クランクアップ

2019.11.26 (Tue)
P1019285.jpg



アジェイから電話だ。
ここ何か月か忙しく、会ってもいない。
電話で話すのも久しぶりだ。









P1019300.jpg




「名前、英語でなんて書くの?」

挨拶もそこそこに、だしぬけに変なことを聞いてくる。
「アナタノナマエ、英語で、どうやって書くの?」
「えーと、R・・Y・・・
    ・・・・ん?・・・またなに企んでるんだ?」

いいやつなのだがなかなか抜け目がない。うっかり口車に乗ると痛い目に合う。






P1019357_20191126203539ae6.jpg




「そう、エンドロールで使うの」

映画がクランクアップしたようだ。






P1019341.jpg






今回は在ろうことか出演もしている。
ちょい役かエキストラ程度かと思っていた。ただ歩くだけか、立っているだけか。
そしたら台詞がついた。演技を指導された。いつの間にか物語のキーマンになっていた。

ストーリーも撮影のたびに変わってゆく。そんなことだからもちろん台本もない。








P1019383.jpg





全く未経験のずぶの素人。大体段取りの合間に演技なんて。
いったい私は制作なのか、お手伝いなのか、それとも役者なのか?
そんなことを考える余裕もない。







P1019477.jpg




そんな風な撮影だったのでてっきりカットされると思っていた。役者経験のない私に、どんなに逆立ちしてもいい演技ができるわけがない。そのうえ、雑事でてんてこ舞いしている合間の仕事。もし最初から俳優としてオファーを受けていたら、それで演技がうまくなるはずはないのだが、まだ心の持ちようもあっただろうに。
後悔というのとも違う、何やらうじゃうじゃした気持ち悪さがずっと残っている。







P1019520.jpg






「じゃあ、それなら出なくていいの?」
アジェイがいたずらっぽく聞いてくる。
「いやー、そういうわけでもないんだけど・・・」

我ながら全く意気地のない男だ。






P1019405_20191126210437cf6.jpg









Garolou / DIS-MOI CHARLES







パンクやノイズミュージックに飽きていたころ、何か面白いものないかしらと中古屋で何気なく買った一枚。フランスのバンドだということしかわかりません。ちょうど、フランスから帰ってきたころだったのかな。重いバックを抱えながら一昼夜歩き続けてやっとたどり着いた深夜の移動遊園地を思い出します。
まさかと思いましたがYouTubeに一曲アップされてました。解説見たらフランスじゃなくカナダのバンド。バンド名もルガロゥだと思っていたら「ガロルゥ」でした。というか、この当時は『Lougarou』だったのですが同名のLes Loups-garousというダンスグループに訴えられて名前を『Garolou』に変えたそうです。LOUGAROU は頭の綴りが本来はRだけど狼男の事みたい。紹介した一枚はCD化もされていないようで現在入手不可能。こういった名盤が人目に触れず消えていってしまうのは心底残念です。1975年結成のフォークロックバンド。フランス系カナダ人を中心に人気を博した国民的バンド。1993年に再結成され、ライブ盤を含め6枚のアルバムをリリースしています。現在も活動中。





スポンサーサイト



イミグレ

2019.11.22 (Fri)
P1019769.jpg




開店前のお店の階段を上った。
真っ暗な先にきのう運んだ60kのお米が置いたままになっていた。




P1010038.jpg




ついこの間、手伝いに来てくれたフィリピンパブの女の子たちが入管にガサ入れされた。
4人がそのまま警察に引っ張られた。
置き去りにされたお米は百姓を手伝ってくれたその時のお礼。ありがとうのしるし。

彼女たちはいい友達だった。飲み屋にお客としていくのは年に3回あるかないか。それでも何かあったときは助け合っていた。
ママの店をブログにアップしたばかりだった。オーバーステイだとはつゆとも知
らなかった。なぜこのタイミングで。店名と写真は削除した。私がブログに載せたせいか?
ここにいる読者の一人がいたずら心で警察に電話したのか?







