すくなひこな、ルージュと会う

2018.10.15 (Mon)
P5312346sss.jpg


10月6日 土曜日
少彦名がルージュさんと会いました。
その日はあいにく台風が来る直前で今にも雨が降りそうな荒れた天気。
それでも私の心は遠足に行く子供のようにうきうきしています。
なんてったってルージュさんに会うのですから。





P1016632.jpg


6時43分
上野村を出発。
10月というのに台風のせいで夏の朝のようにしっとりと温かです。






P1234365a.jpg


まずは身だしなみ。
行きつけの平湯温泉に行ってのんびりと朝湯を楽しみます。
写真は冬に撮ったものなので雪など写ってます。

信州風呂巡り 第一番  湯の脇 平湯温泉







P1016566.jpg



霧ヶ峰スキー場
もともと放浪癖があるので途中いろいろと寄り道してしまいます。
ここまで登ってくるとさすがに辺りは秋の景色。
上野大根の疎抜きも終わって人心地、しばらく写真など撮りながらぼぉっとします。




P1016582.jpg



バブル当時に建てられたであろう廃ホテル。
この辺はこういった廃墟が古代の遺跡のように点在していてなかなか面白いんです。私も忙しい農作業からしばし羽を伸ばして道行がてら取り留めない自由写真旅行。




P1016573.jpg

P1016580.jpg



10時18分
改めて目的地の白樺湖に向かいます。
高原のハイウエーには霧が出始めました。





P1016592.jpg


霧で5メートル先も見えません。
さすが霧ヶ峰、なかなか幻想的です。



P1016596.jpg


と、いくらも進まないうちにまた寄り道。





P1016612.jpg


11時03分
霧の白樺湖を見下ろしながらルージュさんはどの辺にいるんだろうと再びぼんやり眺めます。






P1016619.jpg

P1016637.jpg


11時45分
遂に目的地到着!
初めて会うルージュさんの熱い抱擁に、心を奪われる。





P1016652.jpg




おやじマニアが集うラジコンカーの大会。
子供の時に買えなかった高価なラジコンバギーでいい歳した大人たちが童心に帰って集う夢のような集会。

私も小さいころすごくあこがれたなぁ。





P1016649.jpg


ルージュさんを盗み撮り。
何を隠そう、伝説的ガールズパンクバンドの元ボーカリスト。
とてもよくしゃべる元気のいい女性でした。明るくてオープンな屈託のない人。
すごく元気だったので病気だなんて本当は嘘じゃないの?
もし仮病だったら一通り怒った後でみんなでお祝いの祝杯を挙げるんだけど。




P1016654.jpg


最期のじゃんけん大会で本日の目玉、エンジン付きラジコンバギーを見事ゲットしたルージュの旦那さん!
それまで全て初回で敗退していたのにここぞという時に力を発揮するできる男と私は見た。
ルージュさんもバギーのミニチュアをゲットして二人そろって幸運な夫婦でした。いやー、びっくりした。






P1016656.jpg


そうそう、本日ルージュさんに会った目的はこちらのバラをいただくため。ローズシネルジック(ローズシナクティフ)という名前のバラ、香水にも使われるほどとてもいい香りがします。

併せてお菓子もいただいて。
大事に育てて必ず大きな花を咲かせますよ。





P1016675.jpg



帰路は更にもましてすごい霧。
バラをいただいてすぐ帰る予定が結局大会最後までご一緒させていただきました。

霧の白樺湖の楽しく不思議な一日、写真の多さでこの日の気持ちは御察しあれ。





P1016600.jpg








In my mind / Dave Mason







Dave Mason
デイブ・メイソン、イギリスのミュージシャン。元、トラフィック / Traffic のギタリスト。現在72歳、ロック殿堂入りの音楽界の重鎮。バンド、ソロを含め多数の名盤を世に送り出し、セッションした有名ミュージシャンは数限りない。デレク&ドミノス、キャス・エリオット(ママス&パパス)、ホリーズのグラハム・ナッシュとバーズのデヴィッド・クロスビー(後のクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)、ジョージ・ハリソン、ポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズにジミー・ヘンドリックス、スティヴィー・ワンダー、マンハッタン・トランスファー、挙句にはマイケル・ジャクソンなど、挙げだしたらきりがない。本日紹介したのはそんな彼の3枚目のソロアルバム「Headkeeper」から二曲。数ある傑作の中にあって埋もれがちな一枚だが前半の抒情的なスタジオワークと後半のパワフルなライブ盤という一粒で二度おいしい楽しめる一枚。メイスン自身はこのアルバムを「海賊版」と非難していたようで、レコード会社とのトラブルの最中、会社が勝手にリリースしちゃったといういわくつきの作品。
秋になるとこういったカントリーロックっぽいのが無性に聴きたくなる。最高のミュージシャンたちと最高の演奏を聴かせてくれる数少ない優れた音楽家の一人。なぜ、日本でほとんど知られていないのか不思議でなりません。

