横谷渓谷氷瀑群

2019.01.27 (Sun)
P1018389_20190127162147e67.jpg


2019年
今年の年初めは氷の世界からお届けします。







P1018376.jpg




去年の暮れからいろんなことが怒涛のように押し寄せてきて、100歳の祖母が亡くなって、葬式を済ませた三日後には何故かフィリピンにいて、年末年始は毎年恒例の郵便局の仕事、「今年もよろしくお願いします!」てな感じで当たり前のように電話がかかって来て、年が明けたら途端に風邪ひいて、やっと落ち着いてきたら何となく祖母が死んだことを今になって実感しています。








P1018357.jpg




乙女滝
今年の冬はやはり暖かかったようで滝を覆う氷もまだまだ小さいです。ちなみにこの『乙女滝』実は人の手によって作られた人口の滝で、1792年(寛永4年)に開かれた農業用水路、『大河原堰』の終点にあたります。







P1018366.jpg



崖から湧き出る氷の柱もまだまだ半分くらいの大きさ。






P1018367.jpg





それでも、泡立つように立ち上がる氷柱は見ごたえがあり訪れる人を十分魅了するちからがあります。






P1018375.jpg




粉雪の舞う中、だれもいない氷の道を一人で歩くのもなかなかいいものです。
まだ朝早くだったので、遠くの雲が朝焼けに輝いています。









P1018379.jpg




ばあさんも元気だったら一度連れてきたかったなぁ。
でも、あの人わがままだったから素直についてきたかしら。








P1018390.jpg




今日は久しぶりに特別寒い朝で、この寒さが続けば来月にはより一層見事な風景が見られることでしょう。
切れるように冷たい掌に息を吹きかけながら好きな歌を何曲か歌ってみます。









P1018420.jpg




ばあちゃんの好きだった『木曽節』も歌ってみます。
施設に入って実の娘の顔もわからなくなって、母親のことをずいぶん前に亡くなった姪っ子と間違ってたかな。私を呼ぶには『運転手さん』名家のお嬢様で満州では何十人もの中国人が身の回りの世話をして、そういえば大連の冬はとてつもなく寒いとよく言って聞かせてくれた。髪の毛が凍るだの、おしっこの柱ができるだの。でも、真っ白な雪景色はとってもきれいだって言ってたな。









P1018428_20190127170055dda.jpg




家族の顔を思い出せなくなって、見舞いに行っても笑ったりしなかったようだけど、私が行ったときは元気に歌ってたって施設の人が驚いてた。車いすを押して、人が行きかう近くの公園で大声で二人で木曽節を歌った。周りの人から見たら随分滑稽な二人だとうつったろうに。






P1018368.jpg




歌いつかれて、赤ちゃんのように眠ってしまって。
その間にこっそり帰りました。
だって、「バイバイ」すると、ばあちゃん、もう帰るのかってすごい目つきでにらみつけるんだもの。



じゃあね。
ばいばい、ばあちゃん。

















横谷渓谷氷瀑群 に関する過去の記事
氷瀑群 横谷渓谷 
横谷峡 氷瀑群  







関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/308-68fa548f
トラックバック
コメント
お祖母様のご冥福をお祈りいたします。

死んだばかりの時って実感わかないことも多いですね。
私の場合は母の死後、葬儀やら墓地買ったり
仏壇買ったり用意することが多すぎて
結局、ちゃんと泣けたのは49日過ぎた頃でした。

滝、こんなに凍るんですね~
見てみたいけど、
秋にお会いした時よりも随分と弱ってしまって
もう寒い時期には行けないかな・・・
ROUGE | 2019.01.29 14:22 | 編集
ROUGE さん

ありがとう。
この記事、こんな風に書こうと思ってなかったんだけど自然とこういうことになりました。歳も歳だし長い間施設にいたので心の準備はできてましたが間が空くごとに思い出すことも多いです。

この場所、歩いても30分かからない遊歩道でしっかりした靴さえ履いていれば大丈夫ですよ。三月半ばくらいまでは見れると思います。
sukunahikona | 2019.02.01 08:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top