暁のマコモダケ 決起集会

2018.11.21 (Wed)
P1017372.jpg


上野大根諏訪湖姫、引き続き受付ます。
欲しい方はこちらのメールまで。
suwakohimedaikon@gmail.com





思い付きで新たに立ちあげた新団体『暁のマコモダケ団』
マコモダケへの愛と情熱を再確認するこの企画、新たに5名の新団員を加えて第一回決起集会を高らかに開催いたします。

→マコモダケ




愛犬と、ちょっと気になる音楽と♪

s-IMG_5081.jpg


ももPAPA様

さっくり割いたところは真っ白な肌でとてもきれい。
大きめのものは黒いしみが出てませんでしたか?見た目と違って癖のないあっさりした味はどんな料理にでも会いそうですが私は素焼きでかぶりつくしかしたことありません。ほんのり焦げた味噌が見るからに香ばしい。



ポテトにマヨネーズ~potato with mayonnaise~

PB044016_convert_20181114191611.jpg

PB044017_convert_20181114191654.jpg


いぼ仙人様
最近ブログをお休みすることが多かったようで、さぞ忙しくされているのかなと思いきや、なんと結婚されたとか。
こんがり焼けたマコモダケも二人で仲良く食べたのかしら。うーん、焼けるぜ。





カルメン様からはワイルドライスの情報が届きました!

20181029174858.jpg




はへほ

d987c993.jpg


はへほ様
こちらは打って変わって洋風な炒め物。空心菜も東南アジア産なので相性はいいかもしれないですね。
ん、これ書いてて、ふっと思い出したのですが、もしかしたら以前、ミヤンマーに旅に出かけたときインレー湖の現地の人の招きでごちそうになった食事の中にマコモダケのような料理があったような・・・・インレー湖では浮かべたいかだにミズゴケを敷いて湖面で空心菜を栽培してたな。本当にふっと思い出しました。



他にネコロジーラボのななさんが二歳の娘さんのマコモダケにかじりついている写真を送ってくださいました。
皆さんどうもありがとう!






ベジタリアンインド料理教室 大阪 (キッチンアトリエ ガネーシャ)

20181027031309de5s.jpg

201810270313185a2s.jpg


最期はインド料理のカレーリーフ・久美子さん
今回はエスニックではなく野菜炒めのようですね。周りの人にいろいろ聞いてみるところマコモダケは油との相性がいいみたい。
夕ご飯かな?なかなかヘルシーです。





番外編
野菜オタクの祭り

2018110317542542es.jpg

20181103175433239s.jpg



カレーリーフ久美子さんが京都のビーガングルメ祭りで真菰料理が出ているのをアップしてくれました。
屋台の塩焼きそばに輪切りにしたマコモダケ、食物繊維が豊富で血糖値を抑えダイエットにもいい優れた健康食品だとか。古くから日本人に食べられてきたマコモダケ、一般の食卓でも普通に見られるようになればいいですね。












Mo-Dettes - WHITE MICE



1979年結成、80年代へたうま・ニューウエーブ・ポストパンクバンド。
丸の内のOL風で妙に色っぽいです。





1232585180.jpg

THE STORY SO FAR (EXPANDED EDITION) [ The Mo-Dettes ]




スポンサーサイト

少彦名のきのこ図鑑7 スッポンタケ

2018.10.30 (Tue)
P1017172.jpg
2018年10月25日撮影


家の裏で恐竜の卵を見つけました。
もうすでに孵化が始まっていて何やら目のようなものがこちらを恐る恐る伺っています。






P1017186.jpg



見つけたのは家の裏の石垣。
裏の山のもみじはいつものように真っ赤に紅葉しています。







P1017204s.jpg



二日後
ついにその姿を現しました。スッポンタケです。
しかし真っ白なものは初めて見ました。スッポンタケの別種かなと初めは思いましたがよく見るとすぐ近くに頭の黒いのが一本生えていましたので何かの拍子にグレバの部分が抜け落ちてしまった個体のようです。

