Greatest Japanese Songs Vol.1

2015.11.07 (Sat)
P1013823.jpg



改めまして、こんばんは
今夜も酒を片手にまったりと時を過ごす少彦名です
右手に持てるグラスの中には緑色に澄んだ清涼なる液体
今夜、畑で疲れた体をいやしてくれるのは採りたてハーブを焼酎に漬けこんだエメラルド色の自家製フェンネルリキュールでございます

さて、今夜は趣向を変えて音楽のみでの進行とさせていただきます
当ブログ、実は音楽を中心にしたブログだってことをご存じだったでしょうか?
そうなんです、何を隠そう私は音楽紹介がしたいがためにこの場所を作り始めたわけでございます
日に日に深まる秋の静かなる今宵、皆様には「音・風・水/日本の名曲」と題してお送りしたいと思います

しかしながら、ただ漫然と曲を紹介するだけではこの少彦名たるもの、その面目が立ちませぬ
さすれば、わたくしのブログもここ昨今海外の方のご訪問をちらほらといただいているようでございまて
で、あるならば、ここはひとつ、はるばる海を越えてご来訪いただいた方々のためにつたないながら歌詞の英訳を同梱いたしましてお送りさせていただきたいと、そう考える次第であります。

そこで、「日本の名曲 第一弾」あまたある名曲の中から少彦名が選んだ今夜の曲ですが、その前に、ただ単に日本の音楽と申しまして、昨今のはやり歌など改めてここにご紹介いたしましても、たとえば、きゃりーぱみゅぱみゅやAKB48など、今のご時世、日本のポップカルチャーも世界でかなりの注目を集めているところでございまして、海外の方が普通にご存じだったりするようでございます。かといって演歌を日本の代表文化として紹介するのもことさら芸がございません。
かがやける第一回目にふさわしい曲、わたくし少彦名が選んだ今夜の名曲はこちらでございます。

皆様、いかがでございましょうか?きっとおめがねにかなう素晴らしい作品に違いありません!




(書いているうちに、大仰な文章になってしまいました
もし外国の人が訳して読んだとしたらどんな伝わり方するのでしょう?)






さ、日本語のわからない皆様も
Let's sing a song !!








人生が二度あれば   井上陽水
I wish I had a life twice / Yousui Inoue




20151106234203f6c.jpg





I wish I had a life twice.


Father is 65 in this February.
The wrinkles of the face increase.
He was hard work and finally was a little better off these days

The teacup of father has a chip in the edge.
He pours tea into it and drinks.
He stares at his face appearing in the teacup.

If there is life twice.
If there is this life twice


Mother is 64 in this September.
She grow old only for children.
Thin hands of mother. She lifts a weight stone placed on pickles .

When I watch such a mother, I do not know whom the life is for.
She brings up a child. Mother take the old for her family.

If there is life twice.
If there is this life twice

Father and mother drinks tea in a *kotatsu.
And they talk about their youth.
They calls the past.
Dreamily
dreamily.....

If there is life twice.
If there is this life twice
If there is this life twice
If there is this life twice
If there is this life.....

                             

Translation by sukunahikona


* Kotatu








関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/126-1c077d2e
トラックバック
コメント
ようすいさんの曲で初めて聞いた曲でしたー!

少彦名さん、ミニメールしました
見てくださーい☆
黒猫はのん | 2015.11.07 18:43 | 編集
自家製フェンネルリキュールが凄く気になる!
読んだだけで、生唾出ます。(笑)
コナコナさんが育ててるのはスイートフェンネル?
それとも株元がでかいフローレンスフェンネル?
パン、シフォンケーキ、お茶、オイルには使ってるけど、お酒に単品で入れたことない。
エメラルド色の素晴らしい香りの液体を私も早速作りま~す!
| 2015.11.08 06:16 | 編集

黒猫はのん さん
陽水の曲の中で今日初めて聞いたのか、初めて聞いた曲がこの曲だったのか
どちらにしてもちょっと衝撃の曲ですね
あまりにすごすぎるのでちょっと滑稽に聞こえたりもします