P1010107.jpg




最近、私の身の回りが騒がしい。
フィリピン。イミグレ。同和。ザイニチ。
私の預かり知らないことで、利害関係がいろいろと入り組んでいる。
少なからず私も一枚かんでいるが、望んでできた関係では一切ない。しかし彼らはなぜだか私をほっておかない。
欲の絡んだそれぞれの思惑。そんなものは東京に捨ててきたはずなのに。
刺した奴は大体見当はつく。




P1010125.jpg



法律というものがある。
もちろん守るのが大前提だ。
しかし、法律に引っかからない悪事は沢山ある。
麻薬で捕まった芸能人より浮気して嘘をついている屑男のほうが百倍罪が重い。






P1010094.jpg



むかしの友人がルーマニア人と付き合っていた。
ルーマニア人の前妻の関係で彼とは親しくなった。
私より10歳年上。色々助けてもらった。
何年かして彼の恋人が不法就労で捕まった。
そのまま強制送還。
結婚まで考えていた彼はその三年後に自殺した。









The O'Jays - Back Stabbers / 裏切り者のテーマ







無性に腹が立つし、情けないし、すごく悲しい。
このまんまだと何かしでかしそうな気分だ。
誰かに話して、すっきりしたいというのはただの甘えだが、そうさせてもらいましょう。
私のブログの慣例で最後に音楽で〆て。それでも彼女たちの運命は全く変わらないのだが、日本人の私は文明人よろしく結局彼女たちのことは他人事のようで無力感の中、トマジューでビールを割って晩酌だ。日本人でよかったっていう瞬間。本当に自分が醜く感じる瞬間。
動画掲載といえばアマゾンさんにアフィリエイト提携でブログ立ち上げ以来なんども蹴られてきた。著作権云々の関係だろう。6年間、提携申請で拒否され続けていたのが、それがつい最近、突然のように許可が下りた。
なんで?
方針が変わったの?ネット動画への考え方が変わったの?
いや、そんなことない。ただ、最近、ついこの間から、やっとアマゾンというものを利用し始めたから。ここ一か月で5万は使ったからね。
そんなもんだ。ルールや決まりなんてそんなもん。
そのうち国家よりもアマゾンやグーグルやソーシャルメディアのルールが人類を支配するようになるんじゃない?

この曲気に入ったやつは下のリンクからアマゾンで彼らのCDを買いやがれ!





Back Stabbers




姫コレクション.2019

2019.11.18 (Mon)
2017120707145725as.jpg



今年もやります『姫コレクション2019』上野大根お料理コンテスト。
写真は2017年度、カレーリーフさんの大根クッキーを使った作品、時がったって改めてみてみると余計にかわいらしく見えたりします。



『諏訪湖姫とゆかいな仲間たち』






4c0a36f8_1383731807663.jpg



コンテストといっても別に優劣をつけるものじゃないですよ、
通常漬物にしかできない上野大根を何とか美味しくいただいちゃおうという企画。なんたってこの上野大根、辛いのなんのってその辺で見かける大根おろしの比じゃありません。そのうえこの大根、この上野の村でしか栽培されない、十数件の農家でのみ生産される幻の大根。
出荷の規格もとても厳しいので廃棄される量がとても多い、何とか捨てられてしまう大根たちを利用できないかと始めた企画。

もし、興味があれば気軽にお声がけください。





P1013894.jpg


とはいうものの、もうすでに申し込みが殺到していて大根も残りわずか。去年は奈良の小料理屋さんも参加いただいて主催者の私も何とも恐縮いたしました。




『姫コレクション.2018 お品書き Vol.3』







P1010034.jpg



畑のほうはというと、唐辛子も終わってあとはニンニクを残すのみ。
土が凍り付く前に片付けを終わらせなくてはなりません。
そんな大詰めの忙しいなか、辰野の街の綺麗どころが大挙して手伝いに来てくれました。




P1010033.jpg




やっぱり持つべきものは友達ですね。
駆けつけてくれたのはフィリピンパブのお姉さまたち。ちょうど私が長野に引っ越してきたころにオープンした何かと縁のあるお店。東京にいた時はインドの悪ガキどもと連日、歌舞伎町、錦糸町、六本木と荒らしまわった私、その私が言うのですから間違いない。このお店はいいお店です。
なにがいいって?それはもちろんすれてないところ。東京のやさぐれた飲み屋とは違うのんびりした雰囲気、こういうところもやはり田舎のいいところ、信州クオリティです。







