中秋の名月

2017.10.06 (Fri)
P1013048s_201710052206282d8.jpg



もうそろそろアイヤッパへの道、執筆再開と思っていましたら今日の月が本当に美しくって、街に用事で出かけていても車の窓からヘッドライトの列とやまの陰から顔を出した大きなまん丸いお月様を見比べて、一年に一度しかない特別な月をいろんな思い出に青く照らして眺めていました。
ちなみに中秋の名月は昨日のお月さま。なんだかややこしい事情があってか、本当の満月が何故か明日の六日のお月さま。
真ん中とって、今夜書いてみようかなと。




P1013026.jpg


無事、稲刈りも終わって、午後からレストランに送るためのジャガイモ掘ってたら寝不足からか頭がふらふらして仰向けに畑で大の字になっていたらかすむ視界の先にはきれいな列のイワシ雲。市場なんかに出してたら結局買いたたかれるから小さくやってる農家さんは生きていくのがやっとのことで、この村でもジャガイモを出荷してるのは私だけ。袋に詰めた芋を積んだ車は日が落ちると同時に湖へ降りて、宅急便はアマゾンのせいで軒並み値上がり、利便性の陰でとばっちりを食うのはいつも正直な生活者、私が政治家になったら必ずアマゾンを潰します。寒くなってきたので温泉によろうかと思ってましたら行きつけのお蕎麦屋さんに無性に行きたくなって、温泉出たらもう閉まっちゃうし、私だけの特別メニュー、特盛を頼んだら今夜のおかずだって味のしみたおでんを出してくれて、それはそれは心から温まるごちそう。体も心もあったまって、温泉なんてどうでもよくなっちゃいました

P1013042.jpg


帰ってきてすぐカメラ片手にいそいで裏山に上って、冷たい秋風にかすれた虫たちの小さな声を聴きながら月を渡る雲を眺めていたら、幼いとき夜空に流れる雲を発見した時の文字道理天地のひっくり返る瞬間のあの時を思い出した。
小さいとき、本当に物心つく頃に、私は世界というのが私の住んでいる木造のぼろ長屋と赤や白の鯉の泳ぐ四角い池と真っ赤な鳥居のお稲荷さんと日々行きかい挨拶をする二、三の大人たちだけしかいない、紙芝居か操り人形の劇のように囲われた舞台と赤い垂れ幕の下がった限られた空間に住んでいる顔見知りの人たちだけの閉じた世界だと思っていました。太陽は神様がスイッチを入れた大きな街灯で、消灯後には裸電球のお月さまと砂糖のようなこまかな星が空に瞬いている。黒く塗られた小さな箱の天井を毎日眺めて暮らしているものだと思っていました。
そんなある夜、向かいの飼い犬が具合が悪いとかで、夏の夜中に、小さな子供には珍しいことだったのでしょうか、木造アパートの玄関先に出て、集まった近所のみんなが心配して眺めているときに、隣に立っていたおじさんが空を指さして明日は雨降りかななどといったのだろうか、指さす先を見上げた私の目に飛び込んできたのは月の明かりに浮かび上がっては激しく頭上を流れてゆく夏の夜空の綿を伸ばしたようなあの白い雲の列。


『夜なのにお空に雲があるよ!!!』


思わず大きな声で叫んだのを覚えている。
宇宙が連続してつながっている広大な広がりだということを発見した瞬間だった。









P1013060_201710052247178d8.jpg
20120521_2429950.jpg


書いていて思い出したあの大きな犬。
僕のことを初めて噛みついたあの大きな犬。
あの後しばらくして、真っ赤な血を吐いて死んでしまったあの大きな犬。

今夜の月はルドンの目を思い出すなぁ。










P1013050zza.jpg


















The Honeymoon Killers - Flat






今回は選曲悩んだな。記事のイメージで真っ暗な曲っていうのも黒いインクで黒い雲書くようで選んだ音楽家にも失礼だし。
ハネムーン・キラーズ、ニューウエーブの大御所、と思っているのはたぶん私だけ。ベルギーのバンドです。ベルギーはフランスとイギリスをミキサーでごちゃまぜにした国、ちっちゃなユーロ共和国。世界一いろんなビールを作ってる国。ビールのおつまみにムール貝オーダーするとボール山盛りの酒蒸しが出てくる国。ハネムーン・キラーズは私には終わりの始まりのバンド。いつまでも新しいバンド。こんなに上手にやられてこれ以上僕らは何をすればいいの?




