かみゆき

2015.04.09 (Thu)
朝、窓を明けたら雪だった



P1011470.jpg





昨夜、珍しくトイレに起きた。
何気なく外を覗くとしんしんと雪が降っていた。
夜、静まり返った中、雪はしんしんと音を立てて降る。
冷たく冷え切った廊下の下のほうから、しんしんと音を立てて降る





P1011476.jpg


この冬最後の雪になるのかな。
道すがら写真でもとっておこう







P1011482.jpg







P1011478.jpg







P1011480.jpg






この季節に降る雪をこの辺では『上雪』と呼ぶそうだ。
上雪は決して積もって残ることはない。
重く湿った季節はずれの雪、上雪の後ろで春はその出番を今か今かと待っている。









P1011485.jpg




もう少ししたらノーマルタイヤに履き替えないと。
田舎暮らしも意外とお金がかかる。






P1011487.jpg




P1011493.jpg







窓を開けて走っていてもそんなに寒いとは思わない。
鉛色のくらい空も、触ればきっとやわらかい。









P1011498.jpg






そういえば来年は御柱だな。
信州に越して初めてのお祭り。

来年のことを話すと鬼が笑うんだよな。









P1011496.jpg








Phew - P - Adic -





前回に引き続きPhew の、アルバム『Phew 』から『P - Adic』です。
ぜんぜん今回のブログの内容とは一切関係ありませんし、ましてや読んで下さる皆さんに喜んでいただこうなどという姑息なたくらみも毛頭ございません。
さて、このPhew なるお方、80年代に活躍された地下の女王でございまして、 1979年にアーント・サリーでデビューされ現在も活躍中の女性ミュージシャンでございます。先にご紹介した名曲、『終曲』はバックアレンジをかの坂本龍一が担当しておりましたし。さらにさらに、今回聞いていただいた『P - Adic』を収録したアルバム、『Phew 』に参加されているのはあのドイツ・ポストパンクの大御所、ホルガーシューカイ(Holger Czukay)をはじめとするドイツロック界の重鎮、その面々がその才能を惜しげもなく披露し、完全無欠のジャーマンサウンドで彼女を守り立てているのでございます。いうなれば、和製パンク・ニューウエーブの海外ブランド逆輸入、世界で大ヒットした坂本九の『スキヤキ』に続く日本音楽史に燦然と輝く金字塔なのでございます。その歌声はあの きゃりーぱみゅぱみゅと肩を並べるほどにへったくそでひどい歌声にもかかわらず、彼女を乗せた神輿をかつぐ三人、コニー・プランク (Konrad 'Conny' Plank)ホルガー・シューカイ(Holger Czukay )そして私の崇拝してやまない天才ドラマー、ヤキ・リーベツァイト(Jaki Liebezeit)の面々が彼女の無秩序に吐き出す意味のない言葉の隙間をその深刻さなどまったくあざ笑うかのごとく縦横無尽に飛び回り、絡み合い、そして天高く飛翔していくのです。
(ホルガー・シューカイ以下『Neue Deutche Welle(ノイエ・ドイチェ・ヴェレ)』の紹介をこちら「音・風・水 いよいよ野良が始まる」でも書いてますので興味のある方は覗いてみて。


1981年といえばいまからすでに30年も前、しかし、この頃の和製ロックカルチャーは世界に肩を並べ世界を引っ張ってゆくだけの力があったように思う。そんな遺産を少しずつ切り売りして今、この日本に残っているものといえば、
ラーメン屋に響く鳥を絞めたような気味の悪いファルセットや「アッタカーイ」とか呆けてるハゲたコメディアンとか・・・・・



この10万も20万もするシャープの大きなスクリーンはいったい何を映すためのものなんだろう?










さて、思いつきで色々かいては見ましたが
みんなついてきているカイ?

さあ、楽しい春はもうすぐそこに!!











関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/tb.php/97-72c6ce02
トラックバック
コメント
はじめまして!10年イシウエと申します。人気ブログランキングの音楽(洋楽)で一位になっていたので覗きに来たら、いきなりPhewさんのことに触れてたので嬉しくなってついコメントしました。私は以前Phewさんがカセットで出された弾き語り曲集が好きで結構聴いてましたよ。これからもちょくちょく覗きにきますね!
10年イシウエ | 2015.04.10 16:05 | 編集
いつも読み逃げしてすみません。
雪がしんしんと降る。
私は信州の北信生まれの北信育ちなので、その表現がとても懐かしかったです。
諏訪大社の御柱と善光寺のご開帳、これは外せませんよ!!

