旧湖南小学校後山分校

2019.02.02 (Sat)
P1018505.jpg



昨日から眩暈がしてふらふらする。
下を向くとぐるぐるまわる。






P1018589.jpg



夕方近くに起きだして、ふと後山のあの廃校はどうなったかなと雪道の中行ってみた。





P1018522_20190202002126737.jpg



途中雪道で滑って回転したり、道端で日向ぼっこのアトリの、車の前が見えないほどの群れに突っ込んだり。






P1018507_20190202004315ae6.jpg



どこの誰が降りるのか、山の中の停留所。
森へと続く子狐の小さな足跡。






P1018533.jpg






学校は取り壊されていました。






P1016271.jpg




美しかった在りし日の姿。
諏訪市立湖南小学校後山分校





P1018534.jpg






雪の中、近所の老人が軽トラックについた融雪の塩をホースの水で洗い流していた。








P1018598_20190202002008934.jpg




取り壊しは去年の11月。
「學校が無くなってさみしくなったなぁ」
両方の穴から鼻水を垂らしながら老人はつぶやいた。






P1018532.jpg

P1018539.jpg





通りすがりの僕。
この土地の生まれではないけれど、『一期一会』ふとした機会に知り合った今まさに去っていこうとする全てのものに。私は悔いのない愛情をあなたに注げたのだろうか。




P1016169.jpg




ps
廃校などの廃屋を文化財として存続してゆく意義、方法はあるのか。
皆さんのご意見をコメントに書き込んでください。









Tony Allen vs Troublemakers / Allen Fresh





TONY ALLEN 『EXCLUSIVE TONY』
何時、何処で購入したのか、判然としない一枚。
DJ/クリエイター井上薫が選曲したトニー・アレンのファンク色強めな曲を集めた必殺のコンピレート盤。紹介した曲は彼の参加したクラブ仕様のユニット『THE ALLENKO BROTHERHOOD ENSEMBLE』のフランス限定版12インチマキシシングルからの音源。この曲のクレジットには『Tony Allen vs Troublemakers』と書かれているので調べてみたら、『Troublemakers』とはフランスのクラブバンドらしい。
トニー・アレン 
ナイジェリア出身のジャズドラマー、作曲家。アフロビートの創始者、ジャズの一形態のようですが私にはわかりかねます。クラブミュージックと枠付けダンスホールでおしゃれに流通するこのアルバムに代表された彼のファンクな志向はあくまで彼の一側面ですが、クラブミュージックがステレオシステム音響設備によって電位的に増幅され、スピーカーやヘッドフォンを通して我々の耳に提供されるスタイリッシュな音楽のイメージを、本来はそれこそ小さなクラブの、ベース音で揺れる酒杯が並ぶ客席の手が届くほどの小さなステージでこそ生で聞いてみたい。
セッションミュージシャンとして精力的に活動するトニー・アレン。ジャズ、ファンク、ロック、音楽のジャンルを超えたこの老練なパーカショニストが、歌心の神髄を心得た偉大な太鼓たたきの一人だということは疑う余地もありません。いろいろと書き連ねてみたところで自然と腰は動いてしまう、グルービーな素晴らしい一枚です。






関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/310-3902bc58
トラックバック
コメント
山歩きをしていたころはよく廃屋と遭遇して、なんともいえない物悲しさを感じていました。この前、この廃校を拝見して再びそんな思いがよみがえり、ネットで廃屋廃村ばかり見ていました。

何十年も経っている廃屋に漬け込んだままの梅干しや梅酒のビンが置かれ、洋服ダンスに服が吊るされ、台所の洗いカゴには洗った皿がそのまま。過去の栄光を示すアルバムや手紙。村に取り残された老人が終日、座っていた窓際の椅子。鴨居にかかったままの先祖の遺影。山中に残された立派な軍人の墓。残酷すぎます。