スッポンタケ、学名を『Phallus impudicus』、ラテン語で『厚顔無恥なペニス』。日本でも、くそたれきのご、 へびたけ、きんたまっこ、と、言われ放題のキノコです。そんなこともあってか日本ではあまり食用にすることはありませんが中華やヨーロッパでは頻繁に食べられる、近縁で白く美しいベールをまとった『キヌガサタケ』と合わせて食味のいいおいしいキノコ、キヌガサタケは高級食材として珍重されています。山林、原野、空き地など様々な場所に生え、私が東京にいたときに採取したのは道端の街路樹を伐採した直後の日当たりのいい斜面にびっしりと生えていました。





P1017211_201810301917059dd.jpg

P1017220.jpg



上が通常よく見る形状のスッポンタケ。頭にグレバと呼ばれるねばねばした胞子の塊が付着していてこれがかなりの悪臭を放ちます。繁殖はこの匂いによって蠅をおびき寄せて胞子を運ばせる虫媒方式。軸の部分は柔らかくスポンジ状、基部の卵のような部分はゼリー状で薄い皮でおおわれています。







P1017252.jpg



試しに卵の部分のゼリーを食べてみました。
湯がいて酢醤油で、飾りつけすればちょっとした酒のつまみに見えなくもないですが・・・
・・・マズイデス。グレバの臭みと何とも言えない食感と口の奥に湧き上がるあわい酸っぱさと。これでもう少しグミのように歯ごたえがあれば耐えられそうですが口の中でとろけるような感覚が逆に気味が悪いです。






P1017254.jpg



軸の部分。一見柔らかく味もそっけもなさそうに見えますが結構コクがあってスポンジ状のしゃきしゃきとした歯ごたえで、スープにも良い出汁が出ます。やはり家の裏でできたナメコと一緒に今夜はビールとキノコ鍋。ただし食べ過ぎは厳禁のようです。キノコの中ではよくあることなのですがお酒と一緒に食べると深酒になったり悪酔いするものが何種類かあります。この、スッポンタケもその一つのようで、さらに食べ過ぎても体質によって酩酊したり幻覚を見たりするそうです。なので今夜はビール一本のみで。この一本きりで酩酊できるのであればちょっと得した気分です。







海道はじめ・スナッキーガールズ-スナッキーで踊ろう





悪酔いといえばこの曲の右に出る作品はありません。1968年に発表された幻の名曲。作曲は「早く帰ってコ」「矢切の渡し」「王将」などで知られる船村徹さん。残念ながら去年お亡くなりになりました。歌うは海道はじめ、バックを固めるのはスナッキーガールズ、小山ルミ、吉沢京子、羽太幸得子の三人。山本リンダが流行っていた時代と聞きますからちょっとその辺でおかしくなっちゃたのでしょうか。プリマハムの新商品『スナッキー』のイメージソングだったそうです。
今回は曲の紹介をするかどうかかなり迷いました。だってこの曲流しちゃうとどんな記事でも全部持ってかれてしまう。











秘密結社『暁のマコモタケ』結成

2018.10.28 (Sun)
P1017165.jpg


薫さんからのリクエストに応えて、突然ですがここに『マコモタケ団』結成を高らかに宣言します♪

☆入団資格
参加希望の方は真菰筍に関する記事、お料理の写真、真菰だけに対する思い等をブログ、SNS等にアップし、当記事のコメント欄にURLを張り付けてください。アメリカの『ワイルドライス』でも参加可能です。

☆活動内容
真菰筍を食べて幸せになる。マコモダケを知らない人にマコモを紹介して一緒に幸せになる。

☆団体概要
 団長 薫ざん閣下 
 副団長 カレーリーフ女史 
 団員一号 すくなひこな

なお、応募記事については僭越ながら当ブログにて後日まとめて紹介させていただきたいと思います。
それでは一日一善、マコモタケ普及のために邁進してまいりましょう!



もし、マコモが近くに売ってないという人は次の記事でお願いいたします。
『マコモダケ』



マコモダケ

2018.10.27 (Sat)
P1017141.jpg



マコモという植物をご存知でしょうか。
イネ科の多年草で人の背丈よりも高く大きくなります。
東南アジアから中国、台湾、日本では万葉集にも登場し、日本各地で普通に見られる、川や湖などの水辺に群生する大型の植物です。私自身も初めて知ったのは去年の春、ちょうど田植えのころで慌てて生産農家さんに頼んで苗を手に入れたものです。







