった一人でこの緑の大群に立ち向かわなければなりません。何十年も大根に携わってきたベテラン農家と肩を並べるほどの出荷量をたった一人で成し遂げる。どうです?ほめていただけますか?
今年、ここに来て初めて、「いい大根ができましたね!」と敬語で話しかけられました。






P1017322.jpg







さて、去年の大根お料理大会
『2017 ヒメコレクション』
“カレーリーフ久美子とゆかいな仲間たち”
上野大根を使った創作料理の数々を遅まきながらご紹介させていただきます。あれから早一年、こんなに遅くなってしまったのは返す返す反省至極、次回こそは即取り上げさせていただきますよ。




宇治佳子様 Twitter



24312628_365487533922195_7865984908231995498_n.jpg







まずは干していただきました。干すと漬けてもお料理してもうまみが増すのです。これは手間だなぁ。わざわざ切ってひとつづつつるしていただいたのですね。

東京にいたときは切り干し大根など食べることはなかったのに、上野大根の切干は全く別次元の絶品グルメです。






24301100_365487453922203_2918548427795113778_n.jpg




おっしゃる通り確かに見た目は地味なのです。
でもそれこそが大根。真っ白なご飯につつましやかな名わき役。私も社会のわき役農夫としてしっかり頑張らなくては。







24301426_365487493922199_8925991322055184761_n.jpg




和子漬けですね。
私たちの村ではみんなで仲良く輪になって漬けるので甘辛く醤油で漬けたものを和子漬けと呼んでます。
宇治佳子様、どうでしたか?諏訪湖姫は気に入っていただけましたでしょうか?





後 裕貴恵様 facebook


24852589_1379286392198718_398540312656095518_n.jpg





スープカレー。自己主張の強い諏訪湖姫、あっさり味のスープカレーでおとなしく収まっていたでしょうか?父親としては至極不安でございます。上野大根は肉の密度が高いので煮るとお芋みたいにホクホクするんです。







24796528_1379286312198726_6112476133511481384_n.jpg





メイちゃんにもおすそ分け。
大根がワンちゃんの腎臓にいいとは初めて聞きました。メイちゃん、辛くなかったかしら。








ベジタリアンインド料理教室 大阪 
(キッチンアトリエ ガネーシャ)




201712081652440fds.jpg




さて、いよいよ真打の登場です。
カレーリーフ久美子さんは大阪でインド料理を中心にマクロビオテックなるものを人々に広める活動をしていらっしゃるお方。今思えば彼女のブログに巡り合えたのは、インドにかかわりの深い私にとっては、運命的といってもいいくらい。インド料理に卓越した見識を持った彼女のブログは、私がここまでブログで頑張ってこれた事への影響力も少なくなかったのです。






20171130194757162.jpg



美しい~
諏訪湖姫大根のココナッツ・サラダ。
上野大根てすっごく辛いんです。その辛さを知ってるからこそ、このスプーン一杯の宇宙の広がりが私には見えるようです。






20171130193944db8s.jpg






諏訪湖姫のヨーグルトカレー。
諏訪湖姫を使ったこんなおいしい料理をなぜに生産者の私が食べることができないのか・・・・






20171208164516699s.jpg



パラタ!
インド料理はナンだけじゃないんですぜ。
というか、インドでナン食べたの、高級レストランで3回くらいかな。一般家庭はチャパティーかパラタ、しかも、南インドにはナンがありません。
これ食べたいな。いや、インドの友達に食べさせたいなぁ。





2017120707145725as.jpg





毎年贈ってくれる諏訪湖姫クッキー。

アジェイに『シリバラジでも大根の創作料理を考えたまへ』と以前から言ってるのですが、彼ら印度人は料理となるととにかく保守的、新しいことを全くしたがらない。こんなことを言ってしまうとちょっと酷ですが私は創造力のない料理屋はただのエンジニアだと考えています。あたらしい道を切り開いてこそ本当の料理人、そういう意味でいえばカレーリーフさんは素晴らしい芸術家なのです。
そうだ!来年のヒメコレはアジェイを連れて大根を積んだ軽トラで大阪まで乗り付けよう。小さな世界しか知らない愚かなインド人にどうか大きな海原を見せてあげてください。

大根でインド料理を作ろうねぇ(1)
大根でインド料理を作ろうねぇ(2)
大根でインド料理を作ろうねぇ(3)
大根でインド料理を作ろうねぇ(4)
大根でインド料理を作ろうねぇ(5)







2017年ヒメコレクション、皆さんいかがだったでしょうか?
今年もやりますよ!料理に自信のある人もそうでない人も、ただ単に上野大根見てみたいという人もどしどしご参加ください。
そして、今回はお料理に自信のない人でも大丈夫

『上野大根の大根おろしはどんな食材とベストマッチ?!』

も併せて開催いたします。
お申込みいただいた方には上野大根諏訪湖姫、B品型落ち、10本程度を無料でお配りいたします。
ただし、着払いでお送りいたしますので送料をご負担いいただける方のみお申し込みください。


お申込みはこちらのメールまで。
suwakohimedaikon@gmail.com



では、幻の漬け大根
『諏訪湖姫お料理コレクション・2018ヒメコレ』
次回もお楽しみに!










