ヒメコレクション 2019 お品書き その一

2019.12.16 (Mon)
4c0a36f8_1394461330556.jpg


今年も始まりました!2019 諏訪湖姫、ヒメコレクション。
もうすでに上野大根に対する大量の苦情、否、諏訪湖姫を称賛する喜びの声が方々で上がっておるぞ。
申し遅れました。一年ぶりの降臨、この時期限定で現れる常世の国主神、常世神少彦名でございます。
当ブログを管理しているのはわしの専属秘書の現世すくなひこな。しかし彼ばかりに任せているわけにはまいりません。
こういった大事な席にはきっと出向いて行かねばなりませんからな。

昨年まではすべてのお品書きがそろった時点でわしの独断と偏見で総評などさせてもらったが、ご参加いただいた皆のその気概と勢いは例年を越えてそれは目をみはるばかり。もうすでに主催者たるこのわしをとうに置いてきぼりにしている有様じゃ。みんな!わしを忘れて勝手に盛り上がって、わしはちょっと寂しいの。

ということで、今回は皆が投稿していただいた力作を順次掲載させていただこうかと思っとるぞ。次から次とあふれ出るこの才能は、見ていただいている皆にも、主婦という名を借りた一流シェフたちの絶品料理の前に圧倒されること請け合いじゃ!




画像をクリックすると元の記事を見られるよ。





『はとう みさこ』さんの作品

Screenshot_2019-12-16 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!

1)生姫サンド(チーズと青菜)
2)中華風ミルフィーユ
3)蒸し姫サンド(柿とペカンナッツ)


なんといきなり生の上野大根とな。
すっぴんの諏訪湖姫は取扱注意、触るな危険でござるぞ。

ミルフィーユは名前だけは聞いたことあるぞ。お菓子のようだが食べたことはない。
大体近くにケーキ屋さんがないからな。




Screenshot_2019-12-16 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!(11)



Screenshot_2019-12-16 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!(2)


Screenshot_2019-12-16 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!(3)

Screenshot_2019-12-16 (1) 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!


蒸し団子をポン酢で。
お菓子感覚でつまめそうじゃな。
上野大根のミルフィーユ、こうやって見るとなかなか食べ応えがありそうじゃ。中華風というと餃子くらいしか思い浮かばないから、味の想像ができません。写真を前によだれを垂らしている少彦名に味付けのヒントだけでも教えてちょ。とにかく毎日同じようなものばかり食べているわしにはうらやましい限りじゃ。











『カレーリーフ久美子』さんの作品


Screenshot_2019-12-16 (1) 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!(1)




当ブログデモもちょくちょく登場するカレーリーフ女史。
今回もヒメコレクションの陰の立役者として大活躍していただいた。そして今日まで無事続けてこられたのもひとえに彼女のおかげ。この場を借りて感謝申し上げよう。

そのうえわしにでもできそうな簡単レシピを考案ただけるとは。
みかんいっぱいもらってきたのでやってみるね。




Screenshot_2019-12-16 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!(9)



これは村の人にも広めないとな。
つくってもらってるばっかりじゃいけないからね。



Screenshot_2019-12-16 (2) 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!(2)



考えてみたらこちらに来てうん〇で困ったことはないぞ。
それもこれも上野大根のおかげか。

大根で快便。
なんだかゴロがいいのだ。








『宇治佳子』さんの作品

Screenshot_2019-12-16 (1) 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!(2)

Screenshot_2019-12-16 (2) 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!(1)


なるほどこれは美しい。
思わず手を伸ばしたくなる一品じゃな。
使われたのは軽く干した大根かな?野菜はなんでもそうだじゃが干すとうまみが増すんだよね。味もしみこみやすく栄養価も増えるようじゃ。上野では、沢庵にする前に1週間から10日は寒風の中干しているぞ。秋空の下、数千本の大根が見事に並んだ風景はそれはそれは美しいものじゃ。

宇治殿のおっしゃる通り、上野大根て辛いだけじゃなくって苦みも強い。その苦みが料理人たちを煩わせてきた。実は諏訪のホテルや料理屋でも諏訪湖姫ダイコンを創作料理として提供するイベントがあるのじゃが、実際の話、ヒメコレクションに集まった強者の前ではおままごと同然じゃな。
さて、料理人泣かせのこのえぐみはたくあんや切干にした時にとってもあと引きになるうまみに変わる。スーパーやデパートに並んだ漬物、野菜なんかもそうだが、今日の食品はただ甘いだけ、ただ、しょっぱいだけというものが多い。そんな中、本当においしいものとは酸っぱいものは酸っぱく、苦いものは苦く、辛いものは辛く、本物の滋味を味わえる野菜なり加工品に皆の者もドンドンと触れてもらいたいものじゃ。上野大根で漬けたわっこずけなんか一度手を付けたらあっという間に食べきっちゃいます。

カレー系のスパイスって書いてあったけど上野大根で福神漬けできないかな。




『創和ダイニング 花想花』

Screenshot_2019-12-16 💛諏訪湖姫大根💛 LOVE (姫コレクション) 信州の伝統野菜、上野大根”諏訪湖姫”沢山の方に知って欲しいの。あなたのお料理待ってま~す!(6)


本日のしめは奈良の小料理屋さん、『花想花』様から。
諏訪湖姫大根の葛きり風黒蜜かけ、と、諏訪湖姫大根のモヒート風

花想花さまは去年もご参加いただいた奈良の創作料理屋さん。上野大根を持ち込んだその場でこれだけのものを作ってしまわれた。長野の田舎者にはまねのできない本物の気品です。



創和ダイニング 『花想花』ホームページ





第一弾からいずれも目をみはる逸品ばかり。卓越した技術もさることながら皆の熱意に感慨ひとしおなのであります。
続々投稿されるアイデア料理に主催者のわしも押され気味、次回第二第三弾と間髪入れずに書いていきますのでここは、はやる気持ちを抑えしばしお待ちを。

