少彦名のきのこ図鑑8 クリタケ

2019.02.18 (Mon)
P1017237.jpg



去年の秋、10月末においでらの畑から東へ続く斜面で見つけました。



P1017238.jpg


クリタケ
広葉樹の切り株や朽ちた倒木に生える。一塊の株になって群生します。ひとたび見つければかなりの収量に成ります。傘の色は赤茶の栗色、軸はしっかりしていて傘と同じような色をしています。ひだは密で直径5センチ前後の小型のキノコです。





P1017228.jpg


少し離れた場所の切り株、それぞれナラの朽ち果てた木に生えていました。一週間前に一度採取して、再度訪れてみたら再び大きな株をつけていました。






P1017230.jpg


お鍋によし、炒めてよし、干したものを炊き込みご飯にと、とてもおいしい重宝するキノコですがたくさん食べすぎるとおなかを壊します。近年有毒部質が検出されたとかでヨーロッパでは毒キノコとされています。似たキノコで『ニガクリタケ』があります。毒キノコで死亡例もありますので採集には注意が必要です。






P1017240.jpg




有毒の『ニガクリタケ』は広葉樹にも針葉樹にも生えます。見かけが似ているうえに『ニガクリタケ』は一年中生えています。同じ切り株に『クリタケ』と『ニガクリタケ』が同居するようなこともあるようなので未だに中毒例が絶えません。
見分け方としてはクリタケは茶色、その名の通り栗色をしていますがニガクリタケは黄色味を帯びています。こちらの地方ではニガクリタケのことを『クリタケの華』と呼んで区別しています。話しを聞いた感じだと「あちら側の山に生えるクリタケは花が咲くから食べちゃいけない」みたいなニュアンスでした。「同じクリタケでも黄色く色が鮮やかなのはクリタケの花」と呼び分けて避けているのかもしれません。
また、『クリタケ』には写真のように傘のふちに白い綿毛のようなささくれがあるのも区別する一つのポイントです。








P1017260.jpg


それぞれ違う切株から採ったクリタケ。右のほうは傘のふちのささくれが見られずツルっとしています。そんな時は軸の形状で見分けます。クリタケの軸は写真のようにいかにもキノコらしいしっかりした軸がついています。また、色は傘の色と同色の茶色、ニガクリタケは細くやわらかでささくれがなく多くはまっすぐ、傘の黄色のような淡い色をしています。







P1017227.jpg


『クリタケ』赤茶色でささくれがあり軸がしっかりしている。『ニガクリタケ』はクリタケの花と呼ばれる通り黄色く、少し小ぶりで軸が柔らかい。しかし、傘が開き切ってしまうと色つや共にどちらも似てくるようですので見た目の良い、おいしい時期のものだけ採取するようにしましょう。もし心配で自信がないならば生でかじってみるのも一つの手です。ニガクリタケはその名の通りとても苦いです。







P1016775.jpg


しかし、ニガクリタケも火を通すとその苦みもなくなってしまうそうです。
写真は同じ山の小さな湧き水のそばに咲いていたトリカブトの花。この花も小さくてとてもきれいですが全草猛毒です。
よく見ると本当に兜をかぶったような形、鳥のような眼が兜の奥に光って見えるようです。





P1016769.jpg





Shannon Shaw - Broke My Own





毒っけということで最近はまってるセクシーなお姉さまのご紹介。
Shannon Shaw / シャノン・ショー
カリフォルニアのバンド『Shannon&the Clams / シャノンとかわいいあさりたち』のバンドリーダーでありリードボーカル、ベーシスト。Shannon&the Clamsは2009年より活動を続けるビンテージサウンド、ガレージパンク・バンド。ドゥ・アップありサーフィンミュージックあり、サイケあり、R&B、ナッシュビル、ブリティッシュパンク。今は遠い古き良きアメリカの甘酸っぱさを満載した芳醇な果実を思わせる香り豊かな音楽集団です。
シャノン・ショー、きっと皆さんは彼女を見てマツコ・デラックス辺りを思い浮かべると思いますが、私にとっては・・・・きっと、マツコ・デラックスの元ネタもあの伝説のドラッグクイーンの丸パクリなのですが・・・・アメリカの俳優で歌手のディヴァイン(Divine)のまさに彼女(彼)の再来なのですね。




