獣害

2013.04.29 (Mon)
農作業にはほかに大切な作業があります  

CIMG0128a.jpg

それは、動物から農作物を守る作業、ネット張りです
この山には鹿がいっぱいいます。狸もいます。もちろん狐だって、いのししだって、みんなみんな友達...というわけにはいきません。ナノでネットを張ります。これは高齢の農家のかたがたには重労働。こんなときは私の出番です。
そうそう、ここには熊はいません。安心して山に入れます。でもその代わり鹿が多いんです。狼や熊がいればしかもここまで増えなかったでしょう。





鹿といえばこの一曲



Cavatina / Stanley Myers
映画『ディア・ハンター』(The Deer Hunter)のテーマソング


デニーロがまだ日本でそれほど知られていなかったころ、なけなしのお小遣いをはたいて銀座で見た『The Deer Hunter』は私には衝撃だった。過酷な戦場のシーンとそれに対比した静かで幽玄な山の風景。銃を向けられてこちらを見つめる鹿のなんと美しかったことか。映画館で人目もはばからず泣いたのはこの映画が初めてかもしれない。
この映画を見て一発でデニーロの大ファンになった。『タクシードライバー』『レイジングブル』『1900年』とむさぼるように見た記憶がある。上演期間はタクシードライバーのほうが先だ。しかし、今思えば『タクシードライバー』から見なくてよかった気がする。あまりに強烈過ぎて彼の印象を狭めていたかもしれない。かれは、マイケル(ディアハンター)のように思慮深く、アルフレード(1900年)のように影があり、ラモッタ(レイジングブル)のように純朴だ。さまざまな役柄をこなすデニーロだが、共通していえるのはどの男も不器用だということだ。そう、いい男はどの時代でもどこの国でも不器用なのだ。

では、今夜は彼らにあやかって自分も少しいい男振りでワインでも飲むとしよう。



     『ニックに!!』






関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/19-5047b1e4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top