僕が少彦名を名乗るわけ

2015.12.05 (Sat)
さて、今夜も没個人的な発信になります。もし退屈だなと思った方は紹介した曲だけ聞いて行ってください。いい曲ですよ。たぶん誰も知らない


畑仕事が順々に終わって、いざ体が空いてくると自分を振り返る時間が自然と多くなります。日も暮れればもう何も音はしない。水槽の中の熱帯魚を目で追いながら、そうでなくても独りですから暗くなればだれも邪魔しない時間が訪れるというわけで。




P1013987.jpg



お化けの猫さんからお酒が届きました。彼が毎晩飲んでいるであろう関西の美酒 「呉春」
今夜は呉春を熱燗でちびちびやりながらつらつらと書いてみたいと


彼と出会ったのはあるネットゲームの世界、「三国志マスターズ」
初めて経験するネットゲームだったけどとても楽しかった。そもそも、私はゲーム自体ほとんどやらない人間だったので最初はどんなものかな、ものの試しにかじってみよう程度でした。三国戦乱の世を三国無双のつわものが盟主のもとで他国を併合し世界を平定してゆく、そんなゲームでした。右も左もわからない私は群雄割拠する、奸雄が犇めく地平線に一人ぽつんと城を築いては見たものの、さてこれからどうするか?

そんなときに私の領地を虎視眈々とうかがう不気味な存在に気が付いたのです。私は、まだまだ一戸の小城を与る名もない地方豪族、相手はすでに平原を延べる古参の一大勢力、攻め込まれるはわが世の終わりは必定、ここはひとつ懐柔策で物腰柔らかに、しかしながら慇懃無礼に、早馬を差し向けてかの盟主にふみを届けさせたのですな。日の出る国より日のいる国へ…聖徳太子のなさったように。

ふみをしたため二日後には返答があり申した。よもや宣戦布告の知らせかと震える手でそのこよりを開いてみれば・・・・

「そなたを盟主として国を興し、このわたくし、この三国をわが力で殿の手に奉りましょうぞ」

さすがの私もこれには驚き申した
三顧の礼とはまさにこのこと。それからのち、名軍師、お化けの猫殿、当時はごんぎつねと名乗っておったが、軍師殿の采配によって、我ら常世の国に集いし豪傑らの活躍目覚ましく、気づけば押しも押されぬ三国の雄にのし上がっていたというのが事の大事。その時に名乗っていたのが「常世神少彦名」

少彦名という神様を知ったのは確か中学生のころ、「常世の虫」という民俗学の本からです。東北の片田舎(当時は朝廷に伍す一大経済圏があったとか)で大生部多が芋虫を神と崇め中央に反乱を起こした次第が書かれた本、通説では静岡富士川あたりの反乱だと、常世虫もキアゲハの幼虫だといわれていますが、この本の中では舞台は東北、今の中尊寺周辺、常世の虫もアゲハではなくお蚕(シンジュサン)だったように記憶しています (どうかこの本をご存じの方は是非お知らせください)
蛾の衣をまとい常世の国からやってきたのが少彦名、彼は国造りの神、ゲームの中で神様を名乗れば少々のことはみんな許してくれるかな?そんなことで、かのゲームを始めるにあたって僭越ながら少彦名神のお名前を頂戴いたしました。

 追記12/7
 先ほどまで義経と中尊寺の話がテレビでやっていましたね。義経は私が初めて読んだ歴史物の主人公、子供の時からのヒーローです。「常世の虫」の中でも中尊寺と常世の国の関係に触れていました。不死の世界、極楽浄土の王国。義経も少彦名も背丈の小さな紅顔の美少年。無意識のうちに二人を重ねてみていたのかもしれません



さて、我が常世の国は100名を超える猛者が集う一大勢力にのし上がっていくわけですが、それを統率する当の本人は、自身の仕事や生活に夢も見いだせず、すっかり自信を失い、いわば自暴自棄で自堕落な生活をしているつまらぬ者でした。仕事もままならず、そのうえ先の震災で今後どのようにしていけばいいのか?きっと考えるのもすっかり嫌になっていたと思います。そんな時に私に自信を与えてくれたのが「お化けの猫」さんだったのです。
たかがゲーム、それでもたくさんの人が私の言葉に耳を傾けてくれる。大勢の人が私をしたって集まってくれている。勘違いでもこんなにうれしいことはそうそうないです。このとき、私には「常世神少彦名」が憑依していたんですね。ウルトラマンも、モロボシ・ダンもそんな感じでしょ?


