インド映画ロケハン 富山

2019.03.30 (Sat)
P1018896_20190329050727a47.jpg


ロケハン二日目
飯山から一路、富山県へ





P1018881.jpg


朝から大雪
インド人とスキーヤは大喜びです。





P1018901_20190329053002015.jpg


五箇山
以前、撮影に訪れたのもちょうどこのころ。






P1018892_20190329053130c7e.jpg


周辺の野山に響き渡るくらい、ひっきりなしにけたたましく笛を吹き鳴らしている子供がいます。

と思ったら、合掌造りの屋根の上に何やらうずくまっている大きな影。







P1018892a.jpg


望遠レンズを忘れてきたので写真を無理やり引き伸ばしてみました。
なんて名前の鳥でしょうか?鷹でもないしトンビでもないし。
鳥類に詳しい方、教えてください。







P1018893.jpg


あ、こっち向いた。







P1018903.jpg


雪は残っていますがもう春がそこまで来ています。標高でいえば私の村よりも600メートルも低い標高400メートル。雪の多い里山では田んぼに水をひかずとも雪解けの水で自然と水に浸かります。







P1018912.jpg


まるでミニチュアですね。
富山県は観光促進のためにこういった映画撮影のロケに全面的に協力する自治体。
我々が撮影してきたインド映画の公開後、飛躍的にインド人の観光客が増えていると聞きます。






P1018927.jpg


山から海へ。
新湊。
私の生まれ故郷、東京深川の昔の姿を思い出します。






P1018934.jpg


東京から信州へ。
海のない場所に引っ越して早5年。ロケハンでなかったら一日中居れそうです。








P1018943.jpg


富山湾。
やっぱり海はいい。観光ではないのでゆっくりしていられないのが残念です。






P1018950.jpg





内山邸
こういった県の文化財でも撮影のために開放してくれるのは富山県の強み。
理解のない自治体だととやかくうるさくって。日本は映画を撮るにはとっても不便な国です。






P1018956.jpg


逆にインドだと文化財だろうが世界遺産だろうが気軽に使いすぎちゃってそれもどうかなって思うのだけど。







P1018949.jpg


奥の間の掛け軸。
これはネズミでしょうか?モグラでしょうか?






P1018960.jpg



内山家は富山藩当時の大庄屋だとか。
私の祖先も伊那地方を治めた高遠藩の大庄屋。今ではただの小作人ですが。





P1018966.jpg



今回の映画はコメディーになるそうです。
といってもアクションあり、恋愛ありのいつものフルコースなんだと思うのですが。






P1018975.jpg


インドの皆様、日本のわびさびを堪能していただけたでしょうか?






P1018992.jpg


鋳物の街、金屋町
東京と違って空襲を受けなかった街には古いものがたくさん残っています。






P1018994.jpg

最期は富山空港。
私はここから東京へ戻る彼らと別れて一気に諏訪まで。






P1018997.jpg



松本方面なら高速乗らず一般道の方が早いかも、と地元の方に道順を教えてもらって、いざ日本アルプス走破。
途中鹿にぶつかりそうになり、タヌキを4回轢き殺しそうになり、寝静まった秘境の温泉を尻目に死ぬような思いで帰ってまいりました。今までのドライブで一番怖かったかも。
そして驚いたのが峩々として険しい山奥で、見たこともないような大きな工場に突然出くわしたこと。
後で調べたら『神岡鉱山』かもしれません。イタイイタイ病の原因になった亜鉛鉱山。

旅の終わりはいつも不思議な場所。再訪しようと強く心に決めたのは新しい旅の始まりなのかもしれません。






P1019006.jpg












THE GIST - Love At First Sight




前回のショーケンの記事でちらっと紹介した『The Gist』の知られざる名曲。大好きな曲なので以前にも何度か紹介しています。私の持っているのはヤング・マーブル・ジャイアンツ、ウイークエンドのオムニバスアナログ盤。そのほか収録盤はどれも絶版になっているのか中古でも5000円以上の高値がついています。
他人にラブソングの中で一番好きな曲はと聞かれたときは迷わづこの曲を選びます。題名の通り、出会ったときにぱっと目の前が明るくなるなったような、イントロを聞いた瞬間から文字通りひとめぼれをしてしまった一曲。恋愛でも『一目ぼれ』を今でも固く信じています。





Embrace the Herd【中古】


関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/323-6eef4082
トラックバック
コメント
始めてコメント差し上げます。
富山のご来訪、撮影を心よりお礼申し上げます。
もう少しお時間いただけたら、
富山の良い所がたくさんありますので、
またお越しいただければと思います。
素姓乱雑 | 2019.03.31 06:32 | 編集
ありがとうございます。
その節はありがとうございました。
と、たぶんそうですよね。今回の旅は仕事ながら楽しませていただきました。
あらためて富山のそこ時からを感じた次第です。
次回は撮影の時ですね。
富山県の方には今後ともお世話になります。よろしくお願いいたします。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.04.03 14:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top