タール火山

2020.01.14 (Tue)
BULKANG-TAAL-1024x738.jpg



令和二年、年始め最初の記事がフィリピンの大災害。フィリピン最大の観光地、タガイタイのタール火山が12日の午後、噴火しました。
タガイタイには何度も訪れていてパズルマンション / The Puzzle Mansionやソニアス ガーデン / Sonya's Gardenの紹介をしたばかり。毎年滞在していたダスマリニャスやマラゴンドンはタール火山の目と鼻の先。今回の大噴火でマニラでも降灰があったようです。








P1013896_20200114230221b00.jpg



一年前のタール火山。
カルデラ湖にポツンと浮かぶ世界一小さな火山といわれていました。外輪山から望むその眺めはとても穏やかで美しく、しかし過去には一度に6000人もの死者を出す大災害をもたらした世界でも有数な活火山です。








P1013897.jpg


周りを取り囲む湖はかつての大噴火の火口跡、火山の頂上にも小さな湖をたたえる二重カルデラを形成しています。噴火当初は山頂のカルデラ湖での水蒸気爆発かと報道されていましたが、現在では大規模な溶岩の噴出も見られ予断を許さない状況が続いています。
現地の友人たちは大規模な降灰に打つ手なし。どこから手を付けていいかわからない状況とのこと、とりあえず家がつぶれないように屋根の灰を掻き落とすので精いっぱいだそうです。









P1013915.jpg




フィリピンの活火山は日本に連なる環太平洋火山帯の一部、地球規模で見ればタール火山は我が国日本とはお隣同士。対岸の火事と高を括っている場合ではないです。とにもかくにもこれ以上被害が拡大しないことを祈ります。




『『フィリピン・南国の光』 タガイタイ』
『『続・フィリピン・南国の光』 マラゴンドン』








P1013489.jpg







関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/358-2716b093
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top