キャバクラ

2016.07.13 (Wed)
P4075620.jpg




信州に引っ越す直前
浦安であるの子にあったのね
たまたま帰り道が一緒だったから話しながら帰ったの

「どこまで帰るの?」

「これから仕事なの」

「どんな仕事なの?」

「駅前のキャバクラ」


まずいこと聞いちゃったな・・・・





しかたなく同伴だよ、ま、東京最後の思い出ということで




P4075599.jpg



どこの帰りだったかというとモルモン教の無料英会話教室
え?信者かって?
いいえ。
引っ越しとかの直前で普段は暇だったので興味本位
行ってみるかって



P4065584.jpg




ある日、ぜひとも聞いてもらいたいお話があるって電話かかってきて
外人宣教師、三人に囲まれてモルモン教のあれやこれや聞かされたよ
古代アメリカにいた伝説のキリスト教預言者の話とかヘブライ語で書かれた金の板が土の中から出てきたとか。

要は勧誘ね
モルモンのお偉方のアルバムも見せられてね
で、それ見終わって気づいたこと言ったのさ

「黒人の宣教師の方はいないんですね」

モルモン教って、アメリカ大陸に白人がたどり着く前からその土地はキリスト教徒の、いわゆる『アメリカ人』に約束された神の土地だったってことを正当化するための宗教なの

でも、彼ら一人一人はいいやつだったよ、
『ディープパープル』なんてバンドは知らない、聞いたこともないって言ってたけど。



P4065594.jpg


で、そこで一緒になったキャバ嬢について行って浦安のネオン街へ。
東京最後の夜ってことだね
ソファーに腰かけて、お何にする?フリードリンクでいいよ。私ももらっていい?カラオケ謳おうよ。ね♪

いやに、カラオケ勧めるなぁ

「今月、カラオケ大会やってるの、点数が一番の人が優勝ね、賞金も出るのよ♪」

あ、最初に言っておくけどこれって賭博じゃないからね
賞金は全額お店が負担するものだから
それから、浦安って千葉だったね。




P4075642.jpg



で、歌ったわさ
俺歌上手いよ、それでもいいの?
で、ワンコーラス歌い終わって間奏の時に振り返ったら彼両手で頭抱えてる
あれだけ勧めていたのにどうしたの?勘がいい人はもうわかったよね

要は彼が今夜までのトップ、暫定チャンピオンだったってわけ。

で、俺の点数、なんてんだったかって?
そりゃもうダントツの“98点”だわさ。





P4075656.jpg


結局、優勝者はこの私
僕を誘ったばかりに彼は賞金を逃しちゃった

で、その時歌ったのが『上を向いて歩こう』




永六輔さんが亡くなりました。
理屈っぽい人でなんか煙たい人だなと思ってたけど、
いろいろ考えたらきっと日本のジョン・ライドンみたいな人だった。





上を向いて歩こう



ザ、ピーナッツのお一人もいってしまったね
一緒に連れてっちゃったのかな
日本で最高の性歌手、性デュオと言ったらザ、ピーナッツで決まり。この件についての異論は一切受け付けません。


ザ・ピーナッツ 恋のフーガ


恋のバカンス













関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/169-2ced1d87
トラックバック
コメント
こんにちは。
小説家さんのエッセーみたい^^

信州に越される直前のエピソードなのですね。

わたし、カラオケデビューもまだなんです。
オンチ(;^-^)

冷凍SANMA | 2016.07.13 17:32 | 編集
子供の頃、近くの農家に時々帰ってくる娘さんがいて…。
周りでは、東京で「夜の蝶」をやっているってうわさをしていました。

「夜の蝶」なんて懐かしい言葉ですけど、夜陰に乗じて田舎の駅を降り、朝一番の電車でひっそり帰っていったとか。

地区でうちにしかなかった電話を娘の母親がよく借りに来ていて、母が「電話はタダではないのに」ってよくグチっていました。子供心に「ああ、また娘さんに無心してるんだ」なんて思いました。

そんな時代がありました。
雨宮清子(ちから姫) | 2016.07.13 19:19 | 編集
すごい、この記事のこの雰囲気は少彦名さんしか書けない
読めてラッキーです
写真がまたいい味出されてますね
いぼ仙人 | 2016.07.13 22:50 | 編集
ああ、ほんと読んで良かった。
読み物としての完成度の高さが
気持ち良かったです。

