樹氷 北八ヶ岳

2019.02.10 (Sun)
P1018467.jpg



樹氷というものを見たことがないので‥…いや、もしかしたら村の裏山で毎日見ているものがその樹氷なのかもしれませんが‥‥・樹氷の本場、八ヶ岳に行きました。『横谷渓谷氷瀑群 』の続きです。






P1018347.jpg




冬の間はやっていないのはわかっていたのですが万が一と思って温泉『石遊の湯』を訪ねてみました。が、雪のせいで道に迷ってしまってたどり着いたのがこの牧場。後で調べたら『蓼科乗馬ファーム』という乗馬施設のようです。
馬を近くで見る機会はほとんどないですから眺めたり撫でてみたり、間近で見ていると何とも優しい目をしていて頼もしいやら可愛らしいやら。犬や猫とは違った不思議な魅力のある動物ですね。

『石遊の湯』はこの辺りでは一押しの露天のある温泉です。春になったらレポートいたしましょう。








P1018435.jpg





御射鹿池
すっかり全国区になりました。東山魁夷の絵が中学校の教科書に載ってましたっけ。
何の足跡だろう。歩幅が大きいので鹿かもしれない。でも引きずって歩いているところを見ると足の短いイノシシか何か。



御射鹿池
氷瀑群 横谷渓谷 



P1018451.jpg



日差しが時折差し込む中の粉雪の冬の湖はなかなか幻想的です。





P1018455_20190210170844113.jpg





池とは「おおむね、水深5メートル未満の水たまり」なのだそうです。長野を代表するみずうみ、諏訪湖の水深はとても浅く、深いところで7メートル。平均で4メートルですからその基準でいえば『ほぼ、巨大な池』ということになりそうです。







P1018441.jpg

P1018450.jpg


御射鹿池は稲作のために作られた灌漑用溜池。酸性の温泉が流れ込んでいるためこの池では魚は生きていけません。






P1018461.jpg

P1018459_20190210135041215.jpg


他には誰もいません。
寒さで手がしびれてきました。もっとゆっくり見ていたいのですけれど。







P1018472.jpg


目的地の北八ヶ岳。
そしてこれが目的の『樹氷』
スキー客に交じって満員のロープウェイで登ってまいりました。







P1018470.jpg


標高2,237M、気温マイナス14℃。往復1900円払えば気軽に上ってこられますが侮ってはいけません。身を切るような風と膝まで沈む雪とで一歩間違えば遭難です。
ちなみに途中のセブンイレブンでロープウェイの割引券をゲット。200円引きでした。






P1018478.jpg



カラフルないでたちでさっそうと滑り降りてゆくスキー客をしり目に、何が悲しいのか、私たちは極寒の峰巒に分け入ってゆくのでした。






P1018479.jpg


後で写真を見ながら「もっといいカメラが欲しいなぁ。雪とか、真っ白のもの撮ると質感がなかなか出てこないなぁ」などとのんきに考えたりもしていますが、このときは写真を撮るのも必死で凍り付いた真っ赤な指がカメラのシャッターにくっついてしまうようで、写真を撮るたび絶叫しながらの撮影となりました。寒さにはなれた私ですが、途中カメラが変なことになるくらい、それくらいの風と寒さです。





P1018483.jpg


山頂駅から坪庭を巡るハイキングコースは約30分。何度も言いますがたかが30分と侮ってはいけません。もしも先人の歩いた足跡がなければ道標の杭も手すりも雪に埋もれてしまって、ただただ真っ白な雪原で迷って遭難してしまうかもしれません。はいてきた靴は普通の足首まであるハイカットの革靴。容赦なく靴の中に新雪がなだれ込んできます。行きかう人もまばらで、そのうえみんなストックを突いた完全防備の登山家たち。吹雪に凍える私たちのなんと惨めで場違いなこと。こんな雪山では絶対歌ってはいけないと心掛けていた八甲田山『雪の進軍』もこの非常事態では思わづ口を突いて出てしまいます。






P1018491.jpg



この30分の長いこと。帰れるとわかっていても不安になるこの寒さと荒涼とした風景。エベレスト登頂とか、よくあんな山に登ったりするものだと身をもって体験できた30分でした。






P1018486.jpg


何とか山頂駅のレストランにたどり着き、赤々と燃えたストーブでぬれた足を乾かしながらキンキンに冷えた冷たいビールを一気に飲み干す。最高の贅沢ですね。この後温泉へ直行しました。共同浴場『蓼科温泉』 このお風呂は地味ですけれどなかなかレトロで好きな温泉です。その詳細はまた別の機会に。

