日馬富士引退

2017.11.29 (Wed)
私は日馬富士が好きではない。
何年前のことだろう
逸ノ城との初顔合わせの取り組み
かかってきなさいという堂々としたにらみではなく悪意のこもった威圧するチンピラのような目つき
おい、わかってんだろうな・・・と言わんばかりに。
その後、逸ノ城は委縮したように鳴かず飛ばず
あの時から日馬富士の相撲は大嫌いになった。

今場所、逸ノ城は10の白星を挙げる好成績
永らく低迷していた逸ノ城の復活の陰に今回の事件が影響していると感じるのはうがった考えなのだろうか。


覚書、読み飛ばして次の記事へ




追記 11月30日
ブログサークルのコメントやり取りの抜粋


taka :a さんからのコメント
でも、ちょっとメディアは騒ぎすぎですよね( ´-ω-) 良くも悪くも平和(平和ボケ)な裏付けとも言えるわけですけど…


少彦名
> taka :a さん
平和ボケといえば前回かれらが来日したのは鎌倉時代の元寇の時でしたね。いやー、あの時は日本存亡の危機でしたw
メディアがこれだけ盛り上がったのは役者がそろいすぎたせいでしょうね。特に貴乃花がいけなかった。彼の筋を通すやり方は原則論、ある程度認められる態度なのでしょうが知に働けば角が立つで、彼のやり方が全面的に正しいとは全く思いません。警察とか法律とかを持ち出すのは最後の手段で、モラルの全く欠如した馬鹿者や弱者が無法者と対峙するための最後の砦だと思います。貴乃花がもっと理性的で彼らモンゴルの力士に対しても影響力のあるほど度量のでかい人間だったのであれば、そもそもこういう事件は起きなかったでしょうし起きたとしても彼のその包容力ですべての膿を世間に知られることなく出し切れたはずなのです。
ごめんで済めば警察はいらないという言葉がありますが、警察無用でごめんで済ませる英知が本来の指導者の姿だと思うのです。

taka :a さんのブログ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ




ちょっと偉そうに書きました。原則論でかたずけるのが一番簡単ですが何故かむなしさ、心が潰される感じがします。コンプライアンスだのガバナンスだの最近横文字がうるさくて、このままいくとアメリカのような訴訟大国になってしまうのではないかと心配してます。もし貴乃花が相撲協会で大きな力を持ったとしたら相撲の世界がもっと良くなると思ったらこれまた大間違いという気がしています。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/225-9905c3a4
トラックバック
コメント
ついに引退ですか。
何となくこうなる気はしていましたが、仕方ない結果なんでしょうね。
相撲にはあまり興味もないのですが、これを機会に相撲界も良い方向に向かう事を願っています。
Hide | 2017.11.29 12:33 | 編集
Hide さん
この記事書こうかっくまいか悩みました。ただの悪口になりそうで。
でも、実はこの辺が本質だと思います。
相撲の世界は風通しが悪いとか、世間離れしたルールがあるとか。それはそれでいいと思いますが、実は一番風通しが悪くて保守的なのはモンゴル人のコミュニティーなんだってことです。古い体質と、異文化の古い体質がぶつかっている構図が気持ち悪いです。
彼らは国に帰れば国の重鎮、そんな考えが今回の行動にも出てるかな。モンゴルは年功序列な封建社会と聞きます。社会の規律を保つためならいいですが年寄りが身を守る武器にするようなら同じことが何度でも起きるでしょう。
相撲は神事、日本人もモンゴル人もベクトルは真逆ですがこの事件を問題にした時にともに忘れかけている視点じゃないかな。根っこを忘れるととんでもない衝突になりそうです。
sukunahikona | 2017.11.29 21:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top