P1017124.jpg




この村の農家さんですらまだまだまこもを知っている人は少ないです。あの東京から来た変人は何を作ってるのだろう、かやぶきでも始めるのかしら、といぶかしがっていたそうです。
しかし、まこもと日本人とのかかわりは非常に古く、稲作が伝搬する以前から重要な食料として珍重されてきました。神事や人々の生活にも深いかかわりがあり、寺社のしめ縄や茅の輪、猫ちぐらやムシロ、精霊船といった祭具や変わったものでは黒く変色したまこもから真菰墨というお歯黒の原料を採ったそうです。太古の昔から様々なものに利用されてきました。
秋の風にたなびく真菰、去年までまこもの存在すら知らなかった私の田んぼが、一年前は十株だけだったのに、今はその何十倍に生い茂った草木が秋晴れの水田を埋め尽くしました。







P1017126.jpg




背丈よりも高く茂ったまこもの田んぼはまるで林か森林のよう。青々とたくましく、猛々しい生命力をたたえています。
ここ、長野をはじめ生産地の多くで耕作を放棄された休耕田を利用した栽培がなされています。あっという間に生い茂り背丈が大きくなるまこもは雑草の防除の必要もなし。水を張って作るのは稲作と全く同じでまこもを栽培しながらすぐにでもコメ作りに転用できる健全な田んぼを維持してゆくことが可能です。減反や人手不足で主を失った田んぼが生き生きとよみがえるさまは眺めていて痛快でもあります。








P1017138.jpg





大きく肥大したまこもの茎。
これがマコモダケとして食用に利用する部分です。黒穂菌が寄生することで大きく太くなるのだそうです。まこもの種子はワイルドライスと呼ばれ、アメリカでは健康食品として大いに栽培されています。










P1017142_201810262315285d9.jpg





この、大きく太った茎の部分を収穫します。鎌などを使わなくとも手でおることができます。
手折った切り口から透明な樹液がしたたり落ちます。そのままかじって食べられるほど、えぐみも苦みもなく、癖のない、トウモロコシのような甘い香りがします。









P1017165.jpg






緑色の皮をむいて、ピラーなどで白くなるまで削っていきます。
中華料理には普通に使われている食材で、煮る、炒める、蒸す、餃子の具や野菜炒め、スープ、みそ汁、きんぴらなど、癖が全くないのでどんな料理にも合いそうです。
でも、目下の私の、一番のお気に入りはそのまま網で焼いた『真菰の素焼き』、今夜は味噌を塗りつけて弱火でさっと焼いてみました。








P1017168_201810262324545d6.jpg







生でも食べられるくらいですからあまり火を通し過ぎると歯ごたえが無くなってしまいます。
焦げ目がつくくらいのちょうどいい歯ごたえ。トウモロコシのような甘さとタケノコの歯ざわりです。サイドメニューは、今日山で採れた野生のきのこ、『チャナメツムタケ』と自家栽培の『シイタケ』、家の裏で採れた巨大な『なめこ』のお吸い物、秋の味覚に大満足です。大きく育ったマコモダケはこれ一本でなかなかのボリューム。おなかも一杯になる秋の大地の恵みでした。












マコモダケ販売
マコモダケ5本前後(1、5㎏~ )を送料込みで2000円で販売いたします。
数に限りがあるうえ、11月初めころまでの収穫になりそうですので食べてみたいという方はお早めにお願いします。
なお、寒い季節に採れたまこもは、果肉の中に黒い点々ができることがありますがこれは先ほど書いた真菰墨です。食味には影響ありませんので安心してお召し上がりください。また、包装に関しては米袋で簡易に包んでお送りいたしますのでご容赦いただける方のみご注文ください。

では、ご面倒ですが下記のアドレスか当該ブログのコメント欄に返信に必要なメールアドレス、配達の為の情報等を書き込んだうえでご連絡をいただければと思います。

suwakohimedaikon@gmail.com

では、ご注文お待ちしております。
(2018年11月27日深夜)