Pink Flamingos / 映画 『ピンクフラミンゴ』




なつかしいですね。ディヴァイン主演、ジョン・ウォーターズ(John Waters)監督の伝説のカルト映画。まだ『カルト映画』なんてしゃれた言葉がなかったころじゃないかな。熟しきって行き詰った世界に鮮やかに咲いたフリークス映画の真っ赤な大輪です。内容はというとようはエログロ、映画館でしっかり見ましたよ。でもこれって18禁じゃなかったのかな?鼻たらしの小僧がよく映画館に入れたものだ。変態、グロ、スカトロ、ストーリなんかまったくないも等しいナンセンスのオンパレード。そのうえ吹き替えも日本公開当時は字幕さえもなかったと記憶してるから、だから話の筋なんかまったく覚えていません。そもそもストーリーなんかてんで関係ないハチャメチャな映画なんだけど、とにかく選曲が抜群によかった。プロモーションビデオなんか一般的じゃなかった時代だから、もしかしたらそういった類の音楽映像の走りだったんじゃないかな。とにかく音楽に乗せた一種独特の疾走感みたいなものが全編にありました。かなり経ってレンタルビデオ借りて見たけど肝心な過激な部分はほとんどカットかモザイクがかかってた。最後にディバインが目の前でわんこが落としていったホカホカのうんこを頬張るシーンがあるんだけど、思いっきりモザイクかかっててなにしてるかわからないようになってました。
シャノン・ショーの演じる音楽はまさにこのころのアンダーグラウンドな世界を忠実に再現した芸術になる以前の、猥雑で甘美な大衆文化のカオスな世界。この時代を体験した人も、体験したことのない人も、きっとこみあげてくる中毒性のこの『甘酸っぱさ』に誰もが「うえっ」とエズく、非常に危険な危ない幻覚のようです。





Shannon Shaw - Cryin' My Eyes Out





Shannon & the Clams - Backstreets










新品DVD!【ピンク・フラミンゴ】 Pink Flamingos: 25th Anniversary Edition!<ジョン・ウォーターズ監督作品>



スポンサーサイト

少彦名のきのこ図鑑7 スッポンタケ

2018.10.30 (Tue)
P1017172.jpg
2018年10月25日撮影


家の裏で恐竜の卵を見つけました。
もうすでに孵化が始まっていて何やら目のようなものがこちらを恐る恐る伺っています。






P1017186.jpg



見つけたのは家の裏の石垣。
裏の山のもみじはいつものように真っ赤に紅葉しています。







P1017204s.jpg



二日後
ついにその姿を現しました。スッポンタケです。
しかし真っ白なものは初めて見ました。スッポンタケの別種かなと初めは思いましたがよく見るとすぐ近くに頭の黒いのが一本生えていましたので何かの拍子にグレバの部分が抜け落ちてしまった個体のようです。

スッポンタケ、学名を『Phallus impudicus』、ラテン語で『厚顔無恥なペニス』。日本でも、くそたれきのご、 へびたけ、きんたまっこ、と、言われ放題のキノコです。そんなこともあってか日本ではあまり食用にすることはありませんが中華やヨーロッパでは頻繁に食べられる、近縁で白く美しいベールをまとった『キヌガサタケ』と合わせて食味のいいおいしいキノコ、キヌガサタケは高級食材として珍重されています。山林、原野、空き地など様々な場所に生え、私が東京にいたときに採取したのは道端の街路樹を伐採した直後の日当たりのいい斜面にびっしりと生えていました。





P1017211_201810301917059dd.jpg

P1017220.jpg



上が通常よく見る形状のスッポンタケ。頭にグレバと呼ばれるねばねばした胞子の塊が付着していてこれがかなりの悪臭を放ちます。繁殖はこの匂いによって蠅をおびき寄せて胞子を運ばせる虫媒方式。軸の部分は柔らかくスポンジ状、基部の卵のような部分はゼリー状で薄い皮でおおわれています。







P1017252.jpg



試しに卵の部分のゼリーを食べてみました。
湯がいて酢醤油で、飾りつけすればちょっとした酒のつまみに見えなくもないですが・・・
・・・マズイデス。グレバの臭みと何とも言えない食感と口の奥に湧き上がるあわい酸っぱさと。これでもう少しグミのように歯ごたえがあれば耐えられそうですが口の中でとろけるような感覚が逆に気味が悪いです。