キャバクラって行ったことないですが(たいてい女性はそうですね 笑)
情景が目に浮かびました。
少彦名さんに優勝を持っていかれて、キャバ孃さんの悔しそうな顔!
少彦名さんの得意げな顔!(笑)

モルモン教って、そういう宗教なのですかー。知らなかった。
「黒人の宣教師の方はいないんですね」
という少彦名さんの返し、良かったです。


みゆ | 2016.07.13 23:45 | 編集
宗教は「良いお話し」とか言って、どこかのタイミングで勧誘してきますよね~。
自分から近づいたことはありませんが、学生時代からの友人にされたときはビックリしました。あ、私は無宗教です。


キャバ嬢さん、カラオケ大会の最後でひっくり返るとは夢にも思わなくて、頭を抱えながら、目論見が外れて本当に大ショックだったことでしょうね。

写真を見て、無性にビールが飲みたくなりました(笑)
citystranger | 2016.07.14 00:52 | 編集
長年勤めた会社やその土地を離れるのは、本当に寂しいね
くんざん | 2016.07.14 05:35 | 編集
こんにちは~
カラオケ大会で優勝とは流石です!
九ちゃんの「上を向いて歩こう」は私も大好きです~
切ないようだけど元気出ます~名曲ですね~
悲しかな作らた永六輔さんも先日なくなさられて
ザ・ピーナッツは大好きな歌手でした~
お歳を見るともうそんなお歳だったんだ~
でもまだまだしたいことあったでしょうに~(;_;)
なんだか幼い時の流行した歌だったりして
寂しくなりました~(´;ω;`)
よっこたん | 2016.07.14 10:56 | 編集
キャバクラと聞いて、同伴してあげるなんて優しいですねぇ〜♪
ちょっとした下心ありですかねw(*`艸´)
賞金は獲得出来なかったとしても、
お店からは同伴料とかもらえるんじゃないでしょうかw
non☆(@'ω'@)たん | 2016.07.14 13:23 | 編集
ザ・ピーナッツでしたら、飛んでこいモスラの歌も好きです。
大切な方々が亡くなっていくのは、やはりとても淋しいです。
pukupuku | 2016.07.14 23:47 | 編集
冷凍SANMAさん
ありがとうございます
うちの母親も音痴ですよ。そういえばばーちゃんも音痴
音痴って環境だって聞きます。でも、意外とそういってる人がうまかったりするんですよね
sukunahikona | 2016.07.16 07:19 | 編集
雨宮清子さん
なんか、いろいろと切ない話ですね。今ではキャバ嬢は子供のあこがれの職業、それも違う意味で切ないですけど。
夜の蝶をテーマにした歌も作ってて、アニメーション依頼してるんですけど
出来上がってきたら公開します
sukunahikona | 2016.07.16 07:23 | 編集
いぼ仙人さん
ありがとうございます。しかしそんなに褒めてもらうとなんか変な感じです
実はこの話は書くかどうか実に迷いました。書きながら、賭博っぽい話も、宗教だって出てくるし、そもそも自慢話だしw
でも、ザ・ピーナッツの二人にはとても思い入れがあって物心ついたときには歌ってたような気がします。幼稚園の時にハモリができたのは彼女たちの歌を聴いていたからかもしれません。僕の音楽のルーツはB.B.キングでも、ジョニー・ロットンでもイアン・カーティス、ジョン・レノンでもなく彼女二人の歌声です
sukunahikona | 2016.07.16 07:46 | 編集
みゆさん

ありがとうございます
内容がちょっと生臭いこともあって力抜いてなるようになれ、半ば投げやりに書いたのがよかったんですかねw
開店間際のウイークデイだったので観客が少なかったことが何より悔やまれますw

僕も知らないことには批判もできないからと遊び半分飛び込んでみたんですけど勧誘の時にビデオを見せられて、その時にああ、この宗教ってこういうことなのねって気が付きました。日本の信者も何人かいましたけど気が付かないでやってるならこのページ読んでほしいですね。
とにかくアメリカっていう国は成り立ちからして怪しい、いびつな物語を持ったおかしな国、大統領選が心配です
sukunahikona | 2016.07.16 07:56 | 編集
citystranger さん