ヒメコレ2017 薫さん編

2018.10.24 (Wed)
P1013749aa.jpg



もう1年になるのじゃな、常世神少彦名じゃ。
昨年『姫コレクション』と名前も新たにリニューアルして再スタートした上野大根お料理フェスティバル。信州諏訪の特産品、『上野大根』を使った創作料理を出品してもらう次回で4回目の大会じゃ。『ヒメコレ』で検索すると高級美少女デリヘルがヒットしてしまうというのはちょっとしたご愛敬、しかし開催直後にインドの神様たちに会いに行ってそのまま知らんぷりで、今までほったらかしにしていて本当にごめんなさい。
さて、気付けば今年ももうすぐ上野大根収穫の季節、『第4回 ヒメコレ・フェスティバル』開催の季節となった。それに先駆けて大変遅まきながら、参加してくださった腕自慢の皆様のお料理をここに改めて振り返ってみることとしよう。
え?、なんか変なしゃべり方?
この書き出しに違和感を持たれたそこのあなた、わしが登場する場面ではもうおなじみの口上なのじゃ。年に二、三度、気まぐれで吾輩が降臨する時はすべてもったいぶった上から目線のこの調子、何を隠そうわたくし、常世神少彦名こそがこのブログの真のオーナー、ブログ『音・風・水』の主なのだ。普段書き込んでおるのは私の分身、現世すくなひこなですからね。





薫さんの上野大根に関する記事。
何を手掛けても超一流!!
皆さんも遊びに行ってみて!

『薫さんちのビーフシチュー』

ヒメコレ2017 その1
ヒメコレ2017 諏訪湖姫大根の麹味噌漬け
ヒメコレ2017 諏訪湖姫生大根
ヒメコレ2017 白い九十栗
ヒメコレ2017 その2




2017121310214165e.jpg


今年は大根料理の王道、漬物づくしで攻めていただいた。
ただ、そこは何をやらせても素人はだしの薫御大、要所要所に他人にはまねのできない創意工夫が盛り込まれておるぞ



20171211131547246.jpg

20171211131545ae8.jpg


薫さん自家製の麹と自家製味噌。
これはあっぱれ !! 普通にこんなことしちゃうんだから神様も脱帽じゃ。
大根のお返しで特製味噌をいただいたが粒粒がおいしいスペシャルなお味噌汁が出来上がったぞ。ただ残念なことにおいちゃんおばちゃんに強奪されて「美味しい美味しい」とあっという間に食べられてしまったわい。



20180116144044071.jpg

DSC02195.jpg




上が味噌漬けじゃな。一緒に送った唐辛子も上手に使っていただいた。
さっき朝ごはん食べたばっかりだけどおなかがすいてきたぞ。



2017121114243056c.jpg



いっしょに送ったカボチャ、おいしかったでしょ?この村のカボチャを食べると他のかぼちゃが食べられなくなるというくらい評判がいいんだぞ。


20171217203556744.jpg



とにかく楽しんでもらえるのが何より。
こんなにおいしくいただいてもらって諏訪湖姫ダイコンも本望だろうて。
百姓みょうりに尽きるおいしい記事の数々でした。









P1013894.jpg


さて、次回は
『カレーリーフ久美子と愉快な仲間たち』です。
こうご期待 !!







I Don't Feel It Anymore - William Fitzsimmons





以前も紹介した歌う伝道師、ウィリアム・フィッツシモンズの名曲。デュエットは同じくアメリカの女性シンガー、プリシラ・アーン。彼女はスタジオ・ジブリの大ファンでジブリ映画のカバーアルバムなんかも出している。マツモトキヨシのCMソングや映画『思い出のマーニー』にも曲を提供、NHKの『被爆70年特集ドラマ・赤レンガ』にも女優として出演しているので彼女のほうが日本では有名かもしれません。
ウィリアム・フィッツシモンズ、盲目の両親のもとで生まれた彼、小さなころから演奏家であった両親と音楽に包まれて育ちました。だから彼の曲はどれも優しい曲ばかり。この曲が収録されたアルバム『The Sparrow and the Crow』は彼自身の離婚をテーマに書かれた作品。なのでとってもさみしい悲しいメロディーばかりですが秋になると無性に聴きたくなる。記事とはアンマッチかもしれませんがちょうど傍らにあったもので。さて、日が差してきました。畑に行ってこよう・・・