P1019769.jpg



おかげさまでやっと終わりました。
霜が来る直前に引っこ抜いてハウスに囲っていた大量の唐辛子。
中の空気は唐辛子の辛味が充満して鼻水やらくしゃみやら大変でしたw
皆さんご苦労様でした。そしてありがとうございました。






P1010034.jpg




お米販売
完全無農薬、有機米。
20㎏ 8000円
10㎏ 4500円
(送料込み・離島などは要相談)

玄米でもお届けできます。
ご注文いただいた方、先着順にマコモダケも商品がある限り同梱、おまけさせていただきます。

マコモダケあとほんの僅か。ほしい方は急いでお知らせください

suwakohimedaikon@gmail.com


併せて毎年恒例の諏訪湖姫お料理コンテスト参加者も募集します。
興味のある方はメール、またはコメントでご連絡ください。
上野大根5本程度を着払いでお送りします。
お米と同梱可




CREAM Crossroads







つい最近、街のリサイクルショップでクラプトンの4枚組ライブ盤CDを買いまして、『Crossroads 2』ってやつ。70年代後半のクラプトンががっつり薬にはまっていた時期のライブ集です。クリーム、デレク・アンド・ドミノスと伝説的バンドで名声を得た彼が目標をうしないドラッグにはまり酒で混乱した頭を抱えて長いトンネルを迷走していた時期の作品です。
私がパンクやアバンギャルドや危険な音楽に走るちょっと前、まだ皮も剥けない赤ら顔の少年はステレオから聞こえるクラプトンの演奏に合わせてつたないギターで一人御満悦だったのを思い出します。そのころよく聞いてたクラプトンのアルバムは何故かリアルタイムのまったりした演奏ではなく、クリームだとかジョン・メイオール・ブルースブレイカーズといった何故か玄人好みの渋めの60年代もの。わたくし、その当時から相当へそ曲がりだったようです。
今夜紹介したのは中古屋で見つけたライブ集の表題にもなっているクロスロードという一曲、ロック史に残る名曲、私の愛聴盤『クリームの素晴らしき世界』のB面に収録された1968年、サンフランシスコのライブハウス『フィルモア』で収録された名演奏の模様です。
実はのビデオは今日初めて目にしました。逝ってます、狂ってます、超人の領域です。クラプトンの歌のバックで弾きまくるジャック・ブルースのベースやジンジャー・ベイカーのドラムもさることながら、ボーカルの合間、一分間に及ぶクラプトンのリードギターは圧巻そのものです。息継ぎなく一気に駆け抜けるクラプトン特有の息の長いフレーズは文字通り息をもつかせぬ鬼気迫るもの、彼が残した最高の演奏の一つではないでしょうか。
では、1977年のまったりしたクラプトンと合わせて、どうぞ。



