Yegna  明日への切符

2018.01.03 (Wed)
yegna-creds-deck-e1484154940641.jpg


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


2018年一発目はインド紀行でもなくフィリピン旅行でもなく、当ブログ始めての音楽を主題とした記事で今年のオープニングを飾りたいと思います。しかしながらただの音楽レビューではございませんのでお時間のある方はしばしお立ち寄りのほどを。








Minu Tenekana / Aster Aweke








Aster Aweke / アスター・アウェケ
エチオピア出身の女性歌手。httpsでSSLのお話 FC2ブログ②で以前紹介しました。私自身もここで取り上げるまで彼女の歌手としてのキャリア、ミュージシャンとしての経歴等は全く知りませんでした。彼女のCDを購入したのはもう20年以上前、確か渋谷のタワーレコードだったと思います。視聴して購入したのか全くのジャケ買いだったのか、記憶は定かではありませんが、彼女について全く情報がない中での博打買いだったことは間違いありません。購入当時からよく聞いていた一枚になりますが、そもそも音楽批評家的な知識などまったく興味のない者ですからそれこそ彼女の名前さえどのように発音すればいいかすら知らないままに今日まで聞き続けていたわけです。
前回の記事で初めて彼女の音楽家としての全貌を知ることになるのですが、彼女のキャリアを彩る名曲の数々を聞いていく中でこれは改めて取り上げる価値があるようだと感じた一曲がございました。








Ethiopian Music-Yegna Ft Aster Aweke:- TAITU









紹介した当初はベテラン人気歌手と新人アイドルグループの単なるコラボレーション企画かと思っていましたが、その伸びやかなメロディーと彼女たちの美しい笑顔を何度も繰り返し見る中で私はいうに言われぬ感動を覚えたものです。曲の最後に教師から渡された未来への切符、判然としませんがこの教師は前出のベテラン歌手 Aster Aweke が演じているものだと思われます。あの手鏡に映った少女の希望に満ちたひとみ。ただのミュージックビデオなのに自然と涙がこぼれます。行ったことはありませんがエチオピアという国はきっととても貧しい国なのでしょう。それでも、彼女たちのまなざしには動かぬ希望が宿っているようです。この豊かな日本にあって現在、あの光輝く瞳にかなうまなざしを私たちは見つけることはできますでしょうか。早速、このエチオピアのアイドルグループ、『Yegna』のことを調べてみました。


50084-sxleocoxye-1485339358.jpg



『Yegna / ヤンニャ』

エチオピアのガールズユニット。
Teref Kassahun(Melat、26歳)
Lemlem Haile Michael(Mimi、26歳)
Zebiba Girma(Emuye、22歳)
Eyerusalem Kelemework(Sara、27歳)
Rahel Getu(Lemlem、22歳)
の5人組。2013年にデビュー。ナイジェリアとルワンダで運営されているガール・ハブ計画・Girl Hub scheme の一環として結成されたグループです。エチオピアでは女性の地位はいまだ非常に低く常態的貧困や教育の制限による無教養、性的暴行や強制的な結婚など未成年の少女の置かれている現状は非常に厳しいものがあるようです。ガールズ・ハブ運動とはそういった立場に置かれている孤立した少女たちを新たにネットワークでつなぎ連帯することでそれぞれが自主的に運動に参加していく。ガールズ・ハブ運動に彼女自身が参加することで彼女自身の社会に対する意識改革を促し、延いては社会全体の変革につなげてゆく。女性の地位向上を自分たちの手で実現していこうとする社会運動です。大手スポーツ用品のナイキ財団も資金提供に参画しているようです。











ガールハブ運動、ヤンニャの活動を簡単にまとめたビデオです。
ラジオ放送を通じて一般女性の運動への参加、意識共有を図っているようです。





Yegna はいわばアフリカの若い女性に勇気を与える応援団
言葉はわからなくともビデオから感じた感動はやはり本当だったのですね。改めて音楽の魔術を感じることができて本当にうれしく思います。彼女たちが見せるビデオの中の笑顔が希望に満ちた本物の笑顔だったことに改めて感動を覚えます。
実際、彼女たちの成功は当初冷淡だった国内の男性たちの意識も変えていっているようです。彼女たちの起こした小さなきっかけが大きなうねりとしてアフリカの保守的だった社会を動かしているのです。彼女達かよわい少女たちが、今、世界の片隅で成し遂げようとしていることが大きなうねりとなり国をも動かし国境を越えて世界に大きな広がりを見せていくようです。