それでは次回またすぐ戻るから、それまで皆の者くれぐれも風邪などひかぬように。

それでは、チャオ♪




Festa do Estica e Puxa - Xou da Xuxa






前も上野大根の記事で選曲した一曲。ていうか三回目の登場。
皆様、手抜きというなかれ、いい曲は何回聞いてもいい曲なのだ。



スーシャについてはこちらで
『諏訪湖姫とゆかいな仲間たち』










スポンサーサイト



上野大根 諏訪湖姫コレクション 2019 

2019.12.10 (Tue)
4c0a36f8_1383732001544.jpg


今年もやります姫コレクション!
本来漬物でしか食べられていないこの伝統野菜。その辛さは巷の辛味大根など比ではない、じゃじゃうま諏訪湖姫を何とか美味しくいただいちゃおうというこの企画。もうすでに西から東から参加希望の声後を絶たず、残りの大根もあとわずかです。
今年最後の大根はかき集めてもあと三名ほどとなりました。
我こそはというそこのあなた、この機会に幻の大根、諏訪湖姫をぜひともご賞味ください。

何故かインドやフィリピンの大根と似ている諏訪湖姫、上野大根についてはこちらから

『上野大根 諏訪湖姫』


参加希望の方は下記メールアドレスへご連絡ください。
上野大根・諏訪湖姫 5~10本(無料) 簡単な包装にて送料のみ客様負担、着払いでお届けします。
suwakohimedaikon@gmail.com






併せて完全有機、完全無農薬米20キロ送料込み8000円、残りこちらも3名様限りご注文承ります。上記メールアドレスまでご連絡ください。
(大根も希望であれば併せて明記ください。同梱いたします。)








2017120707145725as.jpg









姫コレクション.2019

2019.11.18 (Mon)
2017120707145725as.jpg



今年もやります『姫コレクション2019』上野大根お料理コンテスト。
写真は2017年度、カレーリーフさんの大根クッキーを使った作品、時がったって改めてみてみると余計にかわいらしく見えたりします。



『諏訪湖姫とゆかいな仲間たち』






4c0a36f8_1383731807663.jpg



コンテストといっても別に優劣をつけるものじゃないですよ、
通常漬物にしかできない上野大根を何とか美味しくいただいちゃおうという企画。なんたってこの上野大根、辛いのなんのってその辺で見かける大根おろしの比じゃありません。そのうえこの大根、この上野の村でしか栽培されない、十数件の農家でのみ生産される幻の大根。
出荷の規格もとても厳しいので廃棄される量がとても多い、何とか捨てられてしまう大根たちを利用できないかと始めた企画。

もし、興味があれば気軽にお声がけください。





P1013894.jpg


とはいうものの、もうすでに申し込みが殺到していて大根も残りわずか。去年は奈良の小料理屋さんも参加いただいて主催者の私も何とも恐縮いたしました。




『姫コレクション.2018 お品書き Vol.3』







P1010034.jpg



畑のほうはというと、唐辛子も終わってあとはニンニクを残すのみ。
土が凍り付く前に片付けを終わらせなくてはなりません。
そんな大詰めの忙しいなか、辰野の街の綺麗どころが大挙して手伝いに来てくれました。




P1010033.jpg




やっぱり持つべきものは友達ですね。
駆けつけてくれたのはフィリピンパブのお姉さまたち。ちょうど私が長野に引っ越してきたころにオープンした何かと縁のあるお店。東京にいた時はインドの悪ガキどもと連日、歌舞伎町、錦糸町、六本木と荒らしまわった私、その私が言うのですから間違いない。このお店はいいお店です。
なにがいいって?それはもちろんすれてないところ。東京のやさぐれた飲み屋とは違うのんびりした雰囲気、こういうところもやはり田舎のいいところ、信州クオリティです。







P1019769.jpg



おかげさまでやっと終わりました。
霜が来る直前に引っこ抜いてハウスに囲っていた大量の唐辛子。
中の空気は唐辛子の辛味が充満して鼻水やらくしゃみやら大変でしたw
皆さんご苦労様でした。そしてありがとうございました。






P1010034.jpg




お米販売
完全無農薬、有機米。
20㎏ 8000円
10㎏ 4500円
(送料込み・離島などは要相談)

玄米でもお届けできます。
ご注文いただいた方、先着順にマコモダケも商品がある限り同梱、おまけさせていただきます。

マコモダケあとほんの僅か。ほしい方は急いでお知らせください

suwakohimedaikon@gmail.com


併せて毎年恒例の諏訪湖姫お料理コンテスト参加者も募集します。
興味のある方はメール、またはコメントでご連絡ください。
上野大根5本程度を着払いでお送りします。
お米と同梱可




CREAM Crossroads







つい最近、街のリサイクルショップでクラプトンの4枚組ライブ盤CDを買いまして、『Crossroads 2』ってやつ。70年代後半のクラプトンががっつり薬にはまっていた時期のライブ集です。クリーム、デレク・アンド・ドミノスと伝説的バンドで名声を得た彼が目標をうしないドラッグにはまり酒で混乱した頭を抱えて長いトンネルを迷走していた時期の作品です。
私がパンクやアバンギャルドや危険な音楽に走るちょっと前、まだ皮も剥けない赤ら顔の少年はステレオから聞こえるクラプトンの演奏に合わせてつたないギターで一人御満悦だったのを思い出します。そのころよく聞いてたクラプトンのアルバムは何故かリアルタイムのまったりした演奏ではなく、クリームだとかジョン・メイオール・ブルースブレイカーズといった何故か玄人好みの渋めの60年代もの。わたくし、その当時から相当へそ曲がりだったようです。
今夜紹介したのは中古屋で見つけたライブ集の表題にもなっているクロスロードという一曲、ロック史に残る名曲、私の愛聴盤『クリームの素晴らしき世界』のB面に収録された1968年、サンフランシスコのライブハウス『フィルモア』で収録された名演奏の模様です。
実はのビデオは今日初めて目にしました。逝ってます、狂ってます、超人の領域です。クラプトンの歌のバックで弾きまくるジャック・ブルースのベースやジンジャー・ベイカーのドラムもさることながら、ボーカルの合間、一分間に及ぶクラプトンのリードギターは圧巻そのものです。息継ぎなく一気に駆け抜けるクラプトン特有の息の長いフレーズは文字通り息をもつかせぬ鬼気迫るもの、彼が残した最高の演奏の一つではないでしょうか。
では、1977年のまったりしたクラプトンと合わせて、どうぞ。