Eric Clapton BBC TV Special 1977













箕輪ダム

2019.11.15 (Fri)
P1010003.jpg


上野大根の漬けこみが早く終わったのでもみじ湖に行ってきました。
もみじ湖は箕輪ダムの建設でできた人造湖です。






P1010009.jpg



いつもならとっくに盛りが過ぎている頃ですが今年はまだ緑のままのもみじの木も数多くありました。
あと一週間くらいは紅葉を楽しめそうです。







P1010033.jpg



平日の午後でしたが数多くの観光客でにぎわっています。
湖のほとりを真赤に飾るもみじの木はダム建設にあたって地域住民が国に要望した一つの条件でした。






P1010038.jpg


もみじ湖は諏訪大社の本尊、守屋山から流れる清流、沢川をせき止めたもの。平成4年に完成した比較的新しいダム湖です。




P1010040.jpg


湖底には長岡新田、37戸の集落が眠っている。






P1010077.jpg


湖のほとりに移築された神社と庚申塔。新田神社と御岳権現が向かい合わせで鎮座しています。






P1010088.jpg


住民を失った村の鎮守様





P1010107.jpg


紅葉狩りの観光客がわざわざお参りすることはなさそうです。






P1010094.jpg


かつての住民の方でしょうか。
みずうみを照らす秋の夕陽のように輝くみかん。





P1010037.jpg



もみじ湖へのルートは箕輪方面から登ってくる安全なルートと有賀峠から下っていく沢沿いのアドベンチャールートがあります。
有賀峠からの山道は車がすれ違うことができない細い一本道。観光客が押し寄せるこの時期、何度も待機場までバックして対向車をやり過ごさなければいけません。大きな高級車は路面に腹をすることを覚悟でお越しください。

有賀峠からの道のりはこんな感じ
『霧のドライブ』
『もみじ湖』






P1010125.jpg


日没後にはライトアップされるもみじの紅葉。
ちょっと寒いけどカップルが愛を語るには絶好の場所かもしれません。

一人で帰る真っ暗な山道で軽トラックが危うく轢きそうになった仲間たち。
タヌキ二匹、野良猫三匹、鹿の群れ多数、謎の怪鳥一羽、背伸びしてこちらを振り返ったイタチ一匹。
なかなか味のある旅でした。





P1010021.jpg










Billie Eilish - bad guy





今夜は解説無し、本編との関係性なし。
この雰囲気で選曲するといろいろとドツボにはまっちゃいそうだからね。
でも違った意味でこの曲、ツボだったりするんだけど。


歌詞の内容が気になる方はこちら
『Billie Eilish - bad guy 日本語字幕』













お米販売
完全無農薬、有機米。
20㎏ 8000円
10㎏ 4500円
(送料込み・離島などは要相談)

玄米でもお届けできます。
ご注文いただいた方、先着順にマコモダケも商品がある限り同梱、おまけさせていただきます。

マコモダケの季節も間もなく終了。ほしい方は急いでお知らせください

suwakohimedaikon@gmail.com


併せて毎年恒例の諏訪湖姫お料理コンテスト参加者も募集します。
興味のある方はメール、またはコメントでご連絡ください。
上野大根5~10本を着払いでお送りします。

『姫コレクション.2018 お品書き Vol.3』



インドの収穫

2019.11.12 (Tue)
P1019771.jpg



インドの野菜とインド人
さて一体此処は何処でしょう。






P1019776.jpg




東京の取引先のオーナさん
江東区大島の『ボンベイ・バザール』で私の野菜を販売してます。
インドのスパイスなら何でもそろうので興味のある方は行ってみて。でも、ちょっとした細い路地の先にあるからたどり着ける人は少ないかも







ボンベイバザール インディアンスパイス
Bombay Bazaar Indian Spicies
03-5858-9595
東京都江東区大島6-12-12





Facebook - Bombay Bazaar





P1019786.jpg


とうがらしの森に遊ぶボンベイバザール社長
収穫なんて簡単よと意気込んで臨んだがそこは素人、なかなか苦戦しております。






P1019796.jpg



仕事とはいえ皆ぞれぞれに楽しんでいるようです。
農業は大変だけど切り取ってみれば楽しいことの積み重ね






P1019740.jpg



今年の夏はカメラが壊れて書けることが少ないけれど大変は大変なりに楽しかったよ。
問題点も具体的だし、反省する点も具体的だったり。






P1019769.jpg



家に帰ってみるとあいた窓から飛び込んだ小鳥が部屋の隅で鳴いてました。






Chinna Thambi / 小鳥のさえずり
Poovoma Oorgolam   போவோமா ஊர்கோலம்














P1019755.jpg


お米販売
完全無農薬、有機米。
20㎏ 8000円
10㎏ 4500円
(送料込み・離島などは要相談)

