アイヤッパへの道 vol.13

2017.09.23 (Sat)
ポンディシェリにて 理想郷

P1019127.jpg



『僕の夢』   少彦名




僕の夢は大金持ちになることです。





P1019267.jpg



大金持ちになるために毎日神様にお祈りしています。






P1019138.jpg



大金持ちになって何をするのかというと
大金持ちになったら大きな会社を作ろうと思います。






P1019144.jpg



どういう会社かというとゴミを拾って町をきれいにする会社です。
大きな会社を作って『雇用』を生み出そうと思います。
会社に雇って働く人はみんなインドの貧しい人にやってもらおうと思ってます。







P1019145.jpg



会社を作ってまず何をするかというと、
会社を作ったら、一番最初に政治家に賄賂を渡します。
そして、税金やいろんな国のお金を会社の仕事に使ってもらうように優遇処置をしてもらいます。

「もし国内からごみを無くすことができればインドの観光地としての価値は格段に上がります。税金の投入は未来を見据えたわずかな投資とお考え下さい。数年後には観光事業の高まりとともに税収もアップし、インドをゴミのない美しい国に変えた清潔の父として先生の名前は歴史に刻まれることでしょう!」

とかお話しして国の援助を受けようと思います。







P1019122.jpg



今日はポンディシェリのオーロヴィル(Auroville)という町に来ています。
ここは、インドの哲学者、オーロビンド・ゴーシュ( Sri Aurobindo Ghose)とフランス人の奥さん、ミラ・アルファサ(Mirra Alfassa)が1968年に作った共同体、現代の理想郷です。町の中央には金のゴルフボールと呼ばれる丸い寺院のようなものがあります。マトリマンディール(Matrimandir)は巨大な瞑想を目的としたホール、旅行者でもオーロヴィルに滞在すれば中に入ることができます。
この日もたくさんの人が並んで待っていました。日本人もいました。理想郷ということでみんな白い服を着てちょっと変わった人が多かったです。





P1019147.jpg


この街には一つもゴミが落ちていません。
インドはどこに行ってもゴミだらけなのにたばこの吸い殻一つさえも見つかりません。
実はポンディシェリはインドではありません。フランス領、ここはフランスなのです。ですからここには大声で話すインド人も風に舞うプラスチックのごみもクラクションのうるさい自動車も、そういったインドらしいものは一切ありません。
代わりに、おしゃれなカフェだったり、代官山にあるようなブティックだったり、作家の作ったコーヒーカップを売るお店だったり、西洋人でいっぱいのゲストハウスだったり、気持ちよく一週間ばかりはいれそうな静かなところです。
この小さな女の子もきっとフランス国籍
La Fille Du Soleil です。






P1019276.jpg


お金持ちになってゴミをインドからなくしたいです。
そしてお金儲けをして町を一つ買いたいです。
町にサイババみたいな預言者を呼んでもっともっとお金儲けをしたいです。
そのお金で病院を作って学校を作ってみんなただで勉強ができてみんながこの村の人のようにごみを捨てるのをやめればインドはとってもきれいな国になります。インドからごみが無くなればそれはそれはこの村のような理想郷になります。
でも、まだ、お金持ちじゃない僕には今は何もできません。だからオーロヴィルがづっと幸せな場所であるように祈ることしかできません。

現代の理想郷、オーロヴィルよ、永遠に。









P1019169.jpg





僕の夢は大金持ちになることです。
でも、貧乏なお百姓になってしまうような気がしてなりません。










Mikado / La Fille Du Soleil / 太陽の女の子





ずいぶん前にも紹介したフランスの曲
でも、あの女の子の写真見てたらまた聞きたくなりました。








関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/218-8ef894dd
トラックバック
コメント
イヤーッ!大きくて凄い夢ですね。
まず遠い先でもドデカイ目標が有るのが凄いです
パソコンに向かって大拍手でした!!