お返事たくさん送りましたw全力のいいもの心より期待です!
ここに来たお客さんにはちょっとヒントのPV製作
sukunahikona | 2015.11.08 07:56 | 編集
名無しさま

作ってるのはスイートフェンネルです。(かぶもとを食べるのは確かスイートだったような・・・)
私は逆にケーキなど作ったことがありませんw
エメラルドの液体、出来上がったらまた連絡くださいね
その時はお名前もいただけたら・・・
sukunahikona | 2015.11.08 08:02 | 編集
初めて聞いた曲ですが、これが一曲目、さすがです
やっぱり少彦名さんのブログは違いますね
いぼ仙人 | 2015.11.08 13:52 | 編集
パソコン変えたので、名前が入ってませんでした。失礼しました。
スイートフェンネル作ってるんですね。
それを、ぼりぼり食べながらメールしてます。
では、また~
カレーリーフ・久美子 | 2015.11.08 17:06 | 編集
少彦名さん、こんばんは。

初めましてです。
最近、よく拝見させて頂いています。
僕のブログも覗いて頂きありがとうございます。

「人生が二度あれば」、どれだけ聴き、どれだけ唄った事でしょう。
自分の好きな曲が紹介されてると、なんだか嬉しく成りますね。
ありがとうございます。

もし、もし良ければ、相互リンクさせて頂けませんか。

寿 | 2015.11.08 21:46 | 編集
いぼ仙人さん
いやいやそれほどでも~
いくつになっても褒められるのはうれしいです
sukunahikona | 2015.11.08 22:48 | 編集
カレーリーフ・久美子 さん
そうかなって思ってましたw
ぼりぼり食うて、おいらよりツワモノがいたんですね
sukunahikona | 2015.11.08 22:55 | 編集
寿 さん
もちろんです!
この曲、先ほども書きましたがむやみに歌ってはいけない曲ですね
この前、友達のフィリピンパブで歌ってあげたらフィリピンのきゃば嬢が泣いてましたものw

では、今後ともよろしくです
sukunahikona | 2015.11.08 22:59 | 編集
昨日、山陽小野田市の熊野神社にお参りしました。「熊野神社だより」に神々の系譜が載っていました。初代が天之御中主神→二代が高御産巣日神→三代が神産巣日神→四代が直系の宇摩志阿斯訶備比古遅神と傍系で少彦名神とありました、ズート下がって十三代目にあの有名な天照大神がありましたよ。sukunahikonaには壮大な夢が潜んでいるのでしょう
くんざん | 2015.11.09 06:58 | 編集
sukunahikonaさん、おはようございます。

フィリピンのきゃば嬢を泣かせるとは、
流石、表現者ですね。

リンクの件、ありがとございました。
コメントも頂き、ありがとうございました。

今後とも、宜しくお願い致します。
寿 | 2015.11.09 07:18 | 編集
くんざん さん
コメントありがとうございます。私が畏れ多くも少彦名神の名をお借りしてるのはこの神様が国造りにかかわっていたこと、志半ばでその命を絶たれたこと、昔話の一寸法師のモデルであること、調べてみるととても興味深い神様だからです。もともとは子供のころ「常世の虫」という民俗学の本を読んだことから興味を持ちました。この神様がある新興宗教の祀り神として登場するのですがその教祖、大生部多は在らんことか東北で(この本の中では確か東北となっていました。通説では駿河、富士川あたりらしいです)朝廷に反乱を起こすのですね。私は東京の生まれなので平将門と重なって強い共感を覚えました。ただ、新興宗教というのがあれですけどw
今度、少彦名を祭っている神社を巡ってみようかと思っています。日本の古代の神様はとても好きです。ずーと古来のまだ日本が日本ではなかった頃の物語、豊かさと野蛮さと力強さと、何よりおおらかな感じがとても好きです
sukunahikona | 2015.11.16 12:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top