玄米でもお届けできます。
ご注文いただいた方、先着順にマコモダケも商品がある限り同梱、おまけさせていただきます。

マコモダケの季節も間もなく終了。ほしい方は急いでお知らせください

suwakohimedaikon@gmail.com


併せて毎年恒例の諏訪湖姫お料理コンテスト参加者も募集します。
興味のある方はメール、またはコメントでご連絡ください。
上野大根5~10本を着払いでお送りします。

https://pygmysunfish.blog.fc2.com/blog-entry-309.html?sp




インドの野菜

2019.11.11 (Mon)
P1019632.jpg





今年は何が大変だったかって
見たこともない野菜ばかり作ってたせいです。







P1019604a.jpg




天候不順もあって最初はどうなることかと思ってましたが
映画撮影が始まって確かすぐの6月初頭にゴルフボール大の雹が降ったっておばちゃんから富山まで電話があって、今年はもう駄目かなって思いましたよ。
それでも秋がとんでもなく遅かったせいもあって何とか収穫まではこぎつけた。何とかかたちになりました。







P1019566.jpg




蛇のように長い。
長いものだと1メートル50はある。
梱包するのがとっても大変。










P1019574.jpg




一見かたそうに見えるけどじつはもろくて傷つきやすい。うっかり落とすと壊れちゃいます。




P1019579.jpg


トンネルが壊れるぐらいにたわわに実ってます。
とっても重くて運び出すのに中腰でヒーヒー言ってます。
それを来年は4倍作ってくれよと酷な注文が来ています。





P1019577.jpg


おなじみゴーヤ。
でも、日本のものよりかなり小さい。






P1019590.jpg





キュウリじゃないよ。ヘチマだよ。
中華料理にも使えます。










P1019609.jpg





豆。
フィリピンでも同じようなのを見ました。
とても元気で病気知らず。ただ、かさがないので量を採るのが大変です。






P1019619.jpg



こちらも豆。
野菜というより薬膳料理。
可愛い花が咲きます。







P1019622.jpg





これも豆、とっても長くなって子供の背丈ぐらいあります。
木があまり分岐しないのでちょっと来年は作り方考えないと。





P1019618.jpg




小ぶりなナス。
こちらも日本のナスのようにたくさん生ってくれません。
収量アップが目下の課題。




P1019634.jpg



なかなか満足できることがなくって毎年の事ながら乗り越えなきゃいけない問題が沢山あり過ぎる。
農家は毎年勉強だというけれど、私はまさにその真っただ中。
授業自体が一年に一回きりだからちょっと寝坊すればすぐおいて行かれてしまう。
考えてみれば一生に農業できる回数って何十回ってことなんだよね。




P1019661.jpg




オクラの花ってきれいだよね。
インドのオクラは大振りでそれでいて日本のオクラのように固くならない。
味も濃厚で普段オクラなんて食べない私が畑に行っては生でかじっておなかの足しにしてました。





P1019643.jpg




そしてこちらがインドの唐辛子。
去年やってたものよりまたさらに辛くてインドに慣れてる私でも悶絶するくらいの危険な果実。
キロ1000円で販売なのでほしい人はお米と一緒に注文してね。






P1019711.jpg




ほんの一か月前の写真なのにとっても懐かしく感じる。
そんな風に感じるだけでも苦労した甲斐があったのかな。
暖かくなればまたつらい日々が始まるのはわかっているのに、あの厳しい冬が来ないうちから春の到来が心底待ち遠しい。






P1019650.jpg





この緑の畑も北風が運んできた冷たい朝霜と共に灰色に消えてしまった。
目を閉じれば蘇る夏の鋭い日差に逃げ込んだ、こぼれ日の落ちる豆の緑のトンネル。






P1019723a.jpg







ふしぎなメルモ





なつかしくて切ない歌ってなんかないかなと考えてたら今夜はこの曲。
この時代のアニメの主題歌は日本の音楽史においても傑出した名曲がひしめき合う目を見張るばかりの時代でした。のちに音楽業界の巨人として頭角を現す天才たちが人生のチャンスをものにしようと競い合ってしのぎを削っていたのがアニメーション黎明期から創世記にかけてのこの時代でした。
作曲は宇野 誠一郎、「ひょっこりひょうたん島」の音楽を手掛けた名作曲家。最終学歴は音楽科ではなく仏文科。アニメ音楽や舞台音楽で活躍した人物です。