当該ゲーム内 常世の国同盟発信 全同盟員に配信した一文

エイプリルフールはどんな嘘をついたかな。常世国主親常世神少彦名じゃ。
皆は今回のミッションはクリアできたかな。わしは、寝起きの一発で撃破してみせたわ。
これもすべてごんぎつね殿のご指導のおかげじゃ。わしには過ぎたる名軍師殿じゃ。
ところで、わしは皆に報告、否、告白せねばならんことがあるのじゃ。実はな、わしは今まで一介のわらじ売りであったのだが、この春、とある深山にて百姓をすることに相成った。これもあまた奸雄の目をくらます策、リアル常世の国の建設じゃ。皆のものどうかわしの門出を祝ってくれたまへ。え、なぜこんなところでこんな話をするかって?実はな、話すと長いのじゃが、ゲームの中でいろいろな人とかかわりながら自然と『農業をやってみよう!』と思うようになったからじゃ。めぐり合わせとは不思議なものよのう。
では今日も元気でがんばろう。
『TPPなんかぶっ飛ばせ!常世の国に栄光あれ!!』
昨日面白い嘘をついた、またはつかれた者は、どうか皆につぶやいてくれ。ちなみにわしはある女性にエイプリルフールに乗じて告白しようとしてできなんだった。



私が農業を決意した瞬間です。みんなに自信をいただいて立ち上がろうとする宣言ですね
こんな戯れを日々掲げて集まった同盟員に号令をかける
楽しかったしみんなも楽しんでいたみたいだし
人間をダメにするといわれるネットゲームという遊びの中でも培われる魂もあるのかなと




ネトゲーだろうが、仕事だろうが、百姓だろうが、人生は一度きり
みなさま!時間切れまでは目いっぱい楽しんでまいりましょうぞ!!






P1012143.jpg
サバとらにゃんこ酒
お化けの猫さんからの贈り物。収益の一部は猫の去勢施術等に使われる。
企画ものかなと思いつつ中身もなかなかのもの、結構いけます。
お酒飲んで猫助けて、酔狂にもほどがあるってもんだ!



ちなみにお化けの猫さんは野良猫の保護活動を積極的に行っています



P6062358.jpg


奈良の里は三輪、今西酒造の由緒正しき原酒。これおいしかった。奈良まで行って飲んでもいいくらいのお酒です

今西酒造株式会社



4c0a36f8_1398202831274aa.jpg
【乙類】 【麦焼酎】 ひむかのくろうま 【25°】 1.8L瓶
やられましたね

ρroseρと猫さんの共作。「くろうま」っていう焼酎のラベルをいたずらして送ってきた。しばらく気が付かなかったよ。
そもそも中身は最高!そのうえで数量限定「ばかうま」ときた!
いたずらに気が付かないで飲んだ分、私にとって至高のお酒となりました





P6062355.jpg

お化けの猫会心の贈り物!

P6062357.jpg
タクシードライバー 純米原酒 720ml 喜久盛酒造 .

あのさ、タクシードライバーってさwwww
中身もガツンとくる一本!うまいんだなこれが
ねえ、美味しいとかえって駄目じゃない?タクシードライバー








今夜も本当に独り言でも、こうやって思い返すと本当にみんなありがとうって心から思います




P1013998.jpg
蔵の片隅で見つけた石油火鉢で温めた「呉春」をぽけっと39が送ってくれた自性寺焼のおちょこで渇いたのどに流し込む
最高の夜





The Gist - Love At First Sight



私が知ってる限りの最強のラブソング
僕にとってはほかのどんなヒット曲にも負けない真の名曲。
この切ない代えがたい調べは今夜のこの感じにぴったりかなと
だれかこれ以上の名曲があるならどうか私に教えてください





The Gist
Philip and Stuart Moxham フィリップ・マックスハムとスチュアート・マックスハムの兄弟で結成した80年代イギリスのバンド。Young Marble Giants / ヤング・マーブル・ジャイアンツからの派生バンドといったほうがまだわかりやすいかもしれません。Y.M.Gは元祖ヘタウマ、今の歌ものJ-POPの根っこの根っこに流れてる源流、今でも根強いファンが存在するコアなグループです。Y.M.Gのボーカル、アリソン・スタットン / Alison Statton はウイークエンド / Weekend でメジャーミュージシャンの仲間入りを見事果たしました。かたやアリソンと離れたマックスハム兄弟のザ・ジストもコアなファンが追いかける知る人ぞ知る地味な存在ではありますが、こういったバンドほど本当にいい曲を作るんです。このころ活動していたメジャーなバンドってどんな人がいましたっけ?一人でも多くの人に聞いてもらいたい。そんな気にさせるひっそり輝く音楽家です 。





young marble giants - final day



Young Marble Giants -The Clock



Weekend - Summerdays






Embrace the Herd【中古】





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/134-a6f5d314
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.12.06 02:47 | 編集
こんにちは、初めてコメントします(^^♪
今回の記事を興味深く読ませて
いただきました。

