キャンプだホイ

2018.07.22 (Sun)
abc.png


スリランカの友達がキャンプがしたいということで近所のキャンプ場を紹介してあげた。







P1015862.jpg


よくバーベキューなんかで利用させていただく憩いの場所。
地域の森林組合の方々が無料で開放している小さなキャンプ場です。草刈りも行き届き薪なんかもうずたかく積まれていて、こういった無報酬の取り組みには本当に頭が下がります。
とうとうと流れる湧き水はキンキンに冷えていて本当においしい。ただ水を飲みに訪れるだけでも十分癒される夢みたいな場所です。








P1015858.jpg



今回はインド人、スリランカ人、マレーシア人、そして日本人の混成部隊。女子供は家に置いてきた男だけの飲み会です。







P1015866.jpg



もちろん私はゲスト扱い。インドの男性はこういった時には非常に熱心で、てきぱきとよく働きます。先に混成部隊と書きましたが実を言えば皆さんインドをルーツにしたタミル人、私と話す以外は皆さんタミルの言葉で楽しんでいます。
さて、ビール片手におつまみが出来上がるのを待つ私の傍らには、本日の相棒、モーリスの『W-40』が控えめに佇んでおります。せっかくですから、お肉が焼きあがるまでこのギターについて少々ご紹介をさせていただきましょう。 

Morris W40
モーリス楽器、W-40、生産拠点は長野県松本市。70年代から80年にかけて製造されていた日本が誇るお手頃ビンテージギターです。所有の一本は1970年代のラインアップ、マーチン社製の名器D-45の完コピ品。1976年製造と聞いていますが何故かヘッドには横書きではなく縦長のロゴが、マイナーチェンジしたときの最初期のものかもしれません。バックは茶色とナチュラルのスリーバック。作りも非常にしっかりしていて、当時の一流海外製品にも引けを取らない見事な仕上がりです。しかしそうはいっても海外有名ブランド丸パクリのコピー商品、マーティンのバッタ物じゃない?などと、ブログをご覧の皆様、決して本機を侮るなかれ。ボディーを構成している木材は、幻の銘木、バック、サイド、そしてヘッドのツキ板にまで、現在は入手不可能なあのハカランダ材を、合板ではありますがふんだんに使用しております。現代の状況では再現不可能、販売当時の価格が4万円台ということを考えるとあり得ないほどのコストパフォーマンスです。
音のほうは非常にバランスのいい、いわゆる『フォークギターらしい』音色です。マーティンDタイプはドレッドノート型と言われるだけあっておおらかで豊かな低音が特徴、ボディー全体でなってくれるのがダイレクトに体に伝わり非常に心地いい。かといってフィンガーピッキングにもしっかり対応できるキラキラ感も兼ね備えた、飽きの来ないオールマイティーなギターだと思います。出過ぎず飾らず、かといって埋もれることのけっしてない粒立ちのいいサウンド、40年の年月を重ねた枯れた味わいを持つ逸品です。


ドレッドノート/ Dreadnought はイギリスの戦艦。就航以前の軍艦をはるかに凌駕する性能を持ちド級戦艦『大きくて強力な戦艦』という用語を生み出した。ちなみに大和などの対戦中の戦艦は超ド級戦艦。


モーリスW-40で録音してみた小品がこちら
犬の散歩 - すくなひこな


一人で重ね録りなんですけど、どのタイミングで終わるのか分からなくなってしまって最後はなんだか変なことになってます。


abc_20180722111644124.png



例の田んぼの草取りは現在も継続中。
へとへとになった体に夕べのビールが染み渡ります。





P1015874.jpg







昼の暑さはうそのように、明かり一つない山間の夜はひんやりと冷えていきます。他愛もない話を肴に、満天の星空の下、男たちの夜がしんしんと更けていきました。





Stefan Grossman performs "Bermuda Triangle Exit"




言わずと知れたステファン・グロスマン先生。彼のビデオで日本でもラグタイム・ギターの名手がどんどんと増えてます。





Stefan Grossman / How To Play Ragtime Guitar (ステファン・グロスマン)



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/281-5d2e1f47
トラックバック
コメント
田んぼの草取りにも
余裕が出てきてなによりです
くんざん | 2018.07.22 19:40 | 編集
くんざんさん

余裕じゃないんです。ただいやで逃げだしただけ、でも草は消えてなくなりません。とにかく時間があれば田んぼの中と諦めてます。
sukunahikona | 2018.07.22 21:06 | 編集
こんばんわ、、
素敵な音楽と、オハナ、、、
見たことのないはなですね、、、
見たことのないものを見せてもらえて、
得しました。。。(^^)
おはなさん、 | 2018.07.22 23:45 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2018.07.23 09:01 | 編集
おはようございます。
キャンプ良いですねえ(^_^)
暑い夏でも木々の下は居心地よさそうです♪
ジャム | 2018.07.24 07:04 | 編集
おはなさん
敬称略で失礼します。さんがついてる人に改めてさんをつけるのって米返しでいつも迷ってしまいます。
この花何って花だったかな。
と思って前の記事を読み返したら白玉草って書いてありました。

もしよかったらのぞいてみてください

https://pygmysunfish.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

sukunahikona | 2018.08.05 08:28 | 編集
ネイ・プラスさん

ありがとうございます。こんな音楽でもたまには役に立つんですね。
やってる本人は夏にせかされて落ち着きません。
sukunahikona | 2018.08.05 08:37 | 編集
ジャム さん

ここいいですよ。延命水で検索すれば私のアップした写真で場所特定できます。
なんてったってお水が本当においしい。毎日あれだけ滔々と湧き出してなんで枯れないのか不思議です。
sukunahikona | 2018.08.05 08:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top