Priscilla Ahn - Stop, Look, Lie マツモトキヨシCMソング



Fine On The Outside / Priscilla Ahn 
『思い出のマーニー』主題歌
















とんぼの卵を採取する方法

2018.10.22 (Mon)
P1016900.jpg



日に日に赤とんぼの数も少なくなって、日中の日差しも山の斜面に斜めに差し込んで暖かい中にも乾いた空気が秋の深まりを感じさせます。





P1016896.jpg




それでも、玉ねぎを植える私の頭上にはまだまだたくさんの蜻蛉たちがくるくると円を描きながら、時には耳元にまで飛んで来てぶんぶんとつぶやいては去っていきます。
と、ここで唐突ですが、この赤とんぼの群れの中に交じって『馬鹿とんぼ』という一群がいるのを皆さんご存知でしょうか。











P1016917.jpg




見かけは全く普通の赤とんぼとなんら変わりありません。
では、どこが違うのか。
普通の赤とんぼは田んぼや池に、水のある所に卵を産みますよね。でも、今僕の頭の上を群れを成して飛んでいるトンボたちは川や池の水の中にではなく私の敷いた畑の中の農業マルチの上に卵を産み付けているのです。







P1016890_2018102219311268a.jpg



これがその農業用ビニールマルチ。田舎に行けばよく見かけると思います。で、何のために敷くかというと保水や保温、保肥、雑草の防除のため。これを敷かないと後々草取りで大変なことになります。
そんな長く敷きこんだマルチの上に、彼ら『馬鹿とんぼ』達は一心不乱に卵を産み落としています。私が「そこは池じゃないんだよ」と何度いっても一向に聞く様子はありません。農作業をしている傍らで、夢中になって産卵をする蜻蛉たち。ビニールの太陽にきらきら光る様子が水面のそれにそっくりに見えるのでしょう。哀れです。いじましいです。あんまりかわいそうなので私はこんなものを用意しました。











P1016933.jpg



『馬鹿とんぼ専用産卵シート』
とんぼのカップルが池と間違えてこちらにも産卵するように。わざわざ網を振り回してトンボを捕まえてこなくてもいいわけです。農作業が終わったときにはビニールの上に卵がいっぱい産み落とされているという寸法です。







P1016924.jpg




馬鹿といえばちょっと前に『バカマツタケ』の人口栽培が話題になりましたね。いつかは自分の足で採取して味わってみたいと思っていたキノコ。松茸なんかよりもいっそう好奇心の沸く自分にとっては幻のキノコです。ですから人工栽培と聞いたときはそれこそ小躍りして喜びました。人類始まって以来の快挙だと。でも、これってよくよく考えてみるといったい誰が得するのでしょう。私の村の、山を挟んで隣村、後山集落はマツタケの名産地、広大な山を管理し、整備された赤松の林でマツタケの採集を続けています。松茸の生える山はそれはそれは手の行き届いたきれいな山、もし、バカマツタケが一般に出回ることがあれば彼らマツタケ業者にとっては大打撃、これで生活している生産者には死活問題です。一方、私たち消費者にとってはどうでしょう。安くなるからいいんじゃない?って、私はそんなに単純な話でもないような気がします。高嶺の花だった松茸がパック売りで簡単に手に入る。そりゃ、最初は皆さん飛びつきますものね。当然松茸の値段も下がってくる。もしかするとバカマツタケを松茸と偽って販売する業者も出てくるかもしれません。結局松茸自体の価値が下がってゆき、もはやありがたいものではなくなってしまう。ただ単に松茸の値崩れを引き起こすだけじゃないのかなと。そもそもマツタケは高価で珍しいから話題になるのであって、これがシイタケと何ら変わりなくスーパーに並んでいたら・・・・私ならためらわずシイタケを買います。だって、いうほど松茸っておいしいキノコじゃない。季節のもので特別のものだから食べてみたくなる、『松茸』はいわゆる日本の風物詩、松茸の山が荒れてゆくのを私はみたくありません。松茸が安くなったら誰も見向きもしない駄菌になってしまうのではないか、松茸を食する楽しみを日本人から奪ってしまうのではないのか。素晴らしいこの技術、一部の企業や研究者だけが金儲けをするような限定的なものではなく、より多くの人が幸せになるような技術として普及することを願うばかりです。








P1016384.jpg



百姓は馬鹿じゃできないといいます。同時に利口でもできないといいます。あんまり頭がいいとこんな効率の悪い、金にもならない重労働はそれこそばかばかしくなりますから。
そういう意味では、私は立派な馬鹿、とんぼのことを笑うわけにもいきません。持ち帰ったとんぼの卵は水槽の中へ。乾燥して死んでいなければ、来年、水の温む頃にはヤゴとして泳ぎ回っていることでしょう。