P1017254.jpg



軸の部分。一見柔らかく味もそっけもなさそうに見えますが結構コクがあってスポンジ状のしゃきしゃきとした歯ごたえで、スープにも良い出汁が出ます。やはり家の裏でできたナメコと一緒に今夜はビールとキノコ鍋。ただし食べ過ぎは厳禁のようです。キノコの中ではよくあることなのですがお酒と一緒に食べると深酒になったり悪酔いするものが何種類かあります。この、スッポンタケもその一つのようで、さらに食べ過ぎても体質によって酩酊したり幻覚を見たりするそうです。なので今夜はビール一本のみで。この一本きりで酩酊できるのであればちょっと得した気分です。







海道はじめ・スナッキーガールズ-スナッキーで踊ろう





悪酔いといえばこの曲の右に出る作品はありません。1968年に発表された幻の名曲。作曲は「早く帰ってコ」「矢切の渡し」「王将」などで知られる船村徹さん。残念ながら去年お亡くなりになりました。歌うは海道はじめ、バックを固めるのはスナッキーガールズ、小山ルミ、吉沢京子、羽太幸得子の三人。山本リンダが流行っていた時代と聞きますからちょっとその辺でおかしくなっちゃたのでしょうか。プリマハムの新商品『スナッキー』のイメージソングだったそうです。
今回は曲の紹介をするかどうかかなり迷いました。だってこの曲流しちゃうとどんな記事でも全部持ってかれてしまう。











少彦名のきのこ図鑑6 シロキクラゲ

2018.10.20 (Sat)
P1016421.jpg



10月1日撮影
折れて朽ちた地面の枯れ枝に生えていました。広葉樹の森のなかではよく見かけるキノコ。名前の通り真っ白に透き通った木耳です。
それほど珍しくはないにしても一度に取れる量はほんのひとつまみ。それでも癖がなくおいしいキノコなので見つけたら必ず持ち帰っています。





P1016457.jpg



さっと湯がいて酢の物に。
ほんとにちょびっとですね。飲み屋のお通しにもなりません。
味はつるつるとして癖のない歯ごたえ。キノコが嫌いな人でも抵抗なく食べられるんじゃないかな。
最近は栽培物も流通しているようで、世界三大美女の一人、かの楊貴妃は美容を保つために毎日食していたとか。滋養強壮、コレステロールを下げ、動脈硬化、心臓病にもいいとのこと。しかし、それよりなによりこうやってちょこっと食卓に添えるだけで今日一日を幸せに振り返る、精神衛生を健全に保つためには効果絶大な森の白い宝石です。







Art Bears - In Two Minds



Art Bears
さて、この曲が精神衛生上どんな効果をもたらすかは定かではありませんが、今日のように森に分け入るといつの間にか口ずさんでいる私の大好きな曲、これってちょっと変態でしょうか。
アート・ベアーズ、イギリスのアヴァンギャルド・ロック・バンド、ヘンリーカウ/HENRY COWのメンバー三人 クリス・カトラー/Chris Cutler (percussion, texts)、フレッド・フリス/ Fred Frith (guitar, bass guitar, violin, keyboards)、ダグマー・クラウス/ Dagmar Krause (vocals; previously of Slapp Happy)がヘンリー・カウ解散後新たに結成したアバンギャルド・ロック、プログレッシブ・ロック・バンド。ボーカルのダグマー・クラウスはスラップハッピーでも、その歌声を聞かせるドイツ人のボーカリスト、以前、過去記事『霧のドライブ』でも紹介しました。
今夜の曲が収録されているアルバム、『Hopes and Fears』は私がまだ、音楽の森で右も左もわからずさ迷っていたころ、突然頭上に降り注いだ暖かな木漏れ日のような、自閉症の少年に未来を指示しめしてくれた、自分にとってはとても大切な一枚、プログレの迷宮から少年を救ってくれた奇跡の作品です。とかく難解なアプローチが際立っていたヘンリー・カウから三人組のシンプルな構成になって、より肉体的に、グルーブ感のあるセッション・バンドに進化しています。そこはバンドの中核であるクリス・カトラーのパーカッションの役割が非常に大きい、一見とっつきづらい音楽ですが三人の個性がぶつかり合う音と音のバイブレーションがダイレクトに体幹を突き動かす魂の一枚です。