【送料無料】 これだけは知っておきたい50曲のアニメソング 【CD】





お米販売します
完全無農薬、有機米。
20㎏ 8000円 (送料込み・離島などは要相談)

玄米でもお届けできます。
ご注文いただいた方、先着順にマコモダケも商品がある限り同梱、おまけさせていただきます。
マコモダケ収穫終了時期が近づいていますのでお早めにご注文ください。


ご注文はこちらまで
suwakohimedaikon@gmail.com

併せて毎年恒例の諏訪湖姫お料理コンテスト参加者も募集します。
興味のある方はメール、またはコメントでご連絡ください。
上野大根5~10本を着払いでお送りします。
お米買ってもらえれば同梱しますので送料は無料ですよ~


https://pygmysunfish.blog.fc2.com/blog-entry-305.html?sp



ヘアーグラスを採る / 日本の水草

2019.11.03 (Sun)
P1019880.jpg


しばらくブログをお休みしていたのはひとえに忙しかったから。
そりゃそうだよね、映画の仕事で畑を一か月も留守にしていれば帰って来た時どうなっているかは容易に想像がつきます。
くわえて撮影中、愛用のカメラが壊れてしまって買い替えたのがつい最近。
そんなこんなで書きたいこと、書かなきゃいけないことがたまりにたまって身動きができない状態だったから、でも何か書かないと前に進めないのでとりあえず手近で一番書きたいとこから再スタートです。



ということで今日はヘアーグラス・ショートを取りに行ったときの話。



P1019855.jpg


ヘアーグラスが欲しいのなら、まずは稲刈りの終わった田んぼに行ってみましょう。ヘアーグラスなんてしゃれた名前がついてますが要は田んぼの雑草。マツバイというカヤツリグサの仲間です。写真のように田んぼ一面どこにでも普通に生えてます。それが熱帯魚屋ではほんのひとつまみ500円という高値で売られています。






P1019854.jpg



持って帰って土を洗い落として、植え付けたのがこちらの水槽。
左側の小さいやつ、30センチの小型水槽です。
隣は深さ40センチ、30㎝キューブ水槽。2センチ程の小さな宝石のような魚、ピグミーサンフィッシュの夫婦が水草の森で静かに暮らしています。




P1019839.jpg


こちらが採ってきたマツバイを植え付けた様子。
周りでツマツマしているのはミステリークレイフィッシュの赤ちゃん。30匹以上いますかね、ヘアーグラスの林を押し合いへし合いしています。
この見慣れないザリガニ、実はとても不思議な生き物でメスだけでどんどん増えていきます。1995年にドイツで発見された新種で不思議なことに雄は存在しません。メスのみの単為生殖、出所不明、正体不明のまさにミステリアスなザリガニ、遺伝子実験の研究所から逃げ出して野生化した禁断の生物なのではと、まことしやかに噂される小型のザリガニです。本名をマーブルクレイフィッシュというこの可愛らしい愛玩動物はある筋の情報では近日中に特定外来種に指定され一般の販売の一切が禁止されるということです。





P1019802.jpg

水槽概要
W900×D300×H360mm
外部フィルター、底面フィルター接続
近所の川砂、近所の川の石
ネオランプロローグス・オケラータス×3 アフリカンランプアイ×10 アカヒレ×2 ミナミヌマエビ カワニナ



自分の田んぼなので一抱え採ってきたヘアーグラス。無農薬ですから生体にも影響なし、余った分を遠慮なく立ち上げたばかりの大型水槽に絨毯のように敷き詰めていきます。
上でカラフルに光っているのは中国製の植物育成ライト。赤と青の混合LEDで全く日の光が入らない部屋での水草育成試験中。
観賞用にはニッソーの白色LEDを併用しています。