P1016898_201810222247269de.jpg












サエキけんぞう&ぶどう÷グレープ「母子受精」





産み落とすといえばこの曲、ハルメンズの『母子受精』、日本語の曲で一番二番に好きかも。

「産み落とせ街の落とし子、母の街をかけろ」

6年前、一度お会いしたことがあったけど覚えてないだろうな。
いまは、街を離れ奥深い山の中だけどたまにはそんな気持ちで緑の野山を駆け巡る。




戸川純とヤプーズ 『母子受精』 カバー 
(歌詞が聞き取りやすいと思って)







ハルメンズの20世紀 +8 [ ハルメンズ ]



白点病にはインドの唐辛子

2018.10.17 (Wed)
P1016836.jpg
ゴールデン・ダイヤモンド・エンゼル





今年の残暑は長く暑かった。
10月に真夏日でそのうえ急に寒くなったものだから風邪をひいてしまいました。
人間でもこんな調子ですから、同居人の熱帯魚たちも先日の急な低温でなんと白点病にかかってしまいました。
節電のため夏の間はヒーターを切っていたもので、ちょっとした飼い主の油断からかわいい子たちを病気にしてしまいました。









P1016481.jpg




前日まで全然何ともなかったのに一晩であっという間に広がっていました。あまり魚を病気にしたことがなかったので…さてどうするか。







P1016487.jpg



白いカビみたいなものが確認できますでしょうか。
見事に全員、6匹とも罹患しました。
原生動物の一種、ウオノカイセンチュウが寄生して起きる病気です。





P1016485.jpg



見るからに痒そうです。
似たような病気がいくつかあるので白点病とは断言できませんが、とにかく急な低水温がきっかけで起きたことには間違いありません。白点病は水温が低いと感染すると聞きます。ただ、今回の本当の原因は急な低水温による魚へのダメージと水質の悪化で魚の免疫力が低下していたのが主だったのでしょう。ひとえに私の管理不足ということです。
さて、ただただ悲観しているわけにもいきません。何とか最善の治療の方法を見つけなければ。そこで、まずは水温を30度近く上げてゆきます。先ほどもふれたように白点病と断定したわけではありませんが低水温が原因というのはわかっています。温度を上げれば改善する可能性は高いでしょうからサーモスタットの設定を28度まで上げてやります。ウオノカイセンチュウは低温を好み30度以上の水温だと繁殖が抑えられます。ただ、30度まで上げてしまうと魚自身にもかなりのストレスになりますから、まずは28度の設定にして様子を見ることにします。これで病状が抑えられれば9分9厘白点病ということになります。
体にとりついた白点虫は2~3日で魚の体を離れ再び低床に潜り胞子になって生き残ります。その胞子から遊走子という段階を経て再び魚に寄生する、そのサイクルは5~6日です。ちなみに、寄生できなかった遊走子は24時間で死んでしまいますので、厄介なこの寄生虫を殺すには魚から離れ胞子になる前の時期と遊走子の時期がチャンスということになります。ニューグリーンFなどの薬を使って直すのが確実で手っ取り早いのですがそこは無農薬の少彦名、今回はこちらを使ってみました。









P1016543.jpg




『スクナヒコナ農園、おいしいインドの青唐辛子!』

鷹の爪?そんなもの効くはずないからー、という声もちらほら聞こえてきますが、先ずは手近にある、それも絶賛栽培中のこのおいしい唐辛子を使わない手はありません。
一本丸ごとと行きたいところですが、この唐辛子、日本のものと比べたらはるかに辛い、祈りを込めて、新鮮な唐辛子を半分にちぎって、ダメもとで水槽に入れてみました・・・・・。


入れたとたんにみんな唐辛子の反対側に逃げ出して震えています。笑っちゃいけないけど可笑しかった。
「辛い!」っていう声が聞こえて来るようです。





P1016850.jpg




結果
効果は二日で出始めました。劇的に白点の数は減りその大きさも小さくなりました。
一週間もするとすっかり白点は消滅しました。この時点で水換え、なぜこの時期にしたかというと唐辛子の効果を確認したかったことと、発病している最中に低床からごみを巻き上げるのが怖かったからです。巻き上がった新たなハクセンチュウに寄生されるとも限りません。七日後の症状が治まったこの時期に改めて水替え、新鮮な水に交換します。その際、低床のクリーニングも併せて行います。白点病の原因になる鞭毛虫は普段低床のごみの中に潜んでいますから一気に外に出してしまいましょう。いいタイミングにちょうど数日前に買い替えたプロホースが届いていたのでとても助かりました。






スクナヒコナのテレフォンショッピング!


