Love In Tokyo

2016.05.29 (Sun)
45dd.jpg



御柱が終わってすぐ東京に行った
久しぶりの東京だったので写真に撮ってみた





P4065550 (2)


東京にはゴミがない
久しぶりに来てみて今更感心した
それと比べて田舎の峠道のほうがよっぽど汚い
車からごみを投げ捨てる奴はよっぽど頭が悪い




P4065563 (2)

4年前、このカメラを買ってから写真を撮るようになった
それまで写真に残すということがこんなに簡単にできるとは思っていなかった



P4065575.jpg


インドに初めて行ったとき、普通のカメラはとっくに時代遅れだった
大きな古いカメラを首から下げて残り少ないフィルムを気にしながら撮った





gd45.jpg


今ではいらない画像は捨ててしまえばいい
ピントも露出もシャッターを押せばカメラが勝手にやってくれる
画像の編集だってお茶の子さいさい
写真を撮ることが生活の一部になった



hdhd555.jpg


前から気がついてたことなんだけど
縦の構図がやたらと多い




jdjdj111.jpg


意識して横で撮ろうと思っているんだけどどうしても選ぶ段になるとこんな感じになってしまう



P4075629fff.jpg



雨が上がってきれいな街が余計にきれいに見える



P4075636dddd.jpg



散歩するには飽きない町だな





P4075614ddd.jpg



いつもは画像10枚と決めてブログを書いているけど
久々の東京だからちょっと画像多めです




P4075641ddd.jpg



この辺はお散歩コースだったな
お散歩って言っても自転車だけど







P4065583shh (2)



交通ルールがきびしくなって自転車の運転にも気を使わなくちゃいけなくなったけど







P4075651sss.jpg



自転車もカメラも
気が付けば僕の気ままな相棒です













Love In Tokyo





Love In Tokyo
1966年、オリンピック直後の日本で撮影された奇跡のインド映画。高度成長真っただ中の日本を舞台に全編フルカラーで撮影された渾身のヒンディムービーです。敗戦から立ち直りオリンピックを期に再び世界の表舞台に躍り出た日本を諸手を挙げて歓迎してくれたインドならではの日本愛に満ちた作品。監督はプラモッド・チャクラボルティ/Pramod Chakravorty、主演はインド屈指の映画一族、ムルケジー家の一人、ジョイ・ムケルジー/Joy Mukherjee(一世を風靡したキュートな女優さん、カジョール Kajolは彼の姪っ子)と アーシャー・パーレーク /Asha Parekh。私は、この映画をもうすでに三度も見ました(見せられました)
それでは、昔懐かしい日本の貴重な映像とともに現在の東京の姿に思いを巡らせながら、どうぞお楽しみください。



Sayonara Sayonara



O Mere Shahe Khuban






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/157-b54ca791
トラックバック
コメント
諏訪と全く対照的な写真になりました
くんざん | 2016.05.30 20:25 | 編集
こんばんは
こうしてみると東京も絵になる都市ですね。私は写真が下手だからきれいに、しかも素敵な構図で撮れる少彦名さんがうらやましいです。
見張り員 | 2016.05.30 20:49 | 編集
私は撮影が下手なので、フィルムカメラの頃は撮った写真すべてボツということが良くありました。その点、デジカメは現像代が無駄にならず、フィルムカメラよりは失敗が少ないので、写真下手には助かります。

静かで落ち着いた感じの風景、東京に住んでいるのになんだか別世界みたいで素敵ですね。
citystranger | 2016.05.30 22:48 | 編集
ふ~ん
気ままな相棒と東京旅行ですかぃ
そっちの相棒は文句言わないからいいねぇ
こっちの相棒は天気次第で行き先を直前に変えて
いつも振り回されてますわ
あ~そうですか( ̄▽ ̄)
カレーリーフ・久美子 | 2016.05.31 05:13 | 編集
インドの映画は何時もこんなにコミックですか
くんざん | 2016.05.31 19:09 | 編集
くんざん さん

直線の快感、山には絶対あり得ない構図です
でも、諏訪にいるよりたくさん写真を撮りました
都会はそれだけで驚くような世界なんですね
sukunahikona | 2016.05.31 20:00 | 編集
見張り員さん

ほめていただくと素直にうれしい少彦名です
いつもきょきょろ面白いものを探してるので見つけたときにはいい写真が出来上がってます
sukunahikona | 2016.05.31 20:02 | 編集
citystrangerさん

ほんとにデジカメって画期的ですね
プロとアマチュアの境ってシャッターを押す瞬間の決断力だったりするんじゃないかな。
その垣根を限りなく低くしてくれたのがデジカメですね
余裕があったらもうちょっといいカメラがほしいです
そうしたら、また見えてない世界が見えだして、乗り越えるハードルがもっと高くなるんだと思ったりします
sukunahikona | 2016.05.31 20:05 | 編集
カレーリーフ・久美子 さん

たまには振り回されてみたいものです
私、結構まめなほうなので相棒としては重宝すると思うんですけど、でも、やっぱり旅はさみしさも含めて一人が一番しみますね
sukunahikona | 2016.05.31 20:07 | 編集
くんざんさん

インド映画は何でもありですよ
この映画は古いものなのでまだ抑制が効いていますが最近の娯楽映画は全く脈絡ないですw
大体インドの映画の展開を大まかにお話しすると

導入部、コメディタッチ → 出会い ラブロマンス → 問題発生、シリアス、涙、苦悩 → いつの間にかアクション&バイオレンス → 大団円 ハッピーエンド、アンハッピーエンド、五分五分くらいでしょうか、どちらに転ぶかはストーリーを追っかけていても全く判断できません

その間、無関係に踊りだします。とにかく長いこと長いこと、三分の一でちょうどいい映画です  
sukunahikona | 2016.05.31 20:17 | 編集
少彦名さんの捉えた東京は
ずいぶん静かで綺麗な東京ですね。
撮られたのは朝ですか?

めったに東京には行きませんが、あちら方面に行くと江の電に乗りたくなります。



みゆ | 2016.05.31 22:49 | 編集
みゆさん

江ノ電、2回くらい乗ったかな
撮影はゴールデンウイーク明けの午後です
いわれてみれば静かな感じでした。まだ、皆さんお休みモードだったんですかね
sukunahikona | 2016.06.01 07:56 | 編集
まだ桜が残ってる写真なんですね。

すくなひこなさんは、何気ない普通の風景をうまく写真に収めるのが凄いなあ〜と、いつも感心しています。
sower | 2016.06.02 07:50 | 編集
sower さん

東京の最後の桜でした
ボタン桜ですね
今年も桜をめでる暇などありませんでした
来年こそはといつも思うのですが
sukunahikona | 2016.06.04 14:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top