さくら

2020.04.11 (Sat)
P1010781.jpg





辰野町の桜。








P1010810.jpg




今年の桜はいつにもましてうつろに見える。








P1010835.jpg



今年こそは心ゆくまで桜を楽しもうと思っていたのに。










P1010803.jpg





朦朧とした桜の輝きが肺炎のレントゲンの白くぼやけた映像と重なったりする。







P1010805.jpg




またぞろ、桜だけカメラに収めてみても面白くもないので道路標識と一緒に写してみる。







P1010827.jpg





諏訪でも伊那でもコロナウイルスの感染者が出始めている。









P1010801.jpg





メメント・モリ
死を見つめて。
中世のこんな言葉が現代によみがえるとは思ってもみなかった。











P1010813.jpg



しかし、私の日常はいたって正常。
いつになく活力にあふれて、朝から晩まで畑仕事にいそしんでいる。











P1010830.jpg




辰野の桜、長年この街に住んでいた朝鮮人達が昭和35年、北朝鮮に帰国する際に感謝の気持ちを込めて植樹していった50本の桜がいま私たちの目を楽しませてくれている。









P1010822.jpg





横断歩道で停車する運転手さんが一番多い県は長野県。
停車すると子供たちが振り返って会釈してくれる。











P1010798.jpg






ただでさえ桜が花開く速いことに、追いつかない私はそれを待ち望んでいたにもかかわらず、心のどこかで待てという。
春というものはいつも気もそぞろ。
日常と非日常、桜と道路標識を一緒に眺めてたら、今起きている現状に涙さえ浮かべてしまう。
全ては現在進行形。
体と心がちぐはぐな中、私は押し寄せるいろいろなことを忘れるために今日も土に鍬をふるっている。










Rahel Getu - Tilobign ራሄል ጌቱ (ጥሎብኝ)





Zebiba Girma - Gerager ዘቢባ ግርማ (ገራገር)




Lemlem Hailemichael - Gedam ገ'ዳም




Teref Kasahun - Demo'Na ጠረፍ ካሳሁን (ደሞ'ና)






今夜は以前紹介したエチオピアのアイドルグループ、ヤンニャのソロ活動のご紹介。
彼女たち、『Yegna』については下記で。こういう時だからこそぜひとも読んでいただきたい。素敵です。



『Yegna  明日への切符』







スポンサーサイト



ブログ七年目

2020.04.01 (Wed)
P1010777.jpg



エイプリルフールに始めたブログ。
嘘のように7年も続きました。



工場の仕事も昨日で終わって、さあ始めようと思ったらあいにくの大雨。
畑にも出れずに二度寝したら今になっちゃった。

派遣社員の季節労働だったけど、歓送迎会もしていただいて。
総務部所属だったからパソコンも机もあって、朝礼でみんなの前で話までして。
最後はあいさつする時間までいただいた。
感無量。

今日はブログさぼっちゃおうかなと思ったけど、せっかく7年も続けてきたのだから節目として。
また春に向けての再出発として。



いつの間にか集まったアコースティックギター。

後ろ
クラシックギター、松岡良治№20
左から
ヤマハのFG-151
モーリスW-40 サイド、バックはハカランダ!
オベーションのトラベルギター 一緒に世界中を旅してます
ジャンボ、型番不明
手前がヤマハフォークギター黎明期の作品、ダイナミックギター10


みんな40年以上前のジャパン・ビンテージ
ダイナミックギターに至っては50年代、もう60年以上前のもの。
愛された故の傷をボディーにまとって、どれもこれも年季の入った傷だらけの風貌ですが楽器としては立派な現役。
道具としてのコンディションは音色も含めて最高です。
ダイナミックギターの枯れた甘い音色もさることながら、直近に破格の値段で手に入れたジャンボのギターは秋の鈴虫の音色のようでコロコロとした美しい高音が素晴らしい。
ジャンボってメーカーは実は全く知らずに買ったのですが、最初はJunboじゃなくってGunboだろうと思ってましたが、なんてことない、我が街、諏訪に昔々存在していたギターメーカー、田原楽器。きらきらとした高音を聞かせる、それでいて中低音も豊かに鳴ってくれる、弾いていてとても楽しいギターです。

今年はとても大変な一年になりそうですが皆さん頑張ってまいりましょう。












back-to-top