プロホースエクストラ
先代プロホースの改良版。弁の部分が壊れにくく扱いやすくなりました。

画像をクリックすると商品の解説が見れますよ。









P1016844.jpg




二週間後に水温を28度から飼育水温に設定。白点病の治療は完治、終了致しました。

今回は『白点病にインドの唐辛子が効くかもしれない』というお話。
本当のところは高温療法で病気を抑えたというところなのでしょうが、少なくとも唐辛子の投入は魚に害はないということだけはわかりました。とにもかくにも、みんな元気になったのが何よりです。

めでたしめでたし。






P1016845.jpg








台風一過

2017.09.18 (Mon)
P1012984.jpg


昨夜は久しぶりにすごかった
台風が来てもこの辺は山の中だからでしょうか、そうそう、恐ろしいことにはならないのですが昨日の嵐は家がゆさゆさ揺れるほど、このまま屋根でも持ってかれてしまうんじゃないかと思うほど激しかった



P1012993.jpg



それでも、もともと災害の少ない地域らしく、被害といえばビニールハウスが二、三件破れていたり、背の高い作物が所々で倒れてたり。私のところも上野大根のマルチが少し剥げた程度だったので安心しました。
倒れて農道をふさいでいた杉の木は、朝見回りに行った時にはすでに切られてましたし。



P1012997.jpg


台風に何とか持ちこたえた村のゴミ捨て場
手が空いたら直さないといけませんね



P1012964_201709182134438c2.jpg



稲も倒れることなくあとは刈り入れを待つのみ
去年は秋の長雨のせいで例年にない出来の悪さ、田んぼもしばらく休んでいた初めての場所だったので端からどんどん倒れてしまってそれはひどいものでした
刈入れ目前にして大水にやられた映像をニュースで見る度、どんなに切ない思いをしているだろうかと、去年の倒れた私の稲を眺めただけで嫌になってたのを思えば想像もつかないほどの気持ちだろうな




P1012947.jpg




今年はお米にとってはいい年だったと思います
今から自分のお米を食べるのが楽しみです
百姓を初めて4年、実はこんな気持ちになったのは鞄を鍬に持ちかえてから初めて
もともと食には頓着ないほうで何食べても「おいしい~」で済ませちゃうのですが、こんな気持ちになってる自分が、少しは百姓らしくなれたのかなと内心ひそかに喜んでいる



P1012956.jpg



田植えの時期、悩みに悩んで、今年は除草剤を使わずにお米を作ることにしました
草が生えたら生えたでいいや、夏が来て草だらけになっていつもの通り泥だらけで田んぼを転がることになったとしても、ああ、バカなことした自分が悪いと後悔先に立たず、愚かな自分を恨めばいいや
半ばやけっぱちで完全無農薬に臨んでみたのですが、これが不思議や不思議、たとえ薬撒いたとしても必ず毎年稗で目が回るほどの思いをさせられるのに今年は一本たりとも伸びてきません。お隣の田んぼは稗育ててるのか米育ててるのかわからないほど盛大に草が伸び放題だというのに、結局、梅雨前に一回草取りしたっきりであとは何にもしないで済んでしまいました

そうそう、写真の伸びあがった巨大な草は雑草じゃないんですよ
マコモダケ、田んぼの空いたところに試しに十株ばかり植えてみました
来年、これを親株にして少し大きくやってみようと思ってます。



P1013000.jpg



なんで稗が生えなかったのか?
これさえわかれば百姓は本当に楽になるんですけど

通りすぎた台風、裏山の納屋も無事でした
いつ壊れてもおかしくないほどひしゃげたあばら家
でも赴きあるでしょ?東京にいた時はこんな小屋が自分のものになるなんて思ってもみなかった






