ニンニク追肥

2020.01.25 (Sat)
P1010680.jpg





今日は勤めが休みだったのでニンニクと玉ねぎの追肥をします。








P1010683.jpg




いつもなら雪が積もって根雪になって、どこに何を植えたのかわからなくなってしまう季節ですが、この間の季節外れの雨ですっかり雪はなくなってしまいました。









P1010679.jpg




それでも外は氷点下の冷え込み。ここは標高約1000メートル。平場よりさらに4~5度は気温が低い。それでも何度も経験する信州の冬、この日もハイネックのトレーナー一枚に作業用のチョッキ、マイナス5度を越えなければ寒いと感じなくなりました。






P1010670.jpg




半分枯れたようなニンニク。すぐ終わると思って出てきましたら、マルチ(農業用の黒いビニール)が風で剥げてたりで大変でした。マルチを敷きなおして、マルチの下に潜り込んだニンニクを引っ張り出したり、土が凍って浮き上がったニンニクを植えなおしてあげたり、農業を始めた当時だったっら「なんでこんな手間なことやってるんだろう?」なんて思ってましたが、今ではこんなことも楽しんでできるようになりました。






P1010691.jpg




時給に換算したらいくらなんだろう?
百姓は馬鹿じゃできないといいます。と、同時に頭が良すぎてもできない。
いちいち金勘定してたらバカバカしくてやってられません。








P1010694_202001251807530f4.jpg





百姓に限らず昔ながらのつらい仕事に就く人が少なくなっています。例えば炭焼きだとか鍛冶屋だとか、身近なところだと豆腐屋さんかな。日本古来の伝統工芸品の職人さん、これって思うんですが女性の意識が変わればすぐに復活すると思うんです。ちょっと古いですが女性の結婚条件に「三高」てありましたよね。高収入、高学歴、高身長。職人って思いっきりここからは外れた存在、女性からしたら結婚相手としては全く眼中にない別世界の人たち。そもそも合コンなんかに公務員や高給サラリーマンに交じってこういった類の人が参加すること自体ないのでしょうが、そんなブランド目線で男を物色している女性に限って「伝統職人さんってなんだかかっこいい!」とかテレビ見ながら能天気に言ってるんですけど、こういった厳しい道に歩き出す男が限られるのは彼らをサポートする気概のあるかっこいい女が少ないってこと。
世界を豊かにするのも滅ぼすのも実は女次第なのかな。






P1010717.jpg




モモ
僕がこの村に来て一番最初に友達になった女の子。6年たってすっかりおばあちゃんになりました。
出会った当時は顔を見れば噛みつかんばかりに吠えて、というのも、この子、保健所から殺処分寸前に引き取られた保護犬。以前ひどい虐待を受けていたらしく男性に対しては極度の警戒心を見せていました。郵便屋さんだろうが何だろうが近づく男には吠るは噛みつくはそれはひどい状態、村の男でかまれたことのない者がいない犬だったのを私が三日で手なずけたのを見て飼い主はじめみんながびっくりしていました。それ以来、モモと僕は大の親友、人に向かって吠えることもなくなりました。





P1010702.jpg




そんなモモも今ではかなりの高齢、起きてる間は同じところをぐるぐると回るばかり。
今日抱っこしたらずいぶん軽くなって、もう、一緒にいれるのもそんなに長くはないかな。





P1010705.jpg




今年は例年になく温かい冬。暖かいからなのかモグラの塚がとても目立ちます。
それでも、午後になったらずいぶんと冷え込んできました。このぶんだと明日は雪が降るかもしれません。








P1010701.jpg





Margaret & Bunnys - 逢えば好き好き




マーガレット&バーニーズ

バーニーズはあの伝説のギタリスト、寺内タケシ率いる1966年結成のグループサウンズバンド。マーガレット嬢はアメリカ人の父と日本人の母とのハーフ。マーガレット&バーニーズ名義で二枚のシングル、計4曲の演奏を残しています。今夜紹介した『逢えば好き好き』は1968年発表の日本が誇るガールズ・ガレージ・パンクの傑作。当時は全く売れなかったみたいだけど長い年月を経て、現在国内外のコアなガレージファンにとってはバイブル的な名曲。何を隠そうガレージ大好きなこの私もこの曲聴くとついつい腰が浮いてしまいます。エンドレスで聞いてしまう中毒性の強い危険な一曲。






ザ・ハイマーツ - 逢えば好き好き




The Highmarts


今夜はかっこいい女性ということでこちらも併せて紹介。2014年突如ロックシーンに現れたスリーピース・ガールズ・ガレージパンク・バンド、『ザ・ハイマーツ』。デビュー当時はなんと女子高生だったこの三人、選曲も演奏も、そしてなり切りまくったそのルックスもモノホンの筋金入り。喧噪の東京、地下アンダーグランドを離れて長野に移住した時期がちょうど彼女たちのデビューと同じころ。残念なことにいまだ彼女たちの熱狂のライブは経験しておりません。寄せ来る男どもを力わざでねじ伏せる、とにもかくにもただただかっこいいの一言。おすすめです。


ザ・ハイマーツ - あなたが欲しいの










関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/360-e9c028ce
トラックバック
コメント
こんばんは。

モモちゃん、幸せですね。
あ、すくなひこなさんも^^

我が家の猫の額に植えたニンニク。
雪の中で冬眠しています。
冷凍SANMA | 2020.01.28 23:17 | 編集
モモちゃんのお話・・・胸が痛みます。
虐待されたあとの恐怖心と警戒心は簡単に消えるものではありませんから。
そんなモモちゃんがなつく少彦名様には、虐待された者にしか解らない包容力があるのでしょうね。そこには、単なる優しさだけでない強さが感じられたのだと思います。

一緒に居られる時間・・・大切にしてあげて下さいね。
風花(かざはな) | 2020.01.29 13:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top