少彦名のきのこ図鑑1 花びら茸

2015.09.15 (Tue)
aP1013024.jpg
2015.7.8 撮影  Sparassis crispa


水槽の砂を取りに湖に行った帰り廃村の赤松林で見つけました

aaP1013024.jpg

直径60センチ
走る軽トラの窓からでもはっきり見える巨大なきのこ
赤松の根元に生えていました

色は見てのとおり黄色の濃い個体。通常はもっと白いものが多いようです
似た毒キノコがまずないので素人でも判別できます。とは言うものの、自信がない方は絶対口にしてはいけませんよ


P1013078a.jpg

さて、かえってすぐにおいちゃんに見せに行きましたら
変なもの採ってきたな、ということでさもいやな顔をされました。うむ、ほめてもらおうと思っていたのに

花びら茸、このきのこは高血圧に効くなどといわれております
私がこの身を挺して食毒の有無を証明いたしますので、おいちゃん、次は一緒に食べましょうね


P1013079a.jpg

抗癌作用・血糖値降下作用・免疫賦活作用・抗高血圧作用
なんだか花びら茸って夢の万能薬のようですね
少彦名はおいしければそれで良いんですけど♪



P1013088a.jpg

このきのこ、高級食材として珍重されるようです。香りは控えめと物の本には書いていますが採ってきたのは香水のような強い香りがします。宿主の種類で若干食味も違うんですかね。しかしこの香りどこかでかいだことがあるなと、それも頻繁に、などと、毎日口にするたびに思い出してみましたが口にして三日目、ついにその正体がわかりました。なめこ、そう、なめこの香りです
なんだ、なめこなら特に変わった匂いじゃないじゃない?と思われそうですが、それがそれが、あのなめこ独特のぬめりのないところでこの香りを感じると一瞬初めてかぐような強い違和感を感じるんですね。
人間の感覚、食味、臭覚、視覚、結構いい加減なものです。だから面白いんですけどね。

ミニトマトとせろり、きゅうりの酢の物、ミニトマト、サニーレタス、花びら茸のサラダ、花びら茸と旬の野菜のシーフードパスタ。すべて自家製、採りたて新鮮です。
半分だけ持ち帰って、そして一週間、夏の山をさまよいながら出会った大きなきのこはずいぶんと私の生活を楽しませてくれました。
きのこ図鑑第一号、花びら茸、一巻の終わりでした。






Vitas - 7th Element


本来ならきのこ図鑑、花びら茸の巻きはこれにて、というところですがこの唯一無二のきのこを一週間食べ続けながらなぜか思い浮かべたのがこの曲、そしてこの人。
花びら茸にはもしや幻覚症状を引き起こす何かがあるのでしょうか?


Vitas
ヴィタス( Витас; Vitas)、本名:ビタリー・ブラダソビッチ・グラチェフ(Виталий Владасович Грачев)
歌手で作曲家、俳優にファッションデザイナー。新生ロシアの誇るマルチプレーヤー。この才能にこの美貌、それはまるで星の王子様を地で行く今世紀大注目の最終兵器でございます
その楽曲はテクノからロック、バラード、オペラまで、それはまるでソビエト連邦社会主義体制の圧政下で人知れず朽ちていった無数の才能が亡霊のように一気にマグマとなって噴出したようでございます。



訂正 
よくよく調べてみたらウクライナの人でした







関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/119-f9df4424
トラックバック
コメント
久しぶりの更新、お待ちしておりました。
きのこ図鑑、楽しみにしてますね。
それにしても、妖気漂う本当に綺麗な花びら茸ですね。
カレーリーフ・久美子 | 2015.09.16 05:54 | 編集
花かと思ったのですがきのこだったんですね。
見た目が美しいと毒がありそうですが、
こちらは食べれるんですか、初めて見ました。
きのこの効能、こうして読むと食べない理由はないですね。
私も秋の味覚を楽しまなくては!
kgn2 | 2015.09.16 12:26 | 編集
カレーリーフ・久美子 さん
ご無沙汰しておりました。待っていていただいたとはうれしいです
ちょっと引くくらいきれいでしょ。このきのこを見てあの曲を思い浮かべるなんざ、なかなかのセンス。誰もほめてくれないので自分で言ってみました
きのこ図鑑、どこまで続くかわかりませんがとりあえず始動です
sukunahikona | 2015.09.16 13:02 | 編集
kgn2 さん
ご無沙汰してました。先ほどやっとあなたの漫画も読み終えたところです。
音風水の読者様、kgn2 さんの4こまは最高ですよ!ぜひよってみてください!