自分が信じてることを他人に教えるのはいいことかもしれませんが信じてること事態があれだと困りますね
僕もそこそこ宗教的な部分は持ち合わせていますが、日本の神話だったり、ヒンドゥだったり仏教だったり、信州の道祖神だったり
自分の中の決まりは排他的な宗教は排除しましょう、他者=異教徒という構図を乗り越えれば人類の進歩はあるかなと

その時の彼女の顔ったら傑作でした、テレビのコントでもなかなかお目にかかれない乾杯な瞬間でした


sukunahikona | 2016.07.16 08:13 | 編集
くんざんさん

この当時はせいせいしたって、もともと放浪癖があるのか東京を離れることにこだわりがありませんでした
さみしいなって思い始めたのは一、二年たってからですね
でも、やっぱりここに移って思うのは土の上っていいなって、東京は生まれ故郷、立派な土の上ですけど住んでいた間は根が生えなかった。移住して初めて故郷としての初めて思い出の根が生えました
sukunahikona | 2016.07.16 08:18 | 編集
よっこたん さん
上を向いて歩こう、点数撮るには最適な歌です。音程採りやすいし
老若男女、若いも年寄りも新しいも古いも関係なしに歌える歌が本当の名曲、今はそういった歌が皆無でテレビつけるのがバカバカしくなります。

ピーナッツは私の音楽の一番深いところに咲いた花です。でも野良仕事中に歌うにはちょっと、やっぱり鍬をふるうには上を向いて歩こうです
sukunahikona | 2016.07.16 08:25 | 編集
non☆(@'ω'@)たん さん

そりゃ、女性にはすこぶる優しいですよ。下心満載ですからw
同伴ていってもただ出勤に付き合っただけなのでいわゆる同伴じゃないんです
彼女にとっては厄日ですね
sukunahikona | 2016.07.16 08:27 | 編集
pukupuku さん
あの歌飛んで来いモスラっていうんですか?あの歌詞って誰が書いたんですかね
今歌ってる人で彼女たちのように伝説になれる人っているのかな、いないとなればそれも悲しいことです

どちらのpukupukuさんでしょうか?ブログのURL教えていただければモスラに乗って飛んでいきます
sukunahikona | 2016.07.16 08:32 | 編集
面白く読ませていただきました。^^
それにしてもsukunahikonaさんは引き出しが多いですね。
14roe | 2016.07.16 23:10 | 編集
飛んでこいモスラのEPレコード、実家にあると思うので、今度帰省したとき作詞家チェックしておきます。
日本語じゃない2番の方かな?ドンガカサクヤ、インドムゥ〜って呪文のような歌詞、どこかで使われてる実際にある言語だと聞いたことがあります。
子どもの時に必死で覚えたおかげで、いまだに歌えます。
pukupuku | 2016.07.16 23:53 | 編集
14roe さん
ありがとうございます。
なるべく意識してトッ散らかったこと書こうと思ってます
畑で汗かいてる間って違うこと考えてるのでその結果がこういうことになりますw
sukunahikona | 2016.07.17 07:21 | 編集
pukupuku さん
じゃ、インファント島に行ったら現地の人と挨拶ぐらいはできるということですね
『ドンガカサクヤ、インドムゥ〜』
どこの国の言葉なのか、ご報告お願いします
sukunahikona | 2016.07.17 07:35 | 編集
なれないタブレットで頑張っています。笑
ふみ | 2016.07.19 07:52 | 編集
おはようございます。

98点ですか、流石はシンガーソングライターですね。
僕の最高得点は96点、吉田拓郎の『吉田町の唄』で出ました。
この曲、とても良い曲です、一度聴いて見て下さい。
キャバクラは行った事が無いです。
お酒呑めないし、会社勤めした事が無いので世間知らずです。
ヘブライ語でピンと来たのが、1971年に大ヒットした『ナオミの夢』、
ヘドバとダビデと言うイスラエル人のデュオ・・・ご存じですよね。
パープル知らないんなら、ピストルズも当然知らないですよね。(笑)
永六輔さん、今頃九ちゃんと酒盛りしてるんでしょうね。
僕の歳なら、ザ、ピーナッツと言えばやはり「モスラ対ゴジラ」です。
ド田舎で映画館が無かったですが、高校の体育館で上映会があり、
「キングギドラ」や「大魔神」「若大将シリーズ」なんかも見せてもらいました。
エミさんとジュリーが結婚した時はビックリしましたよ。
ザ、ピーナッツの声、イィですよね。(笑顔)


kotobuki | 2016.07.19 07:55 | 編集
”キャバクラ””モルモン教” 私にとっては未知の領域
男トイレは入ったことあるわさ~
大阪のおばちゃんは祭りとかで女子トイレが一杯なら使うし
チャリでいつも2人組で走ってるモルモン教の、皆が知りたいだろう未知のベールを暴いてくれてありがと~