計らずも生きていることへの感謝の気持ちを再認識した極寒の一日でした。








LSD - Thunderclouds






エル・エス・ディー
誰もが知ってるオーストラリアの歌姫、シーアが参加するユニット。イギリスのラッパー、ラビリンス / Labrinth (Timothy Lee McKenzie)、オーストラリアの女性ミュージシャン、シーア / Sia Kate Isobelle Furler、アメリカの音楽プロデューサー、ディプロ / Diplo (Thomas Wesley Pentz Jr.)の三人によるスーパーグループ。彼らの作品の中から昨年2018年8月にリリースされた一曲『雷雲』を紹介。
ちょっとバンド名がアレですが決して薬物に関連するものではありません。バンド名は彼ら三人の頭文字、L・S・D からとったもの。しかし、PVの雰囲気やジャケットのサイケ感からして完全に『ハイな気分』を連想してしまいます。もしかしたら結成のきっかけは「おれら、三人集まったらLSDじゃん!」なんて言葉遊びのイタズラ心から始まった?そんな豪華でゆかいな極上ユニットです。
メンバーの一人、ディプロはビヨンセ、ジャスティン・ビーバー、 マドンナなど数々の一流ミュージシャンの作品を手掛けた凄腕プロデューサー。 ラビリンスとシーアも以前から度々一緒に活動することもあり、結成当初は一曲だけの即席ユニットかと思っていましたがあれよあれよと一年間で4曲の楽曲とビデオクリップをリリースしました。そして、そのビデオの中でシーアの代役を務めているのはこれもおなじみのマディー・ジーグラー / Maddie Ziegler 。現在16歳の踊る妖精です。シーアのことはジャズボーカル時代から知っていたのですが(一時期アシッドジャズだのクラブっぽいものにはまっていました。)どん底から再起した彼女のPVを初めて見たときはマディーのダンスともども天地がひっくり返るほどの衝撃でした。
今回のこのユニットでも彼女の才能はいかんなく発揮されていて、三人の個性が決してぶつかることなくうまい具合にブレンドされた、映像込みでの不思議な感覚にさせられる、これはまさに『LSD』な一曲。2019年、今年も彼らから目が離せない注目の三人組です。






シーアの名曲『シャンデリア』でのマディー・ジーグラー圧巻のパフォーマンス。ワンカメラで彼女を追う迫力には心底恐れ入りました。



Sia - Chandelier








現在『LSD』の楽曲はデータでのダウンロードのみ、アルバム等CD化はされていません。何枚かのコンピレーション・ベスト盤に収録が見られます。


【輸入盤】NOW 101 (2CD) [ NOW(コンピレーション) ]







関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/313-37013504
トラックバック
コメント
馬の目にはやられますね。
やさしくて可愛らしくて人懐こっくて切なさも感じて

八ヶ岳の麓には毎年お正月に行ってたことがあり懐かしい所です。
八ヶ岳の山には樹氷が出来ているんですね。
それから9年前に一度行っただけですが諏訪が好きになりました

シーアのシャンデリアは衝撃的でしたよね。
Thundercloudsもポップで面白いです。
彼らのクリエイティブな遊び心は楽しい♪
carmenc | 2019.02.11 10:02 | 編集
たっぷりと雪を纏った木々 美しいですね
写真からつーんとした冬の空気が伝わってきます
いいなぁ スキーに行きたくなりました

蓼科の温泉ってお湯がとってもいいそうですね
蓼科ブライトンホテルがわざわざ車でしかいけない場所に
露天風呂を所有してるとか
どんな感触なんでしょう
きっと温まるいいお湯なんでしょうね
だんご | 2019.02.11 19:58 | 編集
寒そう~~!
北横岳でしょうか?
私も以前1月に歩いた事がありましたが、こんなには寒く無かったような気がします。
マイナス14℃ですか・・・
寒過ぎて歩く気がしません@@;

御射鹿池は、すくなひこなさんの記事を以前拝見してから気になっていた場所です。
いつか行ってみたいです。
Hide | 2019.02.12 14:24 | 編集
綺麗だけど寒そう~
でも神秘的。

わちふぃーるどの世界は
こういう所から生まれたんだろうな。
ROUGE | 2019.02.12 16:25 | 編集
carmenc さん

こんにちは。
馬はでかいので近付くには勇気がいりますが、よく見れば優しい目をしてますね。人間より強いはずなんですがなんであんなに人に従順なんでしょうか?
シーアはなに聴いても胸に刺さって仕事が手につかなくなります。なんか彼女の中の毒を吐いてしまおうと必死になってるのかな。自己昇華できてきてもうちょっと違う場所に行きたくて三人で始めたみたいなそんな感じがしてます。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.02.14 11:58 | 編集
だんご さん

空気がツーンとっていいですね。寒すぎると全く鼻が利かなくなって匂いがしない代わりにサイダーでも突っ込んだみたいにシュワシュワになります。
蓼科のお湯は大体が酸性のお湯で結構強いです。いつもは諏訪のアルカリの柔らかいお湯に入っているものですからこの日は体がびっくりして少々湯あたりのようになりました。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.02.14 12:01 | 編集
Hide さん

寒い雪山はHideさんの専売特許だと思ってました。自然は侮ってはいけませんね。どんなに穏やかな季節でもやっぱり敬って向かい合わないと怪我します。
御射鹿池は実際行ってみるとあ、やっぱり人工物なのかなって思います。でも、里山の自然って人間が手をかけてるからこそ美しいんですよね。そんなことも考えながら座ってみていると穏やかな気持ちになれる、そんな場所です。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.02.14 12:05 | 編集
ROUGE さん

わちふぃーるど。検索しました。
ああいう厳しい場所に行くと逆に生命力を感じます。魔法のような力ですか、まるで何もかもなぎ倒すくらいのすさまじい力の下でしっかり葉をつけて耐えている木々を見ると大地の力強さを感じます。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.02.14 12:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top