過去記事 『霧のドライブ』










少彦名のきのこ図鑑5 マツオウジ

2017.05.21 (Sun)
P1012140a_20170521210033a60.jpg


5月16日 撮影
青大将に遭遇した付近で見つけました
休耕地の土留めに使っていた木に生えていた立派なキノコ
見るからに重厚で手に取ってみるとずしりと重い、非常にしっかりしたキノコです。香りがとても強く松茸に感じるようなメントールというか松脂系のさわやかな木の香りがする。いかにもおいしそうなキノコなのです。
シイタケにしては白すぎるし生えていた木も樹皮は腐って剥がれ落ちてはいるが見た感じこの周辺に生えているアカマツのよう。持ち帰って調べてみると針葉樹に生えて姿が似てるのはマツオウジ、シイタケも時に針葉樹に生えると聞いてはいたが自信がないので保健所に持ち込んで見ました。
採取してから判別するのに少々時間がかかってしまって獲った茸は捨ててしまいましたが、もしやと思い先ほど真っ暗な中、青大将の山の中へ、同じ場所に行ってみたら小さいやつが一本、同じ場所からちょこんと生えておりました。

早速持って帰って定番の汁物に。以前はよく食べられたキノコのようですが最近になって中毒例が報告されているとのこと、人によっては吐いたりするようです。果たして自分がそれに該当する者なのかどうかは実際食べてみなければわかりません。覚悟を決めて実食です。
食感はコリっとしたしっかりした歯ごたえ。ちょっと苦みがあります。気のせいか舌が痺れるような。火を良く通せば中毒しないなどと書いたものもありますが、事実、加熱で無毒になるのであればこいつの毒は気化するこの香りにあるのでは。毒キノコといいながらなぜか栽培物も出回っていると聞くし、とすれば地域や環境で性質の変わる毒成分の強い亜種が別に存在するのではないのか。いやいや、もしかすると汁物にしたのはいけないことだったか。なんてったって毒成分がたっぷり溶け出すとすれば、それは黄金色に香り漂うこのお出汁の中なのだから・・・
いろいろと恐る恐る考えているうちにいつの間にか完食です。舌を痺れさせる苦みも、鼻に抜ける山の香りもなかなか癖になる後引きなお味でございました。食毒を気にせず食べられるのであればこのきのこはとっても優れた美茸でございます。



P1012175aa.jpg












今夜は毒キノコっぽい曲で



Fleetwood Mac - Dragonfly






And when the roses are half-bud soft flowers
And lovely as the king of flies has come
It was a fleeting visit, all too brief
In three short minutes, he had been and gone
He rested there upon an apple leaf
A gorgeous opal crown sat on his head
Although the garden is a lovely place
Was it worthy of so fine a guest
Oh...
Oh...
Oh...
Oh...
Dragonfly, dragonfly ...



フリートウッド・マックは以前紹介したことあったよな・・・と調べてみたら三年前に書いてました。 / 一休み・・・再び


変容の激しいバンドなので前回紹介の曲と聞き比べてみると面白いです。
「Dragonfly」は1970年の作品、ウエールズの詩人、W.H.デイヴィスの詩に曲を載せたものです。71年にシングル化されましたが、なぜかアルバムには収録されてません。ごらんになったビデオは西ドイツのテレビ番組,『ビート・クラブ』で収録されたもの。ダビングなしの一発録りのようです。1971年発売のベスト盤でしか聞くことができないレアもの、力の抜けたいい曲なんですけどね。








The Best of Peter Green's Fleetwood Mac [FROM UK] [IMPORT]







少彦名のきのこ図鑑4 コウタケ

2016.11.10 (Thu)
P1018328.jpg


香茸
読んで字のごとくとってもいいにおいがします。
前に紹介したハナイグチと同じ山に輪になってたくさん生えていました。


P1018332.jpg
2016.10.12 赤松、カラマツ混交林


まるで松ぼっくりを踏んづけて平べったくしたような感じ
イガイガしていてとてもおいしそうには見えませんがこれがとびっきりの美味なわけです


P1018325.jpg


裏っかえすとこんな感じ
小さな突起がいっぱい生えてて指でさわさわするといい感じです



P1018318.jpg


中には傘の上のガサガサしたササクレがあまりないものもありました。
ものの本にはチョコレートのようなにおいと書いてあります。私は、醤油のような香ばしいにおいだなと感じました。どちらにしてもとても食欲をそそる香りがします。
そうそう、似たキノコに『けろうじ』というものがありまして、ひとめとても良く似ていますが傘の表面に「ササクレ」がないので容易に区別がつきます。毒はないようですがとっても苦いそうです。