今日だんなと長野時代の話をして盛り上がっていたんです。
くるまやラーメンは南信にありましたっけ?

また遊びに来ます♪
みのじ | 2015.04.11 12:08 | 編集
10年イシウエさん

はじめまして。
ふるったお名前ですね♪私も今年で二年目の冬を無事越して少しは我慢強い人間になれたかもしれません

フューの記事を書いても何の反応もないのだろうなと思っていたらの書き込みで私もうれしいです。
近いうちに若い頃「終曲」が好きだったときに書いた曲をアップしようかと思っています。そのときは厳しいご指摘お待ちしてますね。
| 2015.04.11 20:08 | 編集
しんしんって言葉きれいですよね
音がないのに音がある
そうすると聞こえてくるような気がします
いぼ仙人 | 2015.04.11 20:17 | 編集
みのじさん

はじめまして。
信州なのですね。いまは暖かいところに住んでいるんでしょうね。
長野のことを書きながら長野の人が読んでくれていることをすっかり忘れてましたwこれは適当なことはかけませんね。

最近思うことがあるんです。私は東京育ちで諏訪は三年目なのですが信州の寒さよりも東京の北風のほうが寒かったように思うんです。諏訪の、それも山の上ですからさむさったら半端ないんですけど、東京の冬のほうが寒々とした風景しか思い出せないんです。なんか不思議です。
くるまやラーメンありますよ。入ったことないけど。ちなみにブログに出てくるラーメン屋は「テンホウ」です。
| 2015.04.11 20:18 | 編集
いぼ仙人さん

二回、信州の冬を乗り越えて得た感覚かもしれません。
耳で聞く音ではないんですね。身にしみる寒さだとか、夜の静けさだとか、迫ってくる凍死の恐怖だとかw

しんしんって、本当に一人ぼっちなんですけど、自然の一部になったような不思議な感覚かもしれません。
| 2015.04.11 20:27 | 編集
ついていけてませ~ん(T.T)

焦って聞きましたよ!
ミヒャエル・ローテル/熱地帯❗
こちらはついていけました(ホッ)

スクナヒコナさんのブログは・・
美しい雪景色に見とれていたら、いきなり雰囲気が一変する音楽が流れてきたりと・・・
面白いですね。




みゆ | 2015.04.12 15:16 | 編集
みゆさん
そーいわずついてきてください。

ブログで紹介してる曲はまだまだ聞きやすいほうでお望みならもっとキッツイのも紹介しちゃいますw

ブログの流れは自分の中じゃ結構、自然なつもりなんですけどもしかしたらこれを「空気を読まない」ということになるのでしょうか?
| 2015.04.13 07:22 | 編集
田舎って私は好きですよ
人間関係が難しい所もありますが><
猫のために田舎に家を買ったのに
よそ者とイジメも有ったりして・・・
毎日こちらから声をかけると気の良い人達
でも突然開拓されてあっという間に開発地><
また遊びに来てください
茶チャママ | 2015.04.14 07:52 | 編集
人との関係はどこでもありますね。人数が少ないぶん目立ちますし
ここではそれほど困ったりしません。限界集落なもので若い人間にはおのずと寛容になります。
でも、そのぶん怒られますよ。自分が悪いんですけどねw
sukunahikona | 2015.04.14 09:50 | 編集
いつも読み逃げでごめんにゃあ!
遊びにきてくれてコメントありがとうございましたぁ!

そちらは雪だったんですね!
上雪!ステキな表現なのにゃあ!
雪が溶けて春になったらちょうちょさんたちもいっぱいなんだろうなぁ^^
にゃんこ極楽のステキな春なんだろうなぁ(´ー`* )
Gavi | 2015.04.14 11:31 | 編集
こんにちは、Gaviちゃん
これからこちらも春本番、一年で一番美しい季節が始まるんだけどわしら百姓にはそんな景色をめでる余裕もない時間が始まります。

蝶もトンボもいろんな虫たちが這い出てきていっそうにぎやかになるんだけど目に入ってくるのはあの忌々しいブヨばかり。あれってほんとに目に入ってくるんだよね~
sukunahikona | 2015.04.14 19:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top