Eric Clapton BBC TV Special 1977













姫コレクション.2018 お品書き Vol.3

2019.02.07 (Thu)
P1013923ss.jpg




見目麗しい其方のせいで何故か眩暈が止まらない常世神少彦名じゃ。今朝は暖かいこともあってまさか峠が凍ておろうとは、不覚にも油断したばっかりに軽トラくるくる回転してしまったぞ。おやおや危なく死ぬところであった。先日からの眩暈も耳の穴の中のジャイロスコープが少々トラブルを起こしているということでご心配には及ばぬ。いろいろあるがひとまずは安心じゃな。
さて、先日から御案内させていただいている『姫コレクション 2018 』残すところ6品目と相成った。今回のお料理も前回同様優劣つけがたい見事な出来栄え。それでは早速皆様にもご紹介すると致しましょう。


姫コレクション.2018 お品書き Vol.2


☆上野大根とは
諏訪と伊那の境、有賀峠の山間部、上野地区で寛永年間(1635年ごろ)から栽培されている辛味大根、現在では漬物専用に栽培されている。肉質は密で硬く、全長が25センチほど、大きさの割にはずっしりと重く生でかじると非常に辛い、成熟するとしりが丸くすぼまるかわいらしい姿の大根です。長い年月、信州の山里で伝えられてきた信州が誇る伝統野菜、しかし昭和に入りその栽培の過程で流入してきた外来種などとの交雑が進み、形状、サイズ、味覚等、本来の姿が失われる事態に至りました。そこで、信州大学農学部の大井美知男教授のご指導の下、諏訪上野地区の村人が一丸となって種子の選別を行い系統維持の立て直しに成功したのがわたくし共が現在栽培している『上野大根諏訪湖姫』。上野地区では在来種と並行して栽培が続けられており、下上野、辰野上野地区では在来種が、諏訪上野ではただいまご紹介した選抜種、『上野大根諏訪湖姫』がF1種として厳しい系統管理のもと栽培されています。現在『諏訪湖姫』を栽培しているのは二十軒の農家のみ。絶滅寸前の上野大根をより多くの方に知ってもらおうと始めたのが今回のお料理コンテスト『諏訪湖姫ヒメコレクション』でございます。






前回、第二回お品書きでも一肌脱いでいただいた晴香さまの作品。何やらデザートのようですがコンポートだとかクランブルだとか、無粋なわしには馴染みのない横文字が並んでおりまして、まったく味の、想像すらできません。こういう時は男とはつまらぬものでして、ましてや身の回りには『スイーツ屋』なるものは皆無でございますから、どんなおいしい食べ物か確かめるすべもございません。コンポート、なるほど、果物の砂糖煮ということか、クランブルとはパイに似たようなものを想像すればいいのじゃな。あの、辛い姫ダイコンがどんなお味のお菓子になることやら。一度食してみたいものです。

Facebook晴香さんの記事から







7ad3f154-d4d3-40a9-a336-610f1e7329b4.png


こちらは打って変わって純日本風の和食二品。王道の辛味大根のお蕎麦ではありますが、央西 紘子さま、予想以上にとんでもなく辛かったのではないですか?私も一度、行きつけの蕎麦屋さんに持ち込んでざるそばにおろして食べてみたのですが蕎麦屋のご主人と二人で「ヒーヒー」言った覚えがございます。
お米と炊いた大根の炊き込みご飯。火を通すと甘くなるのはなぜですかね。今年は私も皆さんに倣って大根料理に精を出さないといけませんね。



央西 紘子さんのFacebookから











もんちゃん様のチーズフォンデュとケチャップで和えたおつまみ二品とあやちゃん様の豆乳の鶏肉野菜シチュウ。酒のつまみに、夕食のメインディッシュ。姫はそもそも大根でございますから低カロリーの健康食品。どちらもヘルシーな逸品に仕上がっております。姫が大変お世話になりました。おしろいでお化粧までしていただいて本当に姫は果報者でございます。

Facebookもんちゃん様とあやちゃん様に関する記事











みたび登場、晴香さまの和食フルコース。前回、第二回でインド・ターリーのフルコースを姫ダイコンで再現してくれた剛の者。カレーリーフ殿の一の弟子と聞いておるが、さぞや麗しいお嬢様、お嫁さんにしたい候補ぶっちぎりのナンバーワンと見た。うむ、勝手に彼女が独身と決め込んでおるおやじの妄想でございます。

Facebook晴香さんの記事から














こちらは奈良は西大寺でお店を開かれている『創和ダイニング・花想花』様からの作品。ついに信州の田舎者、上野大根も古の都、奈良の地に見事上洛です。それも、プロの手で料理していただくなど思ってもみなかったこと、光栄至極でございます。どんなことでも続けてみるものですね。こんな日が来ようとはわたくし夢にも思いませんでした。みんさん、本当にありがとう!


Facebook創和ダイニング「花想花」さまの記事から


9284c712-7d37-4c30-9755-962dc81f1ead.png

創和ダイニング 『花想花』ホームページ












さらに驚きは続きます。
こちらは大阪府大正でお店を構える中華風居酒屋 『朋』さまのお品書き。風呂吹き大根は見るからに照りがあってテンメンジャンの甘味味噌にいかにも合いそうな美しさ。写真だけでビール三杯はいけるでござるよ。食い倒れの街、大阪でこうして姫の晴れ姿が見れるとは本当にうれしゅうございます。大阪に行くときは是非お邪魔させていただきますのでよろしくお願いいたします。



Facebook中華風居酒屋 『朋』さまの記事

b90140d7-5371-4865-b753-015ae8615aa8.png

中華風居酒屋 朋






皆様、いかがだったでしょうか。生産者の私としては言葉に尽くせぬくらい本当にうれしい限りです。そのうえ、すべてを『カレーリーフ久美子』様に丸投げして、のほほんと暮らしていた自分が恥ずかしい。重ね重ねありがとうございました。願わくば、今回のお料理コンテストを通じて私の作った大根が皆様のきずなをより一層強めるためのお役立てに少しでもなっていればと願うばかりです。
それでは、今年の年末もこれに懲りづに姫ダイコンコンテスト、続けていければと思っております。三回を重ねた今回の記事を読んでいただいて我こそはと思っていただけた方が一人でもいらっしゃれば幸い、諏訪湖姫を全国区にするために皆様の御協力を心からお願いいたします。そして、今回参加していただいた皆様、重ねて、重ねて、御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!