P1018336.jpg



その日のうちに早速食べてみました。
油でよく炒めて醤油をちょちょちょイット
ちょっと苦みがあって、この独特の苦みが日本酒にとってもあって相性はばっちりです。
東北ではマツタケなんかよりも重宝されとっても高値で取引されるそうです。負け惜しみじゃないけど、私もマツタケなんかより段違いに美味しいと思いました。
残念ながらここ、信州では近年食べる人がめっきり減って3分の一以下の値段になってしまったそうです。諏訪近辺もだんだんと酒飲みが少なくなってきたのでしょうか。
たくさんとれたのに仕方ないので全部自分で食べることにします。



P1018459.jpg



どんなキノコもそうなのですが火をしっかりと通しておかないと中毒することがあります。
写真は干した香茸と松茸雑炊ならぬ『香茸雑炊』
干すとさらに香りが強くなって部屋中秋の香りでいっぱい

ごちそうさまでした。




少彦名のきのこ図鑑3 ハナイグチ

2016.10.28 (Fri)
P1018381.jpg


漢字で書くと花猪口
信州ではジコボウと呼んで親しまれています



P1018389.jpg


この辺では一番食べられているキノコ
裏っかえすとこんな感じ
ひだがスポンジのようになっているキノコを総じてイグチと呼びます



P1018392.jpg
ドクベニタケ 10月15日 カラマツ、赤松混交林

近くにはこんなキノコも生えています


P1018394.jpg
ドクベニタケ 10月15日 カラマツ、赤松混交林

ドクベニタケ
このきのこが生えているところには必ずと言ってハナイグチが生えてます
もちろんこのドクベニタケは有毒のキノコ、色があれなんでまず食べる人はいないと思いますが

カラマツ林で見つけたらご用心







P1018397.jpg
ハナイグチ 10月15日 カラマツ、赤松混交林
P1018398.jpg
ハナイグチ 10月15日 カラマツ、赤松混交林

ジコボウと呼ばれるキノコにはほかに『ヌメリイグチ』や『チチアワタケ』も含まれるそうです
でもこの辺りでじこぼうとはもっぱらハナイグチのみ。もちろんヌメリイグチもチチアワタケも食べられます。しかし近年ではこの二つのキノコを毒キノコとして紹介している書物もちらほらと、青森ではチチアワタケのことを「はらくだし」と呼ぶそうです。あやしいものは無理して食べなくてもいいですね。でも、去年は鍋にして食べましたけど。
見分け方としては柄が白いか紅いか。ハナイグチは写真のようにオレンジ色、見間違えるようなキノコが少ないのが『ジコボウ』と呼ばれ古くから親しまれている所以かもしれません。



P1018428.jpg


少彦名のきのこ図鑑2 タマゴタケ

2016.10.13 (Thu)
P1018292.jpg



今日は僕の大好きなキノコ
タマゴタケが採れました




P1018293 (2)


森のこぼれ日の中でひときわ目を引く鮮やかなキノコ
まず見間違うことはありません
似ているといえばやはり同じテングタケ科の「ベニテングタケ」ぐらい
こちらのほうは赤い傘の上に白い鱗片がポチポチちりばめられていて、マリオのキノコや白雪姫の七人の小人が暮らす森の中に生えているキノコがそのベニテングタケ。毒キノコなので注意しましょう。

(鱗片が雨などで取れて一目では判別ができない場合があります。そのときは軸の色を確認してください。ベニテングタケは軸が真っ白、タマゴタケは軸の色がきれいなオレンジです)




P1018294 (2)


色は毒々しいですがこのタマゴタケ、実は食用、とってもおいしいキノコです
本来はもっと早い夏の時期にとれるのですが今年は知っての通りの異常気象、古いお墓のすぐ下の松林の斜面、ご先祖様のエキスを吸って真っ赤に育っておりました


さて、実食です





P1018300.jpg


おろぬいたつけ大根の葉っぱと鳥のささ身、干した貝ひもで具沢山のお吸い物です。隣にはネット友達が送ってくれた小江戸ビール、お汁にキノコの赤いお出しがしみだして言葉にできないおいしさです
うまみを表す言葉に「こっくり」というのがありますが私はこのまさに「こっくり」という表現はこのきのこ『たまごたけ』のためにあるのではないかと考えております。この丸みを帯びたころころとしたかわいらしい味わい、山の小さな贈り物として最高の喜びを与えてくれる美しいキノコです。