しかし農業でお金を貯めるのが一番の近道のような気がします

時間はわんさと有ります

くんざんでも、傘寿の年で88まで生きようとだるまを作って同期生に配っていますので
くんざん | 2017.09.24 11:01 | 編集
こんにちは😊
ブログにお越しくださり、ありがとうございました~!
 コメントは初回「認証制」になっていたようで💦大変失礼しました…。(直してきたのでOKです)

 インドの中のフランス領・・・ですか?
初めて知りました。

理想郷を作るにはまずお金が必要で…
そのお金を貧しい人たちのために「生きたお金」にするには…
う~ん…大変な苦労がありそう。


こういう仕事は「政治」になるのでしょうかね?
 そう考えると、良いことのためには多少のアレコレもやむを得ない政治家ってあまりに大変そうで…悪口なんか言えませんね💦
 どれだけの泥水を飲んでいるのかと思うと…ちょっとくらい自身が優遇されてもいいような気がしちゃいました。


 少彦名さんの完璧なプランが現実になるなら、きっとインドはもっと面白い国になるのだろうなぁ~。


途中のサイババのくだりからですが…サイババのような人、インドには実際に居るのですか?
はのん | 2017.09.24 16:04 | 編集
くんざん さん
今回は小学生の作文形式で書いてみました。夢というか妄想です。
インドに限らず後進国のごみ問題は深刻です。ミヤンマーなんかもすごかったですが今はどうなっているんでしょう
ゴミなくなったらほんといい国なんですけど、友達が政治家になったら託してみますか。
sukunahikona | 2017.09.24 19:58 | 編集
はのんさん
日本もそうですけどインドの政治家はめったにいいことしませんw何かするにも袖の下、汚職が横行する中、若い有権者は白けてますよ。
サイババみたいな人いっぱいいます。サイババみたいな詐欺師、もとい、超能力者は出てきては捕まってwでも本物はいつの時代も慎み深く、実はあなたのそばにもいるかもしれません。
そのようなことをアガスティアの葉の時書きますよ
sukunahikona | 2017.09.24 20:12 | 編集
こんばんは
素晴らしい願いですよ、私なんか金持ちになったらあれ欲しいだのこれ欲しいだのって自分のことしか考えてない馬鹿野郎です。
きっといつか叶うことを祈ります!

しかし…インドという国は私なんかが知らない面がいっぱいあるんだなって感じました。またいろんなことを教えてくださいませ。
見張り員 | 2017.09.25 22:37 | 編集
見張り員 さん
ただの妄想ですよ。でも、実際に行ってみると何とかならんかい?って思います。
買いたいものってないんですよね。逆にそうなってしまったのが恐ろしい。心の安心がお金で買えればいいんですけど。
インド行ってみてください。僕のお話はほんの一部、行ってみれば一目瞭然です。
sukunahikona | 2017.09.27 18:37 | 編集
こんにちは(*^-^*)

私も 子供の時に 夜空を仰いで 「夜なのに明るくて 白い雲がいっぱいなのだ・・」と驚いて思ったことがあります。 
そんな頃から 夜も昼も しょっちゅう空を見上げて 遠く雲のその上を想像をするようになりました(^-^;

お金持ちになって インドをゴミのない国に・・  ものすごく良い考えなのに、すでに今 お金持ちの人が それを実行しようと思わないのは・・ きっと 街にゴミなんかあってもなくても 自分の裕福な暮らしには 影響がないからなのでしょうか・・

私の妄想は、ずっと非現実的で 子供の時に思っていたのですが・・(^-^;  もし自分の身体が山や 巨大像みたいに どんどん大きくなれたなら、両手を広げて 大きな声で「みんな聴いてくださいー 争いを止めるのだー 」なんて言って 簡単に世界中を平和に出来るのに・・と真剣に思っていました。

モロッコに拉致された後 また 作業がお忙しいのでしょうか・・ またまた心配をしています(*^-^*)
  
ねこ眠り | 2017.10.18 22:50 | 編集
ねこ眠り さん

こんにちは
ご返事遅れてすみません。
ガリバー旅行記ですね。大きくなれたらいいなってでも思ったことないです。ウルトラマンのように大きくも小さくもなれるならいいですが、リリパット国で巨人の独りぼっちじゃどんなに尊敬されてもさみしいです。今も深山の中じゃあんまり変わらないんですけど。
インドはそもそもすべては自然に変えるという考え方なのでしょう。だから自然に帰らないプラスチックの誕生で今のようになってしまいました。ほんとにゴミさえなければインドは今の何百倍も魅力的な国になるんですけど。

やっとすべての作業が済んだわけですが冬のこの季節が一番つらいです。
sukunahikona | 2017.11.27 15:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top