ゆう子のグライダー / 神崎みゆき





大学のころ、僕を弟のようにかわいがってくれた先輩女子大生の4畳半の部屋にあった1973年発表の幻の名盤。キングレコードからの新人ばかり集めた『オムニバスLP盤』の販促用に配られた非買視聴盤に入っていた。なんで、そんなレアものが彼女の家にあったかは知らないけれど、とにかく、派手派手なレトロファッションで決めていた彼女、街を歩けば誰もが振り返るとんがった女性だった。思えばそのころの友人はみな普通じゃなかった。一流ファッション雑誌のスタイリスト、料理コーディネーター、陶芸家の卵、バイセクシャルな哲学者、結核病みのコンダクター、のちにトップを取るミュージシャン、ジャンキーの某有名DJ。とにかく変わったとんがったやつばかりだった。まさか私が百姓になるなんてだれ一人想像もしていなかっただろう。
彼女の4畳半によく泊まりに行った。そこは男子禁制の女子寮。頻繁に泊まらせてもらっていたがそれでも不思議と何にもなかった。ご飯作ってもらったり、朝まで飲み明かしたり、何かつらいことがあったときはいつも一緒にいた。今思えばお互いに好きだったのだろうけど、本当に何も起きなかった。卒業して何年かして、台湾でファッション関係の仕事をしてると電話があった。今どうしているのかな。元気だといいな。この曲を聴くといつも彼女のことを思い出す。

神崎みゆき(こうざきみゆき)、男性シンガー・ソングライター。初めて聞いた時から大好きなこの曲、改めて調べてみたらアルバム制作には近田春男も参加しているとか。自分の世代からは随分先輩の時代だけれど、この曲を隠れた名曲と片付けるのは本当にもったいない。私にとっては日本語の曲として5本の指に入る至高の名曲。版権を持ってるレコード会社の社長さんには是非とも復刻CD化をお願いしたい。私のブログの中で一番大切な「上野大根お料理コンテスト」全三回の最後を締めくくるのは大根にしみわたる皆さんの思いと手間暇かけた美味しい御出汁同様、聞く人の心に染みわたってゆく優しい歌声と幸せなメロディーと。ゆう子のグライダーはいつまでも色あせない唯一無二の日本の名曲です。

‥‥と思っていたら、なんと去年の10月、2018年10月31日、『GREENWOOD RECORDSよりアルバム未収録のサード・シングル「明日 僕の誕生日c/w 通学道路」の2曲を加えて初CD化』とありました!これはまさに虫の知らせ、長年待ち焦がれた名盤がこの時期に再販されていたなんて、このブログをやっていなければ、この記事を書かなければ、一生気付かづにいたことでしょう。本当にうれしい。迷わず即買いです。






姫コレクション.2018 お品書き Vol.2

2019.01.31 (Thu)
4c0a36f8_1383732001544.jpg





皆様方、インフルエンザなどに負けてはおらぬかな。常世神少彦名でございます。
さて、新年も早いものでひと月を過ぎようというところ。もたもたしているとまた一年すぐに経っちゃうということで、去年の暮れに開催させていただいた上野大根お料理コンテスト『姫コレクション 2018』。カレーリーフ久美子様のご尽力により食の聖地、大阪は関西地方を中心に展開した創作料理の一大イベントの第二弾。今回は参加していただいた方々のFacebookを中心に腕を振るった自慢のお料理をわたくし少彦名が心を込めてご紹介させていただきます。
『姫コレクション 2018 お品書き  Vol.2』皆様も辛味大根を使った豪華絢爛なお料理の数々、ごゆるりとご堪能ください。

姫コレクション.2018 お品書き Vol.1

☆上野大根とは
諏訪と伊那の境、有賀峠の山間部、上野地区で寛永年間(1635年ごろ)から栽培されている辛味大根、現在では漬物専用に栽培されている。肉質は密で硬く、全長が25センチほど、大きさの割にはずっしりと重く生でかじると非常に辛い、成熟するとしりが丸くすぼまるかわいらしい姿の大根です。長い年月、信州の山里で伝えられてきた信州が誇る伝統野菜、しかし昭和に入りその栽培の過程で流入してきた外来種などとの交雑が進み、形状、サイズ、味覚等、本来の姿が失われる事態に至りました。そこで、信州大学農学部の大井美知男教授のご指導の下、諏訪上野地区の村人が一丸となって種子の選別を行い系統維持の立て直しに成功したのがわたくし共が現在栽培している『上野大根諏訪湖姫』。上野地区では在来種と並行して栽培が続けられており、下上野、辰野上野地区では在来種が、諏訪上野ではただいまご紹介した選抜種、『上野大根諏訪湖姫』がF1種として厳しい系統管理のもと栽培されています。現在『諏訪湖姫』を栽培しているのは二十軒の農家のみ。絶滅寸前の上野大根をより多くの方に知ってもらおうと始めたのが今回のお料理コンテスト『諏訪湖姫ヒメコレクション』でございます。




20181205051626ef4s.jpg


前回の記事でもご紹介した筒井円さまの作品、『惑わすカレー』。インドの都市、マドラスといえば現在のチェンナイ。私少彦名にとってチェンナイはゆかりの土地でございます。クリシュナの別名、パルタサルティの名をいただいたのもこの街。それを知ってか知らずか、わたくしにとっては縁の深い、上野大根をふんだんに使った果報な逸品でございました。

筒井円さまFacebookから













続きましてはこれまた前回もご紹介させていただいた村上 緑胡さまによる『食べる焼き肉のたれ』でございます。これはレシピをぜひとも教えていただきたい。無精者の私には重宝しそうな万能調味料です。

村上 緑胡さまのFacebookから












かわりまして晴香さまからの作品、こちらも前回ご紹介いたしました、諏訪湖姫による本格インディアン・ターリーでございます。さりげなくマコモダケのサモサもあったりして、大枚を出してもいただきたい、華やかに心躍るインド料理のメインディッシュでございます。

カレーリーフ久美子さまのFacebookから









e169abe3-67a5-4c87-ab4d-3c47ebd79047.png


続きまして、典子さまからの作品。諏訪湖姫をサラダと酢漬けにしていただきました。サラダのほうはというとちょいとしたわき役での登場ですが、淑やかにわき役など務めていただきましたでしょうか?わがままで出たがりの姫のこと、大事なお料理の舞台をぶち壊していなければよいのですが・・・・