そちらの廃校は取り壊して正解だったと思います。
雨宮清子(ちから姫) | 2019.02.02 11:03 | 編集
ちから姫 さま

死んでしまった建物の避けられない運命ですね。
この校舎は廃校の後も長い間公民館的な使われ方をしていたようです。前に撮った写真の中に本が煩雑に積まれていた部屋がありました。あれはこの村の子供たちのための児童館。でも、その子供たちもすでにこの村にはいません。
大学のセミナーハウスが静岡の茶畑の真ん中にポツンと立つ廃小学校でした。その建物も今は解体されてなくなっていると聞きます。私たちが学生の頃は30人、40人と連れ立って、それこそ卒業した後も利用させていただいた。温泉までのハイキング、毎晩の酒盛り、体育館での怪談話、ちょっとしたラブロマンスなんかも。今の学生はそんな風にみんなして集まるより家でしこしこいているほうがいいそうです。利用者もなくなり放棄されてしまいました。
諏訪市は文化財に全く興味を示さない心のない行政区だと感じています。税収は工業団地の企業さんから。観光資源なんて観念はあの地方議員の田舎者の頭には全くないようです。
また、アニメかなんかの実写版映画でロケ地に選ばれたのもよくありませんでした。夜中忍び込んで肝試しをする、この小さな村落ではそういった無軌道な馬鹿者の行動は脅威です。放火やいたずらの危険があるとして解体の方向に行政は動きました。(この校舎が解体された責任の大部分が彼らにあると自覚しなければならない)
私はこの建物は何とかして残してもらいたかった。金はかかるが修繕して生きた建物にしてほしかった。この学校が死んでしまったことできっと数年後にはこの部落も雪の中でさみしく死んでゆくことでしょう。
sukunahikona | 2019.02.02 12:12 | 編集
こうした光景は、やはり田舎ならではですよね。
私の故郷の小学校や保育園も、すっかり変わってしまっていたり無くなっていたりしてビックリした事があります。
子どもの頃に過ごした日々まで無くなってしまったかのように感じました。
幼いころには永遠のようにも思えるものですが・・・
時の流れというのは凄いものですね・・・
Hide | 2019.02.02 16:04 | 編集
何とも言えない風情を古びた建物から感じます。
矢張り人が使っていないと、建造物は傷みが早く荒れていきますね。
荒れていく建物は、そこに入り込む人の心まですさんだものにするのでしょうか…。
諏訪には3年ずつ二度、単身生活をしましたが、
こんな場所があったことさえ知らずに過ごしました。
wagtail | 2019.02.03 11:27 | 編集
Hide さん

子供のころの日々まで・・・・
あの鼻を垂らした老人の『さみしくなるなぁ』はきっとただの寂しさじゃないんですよね。部外者が古きよきものに哀悼の意を表するような生半可なものじゃなく彼の人生そのものをそぎ落とされるような思いなんでしょうね。
sukunahikona | 2019.02.03 22:51 | 編集
wagtail さん

コメントありがとうございます。
ブログ拝見しました。旅の記憶の集大成ですね。阿寺渓谷はいつか行ってみたいと持ってます。映画のロケ地に推薦しておこうと思います。
ちから姫さんも触れていましたけど、廃屋というのはただ朽ち果てているのではなく荒れれば荒れるほどそこに宿った人の魂を生々しく露わにしてしまいますね。山の中で思わず廃屋に出くわしたりするとそれがただの捨て去られた建物であってもその姿にいろいろな思いを投射してしまい胸に刺さるものがあります。結局下山したときに一番覚えているのがその放棄された峠の茶屋だったりしますね。
諏訪には結構面白い建物が多いです。しゃれた和洋折衷なコンクリートの家だったり看板造りだったりこじんまりした洋館だったり。それぞれの点を線でつなげて観光コースでも作れば立派な町おこしでもできそうなんですけどね。
sukunahikona | 2019.02.03 23:05 | 編集
初めまして、こんばんは。
足跡からお邪魔いたしました。

もしよろしければ、また読んで頂けると幸いです。

まずは、ご挨拶まで・・・。
NORIX | 2019.02.04 17:25 | 編集
場所にもよるんでしょうけど
廃校を利用した食堂とか宿泊施設
以前TVで見ましたよ~
広すぎるのがネックだけど
趣きあるから取り壊しはもったいないですよね。
ROUGE | 2019.02.04 19:34 | 編集
眩暈大丈夫ですか?
わたしも眩暈持ちで一旦始まると酷い時には一ヶ月くらい症状が取れないことがあるから。頭を下に向けたり見上げたりするたびに視界がぐるぐると回るのは本当に辛いし、一過性のものであればいいですね。
廃校は別の何らかの施設として再利用なんか出来ないのかな。わたしは廃校のままで残しておいて欲しいほうだけど。朽ち果てていくって云うのは魅力的な観念だと思ってます。
薄荷グリーン | 2019.02.04 22:03 | 編集
こんばんわ

統廃合で学校が廃校になるのは寂しいです。

私が勤務させて頂いた山間の複式校が統廃合で閉校になる年、2年間でしたが、閉校に関わる仕事もさせて頂きました。

地域の人たちも、私たちも 学校を存続させたい思いでいっぱいでしたが、長い目で見て子どもたちにとって統合することのメリットが大きいということがわかってもやっぱり 寂しいですね。

今、学校は地域の花田植えの太鼓囃子の練習の場やイベント開催の施設として活用されています。
ももPAPA | 2019.02.06 21:16 | 編集
NORIX さん

初めまして。わざわざありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。

sukunahikona | 2019.02.10 21:19 | 編集
ROUGEさん

木造の校舎に限らずこれからどんどん廃校が増えるんでしょうね。
行政もダメもとで外部に発信するとか努力してほしいです。
sukunahikona | 2019.02.10 21:21 | 編集
薄荷グリーン さん

三半規管のトラブルのようです。頭ぐるぐる回してたらだんだん良くなってきました。
朽ち果てていくのを見るというのも乙ですけどなかなか世間は許してくれないですね。肝試しで治安も悪くなるし。
この辺の山に行けば廃屋沢山あります。ハイホテルだとか、山の中の廃村だとか。一番気持ち悪いのはぼろぼろになったラブホですね。
sukunahikona | 2019.02.10 21:25 | 編集
ももPAPA さん

いいですね。建物としては決して死んだわけではないので未だに地域の中心としての役割を負っていいるのは学校としても幸せでしょうね。
sukunahikona | 2019.02.10 21:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top