とりとめのない秋の風景と共にウイスキーでも傾けながら、どうぞ。






To Be Free / Dave Mason






こちら は『Alone Together』と『Headkeeper』を一枚にした再発盤です。


Dave Mason デイブメイソン / Let It Flow: 流れるままに 【CD】



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/289-57f52f0f
トラックバック
コメント
もうあれから1週間たっちゃったね~
もっと話したかったな~
楽しい一時でした(*^_^*)

まこもだけ、おすそ分けした友人達にも好評で
昨日、地元の農業祭に参加したら紹介されてて
あれ稲の仲間なのね。
ネットで保存方法を調べて、ゆでて冷凍してあります♪

ご馳走様でした(*^_^*)
ROUGE | 2018.10.15 15:55 | 編集
ROUGEさんて、かわいくて素敵な方ですよね^^
バンドのボーカリストもされてたなんて、かっこいいな!
ROUGEさんとご主人様と一緒に、楽しい時間をすごせて
ほんとうに よかったですね♪

トラックの後ろに差し金が^m^
うちのおっさんのトラックに似てて親近感を覚えます^^
にゃあも | 2018.10.16 22:48 | 編集
ROUGE さん

また何かあったら声かけてください。その時はまた野菜抱えて駆け付けますよ。ありがとうございました。
sukunahikona | 2018.10.17 09:05 | 編集
にゃあもさん

コメントありがとうございます。
お返事の前に少し確認させてください。
まずはどちらのにゃあもさんでしょうか。というのもにゃあもさんって二人いらっしゃるようで以前コメントいただいた時にもう一人のにゃあもさんに返信して『ちがいますよー』って指摘されたものですから。

ルージュさん、はつらつとしてましたね。かえって元気もらいました。大体人と話すことが全くない山の中ですから優に一年分は話をしたように思います。

差し金、大工さんですか?
なぜ百姓のトラックに差し金かって?これね、インナーロックしたときの秘密兵器なんです(笑)
sukunahikona | 2018.10.17 09:12 | 編集
フランスのブランドであるディオールの財布は、お馴染のロゴがアクセントになっています。ラブリーなテイストはもちろんのこと、品のある女性らしさを感じさせるので数多くの人々に人気があります。
雑貨とアパレル | 2018.10.17 11:51 | 編集
> フランスのブランドであるディオールの財布は、お馴染のロゴがアクセントになっています。ラブリーなテイストはもちろんのこと、品のある女性らしさを感じさせるので数多くの人々に人気があります。

ほー・・・
sukunahikona | 2018.10.17 13:22 | 編集
はつらつしてたかな?(^^;
多分、寝不足でハイだったのかと。

それと元気そうに見えるのはドーピングのせいですよ。
今の緩和医療はすごい。

あとどれ位、こんな風に出かけられるのか解らないけど
お出かけの日以外は療養に徹して
出かけたときに思い切り弾けてます(*^_^*)
ROUGE | 2018.10.17 17:12 | 編集
ROUGEさん

そうなんですね。体の調子が悪いのに皆に明るくふるまっているのは大変だと思います。少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
とにかく空元気でもなんでも楽しんで頑張ってください。今年の冬は暖冬だと聞きました。もし、御神渡りができるようなら一緒に見ましょうね。

あと、それから、バラ、定位置に無事収まりました。新しく作った家の前の畑に一番乗りで引っ越しました。
sukunahikona | 2018.10.17 21:43 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2018.10.19 01:13 | 編集
鍵コメさん

コメントは私じゃないですよーと指摘していただいた最初のコメ主が違う人だったのかなあ。
それとも鏡の迷宮に迷い込んだ不思議の国のアリスさんかなあ。
sukunahikona | 2018.10.25 12:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top