典子さまのFacebookから












628adfc7-3a9a-4127-95ed-b89a2c59b623.png


こちらはMiho Yamashita さまの鶏肉と大根の煮物でございます。これこそ本来の大根の姿、つつましやかにちょこっと寄り添うように添えられております。あんなに辛い姫ダイコン、火を通すとほくほくのお芋みたいになっちゃいます。

Miho YamashitaさまのFacebookから
















Miho YamazakiさまのFacebookから。おっと、先ほどのお方と一文字違いでございますね、辛味大根を使ったスワコチャンプルーときんぴら。ゴーヤの代わりに使うとはなかなか切れる知恵ものとお見受けいたしました。しかしながらおてんばな姫のこと、ゴーヤの強烈な苦みを超えたじゃじゃ馬をしでかしていないか、我が娘としてはとても心配でございます。

Miho YamazakiさまのFacebookから





さて、わたくし、常世神少彦名のご案内でご紹介させていただいた『姫コレクション.2018 Vol.2』いかがだったでしょうか?全二回の特集ですべてのお料理をご紹介しようと思っていたのですが、わたくし関西の奥様方の底力を見くびっておりました。ということで、次週、第三回『姫コレクション.2018 お品書き Vol.3』にてさらに強力な諏訪湖姫ダイコン創作料理の数々と共に再度お目にかかると致しましょう。
では、その日まで、風邪などひかずに元気で待っていてちょうだいね!アディオス!チャオ!!











Baccara - Yes Sir, I Can Boogie






バカラ 『誘惑のブギー』
一度は記しておかないといけないと思いながらの、今回満を持してのご紹介、イントロと共に悩ましい吐息で始まる魅惑の名曲です。日本でも『西ドイツのピンクレディー』と紹介されヒットを飛ばした1977年デビューのヨーロピアンな女性デュオ。西ドイツ発信のデビュー曲ですが、Mayte Mateos(1951年2月7日ログローニョ)とMaría Mendiola(1952年4月4日マドリード)の二人はスペイン生まれ、カナリア諸島の「トレス・イスラス」というホテルでショーダンサーとして歌っていたところをスカウトさたシンデレラガールです。
当時ヨーロッパ各国で大ヒットしたこの曲、こうして改めて聞くと時代のせいでしょうか、どうしても『色物』的な一発屋のように感じられますが、実は彼女たち、商業的にも音楽的にもポピュラーミュージックの歴史に大きな足跡を残した偉大なアーティストなのです。というのも、当時ディスコミュージックと呼ばれるアフリカンリズムを基調とした、それこそ全世界を席巻していた一大音楽市場にヨーロッパのフォークロア、フラメンコや民謡など、ダンスミュージックにスパニッシュな息吹を吹き込んだ記念すべき一曲だったからです。現在のユーロビートの基調を作り上げた妖艶な二人。今では当たり前になった一ジャンル、ワールドミュージックの先駆けだったといえるでしょう。ABBAと並んでヨーロッパの音楽シーンでは絶対外せない、ユーロビートの歴史に燦然と輝く伝説の歌姫です。

この曲を聴くとフランスをバックパックを抱えながらさまよって、ついに高熱に冒されながらたどり着いた真夜中の移動遊園地を思い出します。月夜に照らされた教会の境内に設けられた野外ディスコで、向かい合って踊るカップルたちのステップが横乗りのリズムに乗り切れずに、へたくそで、それはそれはとってもとっても可愛らしかったこと。この曲を聴くと妙に幸せな気分になります。











姫コレクション.2018 お品書き Vol.1

2018.12.25 (Tue)
201811281118065fds.jpg


今年も皆様のおかげで一年健やかに過ごすことができました。常世神少彦名でございます。
一年とは早いもので今年も残りわずか、一年の締めくくりに毎年恒例の上野大根諏訪湖姫、お料理コンテストに参加していただいた皆様をその素晴らしい作品とともにご紹介させていただきます。

とその前に未だご存じのない方々に上野大根とはどういったものかご案内をさせていただきましょう。



☆上野大根とは
諏訪と伊那の境、有賀峠の山間部、上野地区で寛永年間(1635年ごろ)から栽培されている辛味大根、現在では漬物専用に栽培されている。肉質は密で硬く、全長が25センチほど、大きさの割にはずっしりと重く生でかじると非常に辛い、成熟するとしりが丸くすぼまるかわいらしい姿の大根です。長い年月、信州の山里で伝えられてきた信州が誇る伝統野菜、しかし昭和に入りその栽培の過程で流入してきた外来種などとの交雑が進み、形状、サイズ、味覚等、本来の姿が失われる事態に至りました。そこで、信州大学農学部の大井美知男教授のご指導の下、諏訪上野地区の村人が一丸となって種子の選別を行い系統維持の立て直しに成功したのがわたくし共が現在栽培している『上野大根諏訪湖姫』。上野地区では在来種と並行して栽培が続けられており、下上野、辰野上野地区では在来種が、諏訪上野ではただいまご紹介した選抜種、『上野大根諏訪湖姫』がF1種として厳しい系統管理のもと栽培されています。現在『諏訪湖姫』を栽培しているのは二十軒の農家のみ。絶滅寸前の上野大根をより多くの方に知ってもらおうと始めたのが今回のお料理コンテスト『諏訪湖姫ヒメコレクション』でございます。


それでは、『上野大根諏訪湖姫ヒメコレクション2018』
華やかに開催です。




20181128111812898s.jpg




大会の開催に先立ち、忙しい中、このイベントを大いに支えてくださったカレーリーフ久美子様。まずは主催者として御礼申し上げます。「今年は大勢の人に配るからたくさん送ってくれー」とのお言葉を真に受けてとんでもない数の大根を送ってしまったスクナヒコナ、長期旅行を控えた年末の忙しい中、私に代わって皆さんに配っていただいたその労力は想像を絶するものだったことでしょう。本当にありがとうございました。


『見たこともない大根を渡されて困惑する主婦の皆様』


20181128111807568.jpg

諏訪湖姫大根請負人より






20181205051623e34s.jpg


まずは上野大根を使ったコジュ、日本では見慣れませんがインドの屋台で売られてる酸っぱいスープを流し込んだあれですかね?さすが日頃カレーリーフ先生のもとで料理の研鑽に余念のない方々。インドのレストランに本当にありそうな完成度の高い作品。




20181205051626ef4s.jpg



マドラスカレーならぬ惑わすカレー。あんなに硬くて辛い大根が火を通すとホクホクになります。シリバラジのシェフにも食べてもらいたい、開拓精神旺盛な作品。アジェイにもこの開拓魂はぜひ見習ってもらいたい。





201812050516268ads.jpg



こちらは大根をおろしたか細かく刻んで味噌で和えたのか。今回私が一番気になった上野大根を使った万能調味料。これ、パテントとって共同で製品化してみません?