きのこって意外と派手なものに美味しいのが多いんですよ。逆に美味しそうに見えてとっても危険なのがありますから思い込みは厳禁!わからないものは絶対口にしないでくださいね

sukunahikona | 2015.09.16 13:06 | 編集
これ食べれるんですね~
食べれると聞いても勇気がいる風貌。
まずキノコとも思えないです。
いぼ仙人 | 2015.09.16 21:17 | 編集
こんばんは^^
お忙しいのに、訪問ありがとうございました。
猫はホントに癒しです。

綺麗なキノコですね。知らないと中々、食べようとは思えないかも?
キノコって、色々、栄養があるのですよね~。
秋って感じです。


自分の作ったものが好きなのは、普通のことだと思います^^
私はショップをしているのですが自分の作ったもの、大好きですよ~(笑)
また、ステキな歌を聴かせてくださいね^^
花ママ | 2015.09.16 22:09 | 編集
色々と気遣いしていただいたコメントに感謝しています。ありがとうございます。
レストランの方は、今すぐは無理ですが是非機会を作ってみたいと思っています。

キノコですが・・・素人目に見たら毒キノコなんじゃないかと思ってしまう派手さですね@@
そして、何となくちょっと浮かれたような音楽w
その後お腹壊したりしてませんか?~なんてw
sower | 2015.09.16 23:32 | 編集
カレーやさん
近くによったら是非行ってみて下さい

おいしかったですよ。幻のキノコって呼ばれてるようですね
今日も違うキノコで朝昼晩、少々飽きてきましたW
sukunahikona | 2015.09.22 10:52 | 編集
私もきのこ類に目がないんですよ。
しかしまた今回のは…毒々しい色で香り強くて幻のとまで言われる???
死ぬまでに一度は食べてみたいですなぁ~

豊田市の山奥で、マイタケだったかを生姜醤油で漬け込んだのがおそろしく美味かったです。料亭なんかで食べた松茸なんか足元にも及ばないくらい。
なのに、自分で作ってみてもあのシンプルな旨さがぜんぜん再現できなくて悔しい・・・

あ、kgn2さんの漫画見てみたいですが、どうやったら見れますか?
ふぇい | 2015.09.23 10:34 | 編集
少しでもわからないものは食べちゃだめですよ
思い込みってキノコの世界では一番危険です。
まいたけ見つけたことがないです、まだまだキノコは駆け出しなのでゆるゆると覚えて行きますよ

kgn2さんのページは僕の友達欄に入ってます。傑作ですからぜひ読破してください

黒猫ガーナと飼い主2人
http://kuronekogana.blog.fc2.com/
sukunahikona | 2015.09.24 08:40 | 編集
ブログ、しばしお休みでしたね。
お元気そうで何よりです。

花びら茸、名前を聞いたことがあります。幻のきのこなんですね!
ボタンの花がたくさん集ったみたいですね。
すごい香りの万能薬なんですか?
そもそもきのこの香りは独特ですよね。
どのきのこも、その香りから、何かにすごく効きそう!

きのこで思い出しましたが
・・・
南方熊楠さんという菌類学者。
和歌山の南方熊楠記念館に行き知りましたが、すごく惹かれました。
もし機会がありましたら、ぜひ


みゆ | 2015.09.24 20:42 | 編集
粘菌の人ですね。南方マンダラはその知識量と相乗してとても神秘的ですね
和歌山は一度行きたい場所です。私の先祖はどうもそこらへんの武士の流れのようなんです
sukunahikona | 2015.10.08 22:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top