Yegna Band - Abet










アフリカの貧しい少女たちが、今小さな光をその手につかもうとしている中、方や日本のアイドルグループはいかがなものでしょう。自由の国、日本にあって、大人の金儲けの道具として、なんと恋愛禁止、右向け右の集団行動、大金を生み出す『総選挙』なる集金システムのただ中でまるで商品のように切り売りされている。彼女らの瞳には私たちを幸せにするような美しい光は宿っているのでしょうか。一音楽ファンとして心底には秋元康への憎しみが渦巻いてはおりますが、アフリカの穢れのない彼女たちの物語を醜いデブの姿で汚したくないのでこのことはまた別項で。




Yegna - Endeswa









今日は、アフリカで起きた小さな奇跡のご紹介。
手鏡に写った少女の笑顔はすべての未来が私たちの手の中にあることを教えてくれます。
きれいごとだけで物事はけっして動くことはないですが、やはり美しいものだけ見つめていたい。彼女たちはそんなおとぎ話の可能性を私たちに見せてくれています。




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/249-21033b63
トラックバック
コメント
すくなひこな様
明けましておめでとうございます。
昨年は楽しくブログを拝見させていただきました。
今年もどうぞよろしくお願いします。 
 路傍学会長拝
路傍学会長 | 2018.01.03 22:42 | 編集
路傍学会長 さん

あけましておめでとうございます。
会長様も日々の研究で東京の片隅に宿る魂を開放してください。
sukunahikona | 2018.01.04 17:29 | 編集
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくね(*^_^*)

目に飛び込んできたHAPPYになれそうな年賀状!
いいですね。
曲はPOPながらもちょっと憂いを帯びて結構好みかも。
ROUGE | 2018.01.04 18:15 | 編集
ROUGEさん
おめでとうございます。
鎌倉にちなんで妖怪語で年賀状送りましたが判読できました?

じわじわ来るんですよね、この曲。最後の鏡のシーン、必ず涙ぐんじゃうw
sukunahikona | 2018.01.04 18:25 | 編集
明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します

Ethiopian Music-Yegna Ft Aster Aweke:- TAITU のPV、イィですね
右手に持った鏡で円を描くと未来への入り口が現れる
まるで、映画スターゲートのようです
男尊女卑からの脱却、目標は大きくパイロットに首相、可能性は無限ですよね
鏡に写った笑顔の自分を見れば、勇気が湧きます
笑顔は大切ですね
kotobuki | 2018.01.05 22:22 | 編集
あけましておめでとうございます!
今年もすくなひこなさんの不思議ワールドを楽しみにしています!!
これからもどうぞよろしくお願いします。
Hide | 2018.01.06 14:08 | 編集
kotobuki さん

とてもシンプルなメッセージだけどかえって深みがあっていいですね。
最後に鏡を見つめて笑うところは教育の大切さというものが途上国では一番の重大事だということが伝わってきます。
もう一度アフリカの音楽を探索してみたくなりました
sukunahikona | 2018.01.06 16:31 | 編集
Hideさん

えええ、私って不思議ちゃんなの?やっぱりインドに行ってると我知らずちょっとずつずれていくのですね。
今年もリミッターぶっちぎりで書いてみたいと思います。
sukunahikona | 2018.01.06 16:35 | 編集
大変遅ればせながら、おめでとうございます。
ナカリのブログに来てくださって嬉しいです。
映像に出てくる女の子たちの表情が生き生きしていて、
はじける元気なエネルギーに、その背景にある厳しさをものともせずに蹴っ飛ばす強さに、元気をもらいました~。
ナカリにも、こういう笑顔をあげたいなあ。
今年もよろしくお願いします!
ナカリママ | 2018.01.07 01:00 | 編集
ナカリママ さん

あけましておめでとうございます。
このビデオは本当にいいですね。全く罪がなくて。

ナカリさんは私のブログ読んでくれてるのかな?たまに辛辣なことも書くのでちょっと心配です。
sukunahikona | 2018.01.07 13:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top