懐かしいなぁ・・・20数年前にタイムトリップした気分になれました。
結局、私はザ・ピーナツの姉妹の違いが判りませんでした。
今でも耳に残ってるのは「モスラ~や、モスラ~」
夢に出てきたこともあったよ。 しっかりその曲がバックに流れてました。
カレーリーフ・久美子 | 2016.07.20 08:18 | 編集
面白かった
| 2016.07.20 08:18 | 編集
ふみさん

10年物のガラケーで頑張ってます
sukunahikona | 2016.07.20 09:46 | 編集
kotobukiさん

96点、なかなかやるじゃないですか。実は私、この記事で嘘をついてました。『上を向いて歩こう』で、獲得した点数は本当は97.5点、98点には届かなかったんですね。で、エントリー2曲までだったので、二曲目の『さらば恋人』で98.7点。99まで惜しかったー、永六輔さんのことを書きたかったので間とって98点と書かせていただきました。(重ね重ねの自慢話でしたw)
ナオミの夢、名曲ですね。こういうキャッチーな曲作って一発屋で儲けたいです。
洲崎の映画館に近所のおじさんが街の子供全員を連れ立ってよく見に行きました。任侠映画との三本立て、やくざ映画の血しぶきに耐えながらゴジラではみんなで歓声をあげていました。映画、洲崎パラダイス 赤信号は一度見ておかないといけないですね。

sukunahikona | 2016.07.20 10:13 | 編集
カレーリーフ・久美子 さん

逆に女子トイレはないです。
モルモン教はそこのツボさえ分かっていれば無害な人たちだと思ってます。同じキリスト系の異端、エホバの証人とか仏教系、神道系のカルト教団のようにグイグイ来ることはないですね。
ゴジラ映画は大好きでした。本当にいると思ってましたから。でも、改めて調べてみると僕が生まれる前の映画なんですよね。ゴジラは現役時代からすでに伝説、野球の王さん、長嶋さんみたいなものです。今のCGのSF映画なんかよりもリアルですよね。私も夢に出てくるのはしょっちゅうでした。あの頃の受けた感動や感性は大事にしていきたいですね
sukunahikona | 2016.07.20 10:32 | 編集
名無しさん
ありがとうございます!
sukunahikona | 2016.07.20 10:33 | 編集
すくなひこなさんの記事はいつも興味深いけど、今回もまるでエッセイのようで、グイグイと引き込まれてしまいました。
sower | 2016.07.20 18:56 | 編集
iaywtknjldo | 2016.07.23 00:39 | 編集
sowerさん

作家デビューでもしますかね。
でも、この記事は書き終わってから消そうと思ってたんです。自分ではとるに足らない話だし、片手間に力抜いて書いた駄文だと思ってました。そういうのが受けたりすると書いたほうも面白くなって癖になりそうですw
でも、いざ書こうとすると大変なんでしょうね。このブログのコンセプトは音楽付きの絵本、写真の力は大きいです。
sukunahikona | 2016.07.26 19:35 | 編集
iaywtknjldoさん

???
sukunahikona | 2016.07.26 19:44 | 編集
名無しのカラス | 2016.08.07 05:44 | 編集
ありがとうございます
今回の記事はモルモン教を侮辱するような部分もあったかと思います
しかし私自身は宗教全般に好意的です
しかしながら宗教はやはり人間が作り出したもの。天から降ってわいてきたと信じてしまうことにはたとえそれが敬虔な信者さんであろうといつも念頭に置いて疑問に思い反省していかなくてはなりません
特に、神自身が意志を持った恣意的な存在になりうる一神教の場合はなおさらです。
私たち人類が全地球的なさらなる平和と幸福をこの手にするためにはこの『神』という存在すら乗り越えていかなければなりません
sukunahikona | 2016.09.17 18:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top