P1018307.jpg

二日目はさらにタラの白子をたっぷり添えて赤玉ポートワインで乾杯です
なんだか無性に飲みたくなる時があるんですよね
『赤玉ポートワイン』




そして時折
無性に聞きたくなる曲がこれ



Chihuahua / Bow Wow Wow




チワワ / バウ・ワウ・ワウ
ミヤンマー生まれのシンデレラガール、ボーカルのアナベラ/Annabella Lwinがクリーニング屋で鼻歌を歌っているときにスカウトされたのは有名な話。プロデュースは『セックスピストルズ』を世に送り出したマルコム・マクラーレン/Malcolm Robert Andrew McLaren、UKパンクの秋元康みたいなやつ、イギリスロック界の嫌われものです。







少彦名のきのこ図鑑1 花びら茸

2015.09.15 (Tue)
aP1013024.jpg
2015.7.8 撮影  Sparassis crispa


水槽の砂を取りに湖に行った帰り廃村の赤松林で見つけました

aaP1013024.jpg

直径60センチ
走る軽トラの窓からでもはっきり見える巨大なきのこ
赤松の根元に生えていました

色は見てのとおり黄色の濃い個体。通常はもっと白いものが多いようです
似た毒キノコがまずないので素人でも判別できます。とは言うものの、自信がない方は絶対口にしてはいけませんよ


P1013078a.jpg

さて、かえってすぐにおいちゃんに見せに行きましたら
変なもの採ってきたな、ということでさもいやな顔をされました。うむ、ほめてもらおうと思っていたのに

花びら茸、このきのこは高血圧に効くなどといわれております
私がこの身を挺して食毒の有無を証明いたしますので、おいちゃん、次は一緒に食べましょうね


P1013079a.jpg

抗癌作用・血糖値降下作用・免疫賦活作用・抗高血圧作用
なんだか花びら茸って夢の万能薬のようですね
少彦名はおいしければそれで良いんですけど♪



P1013088a.jpg

このきのこ、高級食材として珍重されるようです。香りは控えめと物の本には書いていますが採ってきたのは香水のような強い香りがします。宿主の種類で若干食味も違うんですかね。しかしこの香りどこかでかいだことがあるなと、それも頻繁に、などと、毎日口にするたびに思い出してみましたが口にして三日目、ついにその正体がわかりました。なめこ、そう、なめこの香りです
なんだ、なめこなら特に変わった匂いじゃないじゃない?と思われそうですが、それがそれが、あのなめこ独特のぬめりのないところでこの香りを感じると一瞬初めてかぐような強い違和感を感じるんですね。
人間の感覚、食味、臭覚、視覚、結構いい加減なものです。だから面白いんですけどね。

ミニトマトとせろり、きゅうりの酢の物、ミニトマト、サニーレタス、花びら茸のサラダ、花びら茸と旬の野菜のシーフードパスタ。すべて自家製、採りたて新鮮です。
半分だけ持ち帰って、そして一週間、夏の山をさまよいながら出会った大きなきのこはずいぶんと私の生活を楽しませてくれました。
きのこ図鑑第一号、花びら茸、一巻の終わりでした。






Vitas - 7th Element


本来ならきのこ図鑑、花びら茸の巻きはこれにて、というところですがこの唯一無二のきのこを一週間食べ続けながらなぜか思い浮かべたのがこの曲、そしてこの人。
花びら茸にはもしや幻覚症状を引き起こす何かがあるのでしょうか?


Vitas
ヴィタス( Витас; Vitas)、本名:ビタリー・ブラダソビッチ・グラチェフ(Виталий Владасович Грачев)
歌手で作曲家、俳優にファッションデザイナー。新生ロシアの誇るマルチプレーヤー。この才能にこの美貌、それはまるで星の王子様を地で行く今世紀大注目の最終兵器でございます
その楽曲はテクノからロック、バラード、オペラまで、それはまるでソビエト連邦社会主義体制の圧政下で人知れず朽ちていった無数の才能が亡霊のように一気にマグマとなって噴出したようでございます。



訂正 
よくよく調べてみたらウクライナの人でした








back-to-top