The Honeymoon Killers - Tueurs de la Lune de Miel



The Honeymoon Killers - Decollage



Honeymoon Killers - Histoire à Suivre








スポンサーサイト

『 リセット 』  自作の曲

2017.10.02 (Mon)
『記事の途中ですが拍手機能、おかしくない?』
ps;運営に問い合わせしたら早速対応してもらいました。ただ、昨日拍手いただいた分は残念ながらノーカウントになってしまいました。
なので、皆さん、今夜も盛大に拍手クリックお願いいたします!!

P7090489.jpg



やっと、上野大根の疎抜きが終わって、一週間、畑の上を転げまわって延々と続く大根の青い列に絶望的にも見える戦いを挑んだ少彦名。結果、みんなより二週間も遅れて一体ちゃんとものになるのでしょうか?


小池都知事が彼女たちに似てるように見えるのは気のせいだとは思うのですが、小泉の郵政選挙の時も町のおばさま方が『もちろん小泉支持よ、だってっかっこいいじゃない♪』なんてテレビでの賜るのを思い出し背筋がぞっとします。あの時も周りはみんな小泉頑張れで、私は絶対支持しませんよと、お友達みんなからは変人扱いでした。
結局、郵政民営化で金持ちが自由にできる金が市場に流れて自由化の名のもとに派遣社員という人身売買制度が確立しました。

(イラク戦争もこいつのときっだったね。大国が寄ってたかっての戦争犯罪、白人どもにめちゃくちゃにされ蹂躙された廃墟から生まれたのが今のISIS。悪魔が悪魔を生んだってわけだ)





sasikala jaya pti
アイヤッパへの道 Vol.11



民主党が躍進したときに、実は私、民主党の選挙協力にかなりどっぷりつかってまして、選挙活動の最前線に居りました。民主支持ではないですが、政権交代で古い腐った血が絞り出されて新しい人たちの時代になればいいなと、年寄りたちには引退願って若い人が政治に立てば少しは風通しがよくなるのでは、そう思っての行動でした。
選挙中、私がついていた若手候補と話していたのが、民主党が今回勝てば、真っ先に民主党自体の分裂が起きるのではないか。酒を酌み交わしながらまことしやかにそんな話をしていました。第一党になって真っ先に分裂予測を立てるなんて突拍子もないおかしな話ですが、傍目で見ていてもそれくらい民主党という政党は節操のない支離滅裂な集団でした。
結局、尻つぼみに衰退して行った挙句、外からの力で崩れ去っていったわけですがまことに遅きに逸した感があり、まだ元気なうちに分かれていればそれなりに存在価値のある政党になれたんじゃないかしら。
彼らの政権下で思い出すのは辺野古と中国漁船の体当たりと原発事故かな。融和と言いながら近隣との溝が目に見えて深まった時代。


今度の選挙は自民党一択だな。
いろいろ問題はあるけれど

『首が飛ぶつうのに髭の心配してどうするだ!』

・・・・七人の侍の長老の言葉。










reset  外山恒一政見放送 /  曲 少彦名







小池都知事がリセットとか聞こえがいいこと言ってるね。
選挙の時に小沢にも会ったけど、二、三人殺してるんじゃないかってくらい迫力あったよ。


内政だけであれば小池さんに入れてます。台所奉行はお手のものだと。
この時期に選挙?などと世間では言ってますが、この時期に安倍さんが選挙を選択したということはトランプからの何かしらの取り決め、情報があったのかも。
朝鮮有事が現実のものになろうとしています。





back-to-top