上野大根諏訪湖姫のお料理より






20181220185748646s.jpg



今回は上野大根を使ったデザートが何点か散見されました。あの辛い辛い上野大根がどんなスイーツになるのか生産者の私には全く想像ができません。間違いなくこの季節、この場所に行かなければ食べられない幻のスイーツ。



今年最後のレッスン&ランチ会より





4c0a36f8_1383731807663.jpg




『上野大根諏訪湖姫ヒメコレクション2018.VOL1』今回はこれにて。第二回は年を挟んで新年かな。次回はFacebookを中心に作者さんそれぞれの料理をどんどんと紹介してゆくぞ!

「楽しいことは自分から!」次回もお楽しみに!!







Festa do Estica e Puxa - Xuxa





『諏訪湖姫とゆかいな仲間たち』で紹介したスーシャ、この曲聴くと元気になるなぁ。テーマソングにしようかしら。どこのサイト見てもこの曲を収録したアルバム売ってないんだよね。




諏訪湖姫とゆかいな仲間たち

2018.11.19 (Mon)
諏訪湖姫コレクション 2017


 P1017408.jpg




もうあれから、一年たつのですね。スクナヒコナでございます。
やっと終わった上野大根の収穫時期、諏訪上野の小さな部落はこの半月間、まるで戦場のようです。冬も間近な大根畑に朝早く独りで立てば、朝日に輝く大根葉の霜がきらきらとてり輝いてそれはそれは美しかった。







P1017427.jpg






他の農家さんは4人5人と親戚、縁者、多くの応援を呼んで、わっしょいわっしょいっと大根を引き抜いてはトラックで運んでゆく。
東京から独り出てきたスクナヒコナにはそんな助けなど望むべくもなく、孤立無援、たった一人でこの緑の大群に立ち向かわなければなりません。何十年も大根に携わってきたベテラン農家と肩を並べるほどの出荷量をたった一人で成し遂げる。どうです?ほめていただけますか?
今年、ここに来て初めて、「いい大根ができましたね!」と敬語で話しかけられました。






P1017322.jpg







さて、去年の大根お料理大会
『2017 ヒメコレクション』
“カレーリーフ久美子とゆかいな仲間たち”
上野大根を使った創作料理の数々を遅まきながらご紹介させていただきます。あれから早一年、こんなに遅くなってしまったのは返す返す反省至極、次回こそは即取り上げさせていただきますよ。




宇治佳子様 Twitter



24312628_365487533922195_7865984908231995498_n.jpg







まずは干していただきました。干すと漬けてもお料理してもうまみが増すのです。これは手間だなぁ。わざわざ切ってひとつづつつるしていただいたのですね。

東京にいたときは切り干し大根など食べることはなかったのに、上野大根の切干は全く別次元の絶品グルメです。






24301100_365487453922203_2918548427795113778_n.jpg




おっしゃる通り確かに見た目は地味なのです。
でもそれこそが大根。真っ白なご飯につつましやかな名わき役。私も社会のわき役農夫としてしっかり頑張らなくては。







24301426_365487493922199_8925991322055184761_n.jpg




和子漬けですね。
私たちの村ではみんなで仲良く輪になって漬けるので甘辛く醤油で漬けたものを和子漬けと呼んでます。
宇治佳子様、どうでしたか?諏訪湖姫は気に入っていただけましたでしょうか?





後 裕貴恵様 facebook


24852589_1379286392198718_398540312656095518_n.jpg





スープカレー。自己主張の強い諏訪湖姫、あっさり味のスープカレーでおとなしく収まっていたでしょうか?父親としては至極不安でございます。上野大根は肉の密度が高いので煮るとお芋みたいにホクホクするんです。







24796528_1379286312198726_6112476133511481384_n.jpg





メイちゃんにもおすそ分け。
大根がワンちゃんの腎臓にいいとは初めて聞きました。メイちゃん、辛くなかったかしら。








ベジタリアンインド料理教室 大阪 
(キッチンアトリエ ガネーシャ)




201712081652440fds.jpg




さて、いよいよ真打の登場です。
カレーリーフ久美子さんは大阪でインド料理を中心にマクロビオテックなるものを人々に広める活動をしていらっしゃるお方。今思えば彼女のブログに巡り合えたのは、インドにかかわりの深い私にとっては、運命的といってもいいくらい。インド料理に卓越した見識を持った彼女のブログは、私がここまでブログで頑張ってこれた事への影響力も少なくなかったのです。






20171130194757162.jpg



美しい~
諏訪湖姫大根のココナッツ・サラダ。
上野大根てすっごく辛いんです。その辛さを知ってるからこそ、このスプーン一杯の宇宙の広がりが私には見えるようです。






20171130193944db8s.jpg






諏訪湖姫のヨーグルトカレー。
諏訪湖姫を使ったこんなおいしい料理をなぜに生産者の私が食べることができないのか・・・・






20171208164516699s.jpg



パラタ!
インド料理はナンだけじゃないんですぜ。
というか、インドでナン食べたの、高級レストランで3回くらいかな。一般家庭はチャパティーかパラタ、しかも、南インドにはナンがありません。
これ食べたいな。いや、インドの友達に食べさせたいなぁ。





