梅雨

2016.06.22 (Wed)
P1017142.jpg



梅雨の季節がやってきました
東京にいたときは梅雨はうっとうしい季節
ここに引っ越してから楽しい季節になりました






P1017118dd.jpg


雨が降れば畑の作物が目に見えてぐんぐん育っていきます
雑草だってぐんぐん育っていきます
野菜と、雑草と、私と、よーいどんで競争です






P1017086ff.jpg


雨が降ればお休みする理由もできます
もちろん雨の日も濡れながら仕事をするときもあります
でも、濡れた土を踏みつけると固く締まってしまいます
ですから雨の日は畑には入りません
もちろん、雨に濡れても山の中では気持のいいものです






P1017094.jpg



田圃の水だけ見に行って
あとは雨を眺めながらぼーっとしてます






P1017075aa.jpg



稲もすくすくと伸びています
今年は去年の4倍、何年も使っていない新しい田んぼでお米を作ります
今度、『なんで農家のお米はおいしいの?』を書いてみます
聞いてびっくり、なるほどなーですよ





P1017106ss.jpg



明日からしばらくは雨
雨降りはゆっくりできると言ってもほんのつかの間
夏が来るまでにたまっていることを全部かたずけないと
この一週間が勝負です







P1017145xxx.jpg
Sketch For Summer で水連池を見る









Bobby Womack
I left my heart in San Francisco





ボビー・ウーマック / 想い出のサンフランシスコ
もし、梅雨の曇り空にうつうつしている人はこの曲を聴いて元気出してね
今気が付いたんだけど、黒人のファンキーな曲って紹介するの初めてかな。これでも結構、この手のアーティストは大好きで、大音量で聞きながらよく一人で踊ってます。
ソウル&ファンク好きの人って往々にしてその道の通だったりして、情報豊富なしっかりしたレビューを書く方が多いでしょ。なのであえて僕が紹介することもないかなって避けてたのかもしれません。
でも、なんか落ち込んで何もしたくない日にファンキーな曲をターンテーブルに乗せれば・・・
それは何よりの薬だね。





オリジナルも載せてみます
全然違う曲だからびっくりだよ


Tony Bennett
I left My Heart in San Francisco


















関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/165-ca4d5900
トラックバック
コメント
「水あて」の様子、力強いですね。いよいよ、本格的な百姓の始まりですね。築百年の屋根の下には百姓のDNAが宿っているのでいとも簡単に自慢の青田になりましたね。睡蓮の花も余裕です。さすが諏訪の神様の神業だ!
くんざん | 2016.06.23 05:58 | 編集
何時もお邪魔して御免なさい。見事な睡蓮の花ですね。

諏訪大社のお祭りも拝見して感動しました。合掌 寿芳
寿芳 | 2016.06.23 08:20 | 編集
くんざんさん
水口の写真だってよくわかりましたね
この田んぼは二つの田んぼをくっつけて一つにしたものなので水の管理が大変です
まだ4年目の素人ですが皆さんのおかげで何とか様になってます、
最近では思ったようにいかないことも楽しむ余裕が出てきました。
また来年、百姓は鬼が笑う仕事です
sukunahikona | 2016.06.23 11:01 | 編集
寿芳 さん
何をいいってらっしゃる
こちらこそいつもお邪魔しております
御柱はいろんなことを残していきました。いいことも悪いことも。
まだまだ思い出せば心に刺さるほろ苦さがあります
sukunahikona | 2016.06.23 11:04 | 編集
こんばんは!
わたしにはやっぱり梅雨は気が滅入る季節で、例え次の日に雨が降っても梅雨明け宣言が出ていたらとにかくうれしいと思うほうなんだけど、やってることによっては確かに梅雨は恵みそのものになるわけで、そういう係わり合いをしてる人とはやっぱり随分と対応する感覚が違うんだなと、妙に新鮮な気分になりました。
とにかくカメラ持って出るのが躊躇われて、基本濡れるのが大嫌いなものだからそれだけでも嫌かなぁ。

ファンキーなのはいいんだけど、なぜこの曲をファンキーにしたかったんだろう。何だか不思議な選曲。単純にこの曲が好きだったのかな。
薄荷グリーン | 2016.06.23 20:20 | 編集
薄荷グリーンさん
さすがです。僕もあえてソウルな曲を初めて選ぶにあたってコッテコテじゃぁありきたりでつまらないので爽やかにこの曲で行ってみました。
彼も、この曲に敬意を払って、なおかつサンフランシスコは僕らの街でもあるんだよみたいな自己主張もあったりしてなんだかその辺が軽快な底抜けに明るいアレンジになってる気がします。
ここの梅雨は涼しくていいものですよ。今日聞いたらおばちゃんなんかまだコタツに入ってるって言ってました
sukunahikona | 2016.06.23 23:05 | 編集
田んぼが青々と清々しいです。
今日は一日中雨だったので、
蛙の合唱が聞こえてきそう。

想い出のサンフランシスコ 、
ソウルもいいですね!
うんうん。

オリジナルももちろん好き。
甘酸っぱい気分になりました。





みゆ | 2016.06.24 19:25 | 編集
みゆさん

稲が大きくなっていくのは楽しいです
でも、稲が大きくなるということは稗もどんどん大きくなるということ
このまま平穏でいてほしいものです

オリジナルは女性と聞くにはとってもムーディーでいいですよね
でも鈍感な私は・・・・やっぱりボビーをかけちゃうと思いますw
sukunahikona | 2016.06.25 10:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top