『続・フィリピン・南国の光』 歓迎会

2019.12.06 (Fri)
P1017634.jpg



今回もいつものように歓迎会を開いてもらいました。








P1017570_201912062039433e2.jpg



といっても、主役は御連れのお二人、
私は付録のような物。
しかも一番楽しんでいるのは地元の人だったりします。









P1017624.jpg





地元の温かいもてなしと地元の美味しい食材と。
旅行先で現地の料理と出会うとき、それは日本国内でも同じなのですが、その土地のことを全く知らなかったとしても味覚というものは『言語』と同じだから、今まで学校や受験勉強で蓄積してきたその国の歴史とか風俗とか文化とか、机の上での様々な知識が一瞬にしてその料理の一皿に凝縮し今までバラバラだった事柄が一直線上に一気に集約してくるように感じられます。








P1017585.jpg




と、かっこつけてみたところであっという間においしい料理とおいしいお酒でただただ幸福になっていきます。
特別な酒があるぞと持ってきたのがココナッツで作った自家製醸造酒。

「うん、マズイ」








P1017576_201912062057532bd.jpg





パーティの恒例の催し物が始まる前にほろ酔い気分でちょっとお散歩。
うちの裏庭で見つけた生まれたばっかりの子犬三匹。捨て犬かと思ったらお母さんはパーティー会場に出張中。
今日は彼らもごちそうにありつけるからね。








P1017567.jpg





ご馳走にありつけたのは犬ばかりではございません。
いつもは一人寂しくお食事の少彦名、大勢で食べるだけで料理の塩味が増していきます。











P1017630.jpg




ということでビールの追加。
タダ飲みでは申し訳ないのでお兄さんを捕まえて、家族が沢山なのでどのお兄さんかは定かではありません、自腹を切ってビール3ケースお買い上げ。






P1017597.jpg




昨年に引き続き子供たちの出し物は熱気にあふれたセクシーダンス。


熱狂的な音楽に合わせ、躍動する少女たち。










P1017607.jpg




躍動するおばさんたち。










P1017586.jpg




男たちはただただマッタリと飲んだくれておりました。









P1017589.jpg









Emma Louise - 17 Hours







エマ・ルイーズ
グレート・バリアリーフで有名な観光地、オーストラリアのケアンズで活躍するシンガーソングライター。2013年発表のファーストアルバム『vs Head vs Heart』、頭vs.心、邦題にするなら“理性と感性” “心と体”ってところでしょうか。聴くものを静かな水面にやさしく抱き留めてくれる心優しい秀作、派手ではないですが一服のコーヒーのように心を落ち着かせてくれる美しい一枚です。これがデビューアルバムのようなのですがこの作品以前に、自主製作なのか、『Autumn Tongues』という4曲入りEP版シングルをリリースしているようですが残念ながら聞くことはできませんでした。
オーストラリアのミュージシャンにはイギリスでもない、アメリカでもない中間的な魅力があります。悪く言えばどっちつかずな、よく言えばいい塩梅にバランスの取れた秀作を数多く見出すことができます。時には『AC/DC』のように傑出した突然変異な快作があったりして探す方もわくわくします。本作は全編にわたってエコーのきいた透明感のある、どこか懐かしいノスタルジックなサウンド。今夜のように過ぎ去った楽しい思い出に浸るにはぴったりかもしれません。
2018年11月14日に3枚目の最新アルバム『Lilac Everything: A Project By Emma Louise 』を発表しています。こちらはジャズテイストな、なかなかソウルフルな作品。何曲かはこれ誰?ってくらいかなりの低い声で録音されています。地声かなとも思いましたがもしかするとボイスチェンジャーなどの音響機器で男性の声に変えて似せた収録なのかもしれません。何分資料が少なすぎて詳細は不明。興味のある方は自力で調べてみてください。

追記
今夜紹介したエマ・ルイーズのアルバム、『vs Head vs Heart』には発売時期、リリースされた国によって曲順や収録曲の違う様々なバージョンがあるようです。私の持っているものは全11曲、オリジナル版と思われるものには載せられていない「Jungle」などの秀作が通常のボーナストラックではなく、8曲目、作品の途中に挿入されています。11曲目はわざとクリックノイズが長時間録音されていてアナログ盤の雰囲気を再現しながらちょっとしたいたずらが仕込まれていました。アフィリエイトに掲載したのは韓国版、全14曲で曲数も一番多く曲順も他国のものと大幅に違います。







Emma Louise - Boy











関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/350-d3aff1b8
トラックバック
コメント
フィリピンでの歓迎会、とっても楽しそうですね!
いちばん楽しんでるのが地元の人たち、ってあたりが
微笑ましくてなんだか嬉しくなっちゃいます(笑)
そして写真が本当に楽しそう。躍動するおばさんたち(笑)

ごはんについてるちいさなお魚はなんですか?
骨ごと食べられそう。

はなこ | 2019.12.07 20:16 | 編集
はなこさん
 
ああいうのを見てるとなんだかうらやましいです。日本だったらみんな恥ずかしがってあんなにはじけるのは無いことですし、だから無礼講なんて変な言葉があったりしますよね。
躍動するおばちゃん、ほんとに輝いてますよ、いろんな意味でw

あのお魚なんですかね。わかんないからテラピアって呼んでました。正体のつかめない魚はみんなテラピアかブルーギル。おいしかったですよ。日本でもどんどん食べて消費すればいいんですけどね。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.12.08 15:05 | 編集
大勢でいただく食事は、楽しいし、お酒も進みますね。
素敵なダンスまで堪能して・・・楽しく盛大な歓迎会。
素敵です💖

それにしても子犬が可愛い(^ε^)-☆Chu!!
風花(かざはな) | 2019.12.09 15:30 | 編集
風花さん

垣根がなくっていいですね。特に東南アジア、インドなんかは。かえって一人にしてくれなくて困ります。
子犬は最初は裏庭に無造作に置いてあったのでびっくりしました。蠅もたかってたりして死んでるのかなって。
田舎の生活は何処の国でもみんなたくましいです。
Sukunahikona Parthasarathy | 2019.12.12 08:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top