2017120707145725as.jpg





毎年贈ってくれる諏訪湖姫クッキー。

アジェイに『シリバラジでも大根の創作料理を考えたまへ』と以前から言ってるのですが、彼ら印度人は料理となるととにかく保守的、新しいことを全くしたがらない。こんなことを言ってしまうとちょっと酷ですが私は創造力のない料理屋はただのエンジニアだと考えています。あたらしい道を切り開いてこそ本当の料理人、そういう意味でいえばカレーリーフさんは素晴らしい芸術家なのです。
そうだ!来年のヒメコレはアジェイを連れて大根を積んだ軽トラで大阪まで乗り付けよう。小さな世界しか知らない愚かなインド人にどうか大きな海原を見せてあげてください。

大根でインド料理を作ろうねぇ(1)
大根でインド料理を作ろうねぇ(2)
大根でインド料理を作ろうねぇ(3)
大根でインド料理を作ろうねぇ(4)
大根でインド料理を作ろうねぇ(5)







2017年ヒメコレクション、皆さんいかがだったでしょうか?
今年もやりますよ!料理に自信のある人もそうでない人も、ただ単に上野大根見てみたいという人もどしどしご参加ください。
そして、今回はお料理に自信のない人でも大丈夫

『上野大根の大根おろしはどんな食材とベストマッチ?!』

も併せて開催いたします。
お申込みいただいた方には上野大根諏訪湖姫、B品型落ち、10本程度を無料でお配りいたします。
ただし、着払いでお送りいたしますので送料をご負担いいただける方のみお申し込みください。


お申込みはこちらのメールまで。
suwakohimedaikon@gmail.com



では、幻の漬け大根
『諏訪湖姫お料理コレクション・2018ヒメコレ』
次回もお楽しみに!










Festa do Estica e Puxa - Xuxa






今夜は“ゆかいな仲間たち”ということで記事の締めくくりはこの曲で。ブラジルの子供向け番組『Xou da Xuxa』から司会のXuxaが番組のエンディングで歌う『Festa do Estica e Puxa』

スーシャ / Xuxa
本名“Maria da Graça Meneghel” ブラジルのモデル、歌手、映画俳優。『Xou da Xuxa』の番組ホスト『Xuxa』の名で広く知られる麗しのスーパースター。現在はブラジルで一番成功した女性実業家として大きな成功を納めています。
子供番組でこんなにきれいでセクシーなお姉さん。実際、当時はあまりにもということで多くの批判もあったよう。でも、こんなセクシーなお姉さんが毎朝テレビで起こしてくれるならどんなお寝坊さんでも早起きしますよね。後ろで踊る女の子もスーシャを見つめる憧れのまなざしでとってもキュートでかわいいです。








ヒメコレ2017 薫さん編

2018.10.24 (Wed)
P1013749aa.jpg



もう1年になるのじゃな、常世神少彦名じゃ。
昨年『姫コレクション』と名前も新たにリニューアルして再スタートした上野大根お料理フェスティバル。信州諏訪の特産品、『上野大根』を使った創作料理を出品してもらう次回で4回目の大会じゃ。『ヒメコレ』で検索すると高級美少女デリヘルがヒットしてしまうというのはちょっとしたご愛敬、しかし開催直後にインドの神様たちに会いに行ってそのまま知らんぷりで、今までほったらかしにしていて本当にごめんなさい。
さて、気付けば今年ももうすぐ上野大根収穫の季節、『第4回 ヒメコレ・フェスティバル』開催の季節となった。それに先駆けて大変遅まきながら、参加してくださった腕自慢の皆様のお料理をここに改めて振り返ってみることとしよう。
え?、なんか変なしゃべり方?
この書き出しに違和感を持たれたそこのあなた、わしが登場する場面ではもうおなじみの口上なのじゃ。年に二、三度、気まぐれで吾輩が降臨する時はすべてもったいぶった上から目線のこの調子、何を隠そうわたくし、常世神少彦名こそがこのブログの真のオーナー、ブログ『音・風・水』の主なのだ。普段書き込んでおるのは私の分身、現世すくなひこなですからね。





薫さんの上野大根に関する記事。
何を手掛けても超一流!!
皆さんも遊びに行ってみて!

『薫さんちのビーフシチュー』

ヒメコレ2017 その1
ヒメコレ2017 諏訪湖姫大根の麹味噌漬け
ヒメコレ2017 諏訪湖姫生大根
ヒメコレ2017 白い九十栗
ヒメコレ2017 その2




2017121310214165e.jpg


今年は大根料理の王道、漬物づくしで攻めていただいた。
ただ、そこは何をやらせても素人はだしの薫御大、要所要所に他人にはまねのできない創意工夫が盛り込まれておるぞ



20171211131547246.jpg

20171211131545ae8.jpg


薫さん自家製の麹と自家製味噌。
これはあっぱれ !! 普通にこんなことしちゃうんだから神様も脱帽じゃ。
大根のお返しで特製味噌をいただいたが粒粒がおいしいスペシャルなお味噌汁が出来上がったぞ。ただ残念なことにおいちゃんおばちゃんに強奪されて「美味しい美味しい」とあっという間に食べられてしまったわい。



20180116144044071.jpg

DSC02195.jpg




上が味噌漬けじゃな。一緒に送った唐辛子も上手に使っていただいた。
さっき朝ごはん食べたばっかりだけどおなかがすいてきたぞ。



2017121114243056c.jpg



いっしょに送ったカボチャ、おいしかったでしょ?この村のカボチャを食べると他のかぼちゃが食べられなくなるというくらい評判がいいんだぞ。


20171217203556744.jpg



とにかく楽しんでもらえるのが何より。
こんなにおいしくいただいてもらって諏訪湖姫ダイコンも本望だろうて。
百姓みょうりに尽きるおいしい記事の数々でした。









P1013894.jpg


さて、次回は
『カレーリーフ久美子と愉快な仲間たち』です。
こうご期待 !!







