上野大根諏訪湖姫 干し場作り

2015.10.25 (Sun)
P1013749aa.jpg


稲刈りも終わり、今年も上野の村挙げての一大イベントが始まります





P1013757.jpg


「諏訪湖姫」の漬け込み作業
今日はみんなで沢庵用に干し場づくり





P1013755.jpg


今年は例年にない暖かさ
村の柿の木もたわわに実を付けています





P1013652.jpg



この村は峠のてっぺんにあって柿のならないところ
温暖化なのか暖かくなってここ数年、少しずつ実がなるようになってきたのだとか





P1013681aa.jpg



参加するのは今度で三回目
今年は正式に大根組合の会員として出荷できます

みんなでわいわいやる作業は本当に楽しい






P1013669.jpg



鹿に入られたりでかなりつぶされたけれど、ものになるかな
雨がしばらく降らないのが心配です






P1013701aa.jpg


山がいろづきはじめて
草刈りをさぼった小山はススキでいっぱい

山の奥には僕の畑があるのだけれどいまだ見に行ったこともない






P1013715.jpg


こんなに草だらけにして
来年は蕨とれるかな






P1013760.jpg



落ち葉に寝転んで山を眺める
この美しい景色が自分の山での出来事だと思うと不思議な気分になる
何もかも思い通りにならないのに、何もかもが自分次第






P1013766.jpg



一輪だけ咲き残った赤いバラ
やらなけれないけないことがまだまだ山ほど残っている
雪が降る前のもう一仕事






Small Faces - The Autumn Stone



スモール・フェイセス (Small Faces)
1965年結成のイギリスのバンド。ギターでボーカルのスティーヴ・マリオット(Steve Marriott)、 ベースでボーカルのロニー・レーン(Ronnie Lane)、当時イギリスで流行していたモッズ(Mods)ご用達、ザ・フー(The Who)と双璧をなす音楽アイテムの中核的バンド。のちにロッド・スチュワート(Rod Stewart)、ロン・ウッド(Ron Wood/ローリングストーンズ)を加えてフェイセズと改名、時代を超えて多くの名曲を残す伝説のロックバンドです。60′s、70′sと時代を華々しく駆け抜けた彼らではありますが、その栄光とは裏腹に彼らの晩年はそれは悲惨そのもの。ギターのスティーヴは寝たばこによる自宅の火事で、ロニーは多発性硬化症という不治の病で、それぞれ若くして悲しい最期を遂げています。(キーボードのイアン・マクレガン/Ian McLaganさんも去年の12月に残念ながら亡くなられました)
 
 今回選んだのはただ単に、愛聴しているCDのジャケットのデザインと曲名に秋の文字が入っていたことの連想ですが、そのはじけるようなエネルギーたっぷりの演奏の影に、知らず知らず彼らの不幸な生い立ちが重なって、ふとした時になぜか口ずさんでいる。
今夜は、これら名曲の中から、いつもより増量、異例の4曲。彼らの魅力はこの紙面ではとても語りつくすことができない珠玉の数々なのです。


The Small Faces - Lazy Sunday Afternoon



Sha La La La Lee - Small Faces



The Small Faces Just Passing









関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/124-4662a3c5
トラックバック
コメント
美しいですね。
ほんとに山間にお住まいなのですね~
自然も人も美しそうです♪
いぼ仙人 | 2015.10.25 21:56 | 編集
山のなかでしょw
人も穏やかでいい人たちばかりです。私は都会の毒を洗い流すのにリハビリ中です
sukunahikona | 2015.10.26 08:41 | 編集
美しい山ですね。
山はいいなあ~と思いつつ・・・やっぱり山に住むのは私には無理だろうなあ~と思いますw
sower | 2015.11.04 12:25 | 編集
僕なんかよりよっぽど向いてますよ
でも、sowerさんが山の中に暮らしたらもっと高い山に登って留守が多いんでしょうねw
sukunahikona | 2015.11.04 20:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top