Festa do Estica e Puxa - Xuxa






今夜は“ゆかいな仲間たち”ということで記事の締めくくりはこの曲で。ブラジルの子供向け番組『Xou da Xuxa』から司会のXuxaが番組のエンディングで歌う『Festa do Estica e Puxa』

スーシャ / Xuxa
本名“Maria da Graça Meneghel” ブラジルのモデル、歌手、映画俳優。『Xou da Xuxa』の番組ホスト『Xuxa』の名で広く知られる麗しのスーパースター。現在はブラジルで一番成功した女性実業家として大きな成功を納めています。
子供番組でこんなにきれいでセクシーなお姉さん。実際、当時はあまりにもということで多くの批判もあったよう。でも、こんなセクシーなお姉さんが毎朝テレビで起こしてくれるならどんなお寝坊さんでも早起きしますよね。後ろで踊る女の子もスーシャを見つめる憧れのまなざしでとってもキュートでかわいいです。








少彦名のきのこ図鑑7 スッポンタケ

2018.10.30 (Tue)
P1017172.jpg
2018年10月25日撮影


家の裏で恐竜の卵を見つけました。
もうすでに孵化が始まっていて何やら目のようなものがこちらを恐る恐る伺っています。






P1017186.jpg



見つけたのは家の裏の石垣。
裏の山のもみじはいつものように真っ赤に紅葉しています。







P1017204s.jpg



二日後
ついにその姿を現しました。スッポンタケです。
しかし真っ白なものは初めて見ました。スッポンタケの別種かなと初めは思いましたがよく見るとすぐ近くに頭の黒いのが一本生えていましたので何かの拍子にグレバの部分が抜け落ちてしまった個体のようです。

スッポンタケ、学名を『Phallus impudicus』、ラテン語で『厚顔無恥なペニス』。日本でも、くそたれきのご、 へびたけ、きんたまっこ、と、言われ放題のキノコです。そんなこともあってか日本ではあまり食用にすることはありませんが中華やヨーロッパでは頻繁に食べられる、近縁で白く美しいベールをまとった『キヌガサタケ』と合わせて食味のいいおいしいキノコ、キヌガサタケは高級食材として珍重されています。山林、原野、空き地など様々な場所に生え、私が東京にいたときに採取したのは道端の街路樹を伐採した直後の日当たりのいい斜面にびっしりと生えていました。





P1017211_201810301917059dd.jpg

P1017220.jpg



上が通常よく見る形状のスッポンタケ。頭にグレバと呼ばれるねばねばした胞子の塊が付着していてこれがかなりの悪臭を放ちます。繁殖はこの匂いによって蠅をおびき寄せて胞子を運ばせる虫媒方式。軸の部分は柔らかくスポンジ状、基部の卵のような部分はゼリー状で薄い皮でおおわれています。







P1017252.jpg



試しに卵の部分のゼリーを食べてみました。
湯がいて酢醤油で、飾りつけすればちょっとした酒のつまみに見えなくもないですが・・・
・・・マズイデス。グレバの臭みと何とも言えない食感と口の奥に湧き上がるあわい酸っぱさと。これでもう少しグミのように歯ごたえがあれば耐えられそうですが口の中でとろけるような感覚が逆に気味が悪いです。






P1017254.jpg



軸の部分。一見柔らかく味もそっけもなさそうに見えますが結構コクがあってスポンジ状のしゃきしゃきとした歯ごたえで、スープにも良い出汁が出ます。やはり家の裏でできたナメコと一緒に今夜はビールとキノコ鍋。ただし食べ過ぎは厳禁のようです。キノコの中ではよくあることなのですがお酒と一緒に食べると深酒になったり悪酔いするものが何種類かあります。この、スッポンタケもその一つのようで、さらに食べ過ぎても体質によって酩酊したり幻覚を見たりするそうです。なので今夜はビール一本のみで。この一本きりで酩酊できるのであればちょっと得した気分です。







海道はじめ・スナッキーガールズ-スナッキーで踊ろう





悪酔いといえばこの曲の右に出る作品はありません。1968年に発表された幻の名曲。作曲は「早く帰ってコ」「矢切の渡し」「王将」などで知られる船村徹さん。残念ながら去年お亡くなりになりました。歌うは海道はじめ、バックを固めるのはスナッキーガールズ、小山ルミ、吉沢京子、羽太幸得子の三人。山本リンダが流行っていた時代と聞きますからちょっとその辺でおかしくなっちゃたのでしょうか。プリマハムの新商品『スナッキー』のイメージソングだったそうです。
今回は曲の紹介をするかどうかかなり迷いました。だってこの曲流しちゃうとどんな記事でも全部持ってかれてしまう。











秘密結社『暁のマコモタケ』結成

2018.10.28 (Sun)
P1017165.jpg


薫さんからのリクエストに応えて、突然ですがここに『マコモタケ団』結成を高らかに宣言します♪

☆入団資格
参加希望の方は真菰筍に関する記事、お料理の写真、真菰だけに対する思い等をブログ、SNS等にアップし、当記事のコメント欄にURLを張り付けてください。アメリカの『ワイルドライス』でも参加可能です。

☆活動内容
真菰筍を食べて幸せになる。マコモダケを知らない人にマコモを紹介して一緒に幸せになる。

☆団体概要
 団長 薫ざん閣下 
 副団長 カレーリーフ女史 
 団員一号 すくなひこな

なお、応募記事については僭越ながら当ブログにて後日まとめて紹介させていただきたいと思います。
それでは一日一善、マコモタケ普及のために邁進してまいりましょう!



もし、マコモが近くに売ってないという人は次の記事でお願いいたします。
『マコモダケ』



back-to-top