P1019806.jpg



植栽状況はこんな感じ。
途端に野趣あふれる大自然な風景になりました。
寝起きのぼさぼさ頭なのは植えたばかりのご愛敬、草原を泳いでいるのは水合わせのパイロットフィッシュとして別の水槽から移入したコッピ―ことアカヒレ。とても安い魚で小さなボトルなんかに入れて売られてる可愛そうな魚ですがしっかり大事に育ててやるととっても美しく見事な姿になる立派な観賞魚。ヒータなしでも平気で冬を越してくれる丈夫な魚ですから初めて熱帯魚を始める方にも安心して進められるお気に入りの魚です。我が家では60㎝のアカヒレ水槽で水草が繁茂する中どんどん繁殖しています。

しかし原産地中国では河川の汚染の為すでに絶滅しているということです。こんなに丈夫な魚が死滅してしまうなんて中国ではいったい何が起きているのでしょうか。



P1019819.jpg




マツバイと一緒に田んぼから採ってきた雑草も投入。
真ん中にそびえているのはタデの仲間。アクアリウムではポリゴヌムと呼ばれる仲間です。葉っぱに斑点があるものは水中化しにくいと聞いてますが、さてどうなりますか。石の奥にも採ってきた謎草。ほのかに赤く色づいているのはルドビジア。こちらも東京にいた時に埼玉のどこかの公園で自生していたものを継代飼育してきたもの。ルドビジアには日本原産のミズユキノシタがありますがこちらは茎に葉っぱが一枚ずつ互生するのに対してこの水槽のルドビジアは二枚ずつ対生しています。どこからかの水槽から外に漏れて野生化したもだったのでしょう。わかりづらいですが真ん中に生えてる丸い葉っぱはリシマキア、こちらも近くの側溝で野生化していたのを採取したもの。丈夫でかわいい草です。




P1019820.jpg



カボンバと奥にはミリオフィラム。
どちらも似たような草体で、金魚藻と呼ばれ売られたりしてます。ミリオフィラムの和名はフサモ、我が家で繁茂してるものは無加温でも平気で越冬しています。繁殖力も旺盛であっという間に密林のようになってしまうところを見るともしかしたらこちらも日本原産のホシザキフサモかもしれません。カボンバは日本に帰化した外来植物。安く売られてる割には気難しく、強い光が必要なようである日突然溶けてなくなったりします。こちらも無加温で全然平気。同じく越冬組のポタモゲトン・ガイー、右側でたなびいてるこの水草は一階の90㎝無加温水槽でジャングル化しています。ちなみに、三つ上の全体写真でテープのように揺れてる大きな草はジャイアントバリスネリア。こちらも繁殖力旺盛で諏訪の寒い冬も平気で乗り越えます。真ん中はヘアーグラスと一緒に採ってきた畔の雑草。多分水中下出来ずに消えてゆく運命です。



P1019827.jpg



そして、こちらがこの水槽の主。ネオランプロローグス・オケラータス ゴールド。アフリカはタンガニィカ湖からやってきた小型のシクリッドです。
小さいですが縄張り意識が強く、他の魚を絶えず追っかけまわしてます。植栽の為手を突っ込んでいるときも、この子たちは逃げることなく手の甲に突進して突っついてきます。びっくりするし結構痛いです。
いっしょに写っているのは田んぼの雑草、憎っくきオモダカです。多分ヘラオモダカでしょう。このまま水中化してくれるでしょうか。



P1019924.jpg



間違い探し。上の写真とどこが違うでしょうか?
一週間後の写真。また懲りずに今度は近くの川から採ってきました。
右奥のジャイアント・バリスネリアと一緒にひらひらとたなびいている草、ヤナギモです。
かなり強い光が必要なようで長期維持が難しい水草のひとつです。こいつが繁茂するようなら中華製植物育成ランプも見事合格というところです。
写真では見えないけど電気消すとアフリカのメダカ、ランプアイの目が青白く光ってとってもきれいです。



P1019984.jpg







お米販売します
完全無農薬、有機米。
20㎏ 8000円 (送料込み・離島などは要相談)

玄米でもお届けできます。
ご注文いただいた方、先着順にマコモダケも商品がある限り同梱、おまけさせていただきます。
マコモダケ収穫終了時期が近づいていますのでお早めにご注文ください。

ご注文はこちらまで
suwakohimedaikon@gmail.com






P1019874.jpg





back-to-top