春蝉忘備録 2019

2019.05.23 (Thu)
P1019221.jpg

2019年5月22日

午前中の日が差して、肌がひりひりと熱くなった一時、少しの時間だけいつもの松林からハルゼミの合唱が聞こえた。
去年より一日遅く、一番早かった2016年から10日遅れでハルゼミが鳴いた。
今年は寒い春で5月になって遅霜が降った。おかげで唐辛子の第一陣は半分以上が枯れてしまい、去年よりも大幅に生育は遅れている。方々で苗が枯れる被害が出ているようで野菜苗も品切れ状態。セミたちも昨日の豪雨でうっかり寝坊するところを起こされたような恰好。

20日にお田植、映画の話が延び延びになってアジェイが各方面に頭を下げている。






P1019223.jpg









Der Plan - Hey Baby Hop in 日本





前回の記事でドイツのレコードレーベル (当時は西ドイツ)『Ata Tak』に触れたので、今回はAta Takに所属していたバンドを三つばかり紹介。


DAF
Ata Tak レコードの前身、『Warning』レコードがリリースした二枚目、DAFのファーストアルバム『Produkt der Deutsch-Amerikanischen Freundschaft』。DAFはアルバムの表題にもなっている『Deutsch Amerikanische Freundschaft』の略、ドイツとアメリカの友情という意味。当時は クルト・ダールケ / Kurt Dahlke (keyboards),、ロベルト・ゴール / Robert Görl (drums)、ミヒャエル・ケムナー / Michael Kemner (bass) 、 ヴォルフガング・シュペルマンス / Wolfgang Spelman (guitar)ガビ・デルガド / Gabi Delgado(vocals) の5人編成。アルバム制作にの際に作業に対する不満からガビ・デルガドが一時的にグループを離脱して作品自体はヴォーカル抜きのインストールメンタルになった。のちに、DAFはガビとロベルトの二人組となりジャーマン・エレクトリック・ビートの急先鋒として世界に鳴り響くのだが、このデビューアルバムではインダストリアル・ノイズ・ミュージックの色合いが濃い実験的でアバンギャルドな仕上がりになっている。バンドの中核であった クルト・ダールケはこの作品でDAFから離れアタ・タクの立ち上げと、同じくアタ・タクレーベルの中心的バンド、デア・プランを結成してノイエ・ドイチェ・ヴェレ / ドイツの新しい波 運動の中心人物として多くのミュージシャンを世に排出した。

それでは二人組になったDAFの曲も併せてどうぞ。踊ってるのがガビ、黙ってたたずんでいるのがロベルト君です。ちなみにロベルト君は仏教徒だそうです。




Produkt der Deutsch-Amerikanischen Freundschaft



DAF - Liebe auf den Ersten Blick








Der Plan
デア・プラン。モリッツ・ライヒェルト / Moritz Reichelt (AKA "Moritz R")、フランク・フェンスターマ / Frank Fenstermacher、前出のクルト・ダールケ / Kurt Dahlkeの三人組。アタ・タク・レーベルは彼らのプライベートレーベルとして出発したもの。ユーモアと諧謔にとんだ明るい曲調が特徴。ライブでのパフォーマンスは単なるコンサートではなく演劇的要素を取り入れた気合の入った素晴らしいものだった。紹介する二曲は日本公演の『着ぐるみパフォーマンス』で披露されたもの。日本公演のサントラ盤に収録されているドイツ・ニューウエーブの名曲。





Der Plan - Space Bob




Der Plan - Gummitwist









Holger Hiller
ホルガー・ヒラー、ドイツのミュージシャン、プロデューサー。現在では至極当たり前になったサンプリングの手法をヨーロッパで初めて手掛けたシーケンス音楽の先駆者。実験的な音楽の中にもポップで軽快なわかりやすい作風が特徴。映像も含めて当時の音楽シーンを意欲的に牽引したミュージシャンの一人。現在は英語教師をしているそうです。



Holger Hiller - Johnny du Lump






いかがだったでしょうか?ちょっと古い映像が続きましたが今聞いてもなかなか斬新で新鮮な作品なのではないでしょうか。
当時、メジャー、マイナー問わず、多種多様な音楽が無秩序と言えるくらいに日々世に送り出されていました。まるで、生物の進化が劇的に発展したカンブリア爆発のように、音楽シーンの有様は日々変化していました。そんな中にあって『Ata・Tak』 レーベルは他に見ないそのポップで親しみやすい音楽性で確固とした地位を築きました。そんな彼らの音楽性の雰囲気を感じていただくために、ダメ押しのディア・プランからもう一曲。映像の中には原宿での日本公演の模様も盛り込まれています。ベルリンの壁が崩壊してドイツが再統一される6年前の雰囲気も併せて、どうぞ。






Der Plan - Alte Pizza










【輸入盤】Ein Produkt Der Deutsch Amerikanischen Freundschaf [ DAF ]

raw_20190524075026c43.jpg
【メール便送料無料】DAF / GOLD UND LIEBE (REIS) (輸入盤CD)
61dXnun-IvL_201905240753265c9.jpg
【メール便送料無料】Der Plan / Japlan (輸入盤CD)

腐敗のルツボ [ ホルガー・ヒラー ]


ATA TAK ザ・コレクション・ボックス2 [ (V.A.) ]



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/338-4ab3fdd0
トラックバック
コメント
お疲れ様です~
今年は西は猛暑、東は冷夏ですって。
信州はどっちに入るんだろう?
作物が育たないのは困るね。
電話も大変。携帯無いと今の世の中ね。

薔薇、順調に育って嬉しいです。
ありがとね。
ROUGE | 2019.05.23 15:38 | 編集
ROUGE さん

疲れてま~すw
ほんとに一日あっという間です。あまりの忙しさにいろいろ日常的に困ってます。
冷夏か。恐れてたことが起きてしまう予感です。特に今年は南国の作物ばかりなので。

こちらがありがとうです。何もしてあげなくっても元気で育ってるのはこちらが元気をもらえます。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.05.23 22:35 | 編集
急に暑くなりました。
これも温暖化の影響なのでしょうか?

自然を壊して来た報いなのかな?
過ごしにくい地球になっていくようで怖いです。

ところで、音楽が楽しかったです。(^^♪
記事の内容に反して、メカニカルかつダンサンブルなところが興味深いです。

風花(かざはな) | 2019.05.26 12:35 | 編集
風花さん

今年もいつものように異常気象。ここまで毎年ですと異常ではなくなりますね。
日中は暑いのですが、5月の半ばまで朝夕はとっても冷えました。おかげで苗が枯れたりで収穫が一か月遅れるかもしれません。今度は猛暑で雨も降らないし、心配事ばかりです。

やっと、音楽のコメントいただきました。一番苦労して書いているのに内容があまりにマニアックで誰もついてきてくれませんw。本当は音楽を全く聴かない人のために音楽ブログを書いているつもりなんですけど。だから、著作権的にグレーな部分ですが動画も載せるし、アフィリエイトだって掲載する。購入してもらって少しは自分の影響を受けた先輩方に恩返しできるかなと。お金目的だったらもっとメジャーな人選ぶしね。
デア・プラン、今でも本国ではリスペクトされた芸術界の重鎮です。僕は小難しいことを言わずに難解なことを簡単に表現する連中が大好きです。難しいことを難しく表現するって実は簡単でその反対に頭のいい人は魔法のようにすんなりやっつけてしまいます。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.05.27 21:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top