Mungo Jerry - In The Summertime 






1970年、イギリスのバンド、マンゴ・ジェリーの世界的ヒット曲
夏の日差しに誘われて街に繰り出す田舎の浮かれたあんちゃんこ


さあ、夏はもう終わりです。







上野大根 凶作

2016.11.15 (Tue)
P1018526.jpg




今年は上野大根始まって以来の大凶作
9月の大雨と日照不足で全く大きくなりません
中には全滅という畑もあるくらい
うちの畑も十分の一の収量、それでもまだ採れただけいいほうです
そんな畑でも誰かが片付けなきゃいけないので皆が来ないうちから一人黙々と大根を抜き取っていきます








P1018542.jpg





友達が三人
インド人と女性一人
半日も大根抜きすればあっちが痛いのこっちが痛いの
今朝も9時にやっと起きだしてきた始末
それでも来てくれるのはとても嬉しいもの
一人で百姓する身にとってはいてもらえるだけで心底嬉しいもの





P1018552.jpg




今年は何をやっても全部だめ
それでもどんなにしたって助け合って生きていかなければなりません
情けないことですが一人ではたった一年乗り越えることもできない
それはきっとどこの世界でも同じなんでしょう
都会だって会社だって国だって
いろんな人が見えないところで助け合って生きている

そんなにしても今年は何もかもがダメだった一年
まあ、それもこれもあのトランプのせいだな
あいつ、死んじゃえばいいのに






P1018547.jpg





なので、漬物の注文もすでにいっぱい
多くのお客さんは断らなければいけない状態です
待ってくれていたお客様には本当にごめんなさい。
また来年よろしくお願いいたします



P1018522.jpg


夜は珍しく鍋にしました
でもなんだか辛くてスパイシーなんです




The Beatles
With A Little Help From My Friends







友達のちょっとの手助けで
きっとうまくやって行ける
ちょっとだけ僕の友達が助けてくれれば
きっとうまくいくよ
みんなのちょっとした助けさえあれば









上野大根関連記事
諏訪湖姫たくあん  
第一回諏訪湖姫大根お料理コンテスト グランプリアローズ
上野大根諏訪湖姫 干し場作り
沢庵漬ける
かた大根こぎ
大根を干す
わが村名産、幻の沢庵漬け

続きを読む

少彦名のきのこ図鑑4 コウタケ

2016.11.10 (Thu)
P1018328.jpg


香茸
読んで字のごとくとってもいいにおいがします。
前に紹介したハナイグチと同じ山に輪になってたくさん生えていました。


P1018332.jpg
2016.10.12 赤松、カラマツ混交林


まるで松ぼっくりを踏んづけて平べったくしたような感じ
イガイガしていてとてもおいしそうには見えませんがこれがとびっきりの美味なわけです


P1018325.jpg


裏っかえすとこんな感じ
小さな突起がいっぱい生えてて指でさわさわするといい感じです



P1018318.jpg


中には傘の上のガサガサしたササクレがあまりないものもありました。
ものの本にはチョコレートのようなにおいと書いてあります。私は、醤油のような香ばしいにおいだなと感じました。どちらにしてもとても食欲をそそる香りがします。
そうそう、似たキノコに『けろうじ』というものがありまして、ひとめとても良く似ていますが傘の表面に「ササクレ」がないので容易に区別がつきます。毒はないようですがとっても苦いそうです。



P1018336.jpg



その日のうちに早速食べてみました。
油でよく炒めて醤油をちょちょちょイット
ちょっと苦みがあって、この独特の苦みが日本酒にとってもあって相性はばっちりです。
東北ではマツタケなんかよりも重宝されとっても高値で取引されるそうです。負け惜しみじゃないけど、私もマツタケなんかより段違いに美味しいと思いました。
残念ながらここ、信州では近年食べる人がめっきり減って3分の一以下の値段になってしまったそうです。諏訪近辺もだんだんと酒飲みが少なくなってきたのでしょうか。
たくさんとれたのに仕方ないので全部自分で食べることにします。



P1018459.jpg



どんなキノコもそうなのですが火をしっかりと通しておかないと中毒することがあります。
写真は干した香茸と松茸雑炊ならぬ『香茸雑炊』
干すとさらに香りが強くなって部屋中秋の香りでいっぱい

ごちそうさまでした。




back-to-top