私も前の会社に所属していた時、仕事や上司
周りとの人間関係で長くもがいていました。
良かれと思ってやることも周りに通じない。。

自分の場合は、SNSでのやり取りやそこから派生した交流会などに次々と参加して、違う世界を見たことで
意識を変えてもらえました。今は昔よりは自由な気持ちで
生活し、出会った人に感謝しています。読んでいて
共感したのでコメントさせていただきました。
私も一度きりの人生を目いっぱい、楽しみたいと
思います!
すべてはN | 2015.12.06 11:45 | 編集
非公開コメントにコメント書くことお許しください
ゲームの中では盟主といいましてもただの客寄せパンダ、人事担当および広報みたいなものでしたw
かかわった人間が少しでも楽しめたらとそればかり考えていました。
これからも神様の名前を名乗る以上は少しでも元気になれるような記事を書こうとは考えてます
sukunahikona | 2015.12.06 15:24 | 編集
すべてはN さん
コメントありがとうございます
ここで改めてかかわった人にありがとうを言うつもりで書いたんですが書いているうちにこれ読んで元気になる人がいたらななどと思ったりしてました。
コメントいただけるのはとてもうれしいです。コメントいただければ自分も元気になりますからね
sukunahikona | 2015.12.06 15:29 | 編集
なるほど~ゲームの中の名前だったんですね。
しかし含蓄のあるいい名前です。

sower | 2015.12.07 14:41 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.12.07 20:46 | 編集
独特なお名前だと思っていましたが、そういうことだったのですか
人に歴史ありですね~
いぼ仙人 | 2015.12.07 20:52 | 編集
ゲームの中の、神様からとったお名前だったのですね。

私自身は、自分やモノに名前をつけるとき
「もっと知識があればなぁ」と思うこと、あります。
たくさんの物事を知っていれば、
たくさんの候補を出せて名前を選べますもん。

「石油火鉢」(って名前なんですね)、いいですね♪ 
コレ欲しいんですよねぇ。
kgn2 | 2015.12.08 11:00 | 編集
sower さん
ありがとうございます
中身がないものでしてなるべくすごそうな名前を拝借いたしました

sukunahikona | 2015.12.08 16:42 | 編集
非公開のコメにコメ返しでお許しを
そうですね、やっぱり自分次第かなって思います
どんな世界でも気持ちを込めればそれが倍になって帰ってきますね
sukunahikona | 2015.12.08 16:47 | 編集
いぼ仙人 さん
変な名前でしょw
いつまでも謎にしておこうかなって少々後悔してます。
新興宗教の教祖かと最初は警戒されますw
sukunahikona | 2015.12.08 16:49 | 編集
kgn2 さん
そう、知識があればとってもいい名前が付けられます
ちなみにゲームの中の私の居城の名は

「味噌醤油」「柚子胡椒」「胡麻豆腐」「塩分控えめ」等々

でしたよw

石油火鉢、適当にそう呼んでたんですが調べたら本当にそういう名前なんですね。その上すっごい高い。
蔵の片隅にほってあったのを引っ張り出して使ってます
sukunahikona | 2015.12.08 21:37 | 編集
始めまして。私もお化けの猫さんのブロともなのですが
もう一年以上も音沙汰なく、心配しておりました。
お元気だと知って安心です。
突然すみませんでした。
ぬこさん | 2015.12.16 00:07 | 編集
こんにちは。
一年になりますか、早いな
猫さん、本当に忙しいみたいです。そのうちふらっと帰ってくるのを待ってます
sukunahikona | 2015.12.17 18:01 | 編集
常世の虫
国会図書館のデータにありましたが、これかしら?

https://ndlonline.ndl.go.jp/?func=file&file_name=login&?RN=553164989#!/detail/R300000001-I024354767-00

ちょっと気になったので調べてみました。

もし、リンクが見られなかったらご連絡ください。
pukupuku | 2019.05.12 12:06 | 編集
pukupuku さん

ありがとうございます。
もしやと思ったのですが違いました。エッセー写真集のようですね。
私も折を見て探しているのですが、まったく手掛かりすらありません。
一応学術書の体裁でした。それでも内容はどこかおどろおどろしいイメージが今でも残ってます。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.05.12 19:28 | 編集
ああ、違いましたか…。
期待させてしまいすみませんでした。

また、ちょっと探してみて、それらしきものがあればまたご報告します。
本や資料などを探すのが好きなもので。
pukupuku | 2019.05.12 21:06 | 編集
pukupuku さん

もしやと思ったのですが。ひょっとすると本の題名自体が違うかもしれません。常世の虫というのはその本の中の章の表題だったりとか。何とかもう一度読んでみたいです。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.05.16 19:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top