I Don't Feel It Anymore - William Fitzsimmons





以前も紹介した歌う伝道師、ウィリアム・フィッツシモンズの名曲。デュエットは同じくアメリカの女性シンガー、プリシラ・アーン。彼女はスタジオ・ジブリの大ファンでジブリ映画のカバーアルバムなんかも出している。マツモトキヨシのCMソングや映画『思い出のマーニー』にも曲を提供、NHKの『被爆70年特集ドラマ・赤レンガ』にも女優として出演しているので彼女のほうが日本では有名かもしれません。
ウィリアム・フィッツシモンズ、盲目の両親のもとで生まれた彼、小さなころから演奏家であった両親と音楽に包まれて育ちました。だから彼の曲はどれも優しい曲ばかり。この曲が収録されたアルバム『The Sparrow and the Crow』は彼自身の離婚をテーマに書かれた作品。なのでとってもさみしい悲しいメロディーばかりですが秋になると無性に聴きたくなる。記事とはアンマッチかもしれませんがちょうど傍らにあったもので。さて、日が差してきました。畑に行ってこよう・・・




Priscilla Ahn - Stop, Look, Lie マツモトキヨシCMソング



Fine On The Outside / Priscilla Ahn 
『思い出のマーニー』主題歌
















締め切り間近

2017.12.03 (Sun)
 「上野大根・諏訪子姫コレクション」締め切り間近です。
ただ単に大根ほしいぞって方もどしどしご応募を。カボチャも残りわずかですよ~

第3回 諏訪湖姫大根お料理コンテスト 2017



第3回 諏訪湖姫大根お料理コンテスト 2017

2017.11.26 (Sun)
PB263124 (2)


永らくご無沙汰しておりました。当ブログの真のオーナー、常世神少彦名でございます。
忙しさにかまけていったんブログから離れてしまうと、どうも帰ってくるのがおっくうになってしまうこの季節、そうこうしているうちにカメラは壊れるは大根は始まるは・・・
上野大根の漬けこみがやっと終わり心配事が一つ減ったおかげでこうして戻っ参った次第。

さて、今年も恒例、第三回目を数えます『上野大根お料理コンテスト』を大々的に開催したいと思うとります。今年で3年目のこの大会、未だご存じない方にはまずは過去記事、こちらを御覧下され。

諏訪湖姫たくあん
第一回諏訪湖姫大根お料理コンテスト 2015
第一回諏訪湖姫大根お料理コンテスト グランプリアローズ
第二回諏訪湖姫大根お料理コンテスト グランプリアローズ

参考資料 
伝統"上野大根"フェア
(諏訪湖周辺のレストランで上野大根の特別メニューが出品されます)


さて、今回の主役、上野大根なるこの漬け大根。古くから諏訪上野地区でのみ栽培されてきた地方特産、信州の伝統野菜。その中から種子を選別してより原種に近い品種として確立したのがこの上野大根『諏訪子姫』なのです。部落二十軒余りの農家でしか栽培されないこの辛味大根を『我こそは!』と名乗りを上げていただいた料理自慢の猛者においし~くお料理していただこうというのがこの企画の趣旨になりますのじゃ。だが、しかし、この諏訪子姫を甘く見てはいけませんぞ。見た目は真白で可憐じゃが、一皮むけばそれはそれは頑固で一途な一刻もの。多くの猛者がその辛味に舌をやられ、彼女の足元にひれ伏したもの幾千人。さればこそ、そなたの自慢のその腕を試して見るのも御一興かと。まずは私、神様の気まぐれ、深山の酔狂と思うて皆々様方、そろってご参加されたい。巷ではめったにお目にかかれないこの珍しい大根をどうぞお楽しみあれ。

ところでじゃが、毎年この時期になると思うことがありまして。
実は、このコンテスト、一番を決めるというのがわしの心痛に障るというのを三回目にしてやっと気が付いたというわけなのじゃ。せっかく作っていただいたお料理に優劣をつける、これこそわしの柄ではないということに三年目にして心当たったわけじゃ。
ということで今回から大会名を改めて新たに企画継続いたしたいと思うとります。
題して、



『第三回 上野大根・諏訪子姫コレクション2017』



略して『ヒメコレ』。どうじゃ、これなら皆も気軽に心置きなく楽しめるであろう。わしも、あえて審査する必要も、今後は邪念なく皆さんの記事を堪能することができようもの。多くの方が楽しんでもらえればそれでわしは本望じゃ。
ということで、薫さんちのビーフシチュー殿、カレーリーフ・久美子殿にはすでに大根を送り付けてやったぞ。歴代グランプリのお二人には否応もなく強制参加なのだ!

さてさて、あまり長々とお話ししても要点がつかめませんので、わしの話はこの辺で。応募要項等は現世すくなひこなにお任せするとして、またしばらくのお暇じゃ。今年の冬は寒いから皆体には気を付けて風邪などひくのじゃないのだよ。
それでは、またお会いする日まで、さらばじゃ、アディオス!
・・・あ、そうそう、今回のカメラの故障はヤマダ電機の5年保証で対応してもらったぞ。皆の者も家電を買うときはくれぐれも長期保証に入って万が一にも安心じゃ。・・・チャオ!



PB263132.jpg


こんにちは、現世少彦名です。
早速ですが、ご参加いただける方はその旨を当ブログのコメント欄に書き込みお願いいたします。確認後、ブログ、またはご指定があれば指定連絡先にご返信させていただきます。
☆送料は着払い、お客様負担でお願いいたします。
☆大根は無料、お送りするのは15㎝程度の小ぶりなもの10本程度になります。傷、割れ等、二級品の配送になりますが食味には問題ありません。(そもそもこの大根の食味自体が疑問ですが・・・)
☆お料理いただいた記事をブログ、SNS等にご掲載をお願いいたします。後日当ブログにてご紹介させていただきますのでその旨も併せてご了承お願いいたします。

☆また、同時に私の作ったカボチャも販売いたします。ご希望の方は同梱いたします。
☆中玉(3㎏前後)=900円 大玉(4㎏前後)=1200円
個数、大きさ等ご指定ください。かぼちゃの代金の振り込みは郵便局にてお願いしています。
☆品種は「白い九重栗」、白いカボチャでほくほくした甘みの強いものになります。

近々、運送料が値上がりしてご負担が大きくなりますが諏訪子姫ダイコンはまず市場に出回ることのない珍しい大根です。諏訪子姫ではない普通種の上野大根でも一本100円~200円程するようです。なにとぞご理解ください。





PB263139.jpg





日本では沢庵でしか利用できない、この辛~い漬け大根。収穫の時に手伝いで来てくれたインドの東北部、ガドワル地方のインド人が地元の大根と同じ味だとカレーと一緒にがりがり生で食べていました。




PB263128 (2)



さて、本日はこの辺で
気軽